原 等子

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/05 13:29
 
アバター
研究者氏名
原 等子
 
ハラ ナオコ
所属
新潟県立看護大学
部署
看護学部 看護学科
職名
准教授
学位
看護学修士(北海道医療大学)
その他の所属
新潟県立看護大学

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
旭川医科大学医学部看護学科 助手
 
2002年4月
 - 
2006年4月
日本赤十字九州国際看護大学看護学部看護学科 講師
 
2006年5月
 - 
2006年6月
聖マリア学院大学医療福祉研究所 研究員
 
2006年7月
   
 
-(現職)
 

学歴

 
 
 - 
2002年
北海道医療大学 看護福祉学研究科 看護学専攻
 
 
 - 
1998年
北海道医療大学 看護福祉学部 看護学科
 
 
 - 
1989年
北海道大学医療技術短期大学部 看護学部 看護学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本認知症ケア学会  代議員
 
2013年
 - 
現在
上越市地域包括支援センター協議会  副委員長
 
2012年
 - 
現在
公益社団法人認知症ん人と家族の会  国際交流委員
 
2011年
 - 
現在
上越市高齢者見守りネットワーク委員会  副委員長
 
2008年
 - 
現在
公益社団法人認知症ん人と家族の会新潟県支部  世話人
 

Misc

 
A.schreiner, T.Terakado, N.Hara, C.Okubo, T.Kakuma: Perceived Barriers to Instituting a Palliative Care Team at a Geriatric Hospital in JAPAN.
The Gerontologist   43(S1), p199    2003年
N.Hara, T.Terakado, A.Schreiner, M.Okayama:A Focus Group Investigation of Hospital Nursing Staff’s Perceptions of How to Improve End-of-Life Care for Patients with Dementia in JAPAN.
The Gerontologist   43(S1), p202    2003年

競争的資金等の研究課題

 
認知症高齢者の緩和ケア
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2003年   
高齢者の口腔機能向上
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2004年   
施設入所高齢者の排便コントロールケア
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2008年