鷺坂 将伸

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/20 20:23
 
アバター
研究者氏名
鷺坂 将伸
 
サギサカ マサノブ
URL
http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~lclab/
所属
弘前大学
部署
大学院理工学研究科 創成理工学分野
職名
准教授
学位
修士(工学)(東京理科大学), 博士(工学)(東京理科大学)
科研費研究者番号
60374815
ORCID ID
0000-0001-9685-7524

プロフィール

分子集合体の新たな応用を探っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年3月
 - 
現在
弘前大学 大学院理工学研究科 准教授
 
2003年4月
 - 
2004年2月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2004年3月
 - 
2007年3月
弘前大学 理工学部 助手
 
2010年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会優秀若手研究者海外派遣事業によりブリストル大学化学科にて研究に従事
 
2007年4月
 - 
2014年2月
弘前大学 大学院理工学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京理科大学 理工学部 工業化学
 
 
 - 
2000年
東京理科大学 理工学研究科 工業化学
 
 
 - 
2003年
東京理科大学 理工学研究科 工業化学
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
材料技術研究協会  理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本化学会コロイドおよび界面化学部会  事業企画委員
 
2016年11月
 - 
2017年10月
日本液晶学会  液晶討論会現地実行委員
 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本化学会東北支部  弘前地区幹事
 
2009年6月
 - 
2009年8月
SCF-TT研究会  第7回超臨界流体ミニワークショップ幹事
 

受賞

 
2014年
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 科学奨励賞 二酸化炭素を溶媒とした機能性分子集合体の形成と応用
 
2013年10月
色材協会 JSCM president award Efficient Nanoparticle Synthesis Using Water-in-Carbon Dioxide Microemulsions Prepared with a High-Solubilizing Power Fluorinated Surfactant
受賞者: 鷺坂 将伸, 岩間 修補, 玉田 隼也, 吉澤 篤
 
2011年12月
材料技術研究協会 ゴールドポスター賞 シアノビフェニルメソゲン分岐を有する二鎖型界面活性剤の液晶性挙動
受賞者: 高橋永行、吉澤篤、鷺坂将伸
 
2011年10月
日本油化学会 オレオサイエンス賞 超臨界二酸化炭素中での界面活性剤の自己組織化挙動
受賞者: 鷺坂 将伸, 吉澤 篤, 大竹 勝人
 
2011年4月
日本油化学会 進歩賞 超臨界二酸化炭素中における機能成分子集合体の構築に関する研究
 
2010年12月
材料技術研究協会 ゴールドポスター賞 新規多分岐型炭化水素系界面活性剤による水/超臨界CO2マイクロエマルションの構築
受賞者: 工藤厚太郎、吉澤篤、鷺坂将伸
 
2009年10月
色材協会 論文賞 Water/Supercritical CO2 Microemulsions with a Fluorinated Double-tail Surfactant for Syntheses of Semiconductor Ultrafine Particles
受賞者: 鷺坂将伸、日野正也、酒井秀樹、阿部正彦、吉澤篤
 
2009年4月
日本化学会 日本化学会第89春季年会優秀講演賞(学術) 水/二酸化炭素系分子集合体の高度安定化と超微粒子合成への応用
 
2008年12月
材料技術研究協会 2008年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションによるイオン性物質の可溶化
受賞者: 大浅淳一、日野正也、吉澤篤、鷺坂将伸
 
2008年12月
材料技術研究協会 2008年度材料技術研究協会討論会口頭講演賞 疎水部にメソゲンを持つアニオン性界面活性剤の液晶形成挙動
受賞者: 乾陽介、日野正也、北山美穂、中西祐介、久保田修平、川口哲也、吉澤篤、鷺坂将伸
 
2007年12月
材料技術研究協会 2007年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞 イオン性二量体化合物の液晶相挙動
受賞者: 日野正也,川口哲也,寺澤梨絵,鷺坂将伸,吉澤篤
 
