TAGAYA Hirokuni

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2018 at 15:37
 
Avatar
Name
TAGAYA Hirokuni
Affiliation
Kitasato University
Section
School of Allied Health Sciences
Job title
Section Chief, Section of Psychofunction
Degree
M.D.,Ph.D.(Tokyo Medical and Dental University)

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 
 
   
 
Clinical Institute
 
 
   
 
National Institute of Mental Health,
 
 
   
 
National Center of Neurology and Psychiatry
 
 
   
 
National Center of Neurology and Psychiatry
 
1990
 - 
1995
Research resident, Department of Neuropsychiatry,
 
1995
 - 
1998
Scientist, Max-Planck-Institute of Psychiatry,
 
1998
 - 
2000
Researcher, Department of Psychophysiology,
 
2000
 - 
2001
Director of Psychiatry, Tama Metropolitan Geriatric Hospital
 
2001
   
 
- Section Chief, National Institute of Mental Health,
 

Education

 
 
 - 
1989
Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University
 

Published Papers

 
Hakamata Y, Mizukami S, Komi S, Sato E, Moriguchi Y, Motomura Y, Maruo K, Izawa S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Journal of affective disorders   238 472-481   Oct 2018   [Refereed]
Matsunaga Y, Tagaya H, Fukase Y, Hakamata Y, Murayama N, Kumagai Y, Kuroyama M
Sleep medicine      Jul 2018   [Refereed]
Fukase Y, Murayama N, Tagaya H
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society      Jul 2018   [Refereed]
Asada K, Ito K, Yui D, Tagaya H, Yokota T
Scientific reports   8(1) 8551   Jun 2018   [Refereed]
Matsunaga Y, Murayama N, Ota K, Fukase Y, Sato K, Iseki E, Tagaya H
Applied neuropsychology. Adult   1-6   Mar 2018   [Refereed]
松永祐輔, 松永祐輔, 下田隆大, 下田隆大, 渡邉孝明, 渡邉孝明, 寄川兼汰, 原田愛永, 原田愛永, 米木慶, 米木慶, 松永篤彦, 松永篤彦, 村山憲男, 田ヶ谷浩邦, 吉田煦
総合病院精神医学   29(Supplement) S.123   Nov 2017
Hakamata Y, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Motomura Y, Sato E, Mizukami S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Scientific reports   7(1) 8313   Aug 2017   [Refereed]
村山憲男, 村山憲男, 村山憲男, 太田一実, 太田一実, 松永祐輔, 深瀬裕子, 井関栄三, 井関栄三, 佐藤潔, 田ヶ谷浩邦
老年精神医学雑誌   27(11) 1207‐1214-1214   Nov 2016
【序言】心理検査を用いた軽度認知障害(aMCI)の鑑別法として、WAIS-IIIの言語性IQとWMS-Rの一般的記憶の得点差を用いた手法がある。しかし高齢者が対象の場合、一部の課題しか実施できず、これらの得点が十分に算出できないことがある。本研究では、言語性IQと一般的記憶以外の得点差を用いた場合の、aMCIの鑑別について検討した。【方法】健常群、早期aMCI群(年齢相応の記憶機能を有するが脳画像検査などからaMCIと考えられる群)、および、aMCI群を対象にした。WAIS-IIIの各得点...
Hakamata Y, Sato E, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Murayama N, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Scientific reports   6 34777   Oct 2016   [Refereed]
Murayama N, Endo T, Inaki K, Sasaki S, Fukase Y, Ota K, Iseki E, Tagaya H
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   16(4) 225-232   Jul 2016   [Refereed]
Murayama N, Ota K, Kasanuki K, Kondo D, Fujishiro H, Fukase Y, Tagaya H, Sato K, Iseki E
International journal of geriatric psychiatry   31(1) 41-48   Jan 2016   [Refereed]
脇坂 真美, 宋 一大, 田ヶ谷 浩邦, 藤田 朋恵, 前田 実花, 野村 今日子, 小林 真美, 山本 明子, 坂本 泰理, 田中 理英子, 熊谷 雄治
臨床薬理   46(5) 243-248   Sep 2015
健康成人における抗ヒスタミン薬の中枢抑制作用について検討した。健康成人男子16名を対象とした。ランダム化プラセボ対照二重盲検4wayクロスオーバー試験とし1群4名4群に割り付けた。反復睡眠潜時検査では、投与2時間後においてケトチフェンはフェキソフェナジンおよびオロパタジン、投与5時間後においてフェキソフェナジンに比べ有意な睡眠潜時の短縮を認めた。臨界フリッカー融合は光源の点滅周波数を低下させて行った場合の閾値が投与2時間後においてケトチフェンはフェキソフェナジンおよびオロパタジンに比べ、ま...
Hakamata Y, Izawa S, Sato E, Komi S, Murayama N, Moriguchi Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Journal of affective disorders   151(2) 775-779   Nov 2013   [Refereed]
Murayama N, Iseki E, Tagaya H, Ota K, Kasanuki K, Fujishiro H, Arai H, Sato K
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   13(1) 9-16   Mar 2013   [Refereed]
Murayama N, Tagaya H, Ota K, Fujishiro H, Manabe Y, Sato K, Isek E
Dementia and geriatric cognitive disorders   35(1-2) 98-105   2013   [Refereed]
アクチグラフを用いて調べた睡眠指標と空腹時血糖およびHbA1cとの関連 労働者を対象とした検討
田中 美加, 金子 新子, 鎌田 直樹, 田ヶ谷 浩邦
産業精神保健   20(3) 250-258   Sep 2012
糖代謝は、睡眠と重要な関わりがあることを示唆する疫学研究の結果が示されているが、これらの研究の多くは、自記式質問票を用いて睡眠の評価を行っている。われわれは、一般労働者の睡眠の状態をアクチグラフを用いて評価し、それによって得られた睡眠指標(総就床時間、睡眠潜時、中途覚醒時間、睡眠効率)と空腹時血糖およびHbA1cとの関連について検討した。研究参加者は、製造事業場に勤務する労働者で、睡眠障害を含む精神疾患および糖尿病の治療を受けている者は除外した。109名については空腹時血糖と睡眠指標との関...
