中内 茂樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/13 19:14
 
アバター
研究者氏名
中内 茂樹
 
ナカウチ シゲキ
ハンドル
shigeki.nakauchi
eメール
nakauchitut.jp
URL
http://www.vpac.cs.tut.ac.jp
所属
豊橋技術科学大学
部署
大学院工学研究科 情報・知能工学系
職名
教授
科研費研究者番号
00252320
ORCID ID
0000-0002-4954-6915

プロフィール

1993年、豊橋技術科学大学大学院博士後期課程修了。現在、豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。
2017年より東フィンランド大学Docent (School of Computing)、2018年より日本学術振興会専門研究員(情報学分野)。色覚、質感認知などの視知覚や視覚認知機構に関する基礎研究とともに、視覚科学に裏付けされた視覚技術(機能性光源、スペクトルイメージング)に関する研究に従事。2011年文部科学大臣表彰、経済産業大臣賞受賞。博士(工学)。

研究分野

 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
東フィンランド大学 Docent
 
2007年7月
 - 
現在
豊橋技術科学大学 教授
 
2007年
 - 
現在
高知工科大学 客員教授
 
2011年
 - 
2014年
豊橋技術科学大学 工学(系)研究科(研究院) 教授
 
2007年4月
 - 
2007年6月
豊橋技術科学大学 准教授
 

学歴

 
1990年
 - 
1993年
豊橋技術科学大学 博士後期課程 
 
1986年
 - 
1988年
豊橋技術科学大学 情報工学課程 
 
1998年
 - 
1990年
豊橋技術科学大学 修士課程 
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本学術振興会  専門研究員(情報学分野)
 
2012年
 - 
現在
視覚科学技術コンソーシアム  副代表
 
2010年
 - 
2014年
日本色彩学会  東海支部代議員
 
2010年
 - 
2019年
電子情報通信学会  ヒューマン情報処理研究会(HIP)専門委員会委員
 
2008年
 - 
現在
日本視覚学会  幹事
 
2008年
 - 
2012年
日本神経回路学会  企画理事
 
2008年
 - 
2012年
視覚科学技術コンソーシアム  代表
 
2009年7月
 - 
2011年3月
第3期愛知県科学技術基本計画策定委員会  委員
 
2008年
 - 
2011年
国立大学協会  広報専門委員
 
1999年
 - 
2003年
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会(NC)  専門委員会委員
 

受賞

 
2017年7月
日本基礎心理学会 2017年度優秀論文賞 Trained visual art experts make more stable judgments of glossiness
受賞者: Tani, Y., Nishijima, R., Nagai, T., Koida, K., Kitazaki, M., Nakauchi, S.
 
2013年5月
日本色彩学会 平成25年度論文奨励賞 Optical implementation of spectral filtering for the enhancement of skin color discrimination
受賞者: Nishino, K., Kaarna, A., Miyazawa, K., Oda, H., Nakauchi, S.
 
2011年9月
第9回産学官連携功労者表彰経済産業大臣賞 カラーユニバーサルデザインのための色弱模擬フィルタの開発
 
2011年4月
平成23年度文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門) カラーユニバーサルデザインのための色弱模擬フィルタの開発
 
2009年5月
日本色彩学会 論文賞 Detection and Modification of Confusing Color Combinations for Red-Green Dichromats to Achieve a Color Universal Design
受賞者: Shigeki Nakauchi, Tatsuya Onouchi
 