2007年5月
日本化学会 優秀講演賞 ナノ水滴を複合した超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築
 
2007年5月
財団法人素材工学研究会 第5回素材工学研究奨励賞 水および二酸化炭素を溶媒とした機能性分子集合体の構築
 
2006年9月
日本油化学会 ヤングフェロー賞 水/二酸化炭素マイクロエマルションを構築する界面活性剤の設計と合成
 
2005年9月
コロイドおよび界面化学部会 ポスター賞 超臨界二酸化炭素逆ミセルの会合形態に及ぼす温度/圧力/水添加量の影響
受賞者: 鷺坂将伸, 小池大輔, 酒井秀樹, 越智健二, 吉澤篤, 阿部正彦, 大竹勝人
 
2002年12月
材料技術研究協会 学生論文賞 Phase Behavior and Interfacial Properties of Water-in-Supercritical CO2 Microemulsions Formed with Aid of Fluorinated Surfactants
 
2001年7月
色材協会 論文賞 水中におけるスルホコハク酸型フッ素系界面活性剤ベシクルの形状と大きさ
受賞者: 阿部正彦, 近藤行成, 鷺坂将伸, 酒井秀樹, 守田洋一, 貝瀬千尋, 好野則夫
 
2000年11月
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 優秀ポスター賞 Solution Properties of Novel Double-Tailed Fluorinated Anionic Surfactants with Oxyethylene Groups
 