田中美加, 久佐賀眞理, 田ヶ谷浩邦, 井美代子, 小嶋麻美, 渡辺知保
日本衛生学雑誌   67(4) 492-500 (J-STAGE)-500   Sep 2012
地域在住高齢者における睡眠と生活機能との関連について検討した。熊本県の農村部の1つの村に居住する65歳以上の高齢者全員(563例)を対象とし、郵送による自記式質問票調査を行った。395例を解析対象とした。居住形態は、一人暮らし38例、家族などとの同居325例、その他8例であった。現病歴としては、循環器系疾患を持ったものが最も多く182例で、次いで筋骨格系疾患72例あった。抑うつありと判定される者は110例であった。生活機能の低下が認められた120例中、睡眠の障害があると評価された者は66例...
田中 美加, 久佐賀 眞理, 田ヶ谷 浩邦, 大倉 美鶴, 渡辺 知保
日本公衆衛生雑誌   59(4) 239-250   Apr 2012
目的 我が国において高齢者の睡眠と抑うつの関連を調べた研究は十分でなく、性差に焦点を当てて解析を行った研究はほとんどない。本研究は、高齢者における睡眠と抑うつとの関連性について、とくに性別による違いに焦点を当てて解析を行った。方法 参加者は、熊本県の1つの村に居住する65歳以上の高齢者全員(563人)で、2010年6月から7月にかけて自記式質問票調査を行った。睡眠の評価にはPittsburgh Sleep Quality Index(PSQI)を、抑うつの評価にはGeriatric Dep...
Tanaka M, Kusaka M, Tagaya H, Ohkura M, Watanabe C
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   59(4) 239-250   Apr 2012   [Refereed]
テレビドラマにおける喫煙関連描写に関する調査研究
黒山 政一, 相沢 政明, 林 沙世, 田ヶ谷 浩邦
日本禁煙学会雑誌   6(2) 16-20   May 2011
【目的】テレビドラマにおける喫煙描写は、喫煙を美化・正当化させ、喫煙開始への動機付けに繋がる可能性がある。そこで、一定期間の全ての連続ドラマを対象に喫煙関連描写の状況を調査した。【調査方法】2009年7月〜9月の20時〜23時までに放送された13作品129話を対象とした。全ドラマの(a)喫煙場面、(b)喫煙関連場面、(c)反喫煙場面の放送時間などを測定するとともに、スポンサーとしてのJTの有無を調査した。【結果】各ドラマにより、全放送時間に占める合計喫煙関連時間(a+b)の比率に大きな差が...
睡眠中の自律神経活動と生活習慣病の関係
鎌田 直樹, 田中 克俊, 田ヶ谷 浩邦, 岡野谷 純, 加来 明希子, 宮岡 等
精神神経学雑誌   113(2) 228-229   Feb 2011
Kamata N, Tanaka K, Morita S, Tagaya H, Kawashima M, Shichiri M, Miyaoka H
Industrial health   49(4) 427-433   2011   [Refereed]
Tanaka K, Takahashi M, Tanaka M, Takanao T, Nishinoue N, Kaku A, Kato N, Tagaya H, Miyaoka H
Journal of occupational health   53(4) 258-266   2011   [Refereed]
生活習慣病と不眠・睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
自律神経   46(6) 532-543   Dec 2009
Aritake-Okada S, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Kuriyama K, Matsuura M, Takahashi K, Higuchi S, Mishima K
Neuroscience research   63(2) 115-121   Feb 2009   [Refereed]
Friess E, Modell S, Brunner H, Tagaya H, Lauer CJ, Holsboer F, Ising M
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   258(5) 285-291   Aug 2008   [Refereed]
一般人口における原発性不眠症患者の日常生活での対処行動の特徴
阿部 又一郎, 長瀬 幸弘, 梶 達彦, 李 嵐, 榎本 みのり, 有竹 清夏, 鈴木 博之, 田ヶ谷 浩邦, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 三島 和夫, 内山 真
睡眠医療   1(4) 136-136   Jul 2007
Ozaki A, Uchiyama M, Tagaya H, Ohida T, Ogihara R
Journal of the American Geriatrics Society   55(1) 95-101   Jan 2007   [Refereed]
Mochizuki-Kawai H, Mochizuki S, Midorikawa A, Yamanaka K, Tagaya H, Kawamura M
Neuropsychologia   44(7) 1114-1119   2006   [Refereed]
Kuriyama K, Uchiyama M, Suzuki H, Tagaya H, Ozaki A, Aritake S, Shibui K, Xin T, Lan L, Kamei Y, Takahashi K
Neuroscience research   53(2) 123-128   Oct 2005   [Refereed]
Clinical analyses of sighted patients with non-24-hour sleep-wake syndrome: a study of 57 consecutively diagnosed cases.
Hayakawa T, Uchiyama M, Kamei Y, Shibui K, Tagaya H, Asada T, Okawa M, Urata J, Takahashi K
Sleep   28(8) 945-952   Aug 2005   [Refereed]
Dreaming during non-rapid eye movement sleep in the absence of prior rapid eye movement sleep.
Suzuki H, Uchiyama M, Tagaya H, Ozaki A, Kuriyama K, Aritake S, Shibui K, Tan X, Kamei Y, Kuga R
Sleep   27(8) 1486-1490   Dec 2004   [Refereed]
Aritake S, Uchiyama M, Tagaya H, Suzuki H, Kuriyama K, Ozaki A, Tan X, Shibui K, Kamei Y, Okubo Y, Takahashi K
Neuroscience research   49(4) 387-393   Aug 2004   [Refereed]
Friess E, Tagaya H, Grethe C, Trachsel L, Holsboer F
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   29(3) 598-604   Mar 2004   [Refereed]
Mochizuki-Kawai H, Kawamura M, Hasegawa Y, Mochizuki S, Oeda R, Yamanaka K, Tagaya H
Neuropsychologia   42(13) 1858-1863   2004   [Refereed]
MMSEに反映されるアルツハイマー病の認知障害の特徴 四分相関係数をもとにした因子分析的検討より
山中 克夫, 望月 寛子, 中村 聡, 田ヶ谷 浩邦
老年精神医学雑誌   14, 765-774(6) 765-774   Jun 2003
NINCDS-ADRDAでProbableアルツハイマー病(AD)と診断された78例を対象とし,MMSEデータに対して因子分解を行った.各項目の四分相関行列をもとに初期解(主成分解)を算出し,固有値1.00以上の8因子を抽出した.因子間に相関を認め,ブロマックス法による斜交回転を行い,因子パターン行列を算出した.八つの因子を「作動記憶」「直後記憶」「意味理解」「視空間イメージ・処理」「見当識(学習の機会小)」「(口頭命令による)単一処理」「近時記憶」「見当識(学習の機会大)」と名づけた.こ...

