藤澤 哲郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
藤澤 哲郎
 
フジサワ テツロウ
URL
https://www1.gifu-u.ac.jp/~fujilab/
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
その他の所属
特定国立研究開発法人理化学研究所工学研究科

プロフィール

溶液中における蛋白質複合体の構造解析/放射光小角散乱法を用いて蛋白質複合体の構造解析を行う/オリゴマー蛋白質の高圧巻き戻し法の開発/高静水圧処理によって封入体や凝集体の復元・再生を行う

研究分野

 

経歴

 
2008年
 - 
2010年
岐阜大学 工学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 工学部生命工学科 教授
 
1990年
   
 
- 理化学研究所 研究員
 
2007年
   
 
- 岐阜大学工学部 教授
 
1989年7月
 - 
1990年9月
エール大学博士研究室 博士研究員
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1984年3月
大阪大学 基礎工学部 生物工学科
 
1984年4月
 - 
1986年3月
大阪大学基礎工学研究科博士前期課程  
 
1986年4月
 - 
1989年3月
大阪大学基礎工学研究科博士後期課程  
 

受賞

 
1994年
日本生化学会 論文賞
 
2006年8月
第13回小角散乱国際会議 功績賞
 

論文

 
Tsuyoshi Konuma, Kazumasa Sakurai, Masanori Yagi, Yuji Goto, Tetsuro Fujisawa, Tetsuro Fujisawa, Satoshi Takahashi
Journal of Molecular Biology   427(19) 3158-3165   2015年4月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved. In the folding of β-lactoglobulin (βLG), a predominantly β-sheet protein, a transient intermediate possessing an excess amount of non-native α-helix is formed within a few milliseconds. To characterize the...
Ryo Ishiguro, Ryo Ishiguro, Hiroshi Matsuo, Keiichi Kameyama, Hideki Tachibana, Tetsuro Fujisawa, Tetsuro Fujisawa
Electrophoresis   36(6) 893-901   2015年3月   [査読有り]
© 2014 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim. A disulfide-deficient variant of hen lysozyme, 0SS, is known to form an amyloid protofibril spontaneously, and to dissociate into monomers at high hydrostatic pressure. We carried out native PAGE ...
Tetsuro Fujisawa
Sub-Cellular Biochemistry   72 663-675   2015年1月   [査読有り]
© Springer Science+Business Media Dordrecht 2015. Small-angle scattering, solution scattering from proteins in solution, reflects the shape of the scatter as a spread of electron density, which is common to protein crystallography. Although the ob...
Yuichi Shigeoka, Tetsuro Fujisawa, Satoshi Teshiba, Hisayoshi Fukumori, Kohji Yamamoto, Yutaka Banno, Yoichi Aso
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   77(8) 1637-1644   2013年9月   [査読有り]
The Bacillus stearothermophilus lipoate acetyltransferase (E2), composed of sixty identical, subunits is the core component of the pyruvate dehydrogenase complex (PDC). E2 polypeptide is composed of LD, PSBD, and CD domains. Most studies had focus...
小角散乱データからのモデリングに関する出版ガイドラインを読み解く
藤澤哲郎(岐阜大)
日本放射光学会誌   26 214-226   2013年7月

Misc

 
Toshihisa Tanaka, Masahiro Fujita, Akihisa Takeuchi, Yoshio Suzuki, Kentaro Uesugi, Kazuki Ito, Tetsuro Fujisawa, Yoshiharu Doi, Tadahisa Iwata
Polymer Preprints, Japan   54 5290-5291   2005年12月
Biodegradable high-strength fibers of poly[(R)-3-hydroxybutyrate] and poly[(R)-3-hydroxybutyrate-co-(R)-3-hydroxyvalerate] were prepared by one-step-drawing after isothermally crystallization near the glass temperature. This drawing technique is a...
Toshihisa Tanaka, Masahiro Fujita, Akihisa Takeuchi, Yoshio Suzuki, Kentaro Uesugi, Tetsuro Fujisawa, Yoshiharu Doi, Tadahisa Iwata
Polymer Preprints, Japan   54 656   2005年12月
Biodegradable poly(L-lactic acid) (PLLA) fibers were prepared from commercial pellet by melting spinning at 185°C. The extruder was taken up at room temperature by the roller to obtain amorphous fiber. The changes of molecular structures and highe...
Tomohiro Matsufuji, Yuji Jinbo, Yoshinobu Izumi, Hidenori Yoshino, Tetsuro Fujisawa
Polymer Preprints, Japan   54 5041   2005年12月
Stopped-flow small-angle X-ray scattering (SF-SAXS) was used to characterize a transient intermediate in the calcium dissociation from calmodulin (CaM) complexed with a target peptide (MLCKp or RS20). Reactions were monitored by SF-SAXS instrument...
Tomoharu Sawayanagi, Masahiro Fujita, Toshihisa Tanaka, Tadahisa Iwata, Hideki Abe, Hideki Abe, Yoshiharu Doi, Yoshiharu Doi, Kazuki Ito, Tetsuro Fujisawa
Polymer Preprints, Japan   54 655   2005年12月
Poly[(R)-3-hydroxybutyrate-co-(R)-16.0mol%3-hydroxyvalerate] single crystals were grown isothermally from an 1-octanol solution. Annealing behavior of the single crystals were followed in real time by synchrotron small- (SAXS) and wide-angle X-ray...
Masahiro Fujita, Tomoharu Sawayanagi, Toshihisa Tanaka, Tadahisa Iwata, Hideki Abe, Hideki Abe, Yoshiharu Doi, Yoshiharu Doi, Kazuki Ito, Tetsuro Fujisawa
Polymer Preprints, Japan   54 654   2005年12月
Poly[(R)-3-hydroxybutyrate] (P(3HB)) single crystals were grown isothermally at 60, 80, and 100°C in dilute 1-octanol solution. Annealing behavior of the sedimented single crystal mats was followed in real time by synchrotron small- (SAXS) and wid...