論文

 
Sagisaka M, Ono S, James C, Yoshizawa A, Mohamed A, Guittard F, Enick RM, Rogers SE, Czajka A, Hill C, Eastoe J
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   168 201-210   2018年8月   [査読有り]
Mohamed A, Ardyani T, Abu Bakar S, Sagisaka M, Umetsu Y, Hamon JJ, Rahim BA, Esa SR, Abdul Khalil HPS, Mamat MH, King S, Eastoe J
Journal of colloid and interface science   516 34-47   2018年4月   [査読有り]
Czajka A, Hill C, Peach J, Pegg JC, Grillo I, Guittard F, Rogers SE, Sagisaka M, Eastoe J
Physical chemistry chemical physics : PCCP   19(35) 23869-23877   2017年9月   [査読有り]
Hamada S, Kubota K, Sagisaka M
The Journal of general and applied microbiology      2017年1月   [査読有り]
Sagisaka M, Ogiwara S, Ono S, James C, Yoshizawa A, Mohamed A, Rogers SE, Heenan RK, Yan C, Peach JA, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   32(47) 12413-12422   2016年11月   [査読有り]
Mohamed A, Ardyani T, Bakar SA, Brown P, Hollamby M, Sagisaka M, Eastoe J
Advances in colloid and interface science   230 54-69   2016年4月   [査読有り]
Yan C, Sagisaka M, Rogers SE, Hazell G, Peach J, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   32(6) 1421-1428   2016年2月   [査読有り]
Azmi Mohamed, Tretya Ardyani, Suriani Abu Bakar, Masanobu Sagisaka, Shinji Ono, Tsuyoshi Narumi, Makoto Kubota, Paul Brown, Julian Eastoe
The Journal of Supercritical Fluids   116 148-154   2016年   [査読有り]
Sagisaka M, Fujita Y, Nakanishi Y, Takahashi H, Tsuyoshi N, James C, Yoshizawa A, Mohamed A, Guittard F, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   31(47) 13040-13047   2015年12月   [査読有り]
Azmi Mohamed, Argo Khoirul Anas, Suriani Abu Bakar, Tretya Ardyani, Wan Manshol W. Zin, Sofian Ibrahim, Masanobu Sagisaka, Paul Brown, Julian Eastoe
Journal of Colloid and Interface Science   455 179   2015年10月   [査読有り]
Sagisaka M, Ono S, James C, Yoshizawa A, Mohamed A, Guittard F, Rogers SE, Heenan RK, Yan C, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   31(27) 7479-7487   2015年7月   [査読有り]
Yan C, Sagisaka M, James C, Rogers S, Alexander S, Eastoe J
Journal of colloid and interface science   435 112-118   2014年12月   [査読有り]
Sagisaka M, Narumi T, Niwase M, Narita S, Ohata A, James C, Yoshizawa A, Taffin de Givenchy E, Guittard F, Alexander S, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   30(21) 6057-6063   2014年6月   [査読有り]
Alexander S, Smith GN, James C, Rogers SE, Guittard F, Sagisaka M, Eastoe J
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   30(12) 3413-3421   2014年4月   [査読有り]
Masanobu Sagisaka, Shuho Iwama, Atsushi Yoshizawa, Azmi Mohamed, Stephen Cummings, Julian Eastoe
Langmuir   28(30) 10988-10996   2012年6月   [査読有り]
Azmi Mohamed, Masanobu Sagisaka, Martin Hollamby, Sarah E. Rogers, Richard K Heenan, Robert Dyer and Julian Eastoe
Langmuir   28(15) 6299-6306   2012年3月   [査読有り]
Yoshihiro Takebayashi, Masanobu Sagisaka, Kiwamu Sue, Satoshi Yoda, Yukiya Hakuta, Takeshi Furuya
J. Phys. Chem. B   115(19) 6111-6118   2011年10月   [査読有り]
Julian Eastoe, Azmi Mohamed, Masanobu Sagisaka, Fredric Guittard, Stephen Cummings, Alison Paul, Sarah Rogers, Richard Heenan, Robert Dyer
Langmuir   27(17) 10562-10569   2011年7月   [査読有り]
Masanobu Sagisaka, Shuho Iwama, Satoshi Hasegawa, Atsushi Yoshizawa, Azmi Mohamed, Stephen Cummings, Sarah E. Rogers, Richard K. Heenan, Julian Eastoe
