仲上 健一

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:57
 
アバター
研究者氏名
仲上 健一
 
ナカガミ ケンイチ
URL
http://www.ps.ritsumei.ac.jp/faculties/index.php?target=nakagami
所属
立命館大学
部署
政策科学部政策科学科
職名
教授
学位
工学士(山口大学), 工学修士(名古屋大学), 工学博士(大阪大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 

経歴

 
1976年
 - 
1979年
京都大学経済研究所・助手
 
1979年
 - 
1984年
(財)都市調査会・調査部長
 
1984年
 - 
1989年
大阪産業大学経営学部・助教授
 
1989年
 - 
1994年
立命館大学経営学部・助教授・教授
 
1994年
 - 
2000年
立命館大学政策科学部・教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年3月
山口大学 工学部 土木工学
 
 
 - 
1974年3月
名古屋大学大学院 工学研究科 土木工学
 
 
 - 
1976年3月
京都大学大学院 工学研究科 衛生工学専攻
 

委員歴

 
1991年4月
 - 
1994年3月
立命館大学政策科学部設置委員会事務局長
 
1994年4月
 - 
1995年3月
立命館大学政策科学部主事
 
1994年4月
 - 
1996年3月
立命館大学政策科学部調査委員長
 
1996年4月
 - 
2000年3月
立命館アジア太平洋大学設置委員会事務局長
 
2000年4月
 - 
2004年3月
立命館アジア太平洋大学教学部長
 

受賞

 
2013年6月
一般社団法人 海外環境協力センター 一般社団法人海外環境協力センター功労賞
 
2009年12月
国際公共経済学会 国際公共経済学会2009年度尾上賞
 
2009年9月
日本計画行政学会 日本計画行政学会第21回学術賞・論説賞
 

論文

 
地方創生のためのグローバル・サステイナビリティ
仲上健一
経済政策ジャーナル   14(1・2)    2018年5月
Dynamic Sustainability Assessment towards the Integrated Coastal Zone Management
Ken’ichi Nakagami, Taisuke Yoshioka,Ryoya Tomeno , Norio Obata
Journal of Policy Science   12 29-47   2018年5月
持続可能な沿岸海域実現のためのサステイナビリティ評価
仲上健一・����岡泰亮・留野僚也
政策科学   25(3) 273-290   2018年3月
瀬戸内海の環境価値-経済価値の長期的変化および里海管理活動の経済価値について-
太田貴大・仲上健一
政策科学   25(3) 67-78   2018年3月
東アジア炭素排出量取引制度(EA-ETS)の設計- EU の事例から日中韓3 国のリンクを考える-
周 瑋生、胡 優、銭 学鵬、仲上 健一
政策科学   25(3) 251-272   2018年3月

書籍等出版物

 
Planning for Community-based Disaster Resilience Worldwide
Editor,Adenrele Awotona,Xuepeng Qian, Weisheng Zhou, and Kenichi Nakagami
Routledge   2016年10月   
Sustainable Water Management-New Perspectives, Design, and Practices-
Editors: Ken’ichi Nakagami, Jumpei Kubota, Budi Indra Setiawan
Springer   2016年7月   ISBN:978-981-10-1202-0
水を分かつ ―地域の未来可能性の共創 第5章 地域の未来可能性 5-1 水とともに切り拓く未来
窪田順平
勉誠出版   2016年3月   ISBN:978-4-585-23040-3
政策研究を越える新地平 政策情報学の試み 「環境政策と環境情報学」
中道壽一・朽木量編
福村出版   2015年11月   ISBN:978-4-571-41057-4
Strategic Adaptation towards Water Crisis and IWRM”
Edited by Prof.Dr.NAKAGAMI Ken’ichi, Mr. G. A. Choudhury, Prof. Dr.LI Jianhua Prof.Dr.FUKUSHI Kensuke
The University Press Limted   2014年8月   ISBN:978-984-506-133-9

講演・口頭発表等

 
沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示
環境戦略研究S-13「持続可能な沿岸海域実現を目指した沿岸海域管理手法の開発」 平成30年度 第1回アドバイザリーボード会合   2018年6月7日   
国際河川・沿岸海域の紛争と管理
水ガバナンス研究会   2018年2月24日   
水再生循環システムの未来
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」中間成果報告会   2018年2月13日   
The State of the International Trend to Privatize Waterworks and Issues for Japan
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」 国際ワークショップ: 「水再生循環の地域マネジメントと水資源環境政策」   2018年2月13日   
水道民営化・広域化の現状と課題
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「水再生循環によるアジアの水資源開発研究拠点形成」国際ワークショップ:「水再生循環の地域マネジメントと水資源環境政策」   2018年2月13日   

担当経験のある科目

 

Works

 
研究集会「テーマ:気候変動、持続可能な消費と生産、自然資本と生態系サービス」閉会挨拶
その他   2018年6月 - 2018年6月
水道の民営化、広域化について考える
その他   2018年5月 - 2018年5月
第8回世界水フォーラムの成果と課題
その他   2018年4月 - 2018年4月
平成30年度/2018年度茨木市水道事業ビジョン
その他   2018年4月 - 2018年4月
環境省「環境総合推進費」S13T4シンポジウム「里海の未来」
その他   2018年1月 - 2018年1月

競争的資金等の研究課題

 
「沿岸海域の生態系サービスの経済評価・統合沿岸管理モデルの提示」
環境省 平成28年度環境研究総合推進費
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
バイオマス利活用に関する地域環境の診断手法及び環境効率評価手法の研究
環境省  廃棄物処理等科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年