Misc

 
覚醒前の夢は睡眠障害の症状か? 夢に興味を持ったことにより夢をみたことを自覚しやすい状態になっているだけで睡眠障害ではない
田ヶ谷 浩邦
日本医事新報   (4918) 59-60   Jul 2018
【神経眼科網(Neuro-Ophthalmology Network)】 光認知・視覚と睡眠障害・精神障害
田ヶ谷 浩邦
神経眼科   35(2) 152-158   Jun 2018
光にはいくつかの中枢神経作用がある。このうち、対光反射と概日リズム位相変位作用には、メラノプシン含有網膜神経節細胞(内因性光感受性網膜神経節細胞)がかかわっている。体内時計は約24時間の概日リズムを作り出しており、これが毎日の睡眠・覚醒パターンの基礎となっている。体内時計には自律性、光を時刻の手がかりとして利用する同調機能、日長時間の変化を検知して季節を予測して身体機能を調整する機能がある。望ましい社会生活スケジュールと概日リズムが乖離して起こるのが概日リズム睡眠・覚醒障害であり、うつ状態...
田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 深瀬裕子, 黒田ちか江, 黒山政一
薬局   69(4) 654‐673   Mar 2018
睡眠臨床に役立つ脳波解読のコツ(第5回) 薬物による脳波・ポリグラフの変化
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
睡眠医療   12(1) 103-110   Mar 2018
田ヶ谷浩邦
医薬ジャーナル   54(増刊) 647‐650-650   Feb 2018
<文献概要>睡眠薬,鎮静薬,抗不安薬の分野では,2014年以降の承認/上市薬で新規の薬剤は睡眠薬であるベルソムラだけで,それ以外はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と非定型抗精神病薬の適応拡大であった。睡眠薬ではベルソムラと同様の作用機序(dual orexin antagonist)を持つ薬剤の,鎮静薬と抗不安薬では新規の作用機序を持つ薬剤の臨床試験が進められている。
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦
神経眼科   35(2) 152‐158(J‐STAGE)   2018
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 深瀬裕子
日本臨床   393‐397   Jun 2017
不眠に対する睡眠衛生指導・服薬指導 薬で眠らせようとしない
田ヶ谷 浩邦
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   42回 160-160   Jun 2017
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 深瀬裕子, 松永祐輔
老年精神医学雑誌   28(4) 347‐352-352   Apr 2017
睡眠薬服用と将来の認知症発症の関連について検討した報告がいくつかあり、睡眠薬服用は認知症予防因子であるとする報告、睡眠薬服用は認知症発症と関連がないとする報告、睡眠薬服用は認知症危険因子であるとする報告があり、一貫した結果は得られていない。不眠そのものが認知症の危険因子であるという報告は多く、睡眠薬服用単独の影響と、不眠による影響を区別できるようデザインされた研究が必要である。(著者抄録)
田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 深瀬裕子, 黒田ちか江, 黒山政一
薬局   68(4) 658‐677   Mar 2017
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 深瀬裕子
Advances in Aging and Health Research   2016 151‐159   Mar 2017
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 村山憲男, 村山憲男, 深瀬裕子, 深瀬裕子, 松永祐輔
Monthly Book Medical Rehabilitation   (203) 7‐12-12   Nov 2016
睡眠障害とは睡眠に関連して起こる医学的問題であり、その症状・原因は様々で、病態生理が明らかになっていないものも多い。睡眠障害の症状は、(1)睡眠の量の異常、(2)睡眠時間帯の異常、(3)睡眠中に起こる呼吸異常、(4)睡眠と関連して起こる不随意運動・異常感覚、(5)睡眠と関連した異常行動など多彩である。睡眠障害国際分類第2版では睡眠障害を以下の6つに分類している。(1)睡眠関連呼吸障害、(2)睡眠関連運動障害、(3)中枢性過眠症、(4)概日リズム睡眠障害、(5)睡眠時随伴症、(6)不眠症であ...
閉塞性睡眠時無呼吸症候群とうつ病
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
Depression Strategy   6(1) 13-15   Mar 2016
【睡眠時無呼吸症候群を考える】 睡眠薬と睡眠時無呼吸症候群
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
THE LUNG-perspectives   24(1) 49-52   Feb 2016
ベンゾジアゼピン系睡眠薬は呼吸に影響を及ぼすため、慎重に使用すべきである。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体アゴニスト、オレキシン受容体アンタゴニストについては、プラセボと比較して睡眠呼吸障害を悪化させる作用は認められていない。しかし、睡眠そのものが、血中炭酸ガス濃度変化と血中酸素濃度変化への反応を抑制し、上気道を虚脱・閉塞させることから、睡眠薬による睡眠改善作用や睡眠構造の変化が睡眠呼吸障害や慢性閉塞性肺疾患(COPD)を悪化させる可能性がある。睡眠呼吸障害やCOPDでは、不眠...
【失敗から学ぶ精神科臨床】 不眠症
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
精神科   27(6) 410-415   Dec 2015
出口を見据えた睡眠医療の在り方(第4回) 概日リズム睡眠-覚醒障害群
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
睡眠医療   9(4) 581-586   Dec 2015
【精神科治療における処方ガイドブック】 (第11章)睡眠-覚醒障害群 概日リズム睡眠-覚醒障害群
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
精神科治療学   30(増刊) 249-251   Oct 2015
【睡眠障害診療の進歩】 睡眠障害の診断関連の最近の進歩について 睡眠と関連した問題を訴える患者の問診・診断
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
診断と治療   103(10) 1266-1272   Oct 2015
1 睡眠と関連した訴えは多彩であるとともに、複数の状態・疾患が同じ徴候を呈するので、患者の訴えを医学的に具体化するともに、診断治療に必要な情報を収集する必要がある。睡眠習慣は時刻で確認することが有効である。2 不眠の訴えは多いが、睡眠薬でかえって悪化する疾患、睡眠薬では効果がなく弊害を生じやすい疾患、そもそも睡眠薬による治療の必要がない不眠があるので、睡眠薬投与開始前に十分に鑑別を行う。3 過眠を訴える場合に、最も多いのは慢性の睡眠不足であるので、日常の睡眠時間が十分かどうか確認し、十分な...
[Methylphenidate].
Tagaya H, Murayama N, Fukase Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(9) 1511-1515   Sep 2015   [Refereed]
【依存症-最近注目されている依存症を中心に-】 薬物依存症 メチルフェニデート
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
日本臨床   73(9) 1511-1515   Sep 2015
【睡眠医療の今とこれから】 睡眠障害の検査 睡眠の評価法
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
臨牀と研究   92(9) 1097-1104   Sep 2015
睡眠障害と関連した心・身疾患の豆知識(第(2)回) 認知症と睡眠障害・睡眠習慣
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
睡眠医療   9(2) 247-249   Jul 2015
[Circadian rhythm sleep-wake disorder (circadian rhythm sleep disorder)].
Tagaya H, Murayama N, Fukase Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(6) 942-948   Jun 2015   [Refereed]
【高齢者の睡眠障害-健康睡眠を目指して-】 高齢者の睡眠障害の分類と成因 概日リズム睡眠-覚醒障害(概日リズム睡眠障害)
