日向 博文

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 10:01
 
アバター
研究者氏名
日向 博文
 
ヒナタ ヒロフミ
URL
http://www.cee.ehime-u.ac.jp/~kaigan/hinata/
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設コース
職名
教授
学位
閉鎖性および開放性沿岸域の流動・物質輸送に与える外洋影響の解明(東京工業大学)
その他の所属
沿岸環境科学研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
愛媛大学 大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設コース 教授
 
1995年
 - 
2000年
東京工業大学工学部 助手
 
2000年
 - 
2001年
運輸省港湾技術研究所 主任研究官
 
2001年
 - 
2007年
 国土交通省国土技術政策総合研究所 主任研究官
 
2007年
 - 
2014年3月
-   国土交通省国土技術政策総合研究所 室長
 

学歴

 
 
   
 
東京工業大学 理工学研究科 土木工学専攻
 
 
   
 
東京工業大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
土木学会  海岸工学委員会対外連携小委員会副委員長
 
2009年
   
 
海洋学会  沿岸海洋研究編集委員
 

受賞

 
2013年5月
公益社団法人 日本港湾協会 論文賞
 
2001年
土木学会論文奨励賞
 

論文

 
Hirofumi Hinata, Keita Mori, Kazuki Ohno, Yasuyuki Miyao, Tomoya Kataoka
Marine Pollution Bulletin   122 17-26   2017年9月
© 2017 Elsevier Ltd Residence times of microplastics were estimated based on the dependence of meso- and macrolitter residence times on their upward terminal velocities (UTVs) in the ocean obtained by one- and two-year mark-recapture experiments c...
Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata
Journal of Oceanography   1-17   2017年5月
© 2017 The Oceanographic Society of Japan and Springer Japan The combination of a high-frequency ocean surface radar and a tsunami detection method should be assessed as the onshore-offshore distribution of tsunami detection probability, because t...
日本国内における河川水中のマイクロプラスチック汚染の実態とその調査手法の基礎的検討
工藤功貴,片岡智哉,二瓶泰雄,日向博文,島崎穂波,馬場大樹
土木学会論文集B1(水工学)   73(4) I_1225-I_1230   2017年   [査読有り]
海洋レーダを用いた伊勢湾における津波の到来・副振動観測
渡久地優,藤井智史,日向 博文
土木学会論文集B2(海岸工学)   63    2016年11月   [査読有り]
紀南分岐流(振り分け潮)の短周期変動に与える海上風影響について
日向 博文,陳 敏坤,片岡 智哉
土木学会論文集B2(海岸工学)   63    2016年11月   [査読有り]
The observation of propagating tsunami wave and response characteristics in IseBay by HF radar
Toguchi, Y., Fujii, S., Hinata, H.
Proceedings of the 3rd ocean radar conference for Asia-Pacific   69-73   2016年4月   [査読有り]
Hirofumi Hinata, Tomoya Kataoka
Marine Pollution Bulletin      2016年4月
© 2016 Elsevier Ltd.We propose a belt transect setting strategy for mark-recapture experiments (MREs) to evaluate the time-independent 1D diffusion coefficient (〈D p0〉) of marine litter in the cross-shore direction that determines the backwashing...
最上川における漂流ごみ全体及び流木輸送量の把握と漂流ごみ対策技術の検討
南まさし, 二瓶泰雄,西島拓駿,片岡智哉,日向博文
河川技術論文集   22 499-504   2016年   [査読有り]
藤良太郎, 日向博文, 藤井智史, 永松宏, 小笠原勇, 伊藤浩之, 片岡智哉, 高橋智幸
土木学会論文集 B2(海岸工学)(Web)   71(2) I.337-I.342 (J-STAGE)   2015年
An automatic and continuous monitoring system for floating-litter transport in river and its application to field survey in Mogami River
Minami, M., Onoi, T., Nihei, Y., Kataoka, T., Hinata, H.
E-proceedings of the 36th IAHR World Congress      2015年6月   [査読有り]
日向博文
沿岸海洋研究   52(2) 169-175   2015年2月   [査読有り][招待有り]
Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata, Shigeru Kato
Marine Pollution Bulletin   101 539-548   2015年1月
© 2015 Elsevier Ltd.A key factor for determining the residence time of macroplastics on a beach is the process by which the plastics are backwashed offshore (backwash process). Here, we deduced the backwash process of plastic fishing floats on Wad...
Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata
Marine Pollution Bulletin   91 73-81   2015年1月
© 2014 Elsevier Ltd.We established a method for evaluating beach cleanup effects (BCEs) based on a linear system analysis, and investigated factors determining BCEs. Here we focus on two BCEs: decreasing the total mass of toxic metals that could l...
南まさし, 尾ノ井龍仁, 二瓶泰雄, 西島拓駿, 堀田琢哉, 船本優月, 金子博, 大谷明, 片岡智哉, 日向博文
土木学会論文集 B1(水工学)(Web)   71(4) I.1225-I.1230 (J-STAGE)   2015年
Shin'ichiro Kako, Atsuhiko Isobe, Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata
Marine Pollution Bulletin   81 174-184   2014年4月
Large quantities of plastic litter are expected to wash ashore along the beaches of the East Asian marginal seas in the coming decade. Litter quantities were predicted using three techniques: a particle tracking model (PTM) used in conjunction wit...
短波海洋レーダの世界的な動向について
日向 博文
海洋調査技術   51 35-38   2014年   [招待有り]
Horizontal and residual circulation driven by wind stress curl in Tokyo Bay
K.Nakayama, T.Shintani, K.Shimizu, T.Okada, H.Hinata, K.Komai
Journal of Geophysical Research   119(3) 1977-1992   2014年   [査読有り]
T. Kataoka, H. Hinata, Y. Nihei
Estuarine, Coastal and Shelf Science   134 69-79   2013年12月
