HAYASHI Masahiko

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2019 at 02:46
 
Avatar
Name
HAYASHI Masahiko
URL
http://www.se.fukuoka-u.ac.jp/hayashi/
Affiliation
Fukuoka University
Section
Faculty of Science, Department of Earth System Science
Research funding number
50228590

Profile

現職 福岡大学理学部地球圏科学科教授
    同  「福岡から診る大気環境研究所」所長

神奈川県生まれ 58歳 男
現在の専門は,大気科学(大気組成,特にエアロゾル)

学部は,名古屋大学工学部航空学科で学ぶ。お世辞にもよくできる学生ではなく,「問題学生」の一人だった。
卒業研究は,燃料の自着火に関する実験と数値シミュレーションによる研究に取り組んだ。
大学院(名古屋大学大学院理学研究科)進学後,大気エアロゾルの観測に取り組み始める。
修士論文は,極成層圏雲が地球物質循環に果たす役割についてのモデリング に関するもの。
博士学位論文は,修士論文のテーマを発展させて,サンプリング,ライダー,数値モデリングによる研究 として学位取得(博士後期課程は,中途退学)
 
【現在の研究】
in-situ観測,リモートセンシング,実験など様々な手法でエアロゾルの大気における役割の解明に取り組む。
飛翔体による高層大気のin-situ観測に特に力を入れている。
20年にわたり,無人航空機による観測にも取り組んできた。

5年前に,「福岡から診る大気環境研究所」を設置し,長距離輸送物質と局所排出物質の混合に伴う環境形成についての研究を様々な研究機関の協力を得て進めている。その中で,エアロゾルの健康に与える影響についての研究にも取り組み始めている。

日本,福岡,モンゴル,熱帯,南極,北極 と全球的に観測に取り組んでいる。一時,フィールドにあまり出ない時期があったが,最近は,反省して,学生とともにできるだけ野外に飛び出して観測を実施するようにしている。

【学生教育】
考える
体験・経験から学ぶ
自分で,理論,装置などを組み立てる
そんなことができる学生を育てたいと考えている。
その教育材料として,エアロゾル,そして地球を,学生に提示している。

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1990
 - 
May 1990
助手, 空電研究所, 名古屋大学
 
Jun 1990
 - 
Mar 1998
助手, 太陽地球環境研究所(空電研究所の改組に伴う配置換え), 名古屋大学
 
Nov 1990
 - 
Mar 1992
越冬隊員(昭和基地), 第32次日本南極地域観測隊
 
Nov 1996
 - 
Mar 1998
越冬隊員(ドームふじ観測拠点), 第38次日本南極地域観測隊
 
Apr 1998
 - 
Mar 2004
助教授, 理学部地球圏科学科, 福岡大学
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1987
Aeronautical engeneering, Faculty of Engineering, Nagoya University
 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
大気水圏科学専攻, Graduate School, Division of Natural Science, Nagoya University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1990
大気水圏科学専攻, Graduate School, Division of Natural Science, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Aug 2000
第17回エアロゾル科学・技術研究討論会 井伊谷賞, 日本エアロゾル学会
 
Jul 1997
1997年度計測自動制御学会学会賞(技術賞)
 

Published Papers

 
大気エアロゾルの蛍光計測と蛍光物質の同定~ライダーと地上サンプリングによる粒子の蛍光・組成の比較解析
白石浩一, 林政彦, 齋藤保則, 水谷耕平
光アライアンス   29 13-16   2018
Aerosol Optical Characteristics in Fukuoka and Beijing Measured by Integrating Nephelometer and Aethalometer: Comparison of Source and Downstream Regions.
Uchiyama A., B. Chen, A. Yamazaki, G. Shi, R. Kudo, C. Nishita-Hara, M. Hayashi, A. Habib, and T. Matsunaga
Journal of the Meteorological Society of Japan   96 215-240   2018   [Refereed]
Ambient fine and coarse particles collected at three locations in Japan using cyclone technique affect upper and lower respiratory tract differently and elicit varying immune response
Onishi T, Honda A, Tanaka M, Chowdhury P H, Okano H, Okuda T, Shishido D, Terui Y, Hasagawa S, Kameda T, Tohno S, Hayashi M, Nishita-Hara C, Hara K, Inoue K, Ueda K, Takano H
Environmental Pollution   242 (Part B) 1693-1701   Jul 2018   [Refereed]
HAYASHI Masahiko, NISHI Noriyuki
Bulletin of the American Meteorological Society   99(4) 1213-1230   Jun 2018   [Refereed]
Monthly and Diurnal Variation of the Concentrations of Aerosol Surface Area in Fukuoka, Japan, Measured by Diffusion Charging Method
Kiriya M, Okuda T, Yamazaki H, Hatoya K, Kaneyasu N, Uno I, Nishita C, Hara K, Hayashi M, Funato K, Inoue K, Yamamoto S, Yoshino A, and Takami A
Atmosphere   8(7) 114   2017   [Refereed]