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
日本臨床   73(6) 942-948   Jun 2015
【睡眠-覚醒障害と関連疾患-その対策】 ノンレム睡眠からの覚醒障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
カレントテラピー   33(4) 351-355   Apr 2015
聞きたい!知りたい!薬の使い分け(第7回) 不眠症治療薬 「薬で眠らせる」は不可!そもそも治療が必要な不眠か?
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
Gノート   2(2) 282-288   Apr 2015
【高齢者の睡眠障害】 加齢による睡眠の変化
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
ねむりとマネージメント   2(1) 5-8   Mar 2015
<Points>加齢に伴い睡眠・概日リズムが変化すると同時に、好発する睡眠障害も変化する。高齢者では、深いノンレム睡眠が減少、中途覚醒が増加し、正味の睡眠時間は6時間未満となる。高齢者では、社会的役割、家族構成の変化により寝床内で過ごす時間が延長し、寝床内で覚醒している時間が増加するため、「不眠」を自覚する者が多い。高齢者では、さまざまな睡眠障害が増加する。とくに閉塞性睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス症候群、周期性四肢運動障害、レム睡眠行動障害が増加する。高齢者では、薬剤の代謝・排泄...
【睡眠障害と最新の睡眠医学】 睡眠障害に対する薬物療法
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
日本医師会雑誌   143(12) 2565-2568   Mar 2015
【学業成績と睡眠】 発達と睡眠・覚醒障害 大学生の睡眠・覚醒障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
Progress in Medicine   35(1) 83-86   Jan 2015
【その患者に睡眠薬は必要か-眠れないという訴えにどう対応するか-】 その不眠をどう治療するか、あるいは治療しないか 概日リズム睡眠-覚醒障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
精神科治療学   29(11) 1393-1398   Nov 2014
概日リズム睡眠-覚醒障害(CRSWD)とは、体内時計が作り出す睡眠覚醒パターンと、本人にとって望ましい社会生活スケジュールが一致しなくなり、さまざまな問題を引き起こす睡眠障害である。原因は様々であるが、精神科領域で多いのは、休職や自閉的生活による体内時計の同調因子減弱、向精神薬による起床困難が引き起こす睡眠相後退である。レストレスレッグス症候群により見かけ上睡眠相が後退しているように見えることがある。眠気を引き起こす向精神薬は通常無効であり、昼夜逆転を悪化させてしまう。米国のガイドラインで...
睡眠障害の検査法
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子
都薬雑誌   36(9) 15-19   Sep 2014
【睡眠薬・抗不安薬の適正使用を考える】 臨床に差がつく!睡眠薬・抗不安薬の適正な使用方法 睡眠薬の適切な使用方法
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
Modern Physician   34(6) 710-713   Jun 2014
<ポイント>不眠を訴える場合でも、閉塞性睡眠時無呼吸症候群やレストレスレッグス症候群など、睡眠薬が有害・無効な場合があるので鑑別が重要である。睡眠薬治療の対象は、不眠そのものではなく、不眠による日中の機能障害である。不眠そのものを治療対象としない。睡眠薬は少量を毎日服用が原則。「眠れないときだけ服用」の指示はかえって不眠を引き起こす。睡眠薬は安全な薬剤であるが、催眠作用は弱く、生活習慣、服薬法、睡眠薬や不眠に対する不安など、ささいな原因で効果が減弱する。睡眠薬を追加しても催眠作用の増強は期...
【生体リズムの基礎と臨床】 概日リズム睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
睡眠医療   8(2) 173-180   Jun 2014
概日リズム睡眠障害とは、体内時計が作り出す睡眠覚醒パターンと、本人にとって望ましい社会生活スケジュールが一致しなくなり様々な問題を引き起こす睡眠障害である。睡眠障害国際分類第3版(ICSD-3)では、名称が概日リズム睡眠覚醒障害(CRSWD)となり、下位分類が7に減ったが、概ねICSD-2を踏襲している。診断基準は、症状持続期間(3ヵ月)、異常な睡眠覚醒パターンを14日以上客観的に確認するよう変更され、オプション項目として、朝型夜型質問票、尿中6-スルファトオキシメラトニン測定が追加された...
[Sleep disorders].
Tagaya H, Murayama N, Hakamata Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   72(4) 739-743   Apr 2014   [Refereed]
【生活習慣病と認知機能-認知症の予防を見据えた生活習慣病の治療を目指して-】 生活習慣病と認知機能 予防と治療 睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
日本臨床   72(4) 739-743   Apr 2014
【鼻呼吸障害と睡眠呼吸障害】 睡眠呼吸障害 睡眠呼吸障害と社会的問題
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
JOHNS   30(4) 507-510   Apr 2014
【徹底理解!不眠症の薬物療法管理】 患者背景・合併症に応じた薬の使い方 概日リズム睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
薬事   56(4) 562-564   Apr 2014
概日リズム睡眠障害(circadian rhythm sleep disorder;CRSD)とは、体内時計が作り出す睡眠覚醒パターンと、本人にとって望ましい社会生活スケジュールが一致しなくなりさまざまな問題を引き起こす睡眠障害である。(著者抄録)
【徹底理解!不眠症の薬物療法管理】 睡眠障害の評価尺度と検査方法 ESS、SMH、PSQI
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
薬事   56(4) 571-578   Apr 2014
睡眠障害に限らず、患者本人による自記式、エキスパートが問診しながら評価する方式など、さまざまな評価尺度がある。注意すべき点としては、これらの評価尺度によって診断を行うことはできないこと、特に自記式尺度では、必ず第三者による評価、客観的検査所見が必要であることである。(著者抄録)
【知っておきたい高齢者の睡眠障害】 高齢者に対する睡眠薬の使い方
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
Geriatric Medicine   51(11) 1143-1146   Nov 2013
■不眠を訴える場合でも、閉塞性睡眠時無呼吸症候群やレストレスレッグス症候群など、睡眠薬が有害・無効な場合があるので鑑別が重要である。■睡眠薬治療の対象は、不眠そのものではなく、不眠による日中の機能障害である。■睡眠薬治療だけではなく、生活指導などの非薬物療法を併用することが有効である。■睡眠薬は安全な薬剤であるが、催眠作用は弱く、生活習慣、服薬法、睡眠薬や不眠に対する不安など、ささいな原因で効果が減弱する。■睡眠薬を追加しても催眠作用の増強は期待できず、せん妄やもうろう状態、転倒、骨折など...
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 基礎研究 睡眠覚醒調節の液性機構 ニューロアクティブ・ステロイド(ニューロステロイド)
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 127-134   Oct 2013
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 睡眠・覚醒の評価 「一般医療機関における睡眠障害スクリーニングガイドライン」の要点
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 199-204   Oct 2013
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 概日リズム睡眠障害群 「概日リズム睡眠障害(CRSD)の診断・治療・医療連携ガイドライン」の要点
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 425-429   Oct 2013
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 孤発性の諸症状、正常範囲と思われる異型症状、未解決の諸問題 長時間睡眠者と短時間睡眠者
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 513-516   Oct 2013
