相賀 裕美子

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/31 18:03
 
アバター
研究者氏名
相賀 裕美子
 
サガ ユミコ
URL
http://www.nig.ac.jp/labs/ManDev/home-j.html
所属
国立遺伝学研究所
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

経歴

 
1984年
   
 
:米国ニューヨーク州メモリアルスローンケタリング癌研究所
 
 
   
 
ポストドクター(3年)、研究員(2年)
 
1989年
   
 
:理化学研究所筑波研究センター基礎科学特別研究生
 
1989年
   
 
:理化学研究所筑波研究センター基礎科学特別研究員
 
1992年
   
 
:萬有製薬筑波研究所・バイオメデイカル研究所 
 

学歴

 
 
   
 
筑波大学大学院 生物科学研究科 生物物理化学専攻  
 
 
   
 
筑波大学  
 

論文

 
Niimi Y, Imai A, Nishimura H, Yui K, Kikuchi A, Koike H, Saga Y, Suzuki A
Developmental biology   445(1) 103-112   2019年1月   [査読有り]
Fukuda K, Masuda A, Naka T, Suzuki A, Kato Y, Saga Y
PLoS genetics   14(6) e1007436   2018年6月   [査読有り]
Zhao W, Oginuma M, Ajima R, Kiso M, Okubo A, Saga Y
eLife   7    2018年5月   [査読有り]
Pui HP, Saga Y
Mechanisms of development   149 27-40   2018年2月   [査読有り]
Zhou Z, Kawabe H, Suzuki A, Shinmyozu K, Saga Y
Nature communications   8 15662   2017年6月   [査読有り]
Kabayama Y, Toh H, Katanaya A, Sakurai T, Chuma S, Kuramochi-Miyagawa S, Saga Y, Nakano T, Sasaki H
Nucleic acids research   45(9) 5387-5398   2017年5月   [査読有り]
Pui HP, Saga Y
Mechanisms of development   144(Pt B) 125-139   2017年4月   [査読有り]
Fujii M, Sakaguchi A, Kamata R, Nagao M, Kikuchi Y, Evans SM, Yoshizumi M, Shimono A, Saga Y, Kokubo H
Nature communications   8 14664   2017年3月   [査読有り]
Wu Q, Fukuda K, Kato Y, Zhou Z, Deng CX, Saga Y
PLoS biology   14(9) e1002553   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
Trends Cardiovasc Med. 10 : 345-352, 2000   
MesP1 and MesP2 are essential for the development of cardiac mesoderm
Development. 127 : 3215-26, 2000   
MesP1 is expressed in the heart precursor cells and required for the formation of a single heart tube
Development. 126 : 3437-47, 1999   

