NAKAGAMI Ken'ichi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
NAKAGAMI Ken'ichi
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
Research Organization of Open Innovation & Collaboration, Research Center for Sustainability Science
Job title
Visiting Senior Researcher
Degree
B.E.(Yamaguchi University), Master of Engineering(Nagoya University), Doctor of Engineering(Osaka University)
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 

Education

 
 
 - 
Mar 1972
Civil Engineering, Faculty of Engineering, Yamaguchi University
 
 
 - 
Mar 1974
Civil Engineering, "Graduate School, Division of Engineering", Nagoya University
 
 
 - 
Mar 1976
Environmental and Sanitary Engineering, "Graduate School, Division of Engineering", Kyoto University
 

Awards & Honors

 
Jun 2013
一般社団法人海外環境協力センター功労賞, 一般社団法人 海外環境協力センター
 
Dec 2009
国際公共経済学会2009年度尾上賞, 国際公共経済学会
 
Sep 2009
日本計画行政学会第21回学術賞・論説賞, JAPAN ASSOCIATION FOR PLANNING ADMINISTRATION
 

Published Papers

 
水をめぐる世界の潮流と日本の水道事業の行方
仲上健一
月刊保団連   (1294) 24-29   Jun 2019
沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示 研究成果報告書
柳哲雄(S-13プロジェクトリーダー/国際エメックスセンター特別研究員) 仲上健一(S-13テーマ4テーマリーダー、テーマ4・サブテーマ1代表 /立命館大学政策科学部特別任用教授) 日高 健(テーマ4・サブテーマ2代表/近畿大学産業理工学部教授) 印南敏秀(テーマ4・サブテーマ3代表/愛知大学地域政策学部教授) 清野聡子(テーマ4・サブテーマ4代表/九州大学大学院工学研究院環境社会部門准教授)
(独)環境再生保全機構・環境研究総合推進費(S-13)持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発(研究期間:平成26年度~平成30年度)、農林統計協会   1-120   Mar 2019
「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」報告書
仲上健一
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成26年度~30年度)   (1) 119   Feb 2019
SDGsと水政策
仲上健一
住民と自治   (669) 18-22   Jan 2019
Ecosystem Service of Coastal Zone and Sustainability Assessment of SATOUMI
Ken’ichi Nakagami
Bulletin on Coastal Oceanography   56(1) 39-47   Aug 2018

Misc

 
平成26年度~平成30年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」研究成果報告書
近本智行、仲上健一
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」   32   Feb 2019

Books etc

 
『里海管理論-きれいで豊かで賑わいのある持続的な海』
柳哲雄編
農林統計協会   Mar 2019   ISBN:978-4-541-04281-1
水をめぐる政策科学
法律文化社   Mar 2018   ISBN:978-4-589-03996-5
Planning for Community-based Disaster Resilience Worldwide
Editor,Adenrele Awotona,Xuepeng Qian, Weisheng Zhou, and Kenichi Nakagami
Routledge   Oct 2016   
Sustainable Water Management-New Perspectives, Design, and Practices-
Editors: Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan
Springer   Jul 2016   ISBN:978-981-10-1202-0
水を分かつ ―地域の未来可能性の共創 第5章 地域の未来可能性 5-1 水とともに切り拓く未来
窪田順平
勉誠出版   Mar 2016   ISBN:978-4-585-23040-3

Conference Activities & Talks

 
総合討論「水道の広域化・民営化は、公共性のサステイナビリティを保障できるのか」
2018年度水資源・環境学会冬季研究会   9 Mar 2019   
「新たな水道広域化・民営化の動向と課題」-水道法改正(案)をめぐって- 太田正報告へのコメント
2018年度水資源・環境学会冬季研究会   9 Mar 2019   
水資源環境問題の超克とニューパラダイム-エンジニア・エコノミストの挑戦- 
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」最終報告会   25 Feb 2019   
沿岸海域の生態系サービスとサステイナビリティ評価
日本科学者会議第22回総合学術研究集会in 沖縄   8 Dec 2018   
沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示
(独)環境再生保全機構 「環境研究総合推進費(S-13)」 持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発H30年度アドバイザリーボード会合   30 Nov 2018   

Teaching Experience

 

Works

 
水道のいま 識者に聞く「改正水道法を考える」
The Others   May 2019 - May 2019
「水道法どう変わるの?」~民営化したらどうなるのん?~
Apr 2019 - Apr 2019
水をめぐる政策科学   -エンジニア・エコノミストの挑戦-
The Others   Apr 2019 - Apr 2019
放送大学「里海」後編、『持続可能な沿岸海域実現を目指した海域管理手法の開発』(S-13プロジェクト)
The Others   Mar 2019 - Mar 2019
「水道法どう変わるの?」~民営化したらどうなるのん?~
The Others   Mar 2019 - Mar 2019

Research Grants & Projects

 
「沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示」
環境省 平成28年度環境研究総合推進費
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017
バイオマス利活用に関する地域環境の診断手法及び環境効率評価手法の研究
環境省  廃棄物処理等科学研究費補助金
Project Year: 2007 - 2008