【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 孤発性の諸症状、正常範囲と思われる異型症状、未解決の諸問題 寝言
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
日本臨床   71(増刊5 最新臨床睡眠学) 522-525   Oct 2013
【神経・精神疾患診療マニュアル】 神経・精神症候からのアプローチ 主要神経・精神症候と鑑別診断 睡眠障害 眠れないなどの訴え
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
日本医師会雑誌   142(特別2) S132-S133   Oct 2013
【軽症例に対する精神科薬物療法のあり方】 不眠と睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
精神科治療学   28(7) 885-891   Jul 2013
精神科医は睡眠に関する訴えについて「軽症」あるいは「重要ではない症状」と認識しがちである。精神障害に付随する睡眠の問題は、幻覚、妄想、躁状態、うつ状態、知能低下、問題行動などと比較して治療の優先順位は低くなり、治療のメインターゲットとはならない。このため、催眠作用や鎮静作用がある向精神薬を追加することで対処されることが多い。睡眠障害に関する問診や検査を十分に行わずに、患者の訴えのままに薬剤を追加してしまう場合が多いが、これは無意味であるだけでなく、睡眠障害(特に閉塞性睡眠時無呼吸症候群)の...
【認知症の診断・治療における心理アセスメントの役割;心理検査、行動観察、面接による評価】 変性性認知症の鑑別および早期発見における神経心理検査の役割
村山 憲男, 田ヶ谷 浩邦, 井関 栄三
老年精神医学雑誌   24(7) 654-659   Jul 2013
神経心理検査によるアルツハイマー型認知症(AD)やレビー小体型認知症(DLB)の鑑別について、代表的な神経心理検査をそれぞれ紹介した。また、認知症の早期発見として、これらの疾患に特有の障害が顕在化する以前の前駆状態を対象にした神経心理評価法について解説した。たとえば、ADの早期発見では、健忘型軽度認知障害(aMCI)に対する既存の評価法の限界について解説し、WMS-RとWAIS-IIIを組み合わせた評価法を紹介した。(著者抄録)
【不眠症治療を考える】 診断と治療 問診時に注意すべき点
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
クリニシアン   60(6) 505-511   Jun 2013
【睡眠障害診療のあり方 内科医と睡眠専門医との連携を目指して】 睡眠障害スクリーニングのあり方
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
内科   111(2) 227-231   Feb 2013
睡眠障害の多くは不眠を呈するが,うつ病,閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS),レストレスレッグス症候群(RLS)等は睡眠薬だけでは改善せず,原疾患放置,睡眠薬による原疾患悪化・せん妄誘発等の弊害を引き起こすことがある.一方で,患者の多くは自分の睡眠の問題についてかかりつけ医に訴えない.プライマリ・ケア医は,ひと通りの睡眠障害の知識をもち,問診等により患者の睡眠の問題を把握し,大まかな睡眠障害の鑑別ができ,必要な専門的検査・専門的治療が行える医療機関に依頼できることが求められる.(著者抄録)
【睡眠-分子生物学から治療まで】 神経疾患と睡眠障害 致死性家族性不眠症(プリオン病)
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
Clinical Neuroscience   31(2) 218-219   Feb 2013
【Eszopiclone-基礎と臨床-】 Eszopicloneとcomorbid insomnia
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
精神科   22(2) 197-202   Feb 2013
【増加する睡眠障害-安全・正確な検査を実施するために】 代表的疾患における検査・診断の流れ 過眠症(ナルコレプシーなど)
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
Medical Technology   40(9) 954-958   Sep 2012
過眠とは、目覚めていなければならない時に眠り込んでしまうことである。過眠はさまざまな原因で起こり、その対処・治療は原因ごとに異なるため、十分な鑑別が必要である。精神刺激薬依存者が過眠症を装っていることがあり、注意が必要である。(著者抄録)
【不眠の臨床-精神疾患の予防・改善に向けて-II】 交代勤務における不眠の問題
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
精神科治療学   27(9) 1189-1195   Sep 2012
社会の24時間化に伴い、夜間に勤務する交代勤務者なしでは社会が成り立たなくなっている。交代勤務では体内時計が作り出す睡眠・覚醒の概日リズムに逆らって、夜間に勤務し、日中に睡眠をとらなければならない。このため、夜勤中には眠気によるパフォーマンスの低下が出現し、夜勤明けの睡眠の質が悪化し、睡眠不足、疲労が蓄積する。長期間の交代勤務は、乳癌、メタボリック・シンドロームなどの疾患の危険因子である。交代勤務者は業務上の事故、交通事故が日勤者より有意に多い。若年者、男性、夜型の者が交代勤務に適応しやす...
[Definitions and clinical classifications of sleep disorders].
Tagaya H, Murayama N, Hakamata Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(7) 1150-1154   Jul 2012   [Refereed]
【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 睡眠覚醒リズム・睡眠障害 睡眠障害の基本概念と臨床的分類
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
日本臨床   70(7) 1150-1154   Jul 2012
【現代社会と増加する睡眠障害】 各種睡眠障害の診断と治療 精神生理性不眠症
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
臨牀と研究   89(6) 732-736   Jun 2012
【うつ病と睡眠】 <ワンポイントQ&A>概日リズム睡眠障害にはうつ病の合併が多い?その際、治療はどのように?
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
睡眠医療   6(2) 264-268   Jun 2012
【睡眠障害にまつわる患者さんの訴えに正しく対処する】 各診療科からの一言 精神科
田ヶ谷 浩邦
Mebio   29(3) 104-105   Mar 2012
ねむりの達人がお応えします Q&A(第9回)
田ヶ谷 浩邦
ねむりと医療   5(1) 43-46   Mar 2012
【Eszopicloneの基礎と臨床】 Eszopicloneと二次性不眠
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
睡眠医療   6(増刊号) 155-158   Mar 2012
【不眠症】 不眠症の臨床的分類 ライフステージ毎の不眠
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
クリニシアン   59(2) 156-162   Feb 2012
【精神科医の多剤併用・大量処方を考えるI】 睡眠薬の多剤併用の意義と問題点
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
精神科治療学   27(1) 15-22   Jan 2012
睡眠薬の多剤併用・大量投与による不眠の改善は期待できないうえ、転倒、交通事故など様々な弊害をもたらす。今日用いられている睡眠薬は安全性が高いが、催眠作用は限定的であり、生理的に必要な睡眠時間より長く眠らせることや、不眠の原因となっている精神症状に打ち勝って眠らせることは困難である。不眠治療の基本は、不眠の原因の除去、薬物療法と非薬物療法の併用である。患者の訴えのままに睡眠薬を追加すべきでない。詳細な問診により不眠の原因を明らかにし、これに対処する。閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、むずむず脚症候...
袴田 優子, 田ヶ谷 浩邦
日本生物学的精神医学会誌   22(4) 277-295   Dec 2011
【精神疾患と睡眠障害】 双極性障害と睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
睡眠医療   5(3) 265-272   Nov 2011
【睡眠医療が精神医学に寄与できること】 概日リズム睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
