加藤 耕一

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/18 11:48
 
アバター
研究者氏名
加藤 耕一
 
カトウ コウイチ
URL
http://www.history.arch.t.u-tokyo.ac.jp/kato/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科 建築学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東京大学 大学院工学系研究科 准教授
 
2009年
 - 
2011年
 近畿大学工学部 講師
 
2004年
 - 
2006年
 日本学術振興会海外特別研究員(パリ第IV大学客員研究員)
 
2002年
 - 
2004年
 東京理科大学理工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東京大学 大学院工学系研究科 建築学専攻
 
 
 - 
1995年
東京大学 工学部 建築学科
 

委員歴

 
2015年2月
 - 
現在
地中海学会  事務局委員
 
2013年4月
 - 
現在
建築史学会  常任委員
 
2011年4月
 - 
現在
建築史学会  編集委員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本建築学会  建築歴史・意匠委員会 幹事
 

受賞

 
2004年
日本建築学会 奨励賞
 

論文

 
サント=ジュヌヴィエーヴ図書館の鋳鉄の支柱とゴシック建築の支柱の関係──1850年前後のパリに建設された3つの建築をめぐって──
加藤耕一
日本建築学会計画系論文集   (611) 203-209   2007年
大修道院長シュジェールのサン=ドニにおけるモノリスの円柱に関する考察──<アン・デリ>の円柱と細円柱という観点からの、シュジェールの記述の再解釈──
加藤耕一
日本建築学会計画系論文集   (600) 211-216   2006年
12世紀前半のイル=ド=フランスにおける、リブ・ヴォールトの支持細円柱の構法に関する研究
加藤耕一
日本建築学会計画系論文集   (594) 215-221   2005年
フランスの初期ゴシック大聖堂にみるゴシック内部空間の生成 ─アン・デリの添柱が果たした役割に関する考察─
加藤耕一
建築史学   (43) 63-90   2004年
ルイ7世による初期ゴシック大聖堂建設への関与の実態について
加藤耕一
日本建築学会計画系論文集   (554) 337-342   2002年

書籍等出版物

 
芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン
フィリップ・デイヴィース著、デレク・ケンダル写真 (担当:監修)
西村書店   2017年6月   
時がつくる建築 リノベーションの西洋建築史
加藤 耕一
東京大学出版会   2017年4月   
近代建築理論全史
ハリー・フランシス・マルグレイヴ著 (担当:監修)
丸善出版   2016年10月   
小さなリズム 人類学者による「隈研吾」論
ソフィー・ウダール (担当:共訳)
鹿島出版会   2016年9月   
Monumental 世界のすごい建築
サラ・タヴェルニエ、アレクサンドル・ヴェルイーユ (担当:監修)
ポプラ社   2016年7月   

講演・口頭発表等

 
日本の近代化と西洋建築──時がつくる建築 [招待有り]
加藤 耕一
全国近代化遺産活用連絡協議会 2017年度桑名大会   2017年7月26日   
世界遺産のなかの西洋建築 建築時間論の観点から
加藤 耕一
世界遺産研究会: 建築史・都市史・文化資源学から見た世界遺産 第2回   2016年9月21日   
西洋建築再利用の歴史を探る [招待有り]
加藤 耕一
U-Talk   2016年8月6日   
中世パリのまちづくり──建築再利用の歴史
加藤 耕一
小布施まちづくり大学   2015年10月30日   
建築再利用の歴史と16世紀・19世紀の建築観の変化
加藤 耕一
中世建築研究会   2015年10月24日   

競争的資金等の研究課題

 
構築と再利用の観点による西洋建築史学の再構築のための基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤 耕一
西洋建築史学の現代性に関する基盤的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 加藤 耕一