Langmuir   27(10) 5772-5780   2011年4月   [査読有り]
Masanobu Sagisaka, Yoshie Fujita, Yusuke Shimizu, Chie Osanai, Atsushi Yoshizawa
J. Colloid Interface Sci.   357(2) 400-406   2011年1月   [査読有り]
Yuuka Takahashi, Masaharu Hazawa, Kenji Takahashi, Masanobu Sagisaka, Ikuo Kashiwakura and Atsushi Yoshizawa
Med. Chem. Commun.   2 55-59   2011年
Julian Eastoe, Azmi Mohamed, Kieran Trickett, Swee Yee Chin, Stephen Cummings, Masanobu Sagisaka, Laura Hudson, Sandrine Nave, Robert Dyer, Sarah Rogers, Richard Heenan
Langmuir   26(17) 13861-13866   2010年8月   [査読有り]
Masanobu Sagisaka, Junichi Oasa, Satoshi Hasegawa, Ryoko Toyokawa, Atsushi Yoshizawa
Journal of Supercritical Fluids   53(1-3) 131-136   2010年
Characterization of Fluorinated Double-tail Anionic Surfactant Reversed Micelles Encapsulating Aqueous Cores in Supercritical CO2
M. Sagisaka, M Hino, J. Oasa, M. Yamamoto, S. Yoda, Y. Takebayashi, T. Furuya, A. Yoshizawa, K. Ochi, K. Otake
Jourbal of Oleo Science   58(2) 75-83   2009年
Atsushi Yoshizawa, Yuuka Takahashi, Ayumi Nishizawa, Kazuhito Takeuchi, Masanobu Sagisaka, Kenji Takahashi, Masaharu Hazawa, Ikuo Kashiwakura
Chemistry Letters   38(6) 530-531   2009年
Masanobu Sagisaka, Masaya Hino, Yusuke Nakanishi, Yosuke Inui, Tetsuya Kawaguchi, Koji Tsuchiya, Hideki Sakai, Masahiko Abe and Atsushi Yoshizawa
Langmuir   25(17) 10230-10236   2009年
Y. Takebayashi,Y. Mashimo, D. Koike, S. Yoda, T. Furuya, M. Sagisaka, K. Otake, H. Sakai, M. Abe
Journal of Phisical Chemistry B   112(30) 8943-8949   2008年
M. Sagisaka, D. Koike, Y. Mashimo, S. Yoda, Y. Takebayashi, T. Furuya, A. Yoshizawa, H. Sakai, M. Abe, K. Otake
Langmuir   24(18) 10116-10122   2008年
M. Sagisaka, M. Hino, H. Sakai, M. Abe, A Yoshizawa
Journal of The Japan Society of Colour Material   81(9) 331-340   2008年
M. Sagisaka, T. Fujii, D. Koike, S. Yoda, Y. Takebayashi, T. Furuya, A. Yoshizawa, H. Sakai, M. Abe, K. Otake
Langmuir   23(5) 2369-2375   2007年
T. Kawaguchi, R. Terasawa, M. Sagisaka, A. Yoshizawa
Japanese Journal of Applied Physics   46(9A) 5911-5916   2007年
Optimum Tail Length of Fluorinated Double-tail Anionic Surfactant for Water/Supercritical CO2 microemulsion Formation
Langmuir   23(17) 8784-8788   2007年
鷺坂将伸,藤井達徳,尾崎義信,依田智,竹林良浩,近藤行成,好野則夫,酒井秀樹,阿部正彦,大竹勝人
Langmuir   20(7) 2560-2566   2004年
孫承旭,宮澤晴彦,近藤行成,好野則夫,阿部公揮,鷺坂将伸,大久保貴広,酒井秀樹,阿部正彦
Journal of Oleo Science   53(8) 371-376   2004年
鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,大竹勝人,Boonyarach Kitiyanan,近藤行成,好野則夫,武林敬,酒井秀樹,阿部正彦
Langmuir   19(2) 220-225   2003年
Phase Behavior and Interfacial Properties of Water-in-Supercritical CO2 Microemulsions Formed with Aid of Fluorinated Surfactants
鷺坂将伸,尾崎義信,依田智,竹林良浩,大竹勝人,近藤行成,好野則夫,酒井秀樹,阿部正彦
Mater. Technol.   21(1) 36-42   2003年
鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,大竹勝人,近藤行成,好野則夫,酒井秀樹,阿部正彦
Langmuir   19(20) 8161-8167   2003年
鷺坂将伸,伊藤淳,近藤行成,好野則夫,Kyung Ok Kown,酒井秀樹,阿部正彦
Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   183/185 749-755   2001年
鷺坂将伸,Kyung Ok Kown,酒井秀樹,阿部正彦
色材   74(2) 63-67   2001年
阿部正彦,近藤行成,鷺坂将伸,酒井秀樹,守田洋一,貝瀬千尋,好野則夫
色材   73(2) 53-59   2000年
水品善之,鷺坂将伸,酒井秀樹,阿部正彦,坂口謙吾
Biochimica et Biophysica Acta   1486 211-218   2000年

