長坂 雄次

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/20 16:46
 
アバター
研究者氏名
長坂 雄次
 
ナガサカ ユウジ
eメール
nagasakasd.keio.ac.jp
URL
http://www.naga.sd.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部システムデザイン工学科
職名
教授
学位
工学 (慶應義塾大学)
科研費研究者番号
40129573

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
1986年3月
慶應義塾大学工学部 ,助手
 
1981年3月
 - 
1982年3月
Research Associate, Brown University, USA
 
1986年4月
 - 
1992年3月
慶應義塾大学理工学部 ,専任講師
 
1992年4月
 - 
1996年3月
慶應義塾大学理工学部 ,助教授
 
1996年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 ,助教授
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本伝熱学会  副会長
 
2015年9月
 - 
2016年3月
日本機械学会  日本機械学会賞委員会幹事(兼 論文・奨励(研究)審査委員長)
 
2013年1月
 - 
2013年12月
日本熱物性学会  会長
 
2012年9月
   
 
公益財団法人みずほ学術振興財団 工学研究助成事業  選考委員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会学術システム研究センター(工学系科学)  主任研究員
 

受賞

 
2015年11月
公益財団法人 谷川熱技術振興基金 粉生熱技術振興賞 熱物性工学の進歩発展への貢献、特にナノ・マイクロスケール熱物性センシング技術の開発と工学的応用
 
2014年11月
日本熱物性学会 日本熱物性学会 熱物性賞 ナノ・マイクロスケール熱物性センシング技術の開発と応用
 
2010年10月
9th Asian Thermophysical Properteis Conference Award of Significant Contribution in Asian Thermophysical Properties Research
受賞者: 長坂 雄次
 
The award is provided to a professional thermophysical scientist who has made significant contributions or achieved great accomplishments to Asian Thermophysical
Properties Research and been recognized by the academia.
2009年3月
化学工学会 化学工学会2008年度優秀論文賞 リプロン・レーザー表面光散乱法を用いたポリマー有機溶剤液の液膜表面挙動の動的観察
受賞者: 長坂 雄次
 
2007年10月
日本熱物性学会 日本熱物性学会賞 論文賞 マイクロスケール温度伝導率異方性センシングの材料創成技術への応用
受賞者: 長坂 雄次
 

論文

 
低濃度グルコース水溶液の非接触濃度センシング手法に関する研究 ―2波長回転位相子法による微小旋光度検出装置の開発―
老川 ひろみ,長坂 雄次
熱物性   32(4)    2018年11月
新しい補正法による真空下における低熱伝導率材料の熱伝導率測定
冨岡 孝太,大関 駿太郎,太刀川 純孝,大村 高弘,長坂 雄次
熱物性   32(3) 104-111   2018年7月
KAMATA MAKOTO, TAGUCHI YOSHIHIRO, NAGASAKA YUJI
Optics Express   26(13) 16970-16983   2018年6月
江口 雅人,田口 良広,長坂 雄次
日本機械学会論文集   84(860) 17-29   2018年4月

Misc

 
物質拡散係数測定技術のコツ
長坂 雄次
応用物理   85(9) 798-802   2016年9月

書籍等出版物

 
ナノ・マイクロスケール熱物性ハンドブック
日本熱物性学会編 (担当:共著)
養賢堂   2014年6月   ISBN:978-4-8425-0525-1
Experimental Thermodynamics Volume IX Advances in Transport Properties of Fluids
NAGASAKA YUJI
Royal Society of Chemistry   2014年5月   ISBN:978-1-84973-677-0
演習熱力学
丸善(日本機械学会)   2012年11月   
新編熱物性ハンドブック
日本熱物性学会編
養賢堂   2008年3月   ISBN:978-4-8425-0426-1
熱力学
丸善(日本機械学会)   2002年7月   
JABEE対応を考慮した,新しい標準的な熱力学の教科書

講演・口頭発表等

 
真空下における低熱伝導率材料の熱伝導率測定精度向上に関する研究
冨岡 孝太,大関 駿太郎,太刀川 純孝,大村 高弘,長坂 雄次
第38回日本熱物性シンポジウム   2017年11月9日   
ナノバブル水の表面物性センシングによるナノバブル寿命の推定 -リプロン表面光散乱法を用いた溶存窒素濃度依存性の検討-
豊内 哲也,長坂 雄次
第38回日本熱物性シンポジウム   2017年11月8日   
光学式小型拡散センサを用いたナノバイオマテリアルの測定に関する検討
宍戸 りさ,田口 良広,長坂 雄次
第38回日本熱物性シンポジウム   2017年11月7日   
プラスチック製光誘起誘電泳動チップによる拡散センシングデバイスの開発
奥脇 拓也,鎌田 慎,田口 良広,長坂 雄次
第38回日本熱物性シンポジウム   2017年11月7日   
ソーレー強制レイリー散乱法による水溶液系試料の拡散係数測定に関する研究 ―トレハロース水溶液の測定―
藤田 雅之,長坂 雄次
第38回日本熱物性シンポジウム   2017年11月7日   

Works

 
JSMEテキストシリーズ「熱力学」共同執筆
長坂 雄次   その他   2002年6月

競争的資金等の研究課題

 
ナノ・マイクロ熱物性センシング工学の確立と応用
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究S
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
ナノ・マイクロレベルの革新的熱物性センシングとその応用
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究S
研究期間: 2007年4月 - 2012年3月
燃料電池用ポリマー電解質膜内の物質拡散係数リアルタイムセンシングの研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 萌芽研究
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
マイクロリットル血液粘性率の超高速センシングの研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 萌芽研究
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月
ナノスケール熱物性モニタリングと微小領域Thermalシステムデザイン
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究A
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月

特許

 
特願2008-129957 : 液体の表面物性の異方性評価方法およびそれに用いる装置
沖和宏
特願2007-079198 : 液体表面粘弾性質測定ヘッド及びそれを用いた液体表面粘弾性質測定装置
田口良広,蛭子井明
特願2006-292604 : 断熱材の断熱特性リモートセンシング方法及び装置
水本貴広,安藤広敏
特願2004-137189 : 近接場光を用いた極微小領域熱物性測定方法及び測定装置
田口良広、長坂雄次
特願2001-141168 : 断熱材の断熱特性リモートセンシング方法及び装置
石井裕子、長坂雄次