荒木 修

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 04:16
 
アバター
研究者氏名
荒木 修
 
アラキ オサム
eメール
brainicsrs.kagu.tus.ac.jp
URL
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/arakilab/
所属
東京理科大学
部署
東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2001年
北陸先端科学技術大学院大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 工学部 計数工学
 
 
 - 
1999年
東京大学 工学系研究科 計数工学
 

論文

 
Enhancement of a genuine visual mismatch negativity correlates with the facilitation of perceptual alternation of a bistable image
Tomokazu Urakawa, Kazuma Nagano, Yuki Matsumoto, Osamu Araki
NEUROREPORT   29(13) 1092-1098   2018年9月   [査読有り]
Neural network model of perceptual alternation enhanced by visual mismatch process
Yuki Tsuruoka, Tomokazu Urakawa, Osamu Araki
Proceedings of The Twenty-Third International Symposium on ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   122-126   2018年1月   [査読有り]
Tomokazu Urakawa, Mao Bunya, Osamu Araki
Cognitive Neurodynamics   11(4) 307-318   2017年8月   [査読有り]
Exogenously-driven perceptual alternation of a bistable image: From the perspective of the visual change detection process
Tomokazu Urakawa, Tomoya Aragaki, Osamu Araki
NEUROSCIENCE LETTERS   653 92-96   2017年7月   [査読有り]
Computational simulation: Local inhibitory synapses activate cortical regions around the lesion
Hiroyuki Kitano, Katsuhiko Hata, Yuta Kakimoto, Tomokazu Urakawa, Osamu Araki
Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   459-462   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
アストロサイトの隣接神経細胞脱分極作用による同期的UP-stateの数値実験的検証
久利生 崇行, 垣本 悠太, 荒木 修
電子情報通信学会技術研究報告   NC2013-88(2014-03) 5-10   2014年3月
報酬により行動選択と運動前神経活動の制御を行なう神経回路網モデル
田上 健太, 垣本 悠太, 荒木 修
電子情報通信学会技術研究報告   NC2013-140(2014-03) 299-304   2014年3月
小規模神経回路網の振動に対するアストロサイトの影響の数理モデル
久利生 崇行, 垣本 悠太, 荒木 修
電子情報通信学会技術研究報告   NC2011-176(2012-03) 323-328   2012年3月
詳細な神経細胞モデルを用いた側坐核脳深部刺激による眼窩前頭皮質細胞の活動低下の計算機シミュレーション
福本 圭吾, 垣本 悠太, 荒木 修
電子情報通信学会技術研究報告   MBE2011-146(2012-03) 201-206   2012年3月
行動開始時の第一次運動野における周波数変調の相互抑制振動子結合系モデル
川邉 雄介, 垣本 悠太, 荒木 修
電子情報通信学会技術研究報告   NC2011-39(2011-7) 103-107   2011年7月

書籍等出版物

 
本質から理解する数学的手法
荒木 修・齋藤 智彦 (担当:共著)
裳華房   2016年11月   ISBN:9784785315702

講演・口頭発表等

 
An astrocyte-neurons model of emergent spatial modulation of synapses mediated by endocannabinoid
Yusuke Nakahama, Osamu Araki, Tomokazu Urakawa
Neuroscience 2018   2018年11月7日   
Effects of behavioral tasks on neural activity relevant to motor preparation
Tomomi Kubo, Yuki Matsumoto, Tomokazu Urakawa, Osamu Araki
Neuroscience 2018   2018年11月6日   
Bistable知覚の不安定化とVEP動態:Predictive codingからの検討
田中元善, 浦川智和, 鈴木裕太, 荒木修
脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ   2018年1月10日   
内因性カンナビノイドの空間的シナプス調整効果の数理モデル
中濱裕介, 浦川智和, 荒木修
脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ   2018年1月10日   
半視野に課したVSTM負荷による、VEPの空間依存的な抑制
佐山敦弘, 浦川智和, 小幡拓也, 横山優佳, 荒木修
脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ   2018年1月10日   

競争的資金等の研究課題

 
神経回路網におけるトップダウン信号の情報生成メカニズム
その他の研究制度
研究期間: 2007年 - 2010年
脳におけるトップダウン信号生成のメカニズムをモデルやイメージング技術を用いて解明する。