Misc

 
鷺坂 将伸
色材協會誌   86(8) 311-312   2013年8月
水とCO2からなる省エネルギー型グリーンソルベント
鷺坂将伸, 吉澤篤, Stephen Cummings, Robert Enick, Julian Eastoe
工業材料   60(3) 37-40   2012年   [依頼有り]
超臨界CO2中での自己組織化と水の分散
鷺坂 将伸
化学工学会東北支部NEWS LETTER   78 7-12   2012年   [依頼有り]
水/二酸化炭素分子集合体の高度安定化と超微粒子合成への応用
鷺坂将伸, 吉澤篤, 大竹勝人
ケミカルエンジニヤリング   56(12) 912-920   2011年   [依頼有り]
鷺坂 将伸
オレオサイエンス   11(12) 481-490   2011年   [依頼有り]
CO2中での逆ミセル形成を利用した原油増進回収
鷺坂 将伸
化学工学   75(5) 333-333   2011年
鷺坂将伸, 吉澤篤
色材協会誌   83(2) 66-75   2010年   [依頼有り]
鷺坂将伸, 吉澤篤, 大竹勝人
オレオサイエンス   10(5) 167-177   2010年   [依頼有り]
ミクロ相分離を利用した温度応答性形態変化ベシクル
鷺坂将伸, 吉澤篤
未来材料   10(8) 29-34   2010年   [依頼有り]
超臨界二酸化炭素流体中への効率的な水の分散
大竹勝人, 鷺坂将伸, 好野則夫, 阿部正彦
表面   40(10) 353-367   2002年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
油脂・脂質・界面活性剤データブック
丸善   2013年   
超臨界流体とナノテクノロジー
大竹勝人、井村知弘、鷺坂将伸 (担当:分担執筆, 範囲:第3章5節マイクロエマルションとナノマテリアル)
CMC出版   2004年   
油化学事典 脂質・界面活性剤
丸善株式会社   2004年   