2007年5月
(財)日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞
 
1997年9月
日本神経回路学会 奨励賞 知覚的差異に基づく色域圧縮
 
1994年3月
光科学技術振興財団 研究表彰 色覚の計算論とその神経回路網モデルに関する研究
 
1990年3月
電子情報通信学会 篠原記念学術奨励賞 ニューラルネットワークによる色空間変換
 

論文

 
Suzuki Y, Minami T, Laeng B, Nakauchi S
Acta psychologica   198 102882   2019年7月   [査読有り]
Minami T, Shinkai T, Nakauchi S
Neuroscience   409 162-168   2019年6月   [査読有り]
Philipp Urban, Tejas Madan Tanksale, Alan Brunton, Bui Minh Vu, and Shigeki Nakauchi
ACM Transactions on Graphics   38(3)    2019年5月   [査読有り]
Nishino K, Haryu Y, Kinoshita A, Nakauchi S
Skin research and technology : official journal of International Society for Bioengineering and the Skin (ISBS) [and] International Society for Digital Imaging of Skin (ISDIS) [and] International Society for Skin Imaging (ISSI)   25 639-652   2019年3月   [査読有り]
Rahman MM, Shibata M, ElMasry G, Nakazawa N, Nakauchi S, Hagiwara T, Osako K, Okazaki E
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-13   2019年1月   [査読有り]
Suzuki Y., Minami T., Nakauchi S
Neuroscience      2019年8月   [査読有り]
Hiroshi Higashi, Minh Vu Bui, Ahmad Syahir Bin Aziz, Shigeki Nakauchi
Measurement      2019年10月   [査読有り]
中古賀理、二瓶裕司、中内茂樹、南哲人
日本感性工学会論文誌   18(1) 79-85   2019年   [査読有り]
M. V. Bui, M. M. Rahman, N. Nakazawa, E. Okazaki, S. Nakauchi
Optics Express   26 22954-22964   2018年9月   [査読有り]
© 2018 Optical Society of America under the terms of the OSA Open Access Publishing Agreement. The quality monitoring of frozen marine products has become essential in the fishery industry, where efficient and effective quality assurance is becomi...
Suzuki Y, Minami T, Nakauchi S
Scientific reports   8(1) 6874   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
Philipp Urban, Tejas Madan Tanksale, Alan Brunton, Bui Minh Vu, Shigeki Nakauchi
arXiv:1710.00546      2017年10月
Advances in multimaterial 3D printing have the potential to reproduce various
visual appearance attributes of an object in addition to its shape. Since many
existing 3D file formats encode color and translucency by RGBA textures mapped
to 3D shape...
中山博導, 竹田美和, 渕慎吾, 岩佐精二, 山本敦, 福田光男, 田中三郎, 穂積直裕, 田村廣人, 中内茂樹, 森山隆一, 中野秀雄
食品の包装   48(1) 66‐71   2016年8月
中内茂樹
立石科学技術振興財団助成研究成果集   (24) 30-33   2015年9月

書籍等出版物

 
質感の科学, 小松英彦(編)
中内 茂樹 (担当:分担執筆, 範囲:第3部質感の分析と表現 第4章質感の工学 4.2熟練者が作り出す質感)
朝倉書店   2016年10月   
High Throughput Screening for Food Safety Assessment: Biosensor Technologies, Hyperspectral Imaging and Practical Applications
Kamruzzaman, M., Nakauchi, S., ElMasry, G. (担当:共著, 範囲:Online screening of meat and poultry product quality and safety using hyperspectral imaging)
Elsevier Inc.   2014年   
映像情報メディア工学大事典, 映像情報メディア学会(編)
中内 茂樹 (担当:分担執筆, 範囲:第1部門3-2色空間)
オーム社   2010年6月   
ニューロインフォマティクス-視覚系を中心に-
オーム社   2007年   
デジタル画像における色再現・質感表現技術〔下巻〕~コントラスト・階調性・光沢感の最適化、画質・臨場感・演色性の向上~
技術情報協会   2007年   