最新精神医学   16(6) 695-703   Nov 2011
【睡眠医療の最前線-広まりつつある睡眠医療の重要性-】 睡眠障害がもたらす社会的問題 産業社会で見逃されてきた睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 袴田 優子
カレントテラピー   29(9) 804-808   Sep 2011
【睡眠障害「眠れない」をどう考え対応すべきか】 睡眠障害と疾病・薬物との関連性 薬剤性睡眠障害
田ヶ谷 浩邦, 袴田 優子, 村山 憲男
薬局   62(10) 3307-3312   Sep 2011
<Key Points>◎薬剤はすべての型の睡眠障害を引き起こす。◎外科手術、疼痛治療では、薬剤によるOSASの悪化に注意する。◎抗うつ薬は不眠・過眠を引き起こすとともに、OSAS、RLS、PLMD、RBDなどを悪化させる。◎抗精神病薬、睡眠薬、抗不安薬は、過眠を引き起こすとともにOSASを悪化させる。◎抗パーキンソン病薬による突発性睡眠に注意が必要である。(著者抄録)
【睡眠障害を訴える患者へのアプローチ】 総論 不眠症患者に対する薬物療法
田ヶ谷 浩邦
診断と治療   99(8) 1317-1323   Aug 2011
【睡眠障害の実態と対策〜より良い睡眠をめざして〜】 (解説1)睡眠障害の概要と早期発見のポイント
田ヶ谷 浩邦
安全と健康   62(7) 645-650   Jul 2011
生活習慣病のための検査 検査値をどうみるか(第18回) 睡眠障害の検査 実地医療でできる簡易検査からPSG、MSLTなど専門的検査まで
田ヶ谷 浩邦
Life Style Medicine   5(1) 47-53   Jul 2011
【概日リズム睡眠障害と関連する諸問題】 概日リズム睡眠障害の基礎と臨床 概日リズム睡眠障害の臨床特徴
田ヶ谷 浩邦
睡眠医療   5(1) 17-22   Apr 2011
【「眠れない」を解決する 睡眠障害にまつわる身近な疑問から各症候まで徹底解説!】 身につけたい最低限の鑑別診断 ベッドに入っても眠れない
田ヶ谷 浩邦
治療   93(2) 213-220   Feb 2011
<プライマリ・ケアにおけるポイント>不眠はありふれた訴えの一つであり、先進諸国で行われた疫学調査では、一般成人の20〜25%が不眠を自覚している。不眠の原因はさまざまであり、その対策・治療も原因によって異なり、睡眠薬により悪化したり、思わぬ副作用が出現することがある。多種類・多量の睡眠薬を投与しても催眠作用は頭打ちで、転倒・せん妄などの副作用が出現しやすくなるので、不眠の原因を繰り返し検索し、これを取り除くことが重要である。(著者抄録)
【今日の精神科治療ガイドライン】 生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
田ヶ谷 浩邦
精神科治療学   25(増刊) 207-209   Oct 2010
[Methylphenidate: pharmacology, indication and potential of abuse].
Tagaya H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68(8) 1550-1555   Aug 2010   [Refereed]
【薬物依存症 薬物依存症のトレンド】 リタリンの功罪
田ヶ谷 浩邦
日本臨床   68(8) 1550-1555   Aug 2010
【不眠症治療の新しい展望】 診断方法
田ヶ谷 浩邦
実験治療   (698) 78-84   Jul 2010
【現代社会における睡眠障害 広がる睡眠医療】 教育現場で注意すべき睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
Progress in Medicine   30(6) 1515-1520   Jun 2010
【知っておきたい高齢者の睡眠医療】 概日リズム睡眠障害(CRSD)の診断と治療
田ヶ谷 浩邦
Geriatric Medicine   48(6) 771-774   Jun 2010
概日リズム睡眠障害では、体内時計がつくりだす概日リズムと、社会的スケジュールの不一致により、不眠や過眠、昼夜逆転を来す。高齢者では、CRSD以外の睡眠障害、視力障害、認知症、せん妄などにより、昼夜逆転を来すことが多いので、昼夜逆転を来す基礎疾患・薬剤の除外が重要である。睡眠薬は無効である場合が多く、転倒やせん妄の原因となる。高照度光療法、メラトニン、メラトニンアゴニストが有効である。(著者抄録)
睡眠と健康 睡眠中の自律神経活動と不安・抑うつ及び不眠の関係
鎌田 直樹, 田中 克俊, 田ヶ谷 浩邦, 宮岡 等
心身医学   50(6) 494-494   Jun 2010
【メラトニン受容体アゴニストの登場と新たな不眠治療への期待】 現代の不眠とその治療 睡眠評価の方法と問題点
田ヶ谷 浩邦
睡眠医療   4(増刊号) 156-161   Jun 2010
【睡眠障害の最新の知識】 睡眠障害各論 どのような疾患があるか 精神作用物質と環境因による睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
臨床精神医学   39(5) 585-589   May 2010
睡眠障害のメカニズム
田ヶ谷 浩邦
鼻アレルギーフロンティア   10(2) 84-89   May 2010
【デキる医師の紹介・逆紹介スキル99 「紹介する⇔紹介される」のギャップを埋める教訓集】 精神 紹介 睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
治療   92(4月増刊) 1079-1085   Apr 2010
睡眠時無呼吸症候群と類縁疾患の医療連携ガイドライン 一般医療機関における睡眠障害スクリーニングガイドライン
田ヶ谷 浩邦
日本呼吸器学会雑誌   48(増刊) 36-36   Mar 2010
ねむりの達人がお応えします Q&A(第4回) 日常診療で睡眠障害を訴えられたとき、具体的にどのような評価をおこなえばよいか?
田ヶ谷 浩邦
ねむりと医療   2(2) 90-93   Dec 2009
ねむりの達人がお応えします Q&A(第4回) 高血圧症患者や糖尿病患者でどの程度、積極的に睡眠障害を評価する必要があるか?
田ヶ谷 浩邦
ねむりと医療   2(2) 93-93   Dec 2009
[Circadian rhythm sleep disorders].
Tagaya H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   67(8) 1501-1506   Aug 2009   [Refereed]
【不眠症 基礎・臨床の最新研究】 不眠症の臨床的分類と概念 概日リズム睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
日本臨床   67(8) 1501-1506   Aug 2009
【睡眠障害をめぐって】 不眠症の薬物療法
田ヶ谷 浩邦
Pharma Medica   27(7) 49-52   Jul 2009
【患者さんの背景・病態で考える 薬の選び方・使い方のエッセンス】 心身・精神 過眠症
田ヶ谷 浩邦
治療   91(4月増刊) 1297-1300   Apr 2009
【睡眠とその障害】 特異な睡眠障害 致死性家族性不眠症(プリオン病)
田ヶ谷 浩邦
Clinical Neuroscience   27(2) 181-183   Feb 2009
高齢者睡眠障害の病態と治療
田ヶ谷 浩邦
日本医事新報   (4418) 67-73   Dec 2008
臨床睡眠薬理の豆知識 睡眠薬が睡眠構築に及ぼす影響
田ヶ谷 浩邦
睡眠医療   2(4) 471-473   Sep 2008
【睡眠の保健指導と睡眠障害の理解】 睡眠障害の理解 概日リズム睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
地域保健   39(9) 48-52   Sep 2008
【症状が起こるメカニズムとケア】 不眠
尾崎 章子, 田ヶ谷 浩邦
Expert Nurse   24(8) 73-79   Jun 2008
【睡眠障害の診断・治療ガイドライン】 睡眠医療における政策医療ネットワーク構築のための医療機関連携のガイドライン作成に関する研究(総論)
清水 徹男, 名嘉村 博, 井上 雄一, 田ヶ谷 浩邦
睡眠医療   2(3) 263-266   Jun 2008
【睡眠障害の診断・治療ガイドライン】 一般医療機関における睡眠障害スクリーニングガイドライン
田ヶ谷 浩邦, 清水 徹男
睡眠医療   2(3) 267-270   Jun 2008
【睡眠障害の診断・治療ガイドライン】 不眠症の診断・治療・連携ガイドライン
山寺 亘, 伊藤 洋, 井上 雄一, 神林 崇, 田ヶ谷 浩邦, 亀井 雄一
睡眠医療   2(3) 285-289   Jun 2008
【睡眠障害の診断・治療ガイドライン】 概日リズム睡眠障害(CRSD)の診断・治療・医療連携ガイドライン
田ヶ谷 浩邦, 伊藤 洋, 井上 雄一, 亀井 雄一, 内村 直尚, 古田 壽一, 山寺 亘, 小鳥居 望
睡眠医療   2(3) 296-303   Jun 2008
【睡眠障害の診断・治療ガイドライン】 PSG共通フォーマットガイドライン
田ヶ谷 浩邦, 宮本 雅之, 内村 直尚, 伊藤 洋, 神林 崇, 井上 雄一, 宮本 智之, 桑原 啓郎
睡眠医療   2(3) 324-329   Jun 2008