書籍等出版物

 
実験医学(増刊)「発生・分化・再生研究2005」,23 Notchシグナルの多様性
相賀 裕美子
2005年   

講演・口頭発表等

 
Essential role of the expression network between two RNA-binding proteins in the formation of sustainable primordial follicles
加藤 譲、相賀 裕美子
日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
マウス生殖細胞の性分化を制御するシグナル系 [招待有り]
相賀 裕美子
日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
Egg or sperm:how germ cell sex is determined [招待有り]
相賀 裕美子
宮崎大学国際シンポジウム『性差科学の多様性』   2018年10月19日   
Mechanism of sexual differentiation of mouse germ cells [招待有り]
相賀 裕美子
Developmental Biology seminar series: Sloan Kettering Cancer Center   2018年10月9日   
MOLECULAR DISSECTION OF NANOS-MEDIATED RNA-REGULATION [招待有り]
相賀 裕美子
CSH-Germ Cells Meeting   2018年10月9日   
THE EXPRESSION NETWORK BETWEEN RNA-BINDING PROTEINS ELAV2 AND DDX6 IS REQUIRED FOR PRIMORDIAL FOLLICLE FORMATION
加藤 譲、相賀 裕美子
CSH-Germ Cells Meeting   2018年10月9日   
DND1 protein is stabilized via interaction with its partner protein NANOS in mouse germ cells.
ダネル ライト,相賀 裕美子
CSH-Germ Cells Meeting   2018年10月9日   
Analysis of the gene expression changes during male germ cell differentiation with scRNA-Seq
島田 龍輝,相賀 裕美子
CSH-Germ Cells Meeting   2018年10月9日   
Requirement of DDX6 medicated P-body formation for the function of NANOS2 In male germ cell differentiation [招待有り]
相賀 裕美子
COMBIO2018 SYMPOSIUM PRESENTATIONS   2018年9月23日   
変異マウス作製と歩む研究人生 [招待有り]
相賀 裕美子
学術領域研究【先端モデル動物支援プラットフォーム】 若手支援技術講習会   2018年9月6日   
Toward understanding the molecular mechanism of sexual fate decision in murine germ cells [招待有り]
相賀 裕美子
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
Identification of Wnt5a downstream targets during early development in mouse
安島 理恵子、相賀 裕美子
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
Structural association between mouse NANOS and DND1 RNA binding proteins
ダネル ライト、相賀 裕美子
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
To explore the feminizing genes mediated by SMAD4 in germ cell
島田 龍輝,相賀 裕美子
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
Analysis of granulosa cell progenitor differentiation during primordial follicle formation in mice.
福田 胡桃、加藤 譲、相賀 裕美子
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
Unique and cooperative limb specific enhancers regulate Fgf10 expression
日本発生生物学会年会   2018年6月5日   
Mechanism of sexual differentiation of mouse germ cells. [招待有り]
相賀 裕美子
Life Science Seminar in ShanghaiTech University   2017年10月26日   
Egg or sperm: how germ cell sex is determined. [招待有り]
相賀 裕美子
The International Research Symposium on Regulation of Germ Cell Development in vivo   2017年7月26日   
Primordial follicles: insights from a study of RNA-binding proteins for its development and activation [招待有り]
加藤 譲,相賀 裕美子
The International Research Symposium on Regulation of Germ cell Development in vivo and in vitro   2017年7月26日   
Role of DDX6-mediated P-body formation in NANOS2 functio
島田 龍輝,相賀 裕美子
The International Research Symposium on Regulation of Germ cell Development in vivo and in vitro   2017年7月26日   
Role of Nanos Proteins in Male Germ Cell Development [招待有り]
相賀 裕美子
Gordon Research Conference(   2017年6月18日   
Primordial follicle formation: insights from a study of an RNA-binding protein.
加藤 譲,相賀 裕美子
Gordon Research Conference   2017年6月18日   
Role of DDX6-mediated P-body formation in male germ cell development. [招待有り]
島田龍輝,相賀 裕美子
Gordon Research Conference   2017年6月18日   
Post-transcriptional suppression of Dazl via its 3’UTR plays an important role in pre-implantation embryonic development. [招待有り]
福田 胡桃,相賀 裕美子
Gordon Research Conference   2017年6月18日   
Requirement of DDX6-mediated P-body formation in male germ cell development
島田 龍輝,相賀 裕美子
日本発生生物学会   2017年5月9日   
Post-transcriptional suppression of Dazl via its 3’UTR plays an important role in pre-implantation embryonic development.
福田 胡桃,相賀 裕美子
日本発生生物学会   2017年5月9日   
生殖細胞特異的NANOS2-DND1経路の体細胞における再構成
平野 孝昌,相賀 裕美子
日本分子生物学会   2017年12月8日   
マウス生殖細胞分化に必須なRNA結合タンパク質の機能を司る構造基盤の解析
ダネル ライト,相賀 裕美子
日本分子生物学会   2017年12月8日   
Germ cell-specific conditional KO via Cas9-mediated chimera analyses. [招待有り]
相賀 裕美子
The 20th US-Japan Cellular and Gene Therapy Conference.   2017年3月9日   
マウス生殖細胞の性分化制御機 [招待有り]
相賀 裕美子