講演・口頭発表等

 
Mizanur Rahman、 柴田真理朗、中澤奈穂、Bui Minh Vu、中内茂樹、大迫一史、岡﨑惠美子
令和元年度水産利用関係研究開発推進会議   2019年11月13日   
Shehata, M.H., Cheng, M., Wu, D., Tseng, C.-H., Nakauchi, S., Shimojo, S.
2019 Neuroscience Meeting (SfN2019, Washington DC)   2019年10月20日   
Hsin-Ni Ho, Hiroki Terashima, Kohta Wakamatsu, Jinhwan Kwon, Maki Sakamoto, Shigeki Nakauchi, Shin’ya Nishida
42nd European Conference on Visual Perception (ECVP2019, Leuven, Belgium)   2019年8月27日   
Shimizu, K., Nakakoga, S., Muramatsu, J., Kitagawa, T., Minami, T., Nakauchi, S.
42nd European Conference on Visual Perception (ECVP2019, Leuven, Belgium)   2019年8月27日   
Imura, T., Nakauchi, S., Shirai, N., Tomonaga, M.
42nd European Conference on Visual Perception (ECVP2019, Leuven, Belgium)   2019年8月27日   
Suzuki, Y., Onodera, K., Minami, T., Nakauchi, S.
42nd European Conference on Visual Perception (ECVP2019, Leuven, Belgium)   2019年8月27日   
Nakakoga, S., Nihei, Y., Kinzuka Y., Haw, K C., Shahidan, S.N W., Nor, M H., Yvonne-tee, B G., Abdullah, B Z., Imura, T., Shirai, N., Nakauchi, S., Minami, T.
42nd European Conference on Visual Perception (ECVP2019, Leuven, Belgium)   2019年8月27日   
知覚時間と赤/青刺激により誘発される瞳孔反応の関係
金塚裕也, 佐藤 文昭, 南哲人,中内 茂樹
第42回日本神経科学大会   2019年7月25日   
音刺激に対する瞳孔反応を用いた情動推定
清水健吾, 中古賀理, 南哲人,中内 茂樹
第42回日本神経科学大会   2019年7月25日   
Sho Kishigami, Takuma Morimoto, João MM Linhares, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi and Sérgio MC Nascimento
25th Symposium of the International Colour Vision Society (Riga, Latvia)   2019年7月6日   
Nakauchi, S., Nishimoto, M., Tamura, H.
25th Symposium of the International Colour Vision Society (Riga, Latvia)   2019年7月6日   
Shigeki Nakauchi
Annual Finnish Computer Science Symposium   2019年6月11日   
中内 茂樹
視覚科学コンソーシアム(VSAT)第10回オープンイベント   2019年5月31日   
中内 茂樹
玉川大学 脳科学研究所 社会神経科学共同研究拠点研究会「世界と社会における色と質感」   2019年5月30日   
Preference judgement for art paintings: large-scale subjects (30K) experiment revealing age-dependency
Shigeki Nakauchi, Masaya Nishimoto, Hideki Tamura
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2019, St. Pete Beach, USA)   2019年5月19日   
Association between temporal perception and pupillary response in Red/Blue stimuli
Yuya Kinzuka, Fumiaki Sato, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2019, St. Pete Beach, USA)   2019年5月19日   
P3 asymmetry elicited by original-pseudo art paintings using an oddball paradigm
Yuma Taniyama, Yuji Nihei, Tetsuto Minami, Shigeki Nakauchi
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2019, St. Pete Beach, USA)   2019年5月19日   
Preference of facing/lighting direction for portraits paintings
Sho Kishigami, Yuma Taniyama, Shigeki Nakauchi, Tetsuto Minami
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2019, St. Pete Beach, USA)   2019年5月19日   
Visual-auditory crossmodal priming affects visual texture recognition
Kohta Wakamatsu, Michael J. Proulx, Shigeki Nakauchi
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2018, St. Pete Beach, USA)   2019年5月18日   
Vision in the extreme-periphery (3a): color perception is induced by foveal input
Mohammad Shehata, Takashi Suegami, Yusuke Shirai, Daw-An Wu, Shigeki Nakauchi, Shinsuke Shimojo
Vision Science Society 19th Annual Meeting (VSS2018, St. Pete Beach, USA)   2019年5月18日   

Works

 
都市エリア産学官連携促進事業(発展型)
2005年
都市エリア産学官連携促進事業
2002年 - 2004年
科学技術振興調整費
1999年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
統計的レギュラリティに対する認知バイアスとしての選好
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 中内 茂樹
極度の忘我状態が引き起こす脳状態の変容-対人相互作用時のフローとチョーキング
文部科学省: 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
研究期間: 2018年 - 2023年    代表者: 中内 茂樹
グレア知覚の他覚的計測-認知神経科学に基づく医療診断補助と視環境評価への展開
文部科学省: 挑戦的研究(開拓)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 中内 茂樹
多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2015年 - 2020年    代表者: 西田 眞也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 中内 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 中内 茂樹
今年度は、質感認知の中でも複雑でその特性がほとんど分かっていない材質識別に着目した。様々な材質で作られた質感サンプルの写真を刺激とし、材質識別能力と光沢感・冷暖感等の様々な質感特徴の関係性について検討した。実験では、呈示された写真に対し各質感特徴について7段階評定させた。加えて、写真を二つ同時呈示し、その材質同異判断に要する応答時間を計測し、質感評定値との関連性を解析することで、材質識別に関わる質感特徴を検討した。結果として、材質識別課題の応答時間帯により関連する質感特徴が異なることが明ら...
質感認知の環境依存性および学習依存性(計画研究)
科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 中内 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中内 茂樹
今年度は、感性情報のなかでも顔認知における色情報、および潜在的な感情情報について脳波からの抽出を試みた。これらは、これまで行われてきた研究より、個別的・深層的な潜在的感性情報へのアクセスに挑戦するものであり、より個人適応型のコミュニケーションへの貢献度は高いと考えられる。まずは、顔の色(色相)を変化させた場合の脳波を計測し,顔色の色相変化と事象関連電位、および不自然さに対する心理尺度値(行動実験)との関係を明らかにすることにより、顔色認知機能メカニズムの解明を目指した。その結果、左後側頭チ...
脳波からの個性に関わる感性情報抽出
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 中内 茂樹
蛍光指紋イメージングによる食品衛生管理技術とモニタリング装置の開発
平成22年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業委託事業
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 杉山 純一
脳活動からの知覚・認知状態推定に基づく自然さおよび現実感に関わる感性情報抽出
科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 中内茂樹
輝度および分光情報に関する広ダイナミックレンジ計測に基づく不可視情報の可視化
知的クラスター創成事業(第Ⅱ期,浜松地区) (代表)
研究期間: 2007年 - 2011年    代表者: 中内 茂樹
色度分布特性の計測による真珠の色調・光沢の定量化技術の開発
JST 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験A(発掘型)
研究期間: 2009年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 中内 茂樹
われわれは、物を見たり、聞いたりするときに、それが何であるかを知覚するだけでなく、それらが自分にとって身近なものか、自然な物かを知らないうちに判断している。このとき感じる自然さというものは、コミュニケーションにとって重要な要素である。われわれは、これまで、脳波成分P3に着目して、ヒトの感じる不自然さがP3非対称性に表れることを示した(Minami et al., 2009)。さらに、顔に敏感なN170コンポーネントに着目し、顔色の不自然さによる脳波の変化を調べることにより、顔色の不自然さ(...
糖度・熟度の非破壊測定器  分光画像計測による食品中の微生物の迅速定量的検出
都市エリア産学官連携促進事業(発展型) (代表)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 中内 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中内 茂樹
色覚異常(色弱、2色覚)は網膜に存在する3つの錐体と呼ばれるカラーセンサーのうち1つが欠損しており、欠損している錐体によりP型、D型、T型に分類される。一般色覚の知覚する色が3次元空間内のベクトルとして記述されるのに対し、色弱者の知覚色は2次元平面上のベクトルとして記述され、その情報量が大きく異なる。本研究では、まず色覚異常者の色の見えを表すモデルとしてBrettel-Mollonらの手法を採用し、色覚正常者と比較して著しく色の弁別が低い配色(混同しやすい配色)を検出する手法を提案した。具...
色覚シミュレーションと配色最適化に基づく色覚バリアフリー画像の自動生成
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中内 茂樹
光学薄膜技術と色覚理論の融合による機能性分光フィルタの開発
地域新生コンソーシアム研究開発事業
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中内 茂樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 中内 茂樹
本研究は,渥美半島の特産物の一つであるメロンを対象として,簡便にその糖度および硬度を非破壊にて同時に測定する方法を提案することを目的として行われた.具体的には,メロンを透過した光に対して近赤外分光分析を行い,平均糖度および硬度(熟度)を推定するものである.特に,糖度に関しては,メロン内部の糖度分布をスペクトルイメージング法により推定し,その糖度分布と透過光スペクトルの間の相関関係を分析することで,透過光に対して最も影響を与える果肉部位を特定し,推定精度の向上を図った.まず,硬度推定に関して...
スペクトルイメージングによる不可視情報の可視化と食品品質評価への応用
科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 中内 茂樹