We numerically estimated the inflow flux of terrestrial grass, which is the main floating macro-debris, into Tokyo Bay from April 2008 to March 2009 based on a two-way particle-tracking model and an inverse method applying a Lagrange multiplier. I...
Tomoya Kataoka, Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata, Shigeru Kato
Marine Pollution Bulletin   77 266-273   2013年10月
The exponential decay of the amount of new litter on Wadahama Beach, Nii-jima Island, Japan revealed by 20-month mark-recapture experiments demonstrates a linear response of the beach to the input of target items. Here we show the amplitude and ph...
河川漂流ゴミ輸送量に関する自動モニタリング技術の検討
12. 尾ノ井龍仁,二瓶泰雄,片岡智哉,日向博文
土木学会論文集 B1(水工学)   68 769-774   2013年   [査読有り]
海洋レーダを利用したインバージョンに対するレーダ観測時間の影響
藤良太郎,日向博文,藤井智史,高橋智幸
土木学会論文集B2(海岸工学)   69(2) 436-440   2013年   [査読有り]
Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata, Shin'ichiro Kako
Marine Pollution Bulletin   64 1829-1836   2012年9月
We have developed a technique for detecting the pixels of colored macro plastic debris (plastic pixels) using photographs taken by a webcam installed on Sodenohama beach, Tobishima Island, Japan. The technique involves generating color references ...
漂流ゴミ流入量に対する逆推定手法の東京湾への適用性と推定結果の水平拡散係数依存性
片岡智哉,日向博文
沿岸海洋研究   49(2) 113-126   2012年   [査読有り]
Webカメラ画像解析によるプラスチックゴミ漂着量の多地点連続観測
片岡智哉,日向博文,加古真一郎
土木学会論文集B2(海岸工学)   68(2) 1471-1475   2012年   [査読有り]
紀伊水道における短波海洋レーダを用いた津波・副振動観測
14. 日向博文,藤良太郎,藤井智史,藤田裕一,花土弘,片岡智哉,水谷雅裕,高橋智幸
土木学会論文集B2(海岸工学)   68(2) 196-200   2012年   [査読有り]
Hirofumi Hinata, Satoshi Fujii, Keita Furukawa, Tomoya Kataoka, Masafumi Miyata, Takashi Kobayashi, Masahiro Mizutani, Takahiro Kokai, Nobuyoshi Kanatsu
Estuarine, Coastal and Shelf Science   95 268-273   2011年11月
Signals from the tsunami waves induced by the March 11, 2011 moment magnitude (Mw) 9.0 Tohoku-Oki earthquake and from subsequent resonances were detected as radial velocity variability by a high-frequency ocean surface radar (HF radar) installed o...
Establishment of numerical beach-litter hindcast/forecast models: An application to Goto Islands, Japan
kako, S., A. Isobe, S. Magome, H. Hinata, S. Seino, and A. Kojima
Marine Pollution Bulletin   62 293-302   2011年   [査読有り]
Hirofumi Hinata, Nobuyoshi Kanatsu, Satoshi Fujii
Journal of Physical Oceanography   40(7) 1488-1500   2010年   [査読有り]
漂流・漂着ゴミ問題に関連する法令と活動事例の整理
片岡智哉,日向博文
国土技術政策総合研究所研究資料   (548)    2009年
Multi-sectoral Research on East China Sea Beach Litter Based on Oceanographic Methodology and Local Knowledge
Seino, S., A. Kojima, H. Hinata, S. Magome and A. Isobe
Journal of Coastal Research   SI56 1289-1292   2009年
中島謙二郎,野村茂,宮石晶史,橋本典明,日向博文,峰元健正
海洋開発論文集   24 849-854   2008年
有明海湾奥部における表層低塩分水の水平収束・発散とクロロフィルa濃度の関係
柳哲雄,石井大輔,屋良由美子,日向博文,石坂丞二
海の研究      2008年
HFレーダーによる漂流ゴミ回収効率化の試み
日向博文,諸星一信,金津伸好
沿岸海洋研究   45(2) 105-114   2008年
Sea Level Response to Wind Field Fluctuation around the Tip of the Izu Peninsula,
Hinata, H., T. Yanagi and C. Sato
Journal of Oceanography   64 605-620   2008年   [査読有り]
HFレーダーによる東京湾のM2潮流観測
日向博文,金津伸好,佐藤健治・松岡建志,藤井智史,高尾敏幸
沿岸海洋研究   43(1) 51-60   2005年
Hinata, H., T. Yanagi, T. Takao and H. Kawamura
Journal of Geophysical Research   110    2005年   [査読有り]
Masami Hamaguchi, Tomoyuki Kasuya, Hirofumi Hinata, Keita Furukawa
Bulletin of the Plankton Society of Japan   51 120-125   2004年8月
The majority of the benthos are pelagic in their larval stages. The short-necked clam, Ruditapes philippinarum, which is widely distributed on sandy tidal flats across Japan and is a commercially important shellfish, has a planktonic larval stage,...
内湾・内海域におけるベントス幼生の分散・回帰:東京湾におけるアサリを例に
浜口昌巳,粕谷智之,日向博文,古川恵太
日本プランクトン学会誌   51(2) 120-125   2004年
東京湾におけるアサリ浮遊幼生の分散
浜口昌巳,粕谷智之,日向博文
海洋と生物   26 242-250   2004年
Water exchange between Tokyo Bay and the Pacific Ocean during winter
Yanagi, T. and H. Hinata
Ocean Dynamics   54 452-459   2004年   [査読有り]
大島西水道からの黒潮系暖水流入時における相模湾表層循環流の短周期変動特性
日向博文,宮野仁,柳哲雄,石丸隆,粕谷智之,川村宏
海の研究   12(2) 167-184   2003年   [査読有り]
黒潮水塊の沿岸域への影響-東京湾及び相模湾を例として-
空と海   第78巻第2号,51-58    2002年
黒潮流路変動に伴う高温沿岸水波及時における成層期東京湾内の流動構造と熱・物質輸送特性
日向博文,灘岡和夫,八木宏,田淵広嗣,吉岡健
土木学会論文集Ⅱ   584(56) 93-111   2001年   [査読有り]
黒潮系暖水流入時における冬季東京湾湾口部の流動構造と熱・物質フラックス
日向博文,八木宏,吉岡健,灘岡和夫
土木学会論文集Ⅱ   656(52) 221-238   2000年   [査読有り]
Velocity Field Measurements in a “Coastal Buffer Zone”
日向 博文
COASTAL ENGINEERING CONFERENCE   3 3431-3441   1996年   [査読有り]
東京湾における推定ゴミ流入量の水平拡散係数に対する依存性
片岡智哉,日向博文
国土技術政策総合研究所研究資料   
印刷中
東京湾における漂流ゴミ流入量に対する逆推定手法の適用性と推定結果の水平拡散係数依存性
片岡智哉,日向博文
沿岸海洋研究   
in press

書籍等出版物

 
The Environment in Asia Pacific Harbours, ed. By Eric Wolanski
Springer   2006年   
Modelin and Analysis of Marine Environmental Problems, ed. By K. Omori, X. Guo, N. Yoshie, N. Fujii, I.C. Handoh, A. Isobe, and S. Tanabe
Terrapub   2011年   

講演・口頭発表等

 
新島和田浜海岸漂着ゴミの1次元岸沖方向拡散係数と砕波帯内における拡散係数の比較
宮尾 泰幸,日向 博文,片岡 智哉,曽谷 僚太,大野 一輝,森 啓太
2017年度日本海洋学会秋季大会   2017年10月   
A Study of Real‐Time Detection Distance of Tsunami Arrival Based on Virtual Tsunami Observation Experiments using Numerical Simulation and HF Radar Observation
日向 博文
International Radiowave Oceanography Workshop   2017年9月   
Temporal Variability of Tsunami Arrival Detection Distance Revealed by Virtual Tsunami Observation Experiments using Numerical Simulation and One‐Month HF Radar Observation
Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata
International Radiowave Oceanography Workshop   2017年9月   
国内河川におけるマイクロプラスチックの数密度分布特性
工藤功貴,片岡智哉,二瓶泰雄,日向博文,島崎穂波,馬場大樹
土木学会平成29年度土木学会全国大会第72回年次学術講演会   2017年9月   
A study of real-time detection distance of tsunami arrival based on virtual tsunami observation experiments using numerical simulation and HF radar observation
Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata
International Tsunami Symposium   2017年8月   
Temporal variability of tsunami arrival detection distance revealed by virtual tsunami observation experiments using numerical simulation and one-month HF radar observation
日向 博文
International Tsunami Symposium   2017年8月   
Characteristics of Tsunami- Induced Waves and Harbor Oscillations in Ise Bay by Using Oceanographic Radar
International Tsunami Symposium   2017年8月   
広島湾・安芸灘におけるまいくロプラスチックの動態推定
佐川 奈緒,日向 博文
土木学会四国支部第23回技術研究発表会   2017年5月   
新島和田浜海岸におけるマイクロプラスチックの岸沖方向拡散係数の推定
大野 一輝,日向 博文,宮尾 泰幸,森 啓太
土木学会四国支部第23回技術研究発表会   2017年5月   
仮想津波観測実験に基づく海洋レーダによるリアルタイム津波検知手法の開発
尾形 浩平,藤 良太郎,日向 博文
土木学会四国支部第23回技術研究発表会   2017年5月   
津波シミュレーションを用いた津波・副振動エネルギーの減衰過程に関する研究
吉良 郁美,藤 良太郎,馬場 崇裕,日向 博文
土木学会四国支部第23回技術研究発表会   2017年5月   
新島和田浜海岸漂着ゴミの1次元岸沖方向拡散係数と砕波帯内における拡 散係数の比較
宮尾 泰幸,日向 博文,片岡 智哉,曽谷 僚太,大野 一輝,森 啓太
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月   
海洋レーダを用いた伊勢湾・三河湾における連結副振動の観測
渡久地 優,藤井 智史,日向 博文
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月   
Temporal variability of tsunami detection distance revealed by virtual tsunami observation experiments using HF radar
Ryotaro Fuji Hirofumi Hinata
JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月   
海洋レーダ観測による津波到来時の伊勢湾の固有振動モードに関する考察
渡久地 優,藤井 智史,日向 博文
海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用   2016年12月   
Yu Toguchi, Satoshi Fujii, Hirofumi Hinata
ISAP 2016 - International Symposium on Antennas and Propagation   2016年10月   
© 2016 IEICE. A tsunami generated by 'The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake' was observed by two high frequency ocean surface radars (HF radars) and four tide gauges installed on Ise Bay. The tsunami wave arrived initially at 16:50 w...
ビデオカメラモニタリングと粒子追跡法を用いた海浜流観測
宮尾 泰幸,日向 博文,片岡 智哉
2016年度年度日本海洋学会秋季大会   2016年9月   
広島湾・安芸灘におけるマイクロプラスチックの動態推定
小澤 史,日向 博文
2016年度日本海洋学会秋季大会   2016年9月   
河川水におけるマイクロプラスチック汚染調査
二瓶泰雄,工藤功貴,片岡智哉,日向博文
2016年度日本海洋学会秋季大会   2016年9月   
河川水中でのマイクロプラスチック汚染の実態の検討
工藤功貴,二瓶泰雄,日向博文,片岡智也
土木学会平成28年度土木学会全国大会第71回年次学術講演会   2016年9月   
The observation of propagating tsunami wave and response characteristics in IseBay by HF radar
Toguchi, Y., Fujii, S., Hinata, H.
the 3rd ocean radar conference for Asia-Pacific   2016年4月15日   
片岡智哉, 日向博文, 加藤茂
日本海洋学会大会講演要旨集   2016年3月   
片岡智哉, 日向博文
日本海洋学会大会講演要旨集   2016年3月   
Techniques for quantifying the accumulation of marine debris on beaches
Kataoka, T., Kako. S., Murray, C. C., Plybon, C., Murphy T. A., Barnea, N., Hinata, H., Isobe, A.
Workshop on mission concepts for marine debris sensing   2016年1月19日   
東北地方太平洋沖地震津波による伊勢湾での応答特性
渡久地 優,藤井 智史,日向 博文
海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用   2015年12月   
藤良太郎, 藤良太郎, 日向博文, 藤井智史, 片岡智哉, 高橋智幸
日本海洋学会大会講演要旨集   2015年9月10日   
南まさし, 二瓶泰雄, 西島拓駿, 片岡智哉, 日向博文
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   2015年8月1日   
An automatic and continuous monitoring system for floating-litter transport in river and its application to field survey in Mogami River
Minami, M., Onoi, T., Nihei, Y., Kataoka, T., Hinata, H.
the 36th IAHR World Congress   2015年6月28日   
片岡智哉, 藤良太郎, 日向博文, 永松宏, 小笠原勇, 伊藤浩之, 高橋智幸
日本リモートセンシング学会学術講演会論文集   2015年5月18日   
Numerical experiment on Observation Capabilities of Oceanographic Radar for Far Field Tsunami Off Chile
AGU fall meeting   2014年12月   
Sequential monitoring of beach litter at multiple sites using webcams
PICES Annual Meeting   2014年10月   
Analysis of a beach as a time-invariant liner input/output system of marine litter
Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata
PICE Annual Meeting   2014年10月   
Inverse estimation of marine-debris outflows using webcam observation data
Shin-ichiro Kako, Atsuhiko Isobe, Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata
PICES Annual Meeting   2014年10月   
Influence of Integration Time on Tsunami Inversion by Oceanographic Surface Radar
Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata, Satoshi, Fujii, Tomoyuki Takahashi
International Tsunami Symposium   2014年9月   
Influence of Integration Time on the Accuracy of Estimation of Tsunami Initial Sea Surface Elevation Based on Inversion using Oceanographic Radar
Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata, Tomoyuki Takahashi
Ocean Science Meeting   2014年2月   
Exponential Decay of Remnants of Plastic Litter through an Advection-Diffusion Process on Wadahama Beach, Niijima Island, Japan
Ocean Science Meeting   2014年2月   
Beach as a linear system of marine debris input
Tomoya Kataoka, Hirofumi Hinata, Shigeru Kato
Estuarine & Coastal Sciences Association (ECSA) Conference   2013年10月   
Velocity Fields of Propagating Tsunami Wave and Subsequent Resonant Oscillation Revealed by Oceanographic Radars in the Kii Channel, Japan
Hirofumi Hinata, Ryotaro Fuji, Satoshi Fujii, Tomoyuki Takahashi
International Tsunami Symposium   2013年9月   
Simultaneous monitoring at multiple sites of beached plastic litter quantity using webcam
PICES Annual Meeting   2012年10月   
Numerical Estimation of Floating Macro-debris Inflow Flux into Tokyo Bay
Tomoya Kataoka, Yasuo Nihei, Hirofumi Hinata
Estuarine & Coastal Sciences Association (ECSA) Conference   2012年6月   
A new technique for detecting beached color plastic debris from webcam images using CIELUV
Estuarine & Coastal Sciences Association (ECSA) Conference   2012年6月   
Hiroshi Yagi, Hirofumi Hinata, Kazuo Nadaoka
Proceedings of the Coastal Engineering Conference   1997年1月1日   
To investigate the characteristics of flow field in the coastal buffer zone (C.B.Z.), velocity measurements in a field were performed both in non-stratified and stratified conditions. The results of the data analysis have shown that in the non-str...

競争的資金等の研究課題

 
仮想津波観測実験に基づく海洋レーダ津波計測性能検証と津波防災への展開
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 日向 博文
沿岸から大洋を漂流するマイクロプラスチックスの動態解明と環境リスク評価
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 磯辺 篤彦
全球プラスチック漂着ゴミ量把握に向けた人工衛星画像解析アルゴリズムの開発
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 日向 博文
砂浜海岸におけるプラスチック漂着ゴミの滞留時間モデルの開発
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 片岡 智哉
陸上設置型遠距離津波レーダ開発に基づく津波初期波形の直接計測
三菱財団: 研究助成(自然科学)
研究期間: 2013年10月 - 2014年9月    代表者: 日向 博文
東日本大震災を踏まえた観測およびシミュレーションが連携した津波減災技術の開発
関西大学: 研究拠点形成支援経費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 高橋智幸
近赤外同時多点分光技術を利用した次世代漂着ゴミ連続モニタリングシステム
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 日向 博文
海ゴミによる化学汚染物質輸送の実態解明とリスク低減に向けた戦略的環境教育の展開
地球環境研究推進費
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 磯辺 篤彦
(4)市民と研究者が協働する東シナ海沿岸における海岸漂着ゴミ予報実験
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 磯辺 篤彦
東京湾における総合的な環境管理・予測システムに関する基礎的研究
運輸施設整備事業団: 基礎的研究推進制度
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 細川恭史