Books etc

 
黄砂
岩坂泰信,西川雅高,山田丸。洪天祥,林政彦他 (Part:Joint Work, 第4章「黄砂の観測法」の一部,第4.3.4節)
古今書院   Jul 2009   ISBN:978-4-7722-3125-1
大気と微粒子の話
笠原三紀夫,東野達,林政彦他38名 (Part:Joint Work, 「無人航空機でわかった黄砂の化学」の章)
京都大学出版会   Mar 2008   
南極からのファックス―越冬隊と小学生の文通
第32次南極地域観測隊,衣浦小学校 (Part:Joint Work)
あかね書房   May 1993   ISBN:425103905X

Conference Activities & Talks

 
Effects of Asian dust particles in a reconstructed cultured human corneal epithelial model
R. Ko, M. Hayashi, M. Tanaka, E. Uchio
ARVO   2018   
長崎県福江島および福岡県福岡市におけるエアロゾル化学組成の変動について
吉野彩子, 高見昭憲, 原圭一郎, 西田千春, 林政彦, 兼保直樹, 畠山史郎, 山本重一, 鵜野伊津志
第59回大気環境学会年会   2018   
Variation of Particle Numbers at Fukuoka, Japan in winter, 2018
Yoshino A, Takami A, Hayashi M, Nishita C, Hara K, Kaneyasu N
15th IGAC Science Conference   26 Sep 2018   
Investigation of the factors controlling the variation of aerosol surface area concentrations in Fukuoka, Japan
Kiriya M, Yamazaki H, Hatoya K, Okuda T, Kaneyasu N, Uno I, Nishita C, Hara K, Hayashi M, Funato K, Inoue K, Yoshino A, Takami A
IGAC/iCACGP 2018   26 Sep 2018   
冬季国内都市部における粒子個数濃度の濃度変動に関する研究
高見昭憲, 吉野彩子, 林政彦, 西田千春, 原圭一郎, 兼保直樹
第35回エアロゾル科学・技術研究討論会   31 Jul 2018   

Research Grants & Projects

 
健康影響評価に資するPM2.5新規採取法の開発
環境省: 
Project Year: 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 奥田知明
大気組成変動研究
Project Year: Jun 2017 - Mar 2019
南極自由対流圏の大気バイオエアロゾル調査:アイスコア微生物の沈着メカニズム解明
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 小林史尚
越境物質と極地排出物質の複合汚染がつくる大気微粒子環境の健康への影響
公益財団法人小林国際奨学財団: 
Project Year: May 2016 - Mar 2019
黄砂・PM2.5とアレルギー性結膜炎の理学・医学統合研究
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019
上部成層圏から帰還可能な革新的小型無人航空機システムの研究
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 東野伸一郎
アイボンALによる洗眼効果の有効性試験
小林製薬株式会社: 
Project Year: Jul 2015 - Mar 2017
研究所研究助成
トーテックス株式会社: 
Project Year: Jun 2015 - Mar 2016
研究所研究助成
山梨技術工房: 
Project Year: Jun 2015 - Mar 2016
南極成層圏の宇宙塵・極成層圏雲とエアロゾル循環
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2015 - Mar 2020

Patents

 
特許第5717136号 : 粒子計数装置