Books etc

 
Circadian Features of Rapid Eye Movement and Non-rapid Eye Movement Sleep Propensities in Healthy Humans. In K. Honma, & S. Honma(Eds.),
In: Circadian clock as multi-oscillation system. Hokkaido University Press   2003   
Poor compensatory function for sleep loss in delayed sleep phase syndrome and non-24-hour sleep-wake syndrome
In: International Workshop on Recent Progress in Sleep Research. Osaka Bioscience Institute   2003   

Conference Activities & Talks

 
松永祐輔, 下田隆大, 下田隆大, 渡邉孝明, 渡邉孝明, 原田愛永, 米木慶, 山本尚平, 鈴木裕太, 村山憲男, 田ヶ谷浩邦, 松永篤彦, 吉田煦
日本腎臓リハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   2018   
田ヶ谷浩邦
神経眼科   16 Oct 2017   
深瀬裕子, 寄川兼汰, 松永祐輔, 村山憲男, 田ヶ谷浩邦
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2017   
寄川兼汰, 深瀬裕子, 松永祐輔, 村山憲男, 田ヶ谷浩邦
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2017   
松永祐輔, 松永祐輔, 村山憲男, 寄川兼汰, 伊東真里, 鈴木珠実, 深瀬裕子, 田ヶ谷浩邦
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2017   
若年者における色覚異常と質問票による各種睡眠指導との関連
田ヶ谷 浩邦, 村山 憲男, 深瀬 裕子, 松永 祐輔
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jun 2017   
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦
臨床神経生理学   1 Oct 2016   
PSG技術講座 検査に必要な知識 睡眠中の異常行動・異常運動を伴う症例のPSG記録法と判定
田ヶ谷 浩邦
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jul 2016   
「生理的睡眠」の基礎と臨床 睡眠薬による生理的な睡眠は可能か?
田ヶ谷 浩邦
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jul 2016   
LED照明のピットホール 睡眠に及ぼす悪影響を考える 夜勤シミュレーション下の青色帯域遮断は、遂行能力、自律神経活動に影響しなかった
田ヶ谷 浩邦
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jul 2016   
TAT(絵画統覚検査)の図版3BMに現れる高齢者の心理的特徴
深瀬 裕子, 村山 憲男, 田ヶ谷 浩邦
老年社会科学   Jun 2016   
小室阿里紗, 田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦, 高橋麻由子, 大澤茉依
日本健康心理学会大会発表論文集(CD-ROM)   2016   
深瀬裕子, 村山憲男, 田ヶ谷浩邦
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   2016   
田ヶ谷浩邦, 田ヶ谷浩邦
日本交通医学工学研究会学術総会(CD-ROM)   10 Dec 2015   
睡眠薬の違いによる徐波睡眠増強が若年健康男子の耐糖能に与える影響と翌朝の認知機能に及ぼす影響の検討
松永 祐輔, 村山 憲男, 田ヶ谷 浩邦
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2015   
高齢者用心理的自律性尺度の開発 信頼性と妥当性の検討
深瀬 裕子, 村山 憲男, 田ヶ谷 浩邦
日本心理学会大会発表論文集   Aug 2015   
450-500nm帯域の特異的遮断は、高照度光下夜勤シミュレーション中に交感神経優位な状態を引き起こしたが、遂行能力、認知機能には影響しなかった
田ヶ谷 浩邦, 松永 祐輔, 高橋 麻由子, 小室 阿里紗, 大澤 茉依, 深瀬 裕子, 村山 憲男
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jul 2015   
評定者のエイジズムが投映法の解釈に及ぼす影響 高齢者が描いた2枚のバウムテストを用いた検討
深瀬 裕子, 村山 憲男, 河村 晃依, 柴 喜崇, 上出 直人, 田ヶ谷 浩邦
老年社会科学   Jun 2015   
村山憲男, 村山憲男, 遠藤忠, 稲木康一郎, 佐々木心彩, 深瀬裕子, 太田一実, 井関栄三, 田ヶ谷浩邦
老年精神医学雑誌   25 May 2015   
超短時間型睡眠薬による急性徐波睡眠増強は健常若年男子の耐糖能には影響しなかったが、インスリン分泌能は徐波睡眠量と正の相関を示した
田ヶ谷 浩邦, 熊谷 雄治, 黒山 政一, 村山 憲男, 袴田 優子
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jul 2014   
北里大学東病院における睡眠薬および抗不安薬の処方実態
黒田 ちか江, 斉藤 大樹, 本間 雅士, 飛田 夕紀, 平山 武司, 黒山 政一, 宮地 伸吾, 大石 智, 田ヶ谷 浩邦, 宮岡 等
精神神経学雑誌   Jun 2014   
抑肝散服用により生じる低カリウム血症の発現頻度と発現時期の後方視的調査
本間 雅士, 瀬川 千聖, 黒田 ちか江, 平山 武司, 黒山 政一, 長嶋 和明, 大石 智, 西山 和利, 田ヶ谷 浩邦, 宮岡 等
精神神経学雑誌   Jun 2014   
軽度認知障害やアルツハイマー病における脳糖代謝量の非対称性と認知機能の関係
村山 憲男, 井関 栄三, 太田 一実, 笠貫 浩史, 藤城 弘樹, 田ヶ谷 浩邦, 佐藤 潔
老年精神医学雑誌   May 2014   
バウムテストの諸指標は、高齢者の心理的特徴を反映するか? 高齢者の心理的評価に対する投影法の有用性
村山 憲男, 柴 喜崇, 河村 晃依, 上出 直人, 佐藤 春彦, 田ヶ谷 浩邦, 大渕 修一
日本認知症ケア学会誌   Apr 2014   
職員の意識を変える取り組みとしての医療安全セミナー 受け身の講演会から職員参加型へ
桃園 忍, 新井 万理子, 清水 賢一, 黒山 政一, 田ヶ谷 浩邦, 菊池 史郎
医療の質・安全学会誌   Oct 2013   
超短時間型BZ系およびnon-BZ系睡眠薬服用によるPVTへの影響は、服用12時間後には消失したが、DSSTスコア低下は残存していた
田ヶ谷 浩邦, 熊谷 雄治, 黒山 政一, 袴田 優子, 村山 憲男
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jun 2013   
脳糖代謝量に左右差がある軽度認知障害と初期アルツハイマー病の記憶機能の特徴
村山 憲男, 井関 栄三, 田ヶ谷 浩邦, 太田 一実, 笠貫 浩史, 藤城 弘樹, 佐藤 潔, 新井 平伊
老年精神医学雑誌   Jun 2013   
健常者における瞳孔動揺の日内変動と自然光との関連性