特許

 
成分分布可視化方法および成分分布可視化装置
特許第3706914
画像処理装置
特開2003-173438
Method and apparatus for color gamut mapping
USP6198843
デジタル撮影装置、画像データ処理装置、デジタル撮影方法および記録媒体
特開2001-078202
果実の食味成分評価方法及び評価装置
特開2006-226775
カラー画像表示方法
特開2006-260323
Method for forming functional spectrum filter
WO2007/094338
画像のダイナミックレンジ圧縮方法, 画像処理回路, 撮像装置およびプログラム
特開2009-224901
ダイナミックレンジ圧縮装置およびプログラム
特開2010-28694

社会貢献活動

 
心の科学について-人工知能時代の人間らしさを考える
【講師】  公共社団法人 豊橋青年会議所  AI時代の働き方発見!夏期講習  (こども未来館)  2019年7月13日
心と脳の科学-人工知能の時代における人間理解ー
【講師】  幸田市  第18回幸田プレステージレクチャーズ  2019年1月17日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市  豊橋市職員研修会  2018年11月7日
視覚認知情報学の世界 ー人工知能の時代こそ人間を理解する必要があるー
【講師】  第399回東三河産学官交流サロン  2018年1月16日
「あなたの見ている世界」と「隣の人が見ている世界」は違うかも
【講師】  豊橋市青年教師の集い  2017年8月3日
カラーユニバーサルデザインへの理解と学校における配慮
【講師】  豊橋市  教職員向けユニバーサルデザイン研修会  2017年7月25日
視覚の科学と技術:工学部で視覚を研究するということ
【講師】  北海道大学大学院文学研究科 FD研修  2016年12月2日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市保育士向けユニバーサルデザイン研修会  2016年9月9日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市  生徒指導夏季研修会  2016年8月2日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市  豊橋市職員研修会  2015年11月12日
視覚の科学と技術
【講師】  豊橋市  豊橋市中小企業人材育成支援研修  2015年7月21日
感性研究の最前線:質感って何?
【講師】  トヨタ中研  トヨタ中研講演会  2015年7月17日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市  保育士研修会  2014年9月16日
カラーユニバーサルデザインについて
【講師】  豊橋市  カラーUD講演会  2014年6月13日