講演・口頭発表等

 
ラメラ液晶の動的―形成崩壊挙動 ~ミクロ相分離と分子不均一性の共同作用~
鷺坂 将伸
日本液晶学会 ソフトマターフォーラム 第2回勉強会   2012年10月   
Formation of Highly Functional Molecular Assemblies in Supercritical Carbon Dioxide
Masanobu Sagisaka
World Congress on Oleo Science (WCOS 2012) & 29th ISF Congress –JOCS/AOCS/KOCS/ISF Joint Meeting–および日本油化学会創立60周年記念講演会・日本油化学会第50-51 回合同年会(進歩賞受賞記念講演)   2012年10月   
水とCO2を溶媒とした機能性分子集合体の形成と高効率ナノ材料製造等将来技術への応用 [招待有り]
鷺坂 将伸
第2回CSJ化学フェスタ   2012年10月   
多分岐型C12炭化水素を疎水鎖とした界面活性剤のW/CO2マイクロエマルションの形成能力
庭瀬美咲、成田汐希、鷺坂将伸
第10回超臨界流体ミニワークショップ   2012年9月   
鎖長の異なる二鎖型フッ素系界面活性剤の混合によるW/CO2系逆ミセルの曲率制御
小野真司、鷺坂将伸
第10回超臨界流体ミニワークショップ   2012年9月   
超臨界二酸化炭素中での分子集合体の形成制御と将来技術 [招待有り]
鷺坂 将伸
化学工学会第44回秋季大会   2012年9月   
圧力や温度に応答する分子集合体の構築と応用~分子集合体の新たな可能性の創出を目指して~ [招待有り]
鷺坂 将伸
日本油化学会若手の会サマースクール   2012年8月   
超臨界CO2中での自己組織化と水の分散 [招待有り]
鷺坂 将伸
化学工学会東北支部第20回若手の会セミナー   2012年6月   
Fluorinated double-tail CO2-philic surfactants with sulfoglutarate head groups
Masanobu SAGISAKA, Shuho IWAMA, Satoshi HASEGAWA, Atsushi YOSHIZAWA, Azmi MOHAMED, Stephen CUMMINGS, Sarah E. ROGERS, Richard K. HEENAN, Julian EASTOE
International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012)   2012年5月   
ラベンダーの精油成分 ~水蒸気蒸留法と超臨界流体抽出法による比較~
上家幸、後藤嘉文、鷺坂将伸、長岐正彦
東北植物学会第1回大会(岩手大会)   2011年12月   
シアノビフェニルメソゲン分岐を有する二鎖型界面活性剤の液晶性挙動
高橋永行、吉澤篤、鷺坂将伸
2011年材料技術研究協会討論会   2011年12月   
水/CO2マイクロエマルションの形成に及ぼす二鎖型フッ素系界面活性剤のフッ化炭素鎖長およびスペーサー長の影響
岩間 修穂, 吉澤 篤, 鷺坂 将伸
第63回コロイドおよび界面化学討論会   2011年9月   
多分岐型炭化水素系界面活性剤によるW/CO2マイクロエマルションの構築
工藤 厚太郎, 鷺坂 将伸, 吉澤 篤
第63回コロイドおよび界面化学討論会   2011年9月   
水と二酸化炭素からなる省エネルギー型グリーンソルベント
鷺坂 将伸
イノベーション・ジャパン2011-大学見本市   2011年9月   
超臨界CO2中に形成した二鎖型フッ素系界面活性剤逆ミセルの形態と挙動
鷺坂 将伸, 岩間 修穂, 工藤 厚太郎, 長谷川 聡, 吉澤 篤
化学工学会 第43回秋季大会   2011年9月   
末端ヒドロキシ基を持つ液晶性化合物の相転移挙
福士 由佳子, 吉野 浩教, 鷺坂 将伸, 柏倉 幾郎, 吉澤 篤
2011年日本液晶学会討論会   2011年9月   
英国ブリストル大学における研究活動 [招待有り]
鷺坂 将伸
第9回超臨界流体ミニワークショップ   2011年8月   
第9回超臨界流体ミニワークショップ
工藤 厚太郎, 吉澤 篤, 鷺坂 将伸
イソステアリル基を有する界面活性剤のCO2中への水の可溶化   2011年8月   
鎖長に依存しないフッ素系グルタレート型界面活性剤のCO2中への水の可溶化能
岩間 修穂, 吉澤 篤, 鷺坂 将伸
第9回超臨界流体ミニワークショップ   2011年8月   
Unique liquid crystal behavior in water of anionic hybrid surfactants containing oxyethylene units
Masanobu Sagisaka, Yoshie Fujita, Yusuke Shimizu, Chie Osanai, Yayoi Fujita, Kana Soma, Yusuke Nakanishi, Atsushi Yoshizawa
85th ACS Colloid and Surface Science Symposium   2011年6月   
水/二酸化炭素複合系分子集合体の構築と高効率/低環境負荷技術への応用 [招待有り]
鷺坂 将伸
社団法人新化学技術推進協会 新素材技術部会講演会   2011年4月   
新規多分岐型炭化水素系界面活性剤による水/超臨界CO2マイクロエマルションの構築
工藤 厚太郎,吉澤 篤,鷺坂 将伸
2010年度材料技術研究協会討論会   2010年12月   
超臨界CO2中における二鎖型フッ素系界面活性剤の極性物質の可溶化
岩間修穂,吉澤 篤,鷺坂 将伸
2010年度材料技術研究協会討論会   2010年12月   
Unique Liquid Crystal Behavior of Anionic Fluorocarbon-Hydrocarbon Hybrid Surfactant Having Oxyethylene Units in Water
Masanobu Sagisaka, Yoshie Fujita, Yusuke Shimizu, Chie Osanai, Atsushi Yoshizawa
M4 Colloids Symposium   2010年7月   
アニオン性二鎖型界面活性剤の疎水基間における付加的相互作用のリオトロピック液晶形成への影響
乾 陽介,日野 正也,久保田 修平,川口 哲也,吉澤 篤,鷺坂 将伸
2009年度材料技術研究協会討論会   2009年12月   
界面活性剤の自己組織化に及ぼす付加的疎水基間相互作用の影響
乾陽介、日野正也、久保田修平、川口哲也、吉澤篤、鷺坂将伸
2009年度色材研究発表会   2009年10月   
オキシエチレンユニットを有するアニオン二鎖非対称型界面活性剤のユニークな液晶挙動
鷺坂将伸、藤田佳恵、相馬佳奈、藤田弥生、清水祐介、吉澤篤
2009年度色材研究発表会   2009年10月   
液晶性化合物による抗腫瘍効果
福士由佳子、高橋祐香、羽澤勝治、門前暁、高橋賢次、鷺坂将伸、柏倉幾郎、吉澤篤
2009年度色材研究発表会   2009年10月   
フッ素系二鎖型界面活性剤により構築された水/超臨界CO2マイクロエマルションの半導体微粒子合成への応用 [招待有り]
鷺坂将伸、日野正也、酒井秀樹、阿部正彦、吉澤篤
2009年度色材研究発表会   2009年10月   
シアノビフェニル誘導体の液晶性と抗腫瘍効果
高橋裕香、西澤あゆみ、竹内和仁、鷺坂将伸、羽沢勝治、高橋賢次、柏倉幾郎、吉澤篤
2009年日本液晶学会討論会   2009年9月   
メソゲン基を疎水部とした二鎖型アニオン性両親媒性分子の水との液晶形成挙動
乾陽介,日野正也,久保田修平,川口哲也,吉澤篤,鷺坂将伸
2009年日本液晶学会討論会   2009年9月   
サーモトロピックメソゲンを有するイオン性界面活性剤の液晶挙動
乾陽介,日野正也,久保田修平,川口哲也,吉澤篤,鷺坂将伸
第7回超臨界流体ミニワークショップ   2009年8月   
超臨界二酸化炭素中への可溶化と分散 -洗浄へ応用- [招待有り]
鷺坂将伸
繊維・高分子機能加工第120委員会 第113回講演会   2009年6月   
シアノビフェニル末端基を有する二鎖型両親媒性分子の水との液晶形成 [招待有り]
鷺坂将伸
第13回液晶化学研究会シンポジウム   2009年5月   
Novel Fluorinated Double-tail Surfactant Having a High Microemulsifying Power in Water/Supercritical CO2 System
Masanobu Sagisaka, Junichi Oasa, Satoshi Hasegawa, Ryoko Toyokawa, Atsushi Yoshizawa
9th Intenational Symposium on Supercritical Fluids   2009年5月   
水./二酸化炭素系分子集合体の高度安定化と超微粒子合成への応用
鷺坂将伸、大浅淳一、葛西俊太郎、長谷川聡、日野正也、吉澤篤
日本化学会第89春季年会   2009年3月   
有機溶媒フリー超臨界二酸化炭素マクロエマルションの調製と応用 [招待有り]
鷺坂将伸
材料技術研究協会新技術公開セミナー   2009年2月   
水/二酸化炭素複合系分子集合体を利用した環境調和型ナノ材料製造技術の開発
鷺坂 将伸・吉澤 篤
第8回八戸高専と弘前大学とのシーズ提案会   2009年1月   
水/二酸化炭素マイクロエマルションによるイオン性物質の可溶化
大浅淳一,日野正也,吉澤篤,鷺坂将伸
2008年度材料技術研究協会討論会   2008年12月   
疎水部にメソゲンを持つアニオン界面活性剤の液晶形成挙動
