SANO Masami

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2018 at 05:06
 
Avatar
Name
SANO Masami
URL
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~sano/
Affiliation
Bunkyo University
Section
Faculty of Information & Comunications, Department of Information Systems
Job title
Professor
Other affiliation
Bunkyo University
Research funding number
70350999

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1989
   
 
DACCS Inc.
 
Sep 1998
 - 
Mar 2002
名古屋商科大学 経営情報学部 非常勤講師
 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
名古屋商科大学 経営情報学部 専任講師
 
Apr 2005
 - 
Mar 2006
名古屋商科大学 経営情報学部 助教授
 
Apr 2006
 - 
Mar 2008
名古屋商科大学 経営情報学部 准教授
 

Education

 
Apr 2005
 - 
Mar 2008
Department of Multicultural Studies, The Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University
 

Published Papers

 
A Study of Designing A Sustainable Society through Japanese ANIME
Masami Sano
Journal of Information and Communications      Feb 2017
A Study of Spreading 3D Image Technology in Medical Industry
王輝、佐野昌己
情報研究   49 75-88   Jul 2013
「急速に進展する3DCGと日本のアニメ」
名古屋商科大学 論集   53(2) 105-115   Mar 2009
「日本アニメにおける3DCGの適切な導入と人材の育成についての考察」
名古屋大学大学院 国際言語文化研究科      Mar 2008
「映像中における陰影表現の差異が人々の感覚に与える影響」
名古屋商科大学 論集   52(2) 55-66   Mar 2008

Books etc

 
LightWave[8] パワークリエイターズガイド
丹治まさみ、うもとゆーじ、河野真也、羽田宗春、若嶋伸圭 (Part:Joint Work)
アスペクト   Aug 2004   
Director MX パワークリエイターズガイド
アスペクト   Oct 2003   
LightWaveVer.7 パワークリエイターズガイド
うもとゆーじ、伊勢田誠治、丹治まさみ、オクムラユウコ、河野真也、小清水満 (Part:Joint Work)
アスペクト   Jan 2002   
CG・デジタル映像用語事典
アスペクト   Jan 2002   
Director 8.5 パワークリエイターズガイド
サブリン (Part:Joint Work)
アスペクト   Nov 2001   

Conference Activities & Talks

 
.没入型ヘッドマウントディスプレイを利用した写真デジタルアーカイブの体験型化に関する研究
情報文化学会第25回全国大会   7 Oct 2017   
古民家デジタルアーカイブ構築とVR技術の導入に関する考察
平成29年度春日本臨床形成美容外科医会   28 May 2017   
A Study of Designing A Sustainable Society through Japanese ANIME
GREEN TECHNOLOGY FOR THE BETTER LIVING   31 Aug 2016   
Research on developing digital archives for traditional thatched roof houses. Part 3
Masami Sano
2015年度日本建築学会大会(関東)   6 Sep 2015   日本建築学会
近年、茅葺き古民家を再生しようという動きや、地方において歴史的建造物を活かす活動が盛んになってきている。しかし、茅葺き古民家は地域の自然風土に合う様々な建築様式があることや、特定地域固有の歴史的経緯を強く反映していることから多種多様であり、残されている情報の記録保存が急がれる。
 そこで、本研究では、すでにその多くが失われた茅葺き古民家と古民家が建築されていた環境を知る手段として、個人所蔵の写真に注目し、写真と撮影時の資料と共にデジタルアーカイブ化することを行っている。ここまで、主に画像か...
古民家デジタルアーカイブ構築に関する考察(その3)
佐野昌己
情報文化学会第22回全国大会   15 Nov 2014   情報文化学会

Patents

 
特願2016-229616 : 自動倉庫システム及び自動保管方法