書籍等出版物

 
X線・放射光の分光
藤澤 哲郎 (担当:共著, 範囲:生体系、ソフトマターのX線分光)
講談社サイエンティフィック   2009年   
Trends in high pressure bioscience and biotechnology
T. Fujisawa, Y. Nishikawa, Y. Inoko (担当:共著, 範囲:The use of a small-angle X-ray scattering technique with a third-generation synchrotoron X-ray source in high pressure science)
Elsevier Science, Amsterdam, the Netherlands   2002年   
Biological systems under extreme conditions
T. Fujisawa, M. Kato (担当:共著, 範囲:The small-angle x-ray scattering from porteins under pressure)
Elsevier Science   2001年   
生体系・ソフトマターのX線分光
丑田 公規(理化学研究所),河合 潤(京都大学大学院工学研究科),桑原 裕司(大阪大学大学院工学研究科),田中 義人(理化学研究所),長岡 伸一(愛媛大学大学院理工学研究科),藤澤 哲郎(岐阜大工学部生命工)
講談社サイエンティフィック   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
High hydrostatic pressure native PAGE detects transient oligomeric dissociation of silkworm small heat shock protein sHSP20.8
藤澤哲郎(岐阜大・工)、上田敏史(九大・院・工)、亀山啓一(岐阜大・工)、麻生陽一(九大・院・農)、石黒亮(岐阜大・工)
The 2nd International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions   2014年1月   
蛋白質複合体の高圧放射光X線小角散乱データに対するグローバルフィット解析
藤澤哲郎(岐阜大・工)、亀山啓一(岐阜大・工)、石黒亮(岐阜大・工)
第51回生物物理学会年会   2013年10月   
高圧Native PAGE法によるリゾチーム変異体が形成するアミロイド原線維のかい離過程の定量的解析
石黒亮(岐阜大・工)、松尾博史(にいがた産業創造機構)、亀山啓一(岐阜大・工)、橘秀樹(近大・生物理工)、藤澤哲郎(岐阜大・工)
第51回生物物理学会年会   2013年10月   
X線小角散乱と電子顕微鏡法を用いたハイブリッド構造解析
皆見翔太(岐阜大・院・工)、石黒亮(岐阜大・工)、藤澤哲郎(岐阜大・工)
第51回生物物理学会年会   2013年10月   
Rhodococcus rhodochrous J1 由来ニトリラーの温度による構造変化の1HNMRによる追跡
大山恭平(岐阜大・院・工)、石黒亮(岐阜大・工)、鎌足雄司(岐阜大・生命科学支援センター)、藤澤哲郎(岐阜大・工)
第51回生物物理学会年会   2013年10月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
放射光時分割X線小角散乱システムの開発と筋蛋白質への応用
1998年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 藤澤 哲郎
本プロジェクトは、我々が開発した微小体積、放射光高圧小角散乱システムを高度化し細胞骨格タンパク質のフィラメントの安定性を評価した。高圧ジャンプという緩和法により、アクチン類似タンパク質ParM、FtsZ、Alfa、MreBのプロトフィラメント及び繊維束に関して安定性を研究した。その結果、MreB、Alfa、ParMに関しては共著で原著論文3報報告し、さらに、その応用発展としてリゾチウムアミロイドの研究も行った。
放射光時分割X線小角散乱システムの開発と筋蛋白質への応用
ゲノム科学研究
研究期間: 1998年 - 2004年
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 藤澤 哲郎
1.オリゴメリックタンパク質の構造解析のための準備として分子量1万9千のRasタンパク質に関してGTP結合に伴う構造変化を小角散乱により測定し、それにより得られたデータとX線結晶構造座標との比較より、水和構造の差を溶液散乱により示した。その結果GTP結合に伴いタンパク質表面から水和水層の厚さが2.9オングストロームから3.0オングストロームへ増加した。特にGAPと結合する領域において水和の立体構造の差が顕著に見られた。2.オリゴメリックタンパク質でも分子量55万と大きいRibulose-1...
高圧力を用いたタンパク質ダイナミクス
体積原理を用いて高圧により平衡をシフトさせ、タンパク質複合体のダイナミクスを調べる
高圧巻き戻し法によるタンパク質凝集体の可溶化再生法の開発
研究期間: 2007年10月       代表者: 藤澤 哲郎(岐阜大・工)

社会貢献活動

 
放射光を使って蛋白質の動きを見る
【】  2007年7月17日
研究室から大学は今
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2008年1月8日
Analytical Chemistry 論文審査
【】  2008年1月29日
高静水圧を用いたタンパク質ダイナミクスの解明
【】  岐阜大学工業倶楽部/工業倶楽部会報  岐阜大学工業倶楽部/工業倶楽部会報  2008年4月1日
タンパク質科学会プログラム委員会
【】  タンパク質科学会  タンパク質科学会  2011年10月