小沼 晋

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:07
 
アバター
研究者氏名
小沼 晋
 
コヌマ ススム
所属
日本大学
部署
理工学部土木工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
10359234

研究分野

 

経歴

 
1999年10月
 - 
2000年3月
日本下水道事業団 技術開発部 非常勤職員
 
2000年4月
 - 
2001年3月
運輸省 港湾技術研究所 海洋環境部 海水浄化研究室 研究官
 
2001年4月
 - 
2003年3月
独立行政法人 港湾空港技術研究所 海洋・水工部 沿岸生態研究室 研究官
 
2003年4月
 - 
2010年3月
独立行政法人 港湾空港技術研究所 海洋・水工部 主任研究官
 
2010年4月
 - 
2016年3月
日本大学 理工学部 土木工学科 助教
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
東京大学 工学部 都市工学科
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 工学系研究科 都市工学専攻
 
1994年4月
 - 
1999年9月
東京大学 工学系研究科 都市工学専攻
 

委員歴

 
2008年8月
 - 
2010年3月
・名古屋港浚渫土砂利活用技術検討委員会 沿岸域ワーキンググループ委員
 
2008年8月
 - 
2010年3月
・名古屋港浚渫土砂利活用技術検討委員会 海域ワーキンググループ委員
 

受賞

 
2015年11月
土木学会環境工学委員会 土木学会第52回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞 浄水処理工程中の低濃度溶存態放射性セシウムの挙動
受賞者: 反保亮祐, 大野浩一, 小沼 晋, 齋藤利晃, 寺田 宙, 秋葉道宏
 
2015年5月
環境システム計測制御学会 平成26年度環境システム計測制御学会論文賞 送風量制御による下水処理における一酸化二窒素の排出削減方法
受賞者: 草野 吏, 小沼 晋, 鈴木 重浩, 齋藤 利晃, 濱本 亜希, 小林 政行
 
2013年10月
環境システム計測制御学会 第26回環境システム計測制御学会研究発表会奨励賞 送風量制御による下水処理における一酸化二窒素の排出削減方法
受賞者: 草野 吏, 小沼 晋, 鈴木重浩, 齋藤利晃, 濱本亜希, 小林政行
 
2012年11月
土木学会環境工学委員会 土木学会第49回環境工学研究フォーラム環境技術・プロジェクト賞 新規コンポジット吸着体を用いた都市下水からのセシウム回収技術の開発
受賞者: 小沼 晋、大西真平、村上雅彦、平野壮哉、伊藤賢一、齋藤利晃
 
2011年11月
土木学会環境工学委員会 第48回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞 神田川におけるN2Oの発生とその生成要因について
受賞者: 藤井大地、齋藤利晃、小沼 晋
 