筑波大学生命領域学際研究センター TARAセミナー   2016年12月16日   
RNA制御を介した精子幹細胞の恒常性維持機構 [招待有り]
相賀 裕美子、周智
日本分子生物学会   2016年11月30日   
マウス生殖細胞の性分化制御機 [招待有り]
相賀 裕美子
熊本大学リエゾンラボ研究会/HIGOプログラム最先端研究セミナー   2016年10月26日   
Egg or sperm: which is the default? [招待有り]
相賀 裕美子
The Allied Genetics Conference   2016年7月13日   
Role of a 3’UTR-dependent DAZL suppression in mouse postnatal ovary.
福田 胡桃,相賀 裕美子
Mouse molecular genetics, The Allied Genetics Conference sponsored by the Genetics Society of America   2016年7月13日   
Role of post transcriptional suppression of Dazl via its 3’UTR in female reproduction
相賀 裕美子
日本発生生物学会Special Symposium   2016年6月2日   
Sex determination of mouse germ cells. [招待有り]
相賀 裕美子
International Symposium on Epigenetic Dynamics and Regulation in Germ Cells.   2016年2月17日   
Functional analyses of Nanos3 in mouse spermatogenesis. [招待有り]
相賀 裕美子
International Symposium on Epigenetic Dynamics and Regulation in Germ Cells.   2016年2月17日   
Intrinsic regulation of the timing of gonocytes-to spermatogonia transition in the murine testes by an RNA-binding Protein NANOS2.
相賀 裕美子
International Symposium on Epigenetic Dynamics and Regulation in Germ Cells.   2016年2月17日   
An intrinsic buffering mechanism in spermatogonial stem cells controls the timing of mouse spermatogenesis. [招待有り]
相賀 裕美子
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月3日   
Germ cell-specific factors, NANOS2 and NANOS3 interact with distinct components of the CNOT complex [招待有り]
相賀 裕美子
第36回日本分子生物学会   2015年12月3日   
Role of a 3’UTR-dependent suppression of Dazl in female reproduction.
相賀 裕美子
第38回日本分子生物学会年会   2015年12月3日   
Functional analyses of Nanos3 in mouse spermatogenesis.
櫻井 隆順、相賀 裕美子
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会   2015年12月3日   
Sex determination of mouse germ cells. [招待有り]
相賀 裕美子
Seminar in Francis Crick Institute.   2015年9月15日   
生殖細胞の性分化決定機構「精子と卵子のわかれめ」 [招待有り]
相賀 裕美子
第9回家畜DNA西郷シンポジウム   2015年9月15日   
Intrinsic regulation of the timing of gonocytes-to spermatogonia transition in the murine testes by an RNA-binding Protein NANOS2.
Pui Han Pin、 相賀 裕美子
Mouse Molecular Genetics   2015年9月   
Functional analyses of Nanos3 in mouse spermatogenesis.
櫻井 隆順、相賀 裕美子
第48回日本発生生物学会年会   2015年6月2日   
Mechanism of Sex determination of mouse germ cells [招待有り]
相賀 裕美子
Vertebrate Sex determination meeting   2015年4月17日   
The mechanism of sex determination of mouse germ cells. [招待有り]
相賀 裕美子
Seventh international symposium on the biology of vertebrate sex determination.   2015年4月13日   
卵が先か精子が先か? マウス生殖細胞の性分化機構 [招待有り]
相賀 裕美子
阪大コロキウム   2015年3月13日   
Sex determination of mouse germ cells. [招待有り]
相賀 裕美子
Finnish-Japanese joint symposium   2015年3月3日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 相賀 裕美子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 相賀 裕美子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 相賀 裕美子
Nanos2の上流に関して、我々は昨年度、FGFの下流でTGFbが機能して生殖細胞の雄性分化を誘導すると結論づけた。このTgfbシグナル経路に関する情報を得るため、Smad4の条件付き変異体をアメリカから導入し、クリーンアップ後SPF化して解析を行った。雄の生殖巣でSmad4をE11.5日以降にノックアウトしE14.5及び器官培養後に解析した。その結果、確かにNanos2の発現は抑制されるが、その効果は不完全であり、また減数分裂の誘導も非常に効率が悪いことが判明した。このことから、Noda...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 相賀 裕美子
セルトリ細胞で観察されるステージ依存的な遺伝子発現変化は、複数のシグナルがステージ依存的に活性化されることによって形成されると考えられる。我々は、その中でも、主にレチノイン酸シグナルとFGFシグナル系がGDNFの発現パターンや未分化精原細胞の増殖パターンと相関あるいは逆相関して活性化することを見出した。そこでドミナントネガティブ型のレチノイン酸レセプター(DN-RAR)をセルトリ細胞に強制発現しその遺伝子発現における変動解析及び機能解析を行った。その結果、DN-RARにより、通常RAによっ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 相賀 裕美子
生殖細胞はその独自性の維持機構や、減数分裂の制御機構のみならず、哺乳類に特徴的なインプリンティング確立などエピジェネティックな側面からも注目されている。このような、生殖細胞特異的なシステムを維持する機構の解明は、種を越えて維持されてきた生殖細胞の形成機構に加えて細胞生物学、幹細胞システムなどの理解につながる重要な情報を寄与する。マウスをモデルとして、胎生期における雄性生殖細胞の分化機構、さらに生後の周期的精子形成システムの理解を目指した研究を行う。本年度は、以下の実験を計画して研究を開始し...

社会貢献活動

 
Notch シグナル研究会
【その他】  Matuno K, Saga Y  遺伝研研究会  (三島)  2008年7月17日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
Notch シグナル研究会
【その他】  Matsuno K, Saga Y  遺伝研研究会  (三島)  2006年7月25日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
Notch シグナル研究会
【その他】  Matuno K, Saga Y  遺伝研研究会  (三島)  2007年7月5日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
遺伝研研究会
【その他】  Kenji Matsuno, Yumiko Saga  Notch シグナル研究会  (千葉)  2010年11月8日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり