松村 博文

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/19 14:33
 
アバター
研究者氏名
松村 博文
 
マツムラ ヒロフミ
URL
http://http://web.sapmed.ac.jp/anthropology/index.html
所属
札幌医科大学
部署
保健医療学部 理学療法学科
職名
教授
学位
博士(理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
札幌医科大学 保健医療学部 教授
 
2006年10月
 - 
2014年3月
札幌医科大学 医学部 准教授
 
2002年1月
 - 
2006年9月
札幌医科大学 医学部解剖医学第二講座 講師
 
1991年4月
 - 
2001年12月
国立科学博物館 人類研究部 研究官 2000より主任研究官
 
1998年4月
 - 
1991年3月
札幌医科大学 医学部解剖医学第二講座 助手
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学大学院修士課程 理学系研究科 生物学分野人類学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
北海道大学 理学部 地質鉱物学科
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
恵庭市  国史跡カリンバ遺跡整備基本計画策定委員
 
2006年4月
 - 
現在
日本人類学会  Anthropological Science論文奨励賞選考委員
 
2002年4月
 - 
現在
日本人類学会  評議委員
 
2001年4月
 - 
2012年3月
日本人類学会  Anthropological Science(Japanese Series)編集委員
 
2009年7月
 - 
2011年3月
恵庭市  国史跡カリンバ遺跡保存管理計画策定委員
 

受賞

 
1995年
Anthropological Science論文奨励賞
 

論文

 
Cranio-morphometric and aDNA corroboration of the Austronesian Dispersal Model in Ancient Island Southeast Asia: Support from Gua Hairmau, Indonesia
Matsumura H, Shinoda K, Shimanjuntak T, Oktaviana AA, Noerwidi S, Octavianus H, Prastingtyas D, Ngueyn LC, Kakuda T, Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N, Hung HC, Fan X, Wu X, Willis A, and Oxenham M
PLOS ONE      2018年   [査読有り]
Farming or foraging: strategic responses to the Holocene thermal maximum in Southeast Asia.
Oxenham M, Hiep HT, Willis A, Jones R, Buckley H, Domett K, Castillo C, Wood R, Bellwood P, Tromp M, Kells A, Piper P, Pham ST, Matsumura H
Antiquity. (in press)      2017年   [査読有り]
Dental phenotypic shape variation support multiple dispersals of anatomically modern humans in Southeast Asia
Corny J, Galland M, Arzarello M, Bacon AM, Demeter F, Grimaud-Herv D, Highamg C, Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Viet N, Oxenham M, Sayavongkhamdy T, Semah F, Shackelford LL, Detroit F
Journal of Human Evolution (in press)      2017年   [査読有り]
保健医療総論1における学習効果に関する検討~学生に向けた3カ年のアンケー卜調査から~
吉戰淳一・根木亨・中村充雄・木島輝美・後藤葉子・大塚知子・植木瞳・古名丈人・池田望・齋藤重幸・古畑智久・松村博文・佐藤公美子・谷口圭吾・山本武志・長多好萬・牧野夏子・横山まどか
札幌医保健科学雑誌    6 47-52   2017年   [査読有り]
Out of Africa:ホモ・サピエンスのユーラシアへの拡散とアジア人の起源
松村 博文
生物の科学 遺伝   70 451-459   2016年
Pinhasi R, Fernandes D, Sirak K, Novak M, Connell S, Alpaslan-Roodenberg S, Gerritsen F, Moiseyev V, Gromov A, Raczky P, Anders A, Pietrusewsky M, Rollefson G, Jovanovic M, Trinhhoang H, Bar-Oz G, Oxenham M, Matsumura H, Hofreiter M
PLOS ONE   10(6) e0129102   2015年   [査読有り]
Matsumura H, Oxenham MF
American Journal of Physical Anthropology   155 45-65   2014年9月   [査読有り]
保健医療総論1における学生へのアンケー卜を用いた学習効果に関する検討
吉戰淳一・後藤葉子・佐藤公美子・根木亨・中村充雄・中井夏子・長多好萬・横山まどか・大塚知子・古名丈人・池田望・齋藤重幸・古畑智久・松村博文.
札幌医保健科学雑誌    4 73-78   2014年   [査読有り]
人類進化と疾患
松村博文
札幌医保健科学雑誌    4 1-7   2014年   [査読有り][招待有り]
TEMPLE Daniel H., MCGROARTY Jennifer N., GUATELLI-STEINBERG Debbie, NAKATSUKASA Masato, MATSUMURA Hirofumi
American Journal of Physical Anthropology   152 230-238   2013年10月   [査読有り]
KUDAKA Masatomi, FUKASE Hitoshi, KIMURA Ryosuke, HANIHARA Tsunehiko, MATSUMURA Hirofumi, SASO Aiko, FUKUMINE Tadahiko, ISHIDA Hajime
Anthropol Science   121 49-62   2013年   [査読有り]
HANIHARA Tsunehiko, MATSUMURA Hirofumi, KAWAKUBO Yoshinori, COUNG Nguyen LAN, THUY Nguyen KIM, OXENHAM Marc F., DODO Yukio
Anthropol Science   120 157-165   2012年   [査読有り]
ADACHI Noboru, SHINODA Ken-ichi, UMETSU Kazuo, KITANO Takashi, MATSUMURA Hirofumi, FUJIYAMA Ryuzo, SAWADA Junmei, TANAKA Masashi
American Journal of Physical Anthropology   146 346-360   2011年11月   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, DOMETT Kate M., O’REILLY Dougald J.W.
Anthropol Science   119 67-79   2011年   [査読有り]
KAZUTA Hisako, SATO Takehiro, DODO Yukio, MATSUMURA Hirofumi, AMANO Tetsuya, ISHIDA Hajime, MASUDA Ryuichi
Anthropol Science   119 81-86   2011年   [査読有り]
Sato T, Kazuta H, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Dodo Y, Masuda R
Journal of human genetics   55 691-696   2010年10月   [査読有り]
松村博文, HUDSONMark J., 川村健太郎, 柏孝史
Anthropol Science Jpn Ser   118 69-82   2010年   [査読有り]
Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
Journal of human genetics   54 409-413   2009年7月   [査読有り]
Adachi N, Shinoda K, Umetsu K, Matsumura H
American Journal of Physical Anthropology   138 255-265   2009年3月   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, DODO Yukio
Anthropol Science   117 95-105   2009年   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, ISHIDA Hajime, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, YONEDA Minoru
Anthropol Science   117 121-132   2009年   [査読有り]
OXENHAM Marc F., TILLEY Lorna, MATSUMURA Hirofumi, NGUYEN Lan CUONG, NGUYEN Kim THUY, NGUYEN Kim DUNG, DOMETT Kate, HUFFER Damien
Anthropol Science   117 107-112   2009年   [査読有り]
SATO Takehiro, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime, KODERA Haruto, MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, MASUDA Ryuichi
Anthropol Science   117 171-180   2009年   [査読有り]
Hoover KC, Matsumura H
American Journal of Physical Anthropology   137 469-478   2008年12月   [査読有り]
Oxenham MF, Matsumura H
American Journal of Physical Anthropology   135 64-74   2008年1月   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, OXENHAM Marc F., DODO Yukio, DOMETT Kate, THUY Nguyen KIM, CUONG Nguyen LAN, DUNG Nguyen KIM, HUFFER Damien, YAMAGATA Mariko
Anthropol Science   116 135-148   2008年   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, DODO Yukio, OXENHAM Marc F., CUONG Nguyen LAN, THUY Nguyen KIM, DUNG Lam MY, LONG Vu THE, YAMAGATA Mariko, SAWADA Junmei, SHINODA Kenichi, TAKIGAWA Wataru
Anthropol Science   116 201-217   2008年   [査読有り]
Health and the experience of childhood in late Neolithic Vietnam
Oxenham, MF, Matsumura H, Domett K, Thuy NK, Dung K, Cuong NL, Hiffer D, Muller S
Asian Perspectives   47 190-209   2008年   [査読有り]
松村博文
Anthropol Science Jpn Ser   116 83-90   2008年   [査読有り]
Human bones from Hang Cho site (Hoa Binh)
Cuong NL, Thuy NK, Matsumura H, Oxenham M, Dodo Y
Vietnam Archaeology   5 3-17   2007年
SATO Takehiro, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime, KODERA Haruto, MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, MASUDA Ryuichi
J Hum Genet   52 618-627   2007年   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi
Anthropol Science   115 25-33   2007年   [査読有り]
II DNAデータベース 3.北海道縄文・続縄文人骨のミトコンドリアDNA解析(続報)
安達登, 坂上和弘, 百々幸雄, 篠田謙一, 梅津和夫, 松村博文, 大島直行
DNA多型   14 86-90   2006年5月   [査読有り]
Ikeno H, Matsumura H, Murakami G, Sato TJ, Ohta M
Anatomical Science International   81 39-46   2006年3月   [査読有り]
市原城郭跡出土の中近世人骨
加藤久雄, 宮口浩徳, 松村博文
市原市文化財センター研究紀要 VI   6 51-60   2006年
姉崎棗塚遺跡の中世人骨について
松村博文, 中村恵美, 鈴木隆雄, 三谷 圭
市原市文化財センター研究紀要 VI   6 5-40   2006年
Bacon AM, Demeter F, Duringer P, Rousse S, Dodo Y, Matsumura H, Long VT, Thuy NK, Huong NTM, Anezaki T
Paleontologie   92 367-383   2006年   [査読有り]
Hudson MJ, Matsumura H
American Journal of Physical Anthropology   130 458-461   2006年   [査読有り]
Oxenham MF, Matsumura H, Nishimoto T
International Journal of Osteoarcaology   16 34-46   2006年   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, YONEDA Minoru, SHUDAI Hideaki
Anthropol Science   114 199-210   2006年   [査読有り]
Matsumura H, Hudson MJ, Minakawa Y, Koshida K
Asian Perspectives   45 2-23   2006年   [査読有り]
Matsumura H, Hudson MJ
American Journal of Physical Anthropology   127 182-209   2005年6月   [査読有り]
Sakurada A, Takahashi N, Sato M, Miyagawa Y, Matsumura H, Murakami G
Surgical and radiologic anatomy : SRA   27 94-99   2005年4月   [査読有り]
Demeter F, Bacon AM, Nguyen KT, Vu TL, Duringer P, Rouss? S, Coppens Y, Matsumura H, Dodo Y, Nguyen MH, Tomoko A
Journal of human evolution   48 393-402   2005年4月   [査読有り]
Matsumura H, Pookajorn S
Homo : internationale Zeitschrift fur die vergleichende Forschung am Menschen   56 93-118   2005年   [査読有り]
Sakurada A, Takahashi N, Sato M, Miyagawa Y, Matsumura H, Murakami G
Surgical Radiological Anatomy   27 94-94   2005年   [査読有り]
Bacon AM, Demeter F, Rousse S, Long VT, Duringer F, Olivier PA, Thuy NK, Mai VT, Huong NTM, Dodo Y, Matsumura H, Schuster M, Anezaki T
Palaeo   230 280-298   2005年   [査読有り]
安達 登, 百々 幸雄, 篠田 謙一, 梅津 和夫, 松村 博文, 大島 直行, 西本 豊弘
DNA多型 = DNA polymorphism   12 221-224   2004年6月   [査読有り]
An archaic homo molar from northern Vietnam
Demeter F, Bacon AM, Kim TN, Long VT, Matsumura H, Nga HH, Schuster M, Huong MN, Coppens Y
Current Anthropology   45 535-541   2004年   [査読有り]
大学改革と医学・看護学のコア・カリキュラム 164. 実質性臓器の解剖学実習:肝臓の内部構造
佐藤利夫, 松村博文, 村上弦
医学教育   34 71   2003年7月   [査読有り]
神経温存骨盤内手術の現況と将来展望 骨盤内手術に必要な神経解剖
村上弦, 松村博文
泌尿器外科   16 651-660   2003年6月   [査読有り]
松村 博文
国立歴史民俗博物館研究報告   107 199-215   2003年3月
Adachi N, Dodo Y, Ohshima N, Doi N, Yoneda M, Matsumura H
Anthropological Science   111 347-363   2003年   [査読有り]
Morphometrical data of size and shape of the late-stage human fetal liver, including those of intrahepatic vessels: some prenatal and postnatal developmental consideration
Lee SD, Kim CY, Cho, YH, Fujikawa D, Murakami G, Matsumura H, Lee SK, Kim JH, Jin ZW, Cho BH
Korean Journal of HBP Surgery   7 12-18   2003年   [査読有り]
古人骨からみたベトナムの人類史:歯の形態を中心にして.
松村博文
東南アジア考古学   22 169-178   2002年   [査読有り]
古人骨から探る北海道の人の源流.
松村博文
環オホーツク   9 11-21   2002年
西本 豊弘, 篠田 謙一, 松村 博文
動物考古学   16 1-16   2001年5月   [査読有り]
中国,江淮地域出土古人骨の人類学的研究.
松村博文
日本中国考古学会会報   10 82-100   2001年   [査読有り]
Dental Morphology of the Early Hoabinian, the Neolithic Da But and the Metal Age Dong Son Cultural People in Vietnam.
Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Anezaki T
Zeitschrift fur Morphologie und Anthropologie   83 59-73   2001年   [査読有り]
Differentials of Yayoi immigration to Japan as derived from dental metrics
Matsumura H
International Journal of Human Biology Homo   52 135-156   2001年   [査読有り]
松村 博文
人類学雑誌   109 1-21   2001年   [査読有り]
松村 博文, Tumen D., 高井 正成
ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs   7 223-229   2000年6月
チャンドマン遺跡はモンゴル西部に位置し, その年代は青銅器時代を主とする. 当遺跡から出土した人骨について, 歯と顔面の形態に関する人類学的研究をおこなった. その結果, 歯と顔面の形態のいずれからも, チャンドマン遺跡人はコーカソイド的特徴がやや強いものの, モンゴロイド系とコーカソイド系の混りあった集団であることが明らかになった.
石田 肇, 松村 博文
国立歴史民俗博物館研究報告   85 264-270   2000年3月
瀬戸内海を中心とする地域の自然史科学的総合研究 (I) 瀬戸内,東海および関東地方出土の縄文人の歯牙計測値における時期間,遺跡間および個体間変異
松村博文
国立科学博物館専報   32 175-187   2000年2月
Comparative study of the crown cusp areas in the maxillary second molars of the Jomon people
Matsumura H
Bulletin of the National Science Museum   26 31-38   2000年   [査読有り]
Matsumura H, Zuraina M
American Journal of Physical Anthropology   109 327-340   1999年   [査読有り]
歯冠計測値にもとづく土着系・渡来系弥生人の判別法
松村博文
国立科学博物館専報   30 199-210   1998年2月
DNA分析と形態デ−タによる中妻貝塚出土人骨の血縁関係の分析.
松村博文
動物考古学   11 1-14   1998年   [査読有り]
馬場 悠男, 松村 博文, 小野 展嗣, 並河 洋, 近田 文弘, 北山 太樹, 植村 和彦, 千葉 とき子
国立科学博物館専報   31 1-9   1998年
馬場 悠男, 松村 博文, 小野 展嗣, 並河 洋, 近田 文弘, 北山 太樹, 植村 和彦, 千葉 とき子
国立科学博物館専報   30 1-6   1998年
MATSUMURA Hirofumi, D. Tumen, TAKAI Masanaru
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   24 9-18   1998年   [査読有り]
Approximately fifty human skulls dating to the Bronze and early Iron Ages were recovered from the Chandman site in western Mongolia. The metric and nonmetric tooth traits data and the facial flatness measurements were taken and compared with those...
Human skeletal remains. Excavations at Tell Umm Qseir in Middle Khabur Valley, North Syria
Ishida H, Matsumura H
Al-Shark (University of Tsukuba, Studies for West Asian Archaeology)   1 211-212   1998年   [査読有り]
Matsumura H
Anthropological Science   106 17-25   1998年   [査読有り]
イヌの多変量解析 ー浜中2遺跡出土の犬骨を中心にー
松村博文
動物考古学   8 1-20   1997年   [査読有り]
伊勢宮遺跡(塩崎遺跡群:長野市)出土の弥生時代人骨
茂原信生, 西沢寿晃, 松村博文
長野市立博物館紀要   4 1-26   1997年
Matsumura Hirofumi, Onuki Yoshio, Kato Yasutake, Matsumoto Ryozo, Ushino Tsuyoshi, Seki Yuji, Inokuchi Kinya, Hashimoto Hiroko
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   23 1-28   1997年   [査読有り]
Fourty seven human skeletons dating Formative Period (2,000 B. C. A. D 0) were recovered from the Kuntur Wasi, Loma Redonda, Huacaloma and Kolgitin sites in Cajamarca region, Peru. The artificial cranial deformities, which can be classiffied into ...
中妻貝塚出土多数合葬人骨の歯冠計測値にもとづく血縁関係
松村博文
動物考古学   6 1-17   1996年   [査読有り]
グア・グヌン・ルンツ出土のペラック,マン −その形質と系譜−
松村博文
東南アジア考古学   16 33-44   1996年   [査読有り]
Comparative study of molar cusp size in African apes and Plio-Pleistocene Hominids
Aziz F, Matsumura H, Nakatsukasa M, Ishida H
Res.Develop.Cent.Indonesia, Paleontology Ser   8 27-40   1996年   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, ISHIDA Hajime, HASHIMOTO Hiroko
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   22 1-26   1996年   [査読有り]
Metric and nonmetic traits data were obtained from the cranial and dental series of the Nakazuma Jomon people and compared with those of other Jomon samples. Significant differences were not found in most of the metric and nonmetric traits, sugges...
松村 博文, 石田 肇
国立科学博物館専報   28 183-205   1995年
Dental characteristics of the Neolithic remains from Jiangnan. In:Yamaguchi B, Xianghong H.eds. Studies on the Human Remains from Jiangnan, China
Matsumura H
The National Science Museum Monograph   10 87-95   1995年
Dental measurements and nonmetrical dental traits. In: Yamaguchi B, Xianghong H. eds. Studies on the Human Remains from Jiangnan, China
Wengliang C, Xianghong H, Matsumura H
The National Science Museum Monograph   10 53-65   1995年
MATSUMURA Hirofumi, ZURAINA Majid
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   21 1-10   1995年   [査読有り]
Perak man is a nearly complete human skeleton dating from the early Holocene, which was excavated from Gua Gunung Runtuh, Malaysia. The metrical tooth traits of Perak man were statistically compared with those of early and modern samples from Aust...
北海道東部の自然史科学的総合研究
上野俊一, 窪寺恒己, 篠原明彦, 柏谷博之, 門田裕一, 千葉とき子, 植村和彦, 松村博文
国立科学博物館専報   27 1-6   1994年12月
御蔵島神の尾遺跡出土人骨の鑑定,御蔵島神の尾遺跡
松村博文
國學院大学紀要   10 20-20   1994年
A microevolutional history of the Japanese people as viewed from dental morphology
Matsumura H
東京大学理学系研究科博士(理学)論文   1-245   1994年
Prehistoric human remains from Tam Nai U. Bol, Amphoe Sai-Yok, Thailand
Subhavan V, Pramankij S, Matsumura H, Shigehara N, Ohshima N
Bulletin of the National Science Museum   20 23-35   1994年   [査読有り]
故林欽吾氏収集のクリル・アイヌ骨格について
山口敏, 石田肇, 松村博文
国立科学博物館専報   26 151-169   1993年12月
クリル・アイヌおよびオホーツク文化期人の歯冠計測値にもとづく系統関係
松村博文
国立科学博物館専報   26 171-175   1993年12月
Matsumura H
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   19 1-12   1993年   [査読有り]
Sexual differences of dental crown measurements were investigated for the Neolithic Jomon people in Japan. In the first step of analysis, the sexual differences were compared among five regional groups of the Jomon people, and the modern Japanese....
池田 次郎, 松村 博文
Anthropological Science   100 359-383   1992年7月   [査読有り]
MATSUMURA Hirofumi, NAKATSUKASA Masato, ISHIDA Hidemi
Bulletin of the National Science Museum. Series D, Anthropology   18 1-15   1992年   [査読有り]
Characteristics of the upper and lower molar series in terms of crown cusp areas were described for Pan and Gorilla, and then affinities between these African apes and living and fossil hominids were discussed. The conclusions are summarized as fo...
前鋸筋深層で第2および第3肋骨に起始し肩甲骨内側縁に停止する変異筋 札幌医科大学解剖学実習遺体所見記録 (1)
木田雅彦, 石田肇, 大島直行, 松村博文, 百々幸雄, 糸矢宏志
札幌医学雑誌   59 517-520   1990年10月
松村 博文
人類学雑誌   98 439-449   1990年   [査読有り]
Metrical and nonmetrical crown characteristics in the permanent dentition were investigated for seven protohistoric Kofun population samples from western and eastern Japan. The difference between the western and eastern Kofun series was significan...
松村博文
J Anthropol Soc Nippon   97 129-132   1989年1月   [査読有り]
松村 博文
人類学雑誌   97 493-512   1989年   [査読有り]
Mesiodistal and buccolingual crown measurements were taken from the permanent tooth remains of the five Middle to Latest Jomon population samples from the Hokkaido, Tohoku, Kanto, Tokai and San'yo districts of Japan. The metrical data were compare...

書籍等出版物

 
HUNTER-GATHERER MORTUARY VARIABILITY IN VIETNAM
Oxenham MF, Willis A, Cuong NL, Matsumura H.
印刷中 20150918 mail   2017年   
The Biological History of Southeast Asian Populations from Late Pleistocene and Holocene Cemetery Data
Matsumurta H, Oxenham M, Simanjuntak T, Yamagata M
New York Willey   2017年   
Neolithic transition in Guangxi: a long development of hunting-gathering society in Southern China
Hung HC, Zhang C, Matsumura H, and Li Z
National Museum of Nature and Science   2017年   
Comparative study of the Limb bones
Miyama E, and Matsumura H.
National Museum of Nature and Science   2017年   
The origin of early Holocene hunter-gatherers at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, Southern China: odontmetric perspective
Kubota S.and Matsumura H.
National Museum of Nature and Science   2017年   
The origin of early Holocene hunter-gatherers at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, Southern China: craniometric perspective
Matsumura H, Cuong NL, Li Z, Hung HC, and Huang Y.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Liyupo human limb bones
Miyama E, Watanabe S, and Matsumura H.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Liyupo human teeth
Kubota S.and Matsumura H.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Liyupo human skulls
Matsumura H, and Cuong NL.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Individual descriptions of human skeletal remains at Liyupo
Matsumura H., Watanabe S, and Miyama E.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Liyupo Site in Longan, Guangxi, China
Li Z, Hung HC, Li Z, Hunag Q, Matsumura H,
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Huiyaotian human limb bones
Watanabe S, Miyama E, and Matsumura H.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Huiyaotian human teeth
Kubota S. and Matsumura H
National Museum of Nature and Science   2017年   
Morphometric records of the Huiyaotian human skulls
Matsumura H, and Cuong NL.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Burial practice and individual descriptions of the human skeletal remains at Huiyaotian
MatsumuraH, Watanabe S, Yamagata M.
National Museum of Nature and Science   2017年   
Huiyaotian Site in Nanning, Guangxi, China
Li Z, Hung HC, Li Z, Hunag Y, Matsumura H,
National Museum of Nature and Science   2017年   
Introduction
Matsumura H, Hung HC, Li Z, Yamagata M, Lin Q, Zhang C
National Museum of Nature and Science   2017年   
Bio-Anthropological Studies of Early Holocene Hunter-Gatherer Sites at Huiyaotian and Liyupo in Guangxi, China
Matsumura, H. Hung HC, Li Z and Shinoda K editors.
National Museum of Nature and Science   2017年   
New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory
Piper P, Matsumura H., and Bulbeck D (担当:共著, 範囲:terra australis 45)
The Australian National University E-Press   2017年   
Early Neolithic Hunter Gatherers ‘Gaomiao’ in Hunan, China: The First of the Two-Layer Model in the Population History of East/Southeast Asia
Matsumura H, Hung HC, Cuong NL, Zhao YF, He G and Chi Z (担当:共著, 範囲:In: Piper P, Matsumura H., and Bulbeck D (editors) New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory, terra australis 45 pp. 61-78)
The Australian National University E-Press   2017年   
Austronesian Migration to Central Vietnam: Crossing over the Iron Age Southeast Asian Sea
Yamagata M and Matsumura H (担当:共著, 範囲:In: Piper P, Matsumura H., and Bulbeck D (editors) New Perspectives in Southeast Asian and Pacific Prehistory, terra australis 45 pp. 333-356)
The Australian National University E-Press   2017年   
Determination of the genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra
Shinoda,K., Kakuda,T., Kanzawa-Kiriyama1 H., Adachi,N., Prastiningtyas,D., Noerwidi,S., Matsumura,H (担当:共著, 範囲:In: Prasetyo B, Nastiti TS, Simanjuntak T editors. Austronesian Diaspora -A New Perspective-, pp.511-521)
Gajah Mada University Press   2017年   
Verifying Austronesian Hypothesis from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau
Matsumura H., Shimanjuntak T., Oktaviana A., Nurwidi S., Prastiningtyas D., Cuong NL., Oxenham M., Willis A, Restu R., Hana M, Hung HC (担当:分担執筆, 範囲:In: Prasetyo B, Nastiti TS, Simanjuntak T editors. Austronesian Diaspora -A New Perspective-, pp.495-510)
Gajah Mada University Press   2017年   
Prehistoric Burial of Gua Harimau: Socio-Cultural Complexity of Austronesian Society
Prastiningtyas D, Noerwidi S. Herbiamami ML, Fauzi, M.R, Ansyori, M, Matsumura, H. Simanjuntak T. (担当:分担執筆, 範囲:In: Prasetyo B, Nastiti TS, Simanjuntak T editors. Austronesian Diaspora -A New Perspective-, pp.523-542)
Gajah Mada University Press   2017年   
上幌内2遺跡 ー厚幌ダム建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書15ー
白幡知尋・松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:186-197)
厚真町教育委員会   2017年   
Dealing with Death in Late Neolithic to Metal Period Nagsabaran, the Philippines
Oxenham MF, Willis A, Hung HC, Page R, Matsumura H. (担当:共著, 範囲:In Oxenham MF and Buckley H eds. The Routledge Handbook of Bioarchaeology in Southeast Asia and the Pacific Islands pp. 311-338)
Routledge   2016年   
厚真町朝日遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第313集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:朝日遺跡より出土した縄文時代晩期の人骨について)
北海道埋蔵文化財センター   2015年   
Eastern Asia and Japan: human biology.
Matsumura H., and Oxenham M.F. (担当:共著, 範囲:In Bellwood P. editor. The Global Prehistory of Human Migration, Wiley-Liss New York, 217-223, 2014.)
Wiley-Liss New York   2015年   
Hoabinhian: Key Population with which to Debate the Peopling Southeast Asia
Matsumura H., Oxenham M.F. and Cuong N.L. (担当:共著, 範囲:In Kaifu Y. Izuho M, Goebel T, Sato H., and Ono A eds. Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia, Texas A&M University Press, Texas pp.117-132.)
Texas A&M University Press   2015年   
ヲチャラセナイ遺跡 厚幌ダム建設事業にともなう埋蔵文化財発掘調査報告書
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:厚真町ヲチャラセナイ遺跡より出土した人骨について)
厚真町教育委員会   2014年   
木古内遺跡 北海道新幹線建設事業埋蔵文化財発掘調査報告書
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲: P-12出土人骨について)
北海道埋蔵文化財センター   2014年   
Research of Human Skeletal Remains at Hoa Diem Site Khanh Hoa Province
Cuong N.L., and Matsumura H (担当:共著)
Khanh Hoa Provicial Museum Vietnam (in Vietnamese with English title)   2014年   
The Global Prehistory of Human Migration. Bellwood P editor
Matsumura H., and Oxenham M.F (担当:分担執筆, 範囲:Eastern Asia and Japan: human biology)
Wiley-Liss New York   2014年   
In Pechenkina K and Oxenham MF, eds. Bioarchaeological Perspectives on Migration and Health in Ancient East Asia.
Matsumura H and Oxenham M.F (担当:分担執筆, 範囲:Population dispersal from East Asia into Southeast Asia: Perspectives from prehistoric human remains)
University of Florida   2013年   
In The Excavation of Hoa Diem in Central Vietnam Yamagata M and Hoan VT, editors
Matsumura H., Cuong N.L and Yamagata M (担当:分担執筆, 範囲:The Origin of Hoa Diem People: Perspectives from Cranial and Dental Morphometric Analysis)
Showa Women's University   2013年   
ユカンボシE1遺跡 北海道恵庭市発掘調査報告書
松村博文,乗安整而 (担当:分担執筆, 範囲:恵庭市ユカンボシE1遺跡から出土した人骨について)
北海道恵庭市教育委員会   2013年   
Bioarchaeological Perspectives on Migration and Health in Ancient East Asia. Pechenkina K and Oxenham MF, editors
Oxenham M.F., Matsumura H., and Drake A (担当:分担執筆, 範囲:Trauma and Infectious Disease in Northern Japan: Okhotsk and Jomon)
University of Florida   2013年   
Yamagata M and Hoan VT, editors The Excavation of Hoa Diem in Central Vietnam
Matsumura H, and Cuong NL (担当:分担執筆, 範囲:Descriptions of Human Skeletal Remains from the Hoa Diem Site)
Showa Women's University   2013年   
人類の移動誌 印東道子編
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯が語る人類移動. 印東道子編)
臨川書店   2013年   
The Encyclopedia of Global Human Migration Essay of Human Migration, Prehistory. Ness I and Bellwood P eds
Matsumura H, and Oxenham MF (担当:分担執筆, 範囲:Eastern Asia and Japan: human biology)
Wiley-Liss New York   2013年   
斜里町 斜里朱円周堤墓 重要遺跡確認調査報告書 第8集 
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:斜里町朱円周堤墓より出土した人骨について)
北海道埋蔵文化財センター   2012年   
地球温暖化の環境高校学・歴史学に関する文献レビュー 国際日本文化研究センター・電力中央研究所編
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:アジア人はるかなる旅ー現生人類の拡散移住史ー)
太洋堂   2012年   
馬場悠男編 古人類学特集 季刊考古学
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯の特徴による日本人の形成とアジア太平洋の人々)
雄山閣   2012年   
人類の大移動 アフリカからイースター島まで 印東道子(編
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯が語る人類移動)
朝日選書   2012年   
縄文人はどこからきたか?
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:東南アジア人類史からみえてくる「縄文人の起源」 北の縄文文化を発信する会編)
アイワード   2012年   
Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds
Matsumura H, and Cuong NL (担当:分担執筆, 範囲:Individual descriptions of human skeletal remains at Man Bac: 2005-2007 series)
The Australian National University E-Press   2011年   
Terra Australias 33 Man Bac The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam. Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds
Oxenham MF, and Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Regional cultural and temporal context)
The Australian National University E-Press   2011年   
Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam
Matsumura H, Takigawa W, Thuy NK, and Tuan NA (担当:分担執筆, 範囲:Quantitative limb bones -morphology at Man Bac)
The Australian National University E-Press   2011年   
In: Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Terra Australias 33
Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Quantitative and qualitative dental-morphology at Man Bac)
The Australian National University E-Press   2011年   
標本館だより
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:収蔵標本解説 縄文人とオホーツク人 発掘された遺伝子)
札幌医科大学39   2011年   
オニキシベ2遺跡 ー厚幌ダム建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書4ー 
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:オニキシベ2遺跡出土の中世人骨について)
厚真町教育委員会   2011年   
釧路町天寧1遺跡(2) 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第274集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:天寧1遺跡出土の人骨について)
北海道埋蔵文化財センター   2011年   
Enfield N, and White J eds. Dynamics of Human Diversity: the Case of Mainland Southeast Asia
Matsumura H, Oxenham MF, Thuy NK, Cuong NL, and Dung NK (担当:分担執筆, 範囲:The population history of mainland Southeast Asia: Two layer model in the context of northern Vietnam)
Pacific Linguistics   2011年   
Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK eds Terra Australias 33
Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Quantitative cranio-morphology at Man Bac)
The Australian National University E-Press   2011年   
Man Bac: The Excavation of a Late Neolithic Site in Northern Vietnam The Biology
Oxenham MF, Matsumura H, and Dung NK (担当:共編者)
The Australian National University E-Press   2011年   
平成21年度勝山館発掘調査・整備事業報告書-
石田 肇,松村博文,佐倉 朔 (担当:分担執筆, 範囲:上ノ国町久末屋敷遺跡出土の中近世人骨)
上ノ国町教育委員会   2010年   
北東アジアの歴史と文化 (臼杵勲, 加藤博文 編)
松村博文, 石田 肇 (担当:分担執筆, 範囲:北東アジアの人類集団)
北海道大学出版会   2010年   
史跡 上之国舘遺跡III -平成21年度勝山館発掘調査・整備事業報告書-
松村博文,松田律史,堀江由美 (担当:分担執筆, 範囲:上ノ国町勝館山遺跡における平成20・21年度出土人骨について)
上ノ国町教育委員会   2009年   
史跡最寄貝塚
松村博文, 中村宅雄, 乗安整而, 福本郁哉 (担当:分担執筆, 範囲:モヨロ貝塚平成15-17(2003-2005)年度出土人骨について)
網走市教育委員会   2009年   
上幌向モイ遺跡(3) 第2分冊
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:上幌向モイ遺跡出土の擦文文化期後期の人骨について)
厚真町教育委員会   2009年   
ヴェトナムでのフィールドワーク: 東南アジアの人類史の解明をめざして
松村博文 (担当:分担執筆)
Anthropological Science (Japanese Series) 116   2008年   
平成18-19年度科学研究費補助金 環シナ海先史時台の交流に関する基礎的研究(基盤研究C 研究代表者:山形眞理子)
Matsumura H, Cuong NL (担当:分担執筆, 範囲:Human skeletal remains from Hoa Diem site, Khanh Hoa Province, Central Vietnam )
2008年   
平成17-19年度科学研究費補助金東北地方にアイヌの足跡を辿る (基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
Matsumura H, Dodo Y (担当:分担執筆, 範囲:Nonmetric dental charactersitics of past and modern Tohoku people in Japan: implication for biological affinity of ancient Emishi 東北地方にアイヌの足跡を辿る)
2008年   
Babies Reborn: Infant/Child Burials in Pre and Protohistory Bacvarov K ed
Oxenham M, Matsumura H, Domett K, Nguyen KT, Nguyen KD, Nguyen LC, Huffer D, Muller S (担当:分担執筆, 範囲:Childhood in late Neolithic Vietnam: biomortuary insights into anambiguous life stage)
BAR International Series 1832   2008年   
日本人のルーツがわかる本
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯の裏側が平らなら縄文系・シャベル状なら弥生系)
宝島社   2008年   
縄文時代の考古学10 人と社会 (小杉康他 編)
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:縄文人骨の情報)
同成社   2008年   
埋蔵文化財調査センター年報19
福本郁哉, 松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:六通貝塚出土の人骨について)
千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団   2007年   
中国江南・江淮の古代人 ─渡来系弥生人の原郷をたずねる─ (山口 敏・中橋孝博 編)
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯の形態からみた渡来系弥生人の江南起源の可能性)
てらぺいあ   2007年   
地域の多様性と考古学 ─東南アジアとその周辺─ (丸井雅子 編)
Chia S,and Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Late Prehistoric Burials in Melanta Tutup, Semporna, Sabah)
雄山閣   2007年   
余市町水産博物館研究報告 9
松村博文, 川島如仙, 島田啓志, 乗安整而 (担当:分担執筆, 範囲:余市町大川遺跡2003年度出土人骨について)
2006年   
平成17年度財団法人アイヌ文化振興
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯が語るアイヌの先住性)
研究推進機構普及啓発セミナー報告集   2006年   
千葉市花輪貝塚
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:花輪貝塚から出土した人骨について)
千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団   2006年   
中国大陸南部における新石器時代人の起源についての人類学的考古学的研究(基盤研究B 海外学術 研究代表者:松村博文)成果報告書
松村博文(編) (担当:分担執筆)
2006年   
DNA多型 vol.14
安達登,坂上和弘,百々幸雄,篠田謙一,梅津和夫,松村博文,大島直行 (担当:分担執筆, 範囲:北海道縄文・続縄文人骨のミトコンドリアDNA多型解析(続報))
東洋書店   2006年   
Bioarchaeology of Southeast Asia Oxenham M, Nancy T eds
Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:The population history of Southeast Asia viewed from morphometric analyses of human skeletal and dental remains)
Cambridge University Press   2006年   
平成14-15-16年度科学研究費補助金(基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
松村博文, Hudson M (担当:分担執筆, 範囲:北海道の縄文時代人, オホーツク文化期人, アイヌにおける大腿骨計測値の違い 北海道続縄文時代人の系譜論的, 生活論的研究―有珠モシリ遺跡出土人骨を中心にしてー)
2005年   
 In Zuraina M ed The Perak man and other prehistoric Skeletons of Malaisia
Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Bioanthropological significance of prehistoric human skeletal remains in Malaysia)
USM press   2005年   
In Majid Zuraina editor The Perak Man and Other Prehistoric Skeletons of Malaysia 
Chia S, Arif J, Matsumura H (担当:分担執筆, 範囲:Dental characteristics of prehistoric human teeth from Melanta Tutup, Sabah)
USM press   2005年   
カリンバ1遺跡C, E地点
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:カリンバ1遺跡より出土した近世人骨について)
恵庭市教育委員会   2005年   
有珠善光寺2遺跡発掘調査報告書
松村博文, 福本郁哉 (担当:分担執筆, 範囲:有珠善光寺2遺跡出土の人骨について)
伊達市教育委員会   2005年   
平成14-16年度科学研究費補助金(基盤研究B 研究代表者:百々幸雄)
松村博文, Hudson M (担当:分担執筆, 範囲:北海道の縄文時代人, オホーツク文化期人, アイヌにおける大腿骨計測値の違い 北海道続縄文時代人の系譜論的, 生活論的研究―有珠モシリ遺跡出土人骨を中心にしてー)
2005年   
平成14-16年度科学研究費補助金(基盤研究C 研究代表者:松村博文)成果報告書
松村博文(編) (担当:分担執筆, 範囲:東南アジア人および縄文人の起源に関する形質人類学的研究)
2005年   
The Perak Man and Other Prehistoric Skeletons of Malaysia Zuraina M ed
Matsumura H, Zuraina M (担当:分担執筆, 範囲:The Perak Man: morphology, osteometric analysis and palaeopathology In:,The Perak Man and Other Prehistoric Skeletons of Malaysia)
USM press   2005年   
千葉市平和公園遺跡群II うならすず遺跡
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:第7節 人骨について)
千葉市教育委員会,千葉市教育振興財団   2004年   
堀株1遺跡−平成13年度堀株1遺跡発掘調査報告書−
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:堀株1遺跡より出土した人骨について)
北海道泊村教育委員会   2004年   
西ヶ原貝塚IV 北区埋蔵文化財報告第34集
松村博文, 山上実紀 (担当:分担執筆, 範囲:西ヶ原貝塚第IX地点出土の縄文時代後期の人骨)
東京都北区教育委員会   2004年   
千葉県茂原市 下太田貝塚 財団法人総南文化財センター調査報告第50集
加藤久雄, 松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:歯冠計測値からみた下太田貝塚出土縄文人の血縁関係の推定)
財団法人総南文化財センター   2003年   
奥尻町青苗砂丘遺跡2 重要遺跡確認調査報告書 第3集
松村博文, Hudson, M (担当:分担執筆, 範囲:奥尻島青苗砂丘遺跡より出土した人骨について)
北海道埋蔵文化財センター   2003年   
堀之内城跡, 免谷津遺跡, 志保多遺跡
松村博文, 谷畑美帆 (担当:分担執筆, 範囲:堀之内城跡出土の鉄鍋を被った近世人骨について)
千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団   2003年   
千葉市内野第1遺跡発掘調査報告書
松村博文, 加藤久雄 (担当:分担執筆, 範囲:4.人骨)
野村不動産 千葉市文化財調査協会   2003年   
千葉市猪鼻城跡, 皿池東遺跡
松村博文, 山上実紀 (担当:分担執筆, 範囲:猪鼻城跡出土の人骨について)
千葉市教育委員会 千葉市教育振興財団   2003年   
汐留遺跡III 東京都埋蔵文化財センター調査報告 第125集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:汐留遺跡4K地点出土の近世人骨について)
東京埋蔵文化財センター   2003年   
標本学(松浦啓一編著)
海部陽介, 馬場悠男, 溝口優司, 松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:古人骨)
東海大学出版会   2003年   
西島松5遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 178集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:西島松5遺跡土の人歯)
北海道埋蔵文化財センター   2002年   
桜町遺跡 いわき市埋蔵文化財調査報告 第91冊
松村博文, 加藤久雄, 宮口浩徳 (担当:分担執筆, 範囲:いわき市桜町遺跡出土の中近世人骨)
いわき市教育委員会 いわき市教育文化事業団   2002年   
多摩ニュータウン遺跡群-No.200遺跡(第2, 3次調査)− 東京都埋蔵文化財センタ−調査報告書第108集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:多摩ニュータウン遺跡群No.200遺跡第2次調査出土人骨について)
東京埋蔵文化財センター   2002年   
恵庭市 西島松5遺跡 北海道埋蔵文化財センター調査報告書 第178集
乗安整而, 松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:恵庭市西島松5遺跡から出土した擦文時代人骨)
北海道埋蔵文化財センター   2002年   
長谷小路周辺遺跡 東国歴史考古学研究所調査研究報告31
松村博文, 姉崎智子 (担当:分担執筆, 範囲:長谷小路周辺遺跡出土の人骨について)
東国歴史考古学研究所   2002年   
常呂川河口遺跡(3)
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:常呂川河口遺跡出土のヒト歯について)
常呂町教育委員会   2002年   
方南峰遺跡C地点 東京都埋蔵文化財センター調査報告 第117集
松村博文 (担当:分担執筆, 範囲:方南峰遺跡C地点(第5次調査)出土の近世人骨)
東京埋蔵文化財センター   2002年   

講演・口頭発表等

 
どこから来たホモ・サピエンス? [招待有り]
松村 博文
札幌医科大学保健医療学部公開講座兼道民カレッジ   2017年6月29日   
Out of Africa: ホモサピエンスのアジア拡散モデルの再構築 [招待有り]
松村 博文
沖縄県立博物館・美術館主催文化講座   2016年11月19日   
Austronesian Hypothesis verified from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau Site in Sumatra. " Symposium: Dispersal of Austronesian Speakers and Southeast Asian Indigenous
Matsumura H., Shimanjuntak T., Oktaviana A., Nurwidi S., Prastiningtyas D
第70回日本人類学会 (Abstract: Anthropol. Sci., 2016, 124:22410/9-10 新潟   2016年10月9日   
Out of Africa 先史遺跡から探るホモサピエンスのアジア拡散ルート [招待有り]
松村 博文
イチャルパ学術講演   2016年10月5日   日本人類学会
Central Vietnam, a node of population movement in prehistory: from the archaeological and bio-anthropological viewpoints.
Yamagata M, Matsumura H
8th World Archaeological Congress, 2016.8.27-9.2 Doshisha Univ, Kyoto   2016年8月27日   
Verifying Austronesian Hypothesis from the Skeletal Human Remains from Gua Harimau Site in Sumatra [招待有り]
Matsumura H., Shimanjuntak T., Oktaviana A., Nurwidi S., Prastiningtyas D., Cuong NL., Oxenham M., Willis A, Restu R., Hana M
The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23   2016年7月18日   
Determination of genetic characteristics of ancient skeletal remains excavated from the Gua Harimau site in Sumatra [招待有り]
Shinoda K, Kakuda T., Kanzawa-Kiriyama H, Adachi N., Prastingtyas D., Noerwidi S., Matsumura H.
The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23   2016年7月18日   
Prehistoric Burial of Gua Harimau: Socia-Cultural Complexity of Asutronesian Society: [招待有り]
Prastiningtyas D, Noerwidi S, Herbiamami ML, Fauzi, M.R4, Ansyori, M5, Matsumura, H. Simanjuntak T.
The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23   2016年7月18日   
Multiple Waves of Prehistoric Human Migration Into and Out of Taiwan—The Formation and Dispersal of Early Austronesian-speaking Populations [招待有り]
Hung HC., Carson MT., Deng ZH., Matsumura H.
The International Symposium on Austronesian Diaspora. Bali Nusa Dua, Ayodya Hotel., Indonesia 2016 7/18-7/23   2016年7月18日   
中国広西邕江域の先史狩猟民のユニークな屈葬人骨-ユーラシア東部の人類史解明に向けて-
澤田純明、李珍、黄云忠、黄強、久保 田慎二、深山絵実梨、渡辺慎也、山形眞理子、 Nguyen Lan Cuong、洪曉純 、松村博文
第69回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2015, 123: 10/9-10東京   2015年10月9日   
中国広西邕江域の先史時代遺跡から出土した採集狩猟民の古病理学的特徴
澤田純明、李珍、黄云忠、黄強、久保 田慎二、深山絵実梨、渡辺慎也、山形眞理子、 Nguyen Lan Cuong、洪曉純 、松村博文
第69回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2015, 123: 10/9-10東京   2015年10月9日   
Toward Reconstruction of Two Layer Model in East Eurasia
Matsumura H
第68回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2014, 122: in press)   2014年11月3日   
北海道から世界へ発信 考古学と形質人類学のコラボレーション [招待有り]
松村博文
北海道立埋蔵文化財センター・道民カレッジ共催   2014年10月18日   
北海道から世界へ発信 考古学と形質人類学のコラボレーション [招待有り]
松村博文
北海道立埋蔵文化財センター   2014年10月8日   
縄文人はどこからきたか? −アジアの人類史から探る縄文人のルーツ [招待有り]
松村博文
カリンバ講演会   2014年6月8日   
Iron Age interactions across the ocean of Southeast Asia: Kalanay-type pottery and Sa Huynh type earrings
Yamagata M, Miyama E, and Matsumura H
The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress   2014年1月   
Human migration in Neolithic East/Southeast Asia: exploring through skeletal morphology
Matsumura H, Hung HC, Li Z, He G, Sun G, Zhang C and Cuong NL
The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress   2014年1月   
Late hunter-gathers and early farmers in southern China and relations with Southeast Asia and Taiwan
Hung HC, Matsumura H, Li Z, He G, Sun G and Zhang C
The Indo-Pacific Prehistory Association, 20th International Congress   2014年1月   
Were early hunter?gatherer and farming population genealogically different people in East/Southeast Asia? ? Preliminary scope of the current research projects
Matsumura H
第67回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2013, 121:234)   2013年11月3日   
アジアの人類史からみた日本人の二重構造 [招待有り]
松村博文
石狩市民カレッジ, 旧石器、縄文、弥生の人類、そして文化   2013年10月19日   
縄文人の起源: 先史時代のアジア人に源流を探る [招待有り]
松村博文
公開シンポジウム,北海道から世界を見る -土器から、言語から、DNAから- 総合研究大学院大学主催、現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究プロジェクト   2013年10月3日   
Bio-social constructions of childhood in palaeohealth and mortuary contexts
Oxenham M. Domett K, and Matsumura H
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Evolving Humanity, Emerging Worlds   2013年8月   
The demographic transition and demic migration in prehistoric East/Southeast Asia: an exploration using nonmetric dental traits
Matsumura H, Oxenham M
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) Evolving Humanity, Emerging Worlds   2013年8月   
Diversity and Homogeneity in anatomical modern humans in Southeast Asia: perspectives from skeletal and dental morphology
Matsumura H
第66回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2012, 120: 268)   2012年11月3日   
Metric characteristics of human limb bones in Asian and Japanese populations
Kudaka M, Fukumine T, Fukase H, Kimura R, Hanihara T, Matsumura H, Saso A, Fukumine T, Ono H, and Ishida H
第66回日本人類学会(Abstract: Anthropol. Sci., 2012, 120: 285)   2012年11月2日   
日本列島に住む人々の源流
松村博文
石狩市民カレッジ, アジア人はるかなる旅 〜私たちの祖先がたどってきた道〜   2012年6月2日   
Social Identity, Group Membership and Tooth Ablation in Neolithic Man Bac, Vietnam
Oxenham M. and Matsumura H
Bioarchaeology of Asia symposium abstract submission 77th Annual Meeting of the Society for American Archaeology   2012年4月   
私たちはどこから来たのか? −人類のたどってきた道−
松村博文
社団法人 北海道柔道整復師会 卒後教育講演会   2012年2月12日   
アジア人はるかな旅 ー現生人類の拡散移住史− [招待有り]
松村博文
地球温暖化の環境考古学・歴史学 共同研究会   2012年2月4日   
Differential origin of Neolithic populations in Jomon Japan and Southeast Asia? : the cranio-metric perspective
Matsumura H
2nd Southeast Asian Bioarchaeology International Congress, Khon Kaen University   2012年1月   
Dental Modification at Neolithic Man Bac: A Signifier of Social Identity, Group Membership? Australian Society for Human Biology, 26th Annual Conference “Being Human: Biological and Environmental Perspectives”
Oxenham M. Matsumura H, Huffer D, and Willis A
National Museum of Vanuatu   2012年   
The Neolithic demographic transition and demic diffusion in Southeast Asia: the evidence from Man Bac.25th Annual ASHB Conference
Oxenham M, Matsumura H, Shinoda K, Huffer D, and Willis A
ANU Canberra   2011年12月   
Hoabinhian: a key population with which to debate the peopling Southeast Asia. (APA National Museum of Nature and Science [招待有り]
Matsumura H
Dual Symposia Symposium on the Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Association   2011年11月29日   
アジア人はるかな旅 ー現生人類の拡散移住史− [招待有り]
松村博文
サイエンス・コンソシアム札幌. 札幌市中央図書館   2011年11月26日   
Human dispersal across Sahul, East Eurasia and America, a perspective from a network tree on the basis of nonmetric dental morphology
Matsumura H
第65回日本人類学会   2011年11月   
Human limb bone characteristics in Japanese and neighboring populations
久高将臣・譜久嶺忠彦・深瀬 均・木村亮介・埴原恒彦・米田穣・松村博文・佐宗亜衣子・天野哲也・小 野裕子・石田肇
第65回日本人類学会   2011年11月   
先史東南アジアを舞台とした人類集団の移動:考古学と人類学の接点
山形眞理子・松村博文
2011年度東南アジア考古学会大会   2011年10月   
東南アジアにおける言語・農耕拡散と人類の移動 -古人骨から検証する- [招待有り]
松村博文
国立民族学博物館 「人類の移動誌」   2011年6月18日   
A latent need for strategic defensive medical-care intitatives (ver. 2.0): a new utilization option of donated cadavers for a solution of current medical issues in Japan
Tatsumi H, Fujimiya M, Suzuki D, Uchiyama E, Nakamura T, Matsumura H, Ninomiya T, Ichikawa R, Kikuchi S and Simmi T
Annual Meeting of the Physiological Society of Japan and the 116th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists, Yokohama (Abstract: The Journal of Physiological Science, 82(Supplement): 247)   2011年3月   
辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 二宮孝文, 市川量一, 菊池真, 新見隆彦
解剖学雑誌   2011年3月   
縄文以降の人類ー歯から読み解くアジアにおける稲作農耕民の大移動 [招待有り]
松村博文
北の縄文文化を発信する会・連続講座 札幌紀伊国屋    2011年   
TATSUMI Haruyuki, FUJIMIYA Mineko, SUZUKI Daisuke, UCHIYAMA Eiichi, NAKAMURA Takuo, MATSUMURA Hirofumi, NINOMIYA Takafumi, ICHIKAWA Ryouichi, KIKUCHI Shin, SHIMMI Takahiko
J Physiol Sci   2011年   
The micro-evolutional history of Southeast Asia: Two layer model in the context of Northern Vietnam
Matsumura H, Oxenham MF
Australasian Society For Human Biology, 24th Annual Conference “History and Life History” University of Auckland   2010年12月   
KUDAKA Masatomi, FUKUMINE Tadahiko, FUKASE Hitoshi, KIMURA Ryosuke, HANIHARA Tsunehiko, YONEDA Minoru, MATSUMURA Hirofumi, SASO Aiko, AMANO Tetsuya, ONO Hiroko, ISHIDA Hajime
Anthropol Sci   2010年12月   
縄文人はどこから来たか?東南アジアの人類史からみる縄文人の起源
松村博文
北の縄文文化を発信する会・連続講座   2010年11月2日   
Ancient human genetic variation in the Man Bac Site
Shinoda K, Matsumura H
第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press)   2010年11月   
Issue of Hoabinhian people: the first layer in Southeast Asia ?
Matsumura H
第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press)   2010年11月   
Limb bone characteristics of Okhotsk culture people in Hokkaido and Sakhalin
Kudaka M, Fukumine T, Fukase H, Kimura R, Hanihara T, Yoneda M, Matsumura H, Saso A, Amano T, Ono H, Ishida H
第64回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2010, 118: in press)   2010年11月   
Population history of mainland Southeast Asia: viewed from human remains of Man Bac site in northern Vietnam
Matsumura H, Oxenham MF, Bellwood P, Thuy NK, Cuong NL, Dung NK
The Indo-Pacific Prehistory Association, 19th International Congress, (Abstract: The 19th International Congress of IPPA, Hanoi Session C1, pp.120)   2009年12月   
Human skeletal remains of the early Iron Age Hoa Diem site in central Vietnam: implication of population movements along with the Circum South China Sea
Matsumura H, Cuong NL, Dung NK, Yamagata M, Hoang BC
The Indo-Pacific Prehistory Association, 19th International Congress (Abstract: The 19th International Congress of IPPA, Hanoi Session B14 pp.98-99.)   2009年12月   
Allele frequencies of the ABO gene among ancient populations in Hokkaido
Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, , Masuda R
第63回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 117:)   2009年11月   
Morphological diversity of the Late Neolithic Man Bac site people in northern Vietnam: issues of ancestry and migration
Matsumura H, Cuong NL, Thuy NK, Dung NK, Oxenham MF, Dodo Y
第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 117:)   2009年11月   
北海道古代集団におけるABCC11遺伝子の対立遺伝子頻度
佐藤丈寛, 天野哲也, 小野裕子, 石田 肇, 小寺春人, 松村博文, 米田穣, 増田隆一
第55回日本動物学会北海道支部大会   2009年5月   
辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 青木光広, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 佐藤利夫, 菊池真, 新見隆彦, 市川量一, 二宮孝文
解剖学雑誌   2009年3月   
Population history of mainland Southeast Asia: perspectives from the prehistoric human skeletal remains and the cultural contexts in Vietnam
Matsumura H, Yamagata M
International, Interdisciplinary Workshop "Dynamics of Human Diversity in Mainland Southeast Asia"   2009年1月   
Frequencies of ABCC11 alleles among ancient populations in Hokkaido
Sato T, Amano T, Ono H, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 116: 270)   2008年11月   
Biological affinity of Okhotsk-Culture people based on dental characteristics
Matsumura H, Ishida H, Amano T, Ono H, Yoneda M
第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2008, 116: 258)   2008年11月   
Report on 2007’s excavation of human remains in the Neolithic Man Bac Site, Vietnam
Matsumura H
第62回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 116: 258)   2008年11月   
安全な最先端医療のための解剖教育と医療技術研修
辰巳治之, 藤宮峯子, 鈴木大輔, 青木光弘, 内山英一, 中村宅雄, 松村博文, 佐藤利夫, 二宮孝文, 市川量一, 菊池 真, 新見隆彦
日本解剖学会第54回東北, 北海道連合支部学術集会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 84:51)   2008年9月   
オホーツク文化出土人骨のミトコンドリアDNAハプログル−プの推定
佐藤丈寛, 天野哲也, 小野裕子, 石田 肇, 小寺春人, 松村博文, 米田穣, 増田隆一
第54回日本動物学会北海道支部大会   2008年8月   
Implication of the "Two Layer Hypothesis" at Man Bac
Matsumura H
International Forum: The Site of Man Bac, Issues and Discussion   2008年7月19日   
Health Experience in Cold Environments
Oxenham MF, Matsumura H
Insights from Hokkaido, Japan 4th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology (SEAA)   2008年6月   
The late Neolithic cemetery and habitation site of Man Bac, Ninh Binh province,Viet Nam: overview, new discoveries and new directions
Huffer D, Nguyen KD, Oxenham MF, Matsumura H, Nguyen LC, Yamagata M, Nguyen KT , Trinh HH
4th Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology (SEAA)   2008年6月   
Man Bac, a late Neolithic cemetery and habitation site in northern Viet Nam
Huffer D, Nguyen KD, Oxenham MF, Matsumura H, Nguyen LC, Yamagata M, Nguyen KT, Trinh HH
Overview and recent Findings 73rd Annual Meeting of the Society for American Archaeology (SAA)   2008年3月   
松村博文, 百々幸雄
解剖学雑誌   2008年3月   
A case of lower limb paralysis in an adult male dated to 3800-3400 BP
Oxenham M, Matsumura H, Tilley L, Cuong NL, Thuy KT
Northern Vietnam: Implications for quality of life and care 21st Australian Sociaty for Human Biology Conference   2007年12月   
南シナ海を越えた先史時代の人々;ベトナム中部, ホアジェム遺跡の事例から
山形眞理子, Hoang BC, 松村博文, Cuong NL, 田中和彦, 俵 寛司
第61回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2007, 115:254)   2007年11月   
東南アジア人の二層構造仮説の復活に向けて:ベトナムでの先史人骨の例から
松村博文
第61回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2007, 115:246)   2007年11月   
The parallelism between the 'dual structure' model for the population history in Japan and the 'two layer' hypothesis in Southeast Asia
Matsumura H
21st Pacific Science Congress   2007年6月   
Early childhood caries in prehistoric Southeast Asia: oral health in an often ambiguous status and gender category
Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Thuy NK, Dung NK, Cuong NL
76th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists   2007年3月   
Pre-Angkorian human skeletons from Phum Snay, Cambodia
Matsumura H, Domett K, Buckley H, O’Reilly D, Yamagata M
第60回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2006, 114: 243)   2006年11月   
Ancient DNA analysis of the people in the Okhotsk culture
Sato T, Ono H, Amano T, Ishida H, Kodera H, Matsumura H, Yoneda M, Masuda R
第60回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2006, 114: 236)   2006年11月   
米田穣, 菅谷通保, 松村博文, 柴田康行
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   2006年6月17日   
An early Holocene human skeleton from Hang Cho, northern Vietnam: its implication for a “Two Layers” hypothesis on the origin of Southeast Asians
Matsumura H, Dodo Y, Oxenham MF, Cuong NL, Long VT, Thuy NK, Dung LM, Yamagata M, Sawada, J, Yoneda M, Shinoda K
The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 5G)   2006年3月   
Social organization at the Neolithic/Bronze Age boundary in northern Vietnam: Man Bac cemetery as a case study. The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract
Huffer D, Nguyen KD, Hiep TH, Matsumura H
The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 4G)   2006年3月   
Sub-arctic Hokkaido: trends in oral and physiological health from the Jomon through Okhotsk periods
Oxenham MF, Matsumura H
75th Annual Meeting of the American Association of Physical Anthropologists   2006年3月   
An early Holocene human skeleton from Hang Cho site. northern Vietnam:its implication for “Two Layers” hypothesis on the origin of Southeast Asians
Matsumura H, Dodo Y, Oxenham MF, Cuong NL, Long VT, Thuy NK, Dzung LTM, Yamagata M, Sawada J, Yoneda M, Shinoda K
18th International Congress of the Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA)   2006年3月   
The 2004-2005 International excavation season at Man Bac site ( Ninh Binh Province). The Indo-Pacific Prehistory Association
Dung NK, Matsumura H, Yamagata M
18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 4G)   2006年3月   
Hang Cho cave in the context of Hoabinhian culture. The Indo-Pacific Prehistory Association
Dzung L.T.M, Yamagata M, Matsumura H
18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 2B)   2006年3月   
The Phung Nguyen Period cemetery Man Bac: preliminary bioarchaeological findings.
Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Cuong NL, Thuy NK
The Indo-Pacific Prehistory Association, 18th International Congress (Abstract, The 18th International Congress of IPPA, Manila Session 5G)   2006年3月   
Attitudes towards children: a Neolithic/Bronze Age transition cemetery in northern Vietnam
Oxenham MF, Matsumura H, Domett K, Dung NK, Cuong NL, Thuy NK, Hiep TH, Phung HV, Dodo Y, Huffer D
XVth UISPP (Union International for Prehistoric and Protohistoric Sciences)   2006年   
Palaeohealth in Hokkaido, Japan: Jomon and Okhotsk communities
Oxenham MF, Matsumura H
19th Annual Conference of the Australasian Society for Human Biology,Molecules to Morphs. The University of New South Wales. Kensington. Sydney   2005年12月   
Infant dominant cemetery at the late Neolithic Man Bac Site in Northern Vietnam
Yamagata M, Dung NK, Matsumura H, Dodo Y, Shinoda K, Sawada J
第59回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2005, 113:322)   2005年11月   
Two types of human remains excavated from the late Neolithic Man Bac Site in Northern Vietnam
Matsumura H, Dodo Y, Oxenham M.F, Domett K, Cuong NL, Thuy NK, Dung NK, Hiep TH, Shinoda K, Yamagata M, Takigawa W, Yoneda M
第59回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2005, 113:322)   2005年11月   
中村宅雄, 松村博文, 乗安整而
解剖学雑誌   2005年3月1日   
The possible oldest case of Cerebral Palsy in Southeast Asia: the eraly Holocne skeleton from Gua Gunung Runtuh (Malaysia)
Matsumura H, Uchiyama E, Zuraina M
第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:303)   2004年11月   
The presence of Haris lines in the prehistoric Hokkaido people
Matsumura H, Nakamura T, Oxenham MF, Noriyasu S
第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:303)   2004年11月   
The excavation of Hang Cho Cave site in northern Vietnam: Discovery of early Holocene human skeleton
Matsumura H, Thuy NK, Yamagata M, Oxenham MF, Sawada J, Dodo Y, Shinoda K, Long VT, Dung LM, Cuong, NL, Kim S, Ha D
第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:297)   2004年11月   
Morhometric difference of femur between the Okhotsk, (Epi)Jomon people and Ainu
Matsumura H, Hudson MJ
第58回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2004, 112:297)   2004年11月   
北海道古代人の脛骨ハリス線の出現頻度について
中村宅雄, 松村博文, 乗安整而
日本解剖学会 第50回東北北海道連合地方会学術集会   2004年9月   
Testing the 'Two Layer' hypothesis for the population history of Southeast Asia using cranial and dental morphological data
Matsumura H
16th International Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFFA)   2004年8月   
Prehistoric dispersion of Southern Chinese into Southeast Asia from dental perspectives
Matsumura H
First International Congress on Bioarchaeology in Southeast Asia   2004年1月   
実質性臓器の解剖学実習:肝臓の内部構造
佐藤利夫, 松村博文, 村上 弦
第35回日本医学教育学会総会 (抄録:医学教育, 34補冊:71)   2003年12月   
DISH in sub-polar prehistoric Japanese foragers to Medieval English monks: what is the connection?
Oxenham M, Matsumura H
" Populations, Migrations and Interactions: A Walk Through Time, Australasian Society for Human Biology Annual Conference   2003年12月   
奥尻島青苗砂丘2遺跡出土のオホーツク文化を担った人骨について
松村博文, Hudson M, 皆川洋一, 越田賢一郎
第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:418)   2003年11月   
北海道縄文人およびオホーツク人の口腔病理と古病理学的研究
松村博文, Oxenham MF
第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:418 )   2003年11月   
北海道礼文島船泊遺跡から出土した縄文人骨のミトコンドリアDNA解析
安達 登, 篠田謙一, 松村博文, 西本豊弘
第57回日本人類学会 (Abstract: Anthropological Science, 2003, 111:396)   2003年11月   
Femoral metric analyses for the Okhotsk people in Hokkaido, Japan
松村博文, Hudson M
日本解剖学会 第49回東北北海道連合地方会学術集会 (Abstract: Acta Anatomica Nipponica, 79:76)   2003年9月   
北海道先史時代人のミトコンドリアDNA多型解析
安達登, 篠田謙一, 梅津和夫, 松村博文, 大島直行, 西本豊弘, 百々幸雄
第12回日本DNA多型学会   2003年6月   

担当経験のある科目

 
 
  • 解剖学実習 (札幌医科大学)
  • 人類学 (札幌医科大学,東京大学,早稲田大学,日本大学,札幌学院大学,國學院大學)
  • 解剖学 (札幌医科大学等,日本工学院専門学校,北海道柔道整復師専門学校)

競争的資金等の研究課題

 
Out of Africa:ホモ・サピエンスのアジア拡散モデルの再構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 松村 博文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 松村 博文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山田 康弘
平成25年度の研究は,昨年度までの発掘調査によって出土した遺物(土器・石器等)および人骨を整理するところから始まった。これらの遺物については,クリーニング・注記・台帳作成といった,すでに基礎的な整理が終了し,分析が進められている。たとえば古DNAについては,サンプリングを終えて,抽出・増幅作業中であり,縄文人骨から古DNAが採取できたという成果が出ているし,出土人骨の歯冠計測についてもすでに計測を終了し,人骨の集団関係・系譜関係・血縁関係等の分析を行っているところである。人骨そのものの検討...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 松村 博文
形態関係では、タイの新石器~鉄器時代のバンノンワット遺跡や中国の数遺跡から数百個体分の頭骨と歯の形態データを収集した。これまでに調査したベトナムの資料については、頭骨の形態小変異の解析結果を論文として公表し、新石器時代に形質の大きな変化があることを明らかにした。アジア全集団の歯のノンメトリック形質も一区切りをつけデータ解析に着手し、新石器時代の農耕伝播にともなって北方アジア人の遺伝子が相当な規模で東南アジアに拡散していることをつきとめた。遺伝学関係では、日本列島集団のゲノムワイドSNP解析...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 山田 康弘
考古学研究者と人類学研究者が協力をして、愛知県田原市保美貝塚の発掘調査を行い、新規の人骨出土資料を入手し、共同研究を行った。その結果、保美貝塚からは多数合葬・複葬例が検出され、これに対して様々な分析が行われ、縄文社会に対して新たな仮説を立てたとともに、考古学と人類学のコラボレーションモデルを提示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 松村 博文
ベトナムのマンバック遺跡の人骨と文化遺物の形態人類学、分子人類学、考古学を連携させた総合研究により、東南アジア人が2つの系譜の異なる人類集団の混血によって形成されたとする「二層構造」モデルを再構築した。この遺跡の時期である新石器時代後半(約3700年前)は、現代のオーストラリアの人々と共通祖先をもつユーラシア南回りで移住したサピエンスに由来する先住狩猟民と、北回り起源のサピエンスが中国南部を経て南下拡散してきた稲作農耕民とが入れ替わる転換期にあたることが明確に証明された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山形 眞理子
平成21年度にベトナム中部・ホアジェム遺跡の第二次発掘調査を行った。カムラン湾岸に位置する鉄器時代埋葬遺跡である。この遺跡で甕棺墓に副葬される土器群は、フィリピン中部カラナイ洞穴、タイ南部サムイ島出土土器と酷似する。考古学的な考察から土器の年代は紀元後2~3世紀と推定され、埋葬人骨の放射性炭素年代もそれを裏付けた。東南アジアに国家が出現する時期、南シナ海を渡って交流した人々の存在が明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 石田 肇
オホーツク文化人骨の形態解析とDNA分析の結果、北東アジア、とくにアムール川流域を起源としていること、mtDNAのハプログループYは、アムール川下流域集団の祖先からオホーツク文化人を経由してアイヌへともたらされたことが示唆された。また、食生活では栄養段階の高い大型魚類や海生ほ乳類を主要なタンパク質として多く利用していたことが示された。変形性関節症の頻度分布からも、生業との関連性が示唆された。アイヌ民族のイオマンテ型儀礼は続縄文文化・オホーツク文化にまでさかのぼる可能性が大きいことを示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山形 眞理子
環南シナ海地域の先史時代の交流というテーマに最も合致する遺跡として、ベトナム中部カインホア省カムラン市ホアジェム遺跡を選び、平成18年度(2007年1月)に発掘調査を実施した。ベトナム南部社会科学院、カインホア省博物館との共同調査であり、ベトナム考古学院の協力もいただいた。その結果、6m×8mの面積の発掘区から甕棺墓14基、伸展土坑墓2基を検出することができた。そのうち6号甕棺から漢の五銖銭2枚が出土したことから、ホアジェムの墓葬の年代を紀元後1,2世紀頃と結論づけることができた。平成19...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 百々 幸雄
東北地方出土の古墳時代人と江戸時代人に焦点を合わせて、人骨の形態学的および遺伝学的研究を行った。頭蓋の形態小変異と計測的特徴の分析からは、九州→関東→東北→北海道へ向かう形質の地理的勾配の存在が明らかになった。この地理的勾配は古墳時代でとくに明確であり、江戸時代になってもかなり明瞭に認められるが、現代人になると地域間の均質性が進むため地理的勾配は痕跡的に認められるにとどまった。このような結果は、縄文人という日本列島の基層集団の中に、大陸から九州地方に渡来した移住集団の遺伝子が弥生時代以降徐...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 松村 博文
中国南部から東南アジア地域の人類集団は、更新世後期のスンダランドに由来したとみなされているオーストラロ・メラネシア系集団が、完新世初頭まで東南アジア一帯に広く居住し、現代東南アジア人の多くは新石器時代以降に稲作農耕にともなって中国から南下した北方アジア系集団との混血ないし置換により成立した、とするいわゆる「新石器時代北方アジア系集団移住説」が提唱されている。この仮説は、現在では考古学、言語学、遺伝学などからも強く支持されているが、最近の古人骨形態学からはこのような混血を認めないとする「連続...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 松村 博文
本研究の目的は、東南アジアの人々と縄文人の起源と成り立ちを、古人骨の歯と頭骨の形態学的研究により明らかにするものである。この問題では、新石器時代以降の中国からの北方アジア系集団の拡散により、先住のオーストラロ・メラネシア系集団と混血し、現代東南アジア人に至ったとする「混血モデル」と、東南アジアにはもとよりいわゆる古アジア系集団が居住しており、現代に至るまで遺伝的に連続しているという「地域進化モデル」が提唱されている。これらの二大仮説のどちらが正しいのかを、形質人類学の立場から検証するための...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 百々 幸雄
1.頭蓋の形態学的特徴に加えて歯の形態学的特徴においても、北海道の続縄文人は東日本の縄文人および北海道アイヌと系統的に連続することが確認されたが、ごく少量ながら外来集団の混入が示唆された。2.縄文人の四肢長骨の基本形態は北海道・東北地方の縄文人のそれと変わるところはないが、アイヌの大腿骨に特徴的に見られる上部扁平性はすでに北海道の縄文・続縄文人にも認められた。3.踵骨の距骨関節面の形状は、北海道縄文・続縄文人が西日本の縄文人よりも採集・狩猟・漁労に特化した生活を送っていたことを示唆する特徴...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 小川 英文
1.平成7〜9年度科研調査に引き続き、カガヤン河下流域に分布するラロ貝塚群の発掘調査を続行した。カガヤン河両岸の河岸段丘上に立地する8つの貝塚12ヵ所および1つの内陸貝塚の発掘調査を行い、当該地域編年体系確立を確立した。2.ラロ貝塚群と同時期に営まれた遺跡の広がりをカガヤン河河口から50kmまで捉えることができた。3.カガヤン河西岸サンロレンゾ貝塚において900m^2の発掘調査を継続し、貝廃棄、貝塚形成過程パターン解明のための資料を得ることができた。また1500年〜500年前の3期にわたる...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 松村 博文
弥生時代から現代に至るまで、大陸からの渡来系集団の遺伝子がどのように拡散していったのか、土着の縄文系集団との混血の度合いが各時代を通じてどのように変遷してきたのか、地域による混血率の違いはいかなるものか。渡来系集団と縄文系集団の歯の形態にみられる相異にもとづいて、これらの問題の解明を試みた。分析手段としては、歯冠計測値を用いた判別分析を適用し、各時代や地域の人骨が、土着系あるいは渡来系のどちらのタイプに近いがを判定するという方法を用いた。結果として、弥生時代には少なくとも東海地域から関東西...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 松村 博文
今年度は縄文人に焦点を当て、縄文人の地域性と系譜について集中的な分析をおこなった。まず、礼文島の船舶遺跡から28体にもおよぶ保存の良い縄文人骨を収集した。地理的にも北方からの大陸系集団の遺伝的影響が注目されるところであるが、歯のみならず頭蓋や四肢骨も明らかに本州の縄文人とさほど変わらないことが明らかになった。また、縄文人は全国的にも例外なく大臼歯に対して著しく小さな小臼歯をもつという特徴を共有することが確認された。しかも、中期以前の遺跡の人骨や港川人などにおいても同様の特徴がみられ、後晩期...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 西本 豊弘
茨城県取手市の中妻貝塚から、縄文時代後期初頭の人骨100体以上がひとつの小さな土壙墓からまとまって出土した。これまでに縄文時代の遺跡からは多くの人骨が出土しているが、ひとつの土壙からこのような多数の人骨が出土した例はない。しかも発掘状況から、被葬者は堀ノ内2式期のごく短期間のうちに死亡した集落内の血縁の濃い人々であったと考えられた。縄文時代の社会組織については、住居址や埋葬形式などの考古学的事例や民族学的事例から論議されてきたが、いずれも想像の域を出ていない。とりわけ、人骨から議論されたこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(A))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 茂原 信生
本研究では東アジア地域におけるヒト上科を中心とした霊長類の進化過程の解明を目的として、各地の第三紀の地層の発掘と化石資料のデータ収集・解析をおこなった。具体的には中国雲南省の後期中新世の地層、ミャンマー中部のポンダウン地域の中期始新世の地層、タイ北部のバン・ナ・サイ地域の中期〜後期中新世の地層、中国遼寧省の新生代初期の地層の4ヵ所において発掘調査をおこない、このうちミャンマーのポンダウン地域とタイのバン・ナ・サイ地域において、霊長類化石の発見に成功した。ポンダウン地域では、これまで同地域で...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 松村 博文
北海道の続縄文時代人と九州ならびに本州の古墳時代人に大陸からの渡来者の遺伝的影響がどの程度まで及んでいたかを、縄文人および渡来系弥生人の歯冠計測値を用いた判別関数を個体ごとに適用することによって検証した。続縄文時代人については、オンコロマナイ、坊主山、茶津4号洞穴、南有珠7、礼文華、大川GP2(擦文時代)の各遺跡から出土した人骨を対象とした。茶津4号の4例、礼文華1号、オンコロマナイ1A号および擦文時代の大川GP2が渡来系と判別された。ただし、オンコロマナイの1体と茶津4号洞穴の5体はオホ...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 中橋 孝博
北部九州から出土する弥生人骨を大陸からの渡来人、もしくはその遺伝的影響を受けた人々とする見解が定着しつつあるが、彼ら渡来人の源郷についてはいまだ不明点が多い。これまでは華北や朝鮮半島を候補地とする研究結果が発表されているが、その背景には人骨資料そのものが大陸北半でしか出土していないという問題が隠されており、人骨の空白地域であった江南地方は、永く論議の対象から外されていた。しかし同地方は稲作を初めとして、考古、人類、民俗など各分野で古代日本との関係が指摘されているので、平成8年度から10年度...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 松村 博文
大陸より渡来したと考えられている北部九州および山口地方の弥生人の骨格形態が、土着の縄文人と大きく異なることは周知のとおりでる。本研究では、まず第一に、歯の形態から渡来系弥生人が縄文人とどの程度まで判別可能なのかを分析した。その結果、縄文人と渡来系弥生人は最大90%以上の正答率で判別することが可能であった。次にこの結果を応用し、日本列島から発見されている他の弥生人骨について、土着の縄文人と渡来人のどちらの特徴が強いかの判別を試みたところ、広島県帝釈名越の1例は渡来系、愛媛県の釈迦面山の1例は...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 松村 博文
平成8年12月7日〜12月23日の間,オランダの国立自然史博物館,イギリスの大英自然史博物館ならびにケンブリッジ大学を訪問し,戦前に採取された東南アジアの後期更新世から完新世(近世も含む)に至るまでの古人骨資料について,形質人類学的研究をおこなった。目的は,先史東南アジアの古モンゴロイド集団の系譜と現代に至るまでの進化・拡散のプロセスを具体的に明らかにすることである。調査対象となった古人骨資料は,オランダ自然史博物館では,ジャワ,フローレス,セレベス島から出土した中石器ないし新石器時代人骨...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 松村 博文
1989年から1991年にペル-北部において東京大学の調査団によって発掘調査がなされたアンデス文明形成期のクントール・ワシ、ワカロマ、コルギチンの3遺跡から出土した44体の人骨について、研究補助員1名の助力を得て洗浄、整理、復元の作業をおこなった。その作業の後、形態学的所見を記載し、年齢・性別などの鑑定をおこなうとともに、人骨の形態的特徴ならびに計測データにもとづき、他の近世アメリカ先住民と比較した。コンピュータを用いて種々の統計学的分析をおこなった結果、アンデス文明形成期の人類集団の形態...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 松村 博文
日本の基層集団である縄文人が東南アジアを原郷とする古モンゴロイド集団に由来するという仮説が提唱されている。しかしながらこの仮説を実証するには、東南アジアにおける先史時代人骨の形質人類学的研究が非常に立ち後れており、特に研究の鍵となる後期更新世から完新世初頭にかけての人骨資料が著しく不足している。古人骨と考古遺物の人類学的・考古学的分析によって、古モンゴロイドの進化・移動の過程を検証することが大きな課題となっている。そこで本プロジェクトでは、タイの石灰岩洞穴遺跡に焦点をあて、特に資料の乏しい...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 西本 豊弘
茨城県取手市の中妻貝塚で、縄文時代後期初頭の人骨100体以上がひとつの小さな土坑(直径約2m弱)からまとまって出土した。これまでに、縄文時代の遺跡からは多くの人骨が出土しているが、一つの小さな土坑からこのような多数の人骨が出土した例はない。しかも発掘状況からみて、これらの人骨は、堀之内2式期に、一度にまとめて再埋葬されたものである。従って、被葬者は一集落内に居住した血縁の濃い人々と推測される。古人骨から血縁関係を推定する方法として、歯冠計測値を用いた分析が注目されている。そこで中妻貝塚出土...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 松村 博文
日本人の起源の解明にあたって、更新世の人類化石の発見が待たれている。東日本では旧石器時代の遺跡が数多く分布するにもかかわらず、未だ人骨の検出がなされていない。石灰岩洞穴は化石の保存に最もてきした環境にある。そこで北海道西南部において更新世人類化石の発見が期待される石灰岩洞穴遺跡の分布調査をおこなった。調査地域は洞穴の発見に有望な先第三系の石灰岩広くが分布する函館北部の上磯地域ならびに渡島半島西岸の島牧村である。両地域にて延べ20日間にわたり沢沿いに踏査をおこなった。その結果、上磯地域におい...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 大貫 良夫
平成5年度と6年度にわたって、南米ペル-国北部カハマルカ県のクントゥル・ワシ遺跡で発掘調査及びその資料の整理分析を行った。また、平成5年度には同県のラ・ボンバ遺跡においても発掘調査を行った。クントゥル・ワシ遺跡は、中央アンデス形成期(紀元前2000年から0年ころ)中期から後期にかけての祭祀建築(神殿)遺跡のひとつである。アンデス文明の起源と形成過程には、祭祀儀礼の場としての神殿の建築や維持が深くかかわっていた、という見地のもとに集中的な神殿遺跡の発掘を行った。以前の同遺跡調査(昭和63年度...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1992年 - 1994年    代表者: 馬場 悠男
アジアのホモ・エレクトス化石のなかで顔面の大部分が保存されている唯一の化石であるピテカントロプス8号(サンギラン17)頭蓋の復元を行い、はじめて最古のアジア人の顔を明らかにした。その復元に基づき頭蓋の基礎的観察と計測を行ったところ、以下の暫定的結論を得た。ピテカントロプスは、顔面の平坦さ及び頬骨の大きさで東アジア人と類似し、前頭骨の平坦ではオーストラリア先住民と類似するので、両者の共通祖先と見なすことが出来る。ピテカントロプス8号は咀嚼筋がきわめてよく発達しているにも係わらず、歯は余り大き...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 茂原 信生
今回の重点領域研究におけるわれわれの研究の目的は,歯の形態学(人類学)の立場から,環太平洋のモンゴロイド諸集団の関係を明らかにすることである.そのため,日本国内および国外の東アジア,アメリカ地域,太平洋地域のモンゴロイド系集団の歯を3,300個体あまり調査し,歯の計測的および非計測的データを採取し,多変量解析によって系統関係を検討した.日本列島においては縄文人・アイヌ系集団(スンダドント)と渡来系弥生人・歴史時代日本人(シノドント)という2つの集団の系譜が明瞭なものとなった.前者は先史時代...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1991年 - 1991年    代表者: 馬場 悠男
澎湖諸島海底出土右大腿骨下3分の1は、大きく、筋付着部の発達も良好であり、壮年男性のもとの考えられる顆間窩及び下関節面膝蓋が狭く、その点で港川人と類似する。粗線が数本に分離する点は希であるが、全体的には現生サピエンスの特徴に一致する。八里海岸からは、左大腿骨(男性)・右寛骨(女性)・左寛骨(男性)・後頭骨(性別不明)の4点の人骨が出土している。いずれも水磨を受けており、特に寛骨2点は貝殼が付着している。形態的には現生サピエンスと変わらない。以上2地点の人骨は良く化石化しており、後述のように...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1991年 - 1991年    代表者: 茂原 信生
基礎デ-タの収集と分析,および文献的デ-タの収集を継続して行なっている.実際に調査した資料数は2,965体と歯牙石膏模型177例である.昨年度追加したアメリカ大陸の古人骨(ペル-)の分析も進み,先インカ時代のペル-人の歯冠形質は,中国人をはじめとする東アジアのモンゴロイド集団のものとかなり類似することが明らかになった.また,モンゴロイドの原形により密接な関係を持っていると考えられる中国大陸の古人骨の調査も行なった.現在,安陽中国人,満州古墳人のデ-タを分析中である.この他,樺太アイヌのデ-...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1990年 - 1990年    代表者: 大貫 良夫
ペル-国北部山地カハマルカ県のクントゥル・ワシ遺跡で、墳墓群の緊急発掘を主たる目的として発掘調査を行った。クントゥル・ワシ遺跡は中央アンデス形成期の重要な祭祀建築遺跡のひとつであり、昭和63年度に調査を開始した。(昭和63年度〜平成元年度:古代アンデス文明の生成過程の研究/課題番号63041039/研究代表者:大貫良夫)。平成元年度の調査において、遺跡中央部の墓壇構造の床下に掘りこまれた三墓の墓が確認され、7点の黄金製品を含む数多くの副葬品が発見された。中央アンデス形成期文化の黄金製品が考...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1990年 - 1990年    代表者: 茂原 信生
基礎デ-タの収集と文献的デ-タの収集を継続して行なっている.現生のあらゆる人種のデ-タも比較資料として収集している.モンゴロイドに関しては,南米のインディオなどについて追加調査した.国内では,西日本の資料を中心にして調査した.また,国内の各機関に所蔵されているモンゴロイド資料の所在調査を行なった結果,医・歯学部関係では全解剖学教室うち15教室に頭蓋骨や歯牙模型などが保存されていることがわかった.これらの調査は次年度の課題である.計測方法の面では各研究者のデ-タを収集し,資料の地方的な偏りな...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1988年 - 1990年    代表者: 大島 直行
1.北海道伊達市有珠10遺跡の発掘調査文部省科学研究費(昭和60年・61年:解剖学部門,昭和62年:人類学部門)の交付を受けて実施してきた有珠10遺跡の発掘調査を継続した。2ケ年の発掘で,新たに13ケ所の墓を検出した。続縄文時代恵山期の墓10ケ所の他,これまで本遺跡では未発見であった縄文時代晩期の墓3ケ所も、合わせて検出することができた。続縄文時代恵山期の墓は,改葬されたものが多く,これは,縄文時代晩期の墓にも認められた。縄文時代の墓では,人骨に抜歯があり,オオツタノハ製貝輪の装着が認めら...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1989年 - 1989年    代表者: 茂原 信生
本研究は、当面は基礎データの収集と文献的データの収集が主な仕事である。基礎データの収集は、計測による研究を主にし、歯冠近遠心径頬舌径の計測をおこなった。非計測的データ(22項目)もあわせて収集した。対象とした材料は、日本およびアメリカの各研究施設に所蔵されているアジア系モンゴロイド人骨合計2249の上・下顎歯である。分析は統計的な解析方法(多変量解析)を用いた。それにもとづいて、まず日本国内の各時代・各地域の集団を調査し、それぞれの変異を明かにした。計測的なデータから得られた分析結果と非計...
人類集団の系統解析
日本人集団の骨形態の時間的・地理的変異の解明