論文

 
Shinya Hosokawa, Susumu Konuma, Yoshiyuki Nakamura
PLoS ONE   11(6)    2016年6月   [査読有り]
銅製水道管による給配水過程の微生物再増殖ならびにエンドトキシン活性抑制効果
島﨑 大・榎本圭佑・春日郁朗・小沼 晋・齋藤利晃・秋葉道宏
土木学会論文集G(環境)   71(7) III_171-III_177   2015年11月   [査読有り]
医療用水中の従属栄養細菌およびエンドトキシン(ET)の増大に対する銅製水道管による抑制効果を連 続通水実験により検証した.アニュラーリアクター 3 台にポリカーボネート(PC),ステンレス(SUS),銅 (Cu)の試験片を装着し 49 日間通水,各試験片上の従属栄養細菌数と ET 活性値を定期的に測定し,最終日 には各試験片から細菌を単離,ET 産生能力を算出し,遺伝子解析により菌種を同定した.Cu 試験片は銅の 酸化に伴う残留塩素消費のため従属栄養細菌が著しく増殖したが,ET 活性値は他...
送風量制御による下水処理における一酸化二窒素の排出削減方法
草野 吏・小沼 晋・鈴木重浩・齋藤利晃・濱本亜希・小林政行
環境システム計測制御学会誌   19(2/3) 106-114   2014年10月   [査読有り]
下水処理プロセスからの地球温暖化ガス削減の運転管理の最適化を目的に、活性汚泥装置にて 一酸化二窒素(N2O)の排出削減方法を調査した。調査結果から、N2O排出削減型の送風量制御 方法として、槽前段部で硝化を抑制し、槽後段部において硝化を促進する方法(後段硝化型)が、 対照系の DO 制御に比較し約 45%削減した。また、反応槽の硝化速度を変化させて活性汚泥中 の硝化細菌による N2O 生成量を計算するモデルを開発し、実験結果との整合性を確認し、後段 硝化型の送風量制御が N2O 生成を抑制...
古谷勇治・齋藤利晃・小沼 晋・大嶽祐介・鈴木重浩
Journal of Water and Environment Technology   11(6) 477-486   2013年12月   [査読有り]
曝気パターンによる亜酸化窒素生成の差異
古谷勇治・齋藤利晃・小沼 晋・大嶽祐介・鈴木重浩
第4回国際水協会アジア太平洋地域会議(IWA-ASPIRE)CD-ROM   4 14-15-2   2011年10月   [査読有り]

Misc

 
目には見えない,大事なものたち-海辺に住むバクテリア群集を調べるための新しい方法-, わかりやすい海洋環境10
小沼 晋
波となぎさ   150 54-58   2001年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
轟 朝幸・金子雄一郎・大沢昌玄・長谷部 寛・小沼 晋・川崎智也 (担当:共著, 範囲:pp. 41-74)
コロナ社   2015年10月   ISBN:978-4-339-05249-7
大学や高等専門学校などで土木・交通工学を専攻する学生をおもな対象とした統計学の入門書である。統計学の基礎的な理論や方法をていねいに説明し,土木・交通工学分野で実際に扱う問題を題材として例題や演習問題を豊富に掲載した。
水の事典
細川恭史 (担当:共著, 範囲:430-436)
朝倉書店   2004年6月   ISBN:978-4-254-18015-2
Konuma, S., Satoh, H., Mino, T., and Matsuo, T. (担当:共著, 範囲:175-184)
Elsevier   2001年8月   ISBN:978-0-444-50563-7
Applicability of FISH, dot blot hybridization, antibody immobilized latex coagulation, and MPN techniques as enumeration methods for ammonia-oxidizing bacteria in various water environmentsABSTRACT: Fluorescent in situ hybridization (FISH), dot bl...

講演・口頭発表等

 
一酸化窒素の強制通気が硝化及び亜酸化窒素生成に及ぼす影響に関する基礎的検討
赤城大史,齋藤利晃,小沼 晋
第51回日本水環境学会年会   2017年3月17日   日本水環境学会
下水起源の窒素が流入する都市河川における亜酸化窒素の生成に関する調査研究
藤井大地、齋藤利晃
第46回日本水環境学会年会(東洋大学)   2012年3月16日   日本水環境学会
神田川における雨天時越流水に伴う大腸菌濃度の変動調査
新宮大地、齋藤利晃、小島啓輔、端 昭彦、古米弘明
第46回日本水環境学会年会(東洋大学)   2012年3月15日   日本水環境学会
神田川におけるN2O生成量および生成過程の調査
常盤周平、齋藤利晃
土木学会関東支部第39回技術研究発表会(関東学院大学)   2012年3月13日   土木学会関東支部
神田川におけるN2Oの発生とその生成要因について
藤井大地、齋藤利晃
第48回環境工学研究フォーラム(大同大学)   2011年11月26日   土木学会環境工学委員会

Works

 
小沼 晋   芸術活動   2014年3月
特集記事のために土木学会で行われた座談会の撮影を担当し,うち肖像写真4点の制作を行った.