浅川 賢, 石川 均, 田ヶ谷 浩邦, 清水 公也
神経眼科   Oct 2012   
産業保健と睡眠・睡眠障害 職場メンタルヘルス活動と睡眠障害専門医療機関の連携
田ヶ谷 浩邦
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   Jun 2012   
MCIやADの病前の記憶機能と相関する心理学的因子の探索
村山 憲男, 井関 栄三, 田ヶ谷 浩邦, 太田 一実, 笠貫 浩史, 藤城 弘樹, 佐藤 潔, 新井 平伊
老年精神医学雑誌   Jun 2012   
タバコに関する新聞記事内容の推移
相沢 政明, 渋谷 茉美, 田ヶ谷 浩邦, 黒山 政一
日本禁煙学会学術総会プログラム・抄録集   Apr 2012   
臨床薬理試験参加希望者の検査データの年次調査 血圧、脈拍数
中村 智美, 石崎 沙織, 前田 実花, 新井 万理子, 黒山 政一, 田ヶ谷 浩邦, 池田 康彦, 藤田 朋恵, 熊谷 雄治
臨床薬理   Oct 2011   
健常高齢者における記憶機能と諸指標との関連 aMCIの記憶機能の評価には、教育年数と知能のどちらが有用か?
村山 憲男, 井関 栄三, 田ヶ谷 浩邦, 太田 一実, 藤城 弘樹, 新井 平伊, 佐藤 潔
Dementia Japan   Oct 2011   
レビー小体型認知症の幻視に対する心理的介入 重症度ごとの対応の工夫
村山 憲男, 井関 栄三, 太田 一実, 藤城 弘樹, 佐藤 潔, 新井 平伊, 田ヶ谷 浩邦
日本認知症ケア学会誌   Aug 2011   
臨床薬理試験参加希望者の検査データの年次調査 血算
中村 智美, 石崎 沙織, 高橋 賢成, 前田 実花, 黒山 政一, 田ヶ谷 浩邦, 池田 康彦, 藤田 朋恵, 熊谷 雄治
臨床薬理   Nov 2010   
保健活動の現場で役立つ睡眠衛生・睡眠障害の知識
田ヶ谷 浩邦
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2010   
生活習慣病と不眠・睡眠障害
田ヶ谷 浩邦
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   Nov 2008   
咽頭の違和感、夜間異常行動で発症した致死性家族性不眠症の55歳男性例
斉藤 勇二, 小川 雅文, 塚本 忠, 田ヶ谷 浩邦, 村田 美穂
臨床神経学   Jun 2008   
睡眠呼吸障害、夜間異常行動など多彩な睡眠関連症状が出現した致死性家族性不眠症の一症例
田ヶ谷 浩邦, 齋藤 勇二, 高橋 康郎, 有竹 清夏, 榎本 みのり, 鈴木 博之, 小川 雅文, 村田 美穂, 三島 和夫
臨床神経生理学   Oct 2007   
睡眠不足がリスク選択行動に与える影響
鈴木 博之, 久我 隆一, 田ヶ谷 浩邦, 三島 和夫
日本心理学会大会発表論文集   Jul 2007   
レストレスレッグス症候群における睡眠の問題 日本の一般人口での検討
榎本 みのり, 李 嵐, 有竹 清夏, 長瀬 幸弘, 梶 達彦, 田ヶ谷 浩邦, 三島 和夫, 松浦 雅人, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 内山 真
臨床神経生理学   Oct 2006   
日中におけるリスク選択行動の時刻による変化
鈴木 博之, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真, 久我 隆一
生理心理学と精神生理学   Aug 2006   
日本の一般人口におけるストレス内容と抑うつ症状について
梶 達彦, 長瀬 幸弘, 阿部 又一郎, 李 嵐, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真
日本社会精神医学会雑誌   Aug 2006   
日本の一般人口における抑うつ症状とストレス対処行動の関連について
長瀬 幸弘, 梶 達彦, 阿部 又一郎, 李 嵐, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真
日本社会精神医学会雑誌   Aug 2006   
ストレスの内容と抑うつ症状の関連に関する疫学的研究
梶 達彦, 長瀬 幸弘, 阿部 又一郎, 李 嵐, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真
精神神経学雑誌   May 2006   
一般成人における抑うつとストレス対処行動の関係
長瀬 幸弘, 梶 達彦, 阿部 又一郎, 李 嵐, 兼板 佳孝, 大井田 隆, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真
精神神経学雑誌   May 2006   
健常者における主観的睡眠時間の認知メカニズム
田ヶ谷 浩邦, 内山 真, 亀井 雄一, 渋井 佳代, 尾崎 章子, 譚 新, 鈴木 博之, 有竹 清夏[岡田], 李 嵐
臨床神経生理学   Oct 2005   
短時間睡眠覚醒条件下における連合記憶の概日変動
鈴木 博之, 田ヶ谷 浩邦, 内山 真, 久我 隆一
生理心理学と精神生理学   Aug 2005   
睡眠と心身機能
田ヶ谷 浩邦
日本歯科心身医学会雑誌   Dec 2003   
高次脳機能とγ波 意識水準によるγ波及び各脳波帯域の変化
田ヶ谷 浩邦, 内山 真
臨床神経生理学   Apr 2003   
概日リズムと時間知覚
栗山 健一, 鈴木 博之, 有竹 清夏, 渋井 佳代, 金 圭子, 尾崎 章子, 譚 新, 田ヶ谷 浩邦, 亀井 雄一, 内山 真
認知神経科学   Jun 2002   
アルツハイマー型痴呆患者における学習効果とその保持
泉 園子, 望月 寛子, 山中 克夫, 新垣 浩, 田ヶ谷 浩邦
老年精神医学雑誌   May 2001   
DAT患者を用いたMMSEの内部構造に関する因子分析的検討 四分相関係数をもとに
山中 克夫, 望月 寛子, 丹野 義彦, 泉 園子, 中村 聡, 新垣 浩, 田ヶ谷 浩邦
老年精神医学雑誌   May 2001   
ADL,IADLを決定する認知機能
望月 寛子, 山中 克夫, 泉 園子, 新垣 浩, 田ヶ谷 浩邦
老年精神医学雑誌   May 2001   
夢中遊行が疑われた解離性障害の1例
向井 淳子, 長瀬 幸弘, 田ヶ谷 浩邦, 布施 泰子, 太田 克也, 大久保 善朗
東京精神医学会誌   Dec 2000   
反復刺激による慣れの現象についてのNIRSによる脳機能画像学的検討
山本 隆正, 高橋 和巳, 緒方 茂樹, 渥美 義賢, 田ヶ谷 浩邦, 井川 真理子, 塩塚 慎一, 小山 恵子, 平沢 秀人, 山下 優一
臨床神経生理学   Apr 2000   
視覚刺激の周波数による視覚野活性化水準の変化 近赤外線分光法を用いて
塩塚 慎一, 井川 真理子, 小山 恵子, 平沢 秀人, 山本 隆正, 高橋 和巳, 緒方 茂樹, 渥美 義賢, 田ヶ谷 浩邦, 山下 優一
臨床神経生理学   Apr 2000   
レム睡眠期における後頭葉の脳機能画像-24チャンネル近赤外線分光法を用いて
高橋 和巳, 緒方 茂樹, 田ヶ谷 浩邦, 山本 隆正, 山下 優一, 牧 敦, 山本 剛, 小泉 英明, 塩塚 慎一, 井川 真理子
臨床神経生理学   Apr 2000   
思春期に発症し近似した病像を呈した躁うつ病の母娘例
田ヶ谷 浩邦
東京精神医学会誌   Dec 1991   

Research Grants & Projects

 
Pathophysiology of sleep disorders and psychiatric disorders
Epidemiology of sleep disorders and psychiatric disorders
Circadian modulation on physiological markers, cognition and behavior