乾陽介,日野正也,北山美穂,中西祐介,久保田修平,川口哲也,吉澤篤,鷺坂将伸
2008年度材料技術研究協会討論会   2008年12月   
光合成原料を溶媒とした分子集合体の構築とGSTへの展開 [招待有り]
鷺坂将伸
2008年度材料技術研究協会討論会   2008年12月   
水/超臨界二酸化炭素系分子集合体の形成挙動とそれを利用した無機微粒子の合成
鷺坂将伸,葛西俊太郎,長谷川聡,大浅淳一,日野正也,吉澤篤
2008年度色材協会研究発表会   2008年9月   
シアノビフェニル基とオキシエチレン基を鎖に有する新規二鎖型アニオン界面活性剤のユニークな液晶特性
鷺坂将伸,藤田弥生,清水祐介,小山内千恵美,吉澤篤
第61回コロイドおよび界面化学討論会   2008年9月   
メソゲン基を疎水部としたアニオン界面活性剤の液晶形成挙動
乾 陽介、日野 正也、北山 美穂、中西 祐介、久保田 修平、川口 哲也、吉澤 篤、鷺坂 将伸
2008年日本液晶学会討論会   2008年9月   
新規界面活性剤による超臨界二酸化炭素中への水の効率的な分散
大浅淳一,吉澤篤,鷺坂将伸
化学工学会第40回秋季大会   2008年9月   
超臨界二酸化炭素中におけるイオン性二量体化合物分子集合体の形成挙動とイオン性物質の可溶化能力
大浅淳一,吉澤篤,鷺坂将伸
第6回超臨界流体ミニワークショップ   2008年8月   
メソゲン基を疎水部とした両親媒性化合物の液晶形成挙動
乾陽介,日野正也,北山美穂,中西祐介,久保田修平,川口哲也,吉澤篤,鷺坂将伸
第6回超臨界流体ミニワークショップ   2008年8月   
Self Assembly of Amphiphiles Having Cyanobiphenyl Terminal Groups
Masanobu Sagisaka, Masaya Hino, Miho Kitayama, Tetsuya Kawaguchi, Atsushi Yoshizawa
The 22nd International Liquid Crystal Conference   2008年6月   
光合成原料からなる環境調和・省エネルギー型工業溶媒の開発 [招待有り]
鷺坂将伸
財団法人東電記念科学技術研究所平成20年度成果報告会   2008年4月   
水および二酸化炭素を溶媒とした機能性分子集合体の構築 [招待有り]
鷺坂将伸
第7回多元物質科学研究所研究発表会   2007年12月   
様々な形態およびミクロ相分離状態を発現する水中自己組織化膜の創成を目指した界面活性剤の開発 [招待有り]
鷺坂将伸
油脂優秀論文賞受賞講演会   2007年9月   
イオン性二量体液晶化合物のリオトロピック液晶形成挙動
日野正也,川口哲也,寺澤梨絵,鷺坂将伸,吉澤篤
第5回超臨界流体ミニワークショップ   2007年9月   
水/超臨界二酸化炭素混合系における新規多分基型炭化水素系界面活性剤の水分散能力
大浅淳一,吉澤篤,鷺坂将伸
第5回超臨界流体ミニワークショップ   2007年9月   
イオン性二量体化合物の液晶相挙動
日野正也,川口哲也,寺澤梨絵,鷺坂将伸,吉澤篤
2007年度材料技術研究協会討論会   2007年9月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルション内水相のFT-IRによる観測
眞下泰明, 小池大輔, 鷺坂将伸, 竹林良浩, 依田智, 古屋武, 大竹勝人, 酒井秀樹, 阿部正彦
化学工学会 第39回秋季大会   2007年9月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルション内水相のFT-IRによる観察
眞下泰明・小池大輔,鷺坂将伸,竹林良浩,依田智,古屋武,大竹勝人,酒井秀樹,阿部正彦
第60回コロイドおよび界面化学討論会   2007年9月   
水/超臨界二酸化炭素混合系における新規多分基鎖型炭化水素系界面活性剤の水分散能力
大浅淳一,吉澤篤,鷺坂将伸
色材協会創立80周年記念会議   2007年9月   
Preparation of Ultrafine Inorganic Particles in Water-in-Supercritical Carbon Dioxide Microemulsions
Masanobu Sagisaka,Masaya Hino,Atsushi Yoshizawa,Katsuto Otake
80th JSCM Anniversary Conference “New Fields in Colour and Coatings”   2007年9月   
光合成原料を溶媒とする分子集合体の形成制御とその応用 [招待有り]
鷺坂将伸
日本油化学会若手の会サマースクール   2007年8月   
二酸化炭素の圧入による分子集合体の構造抑制
鷺坂将伸
学術国際振興基金助成事業に係る公開発表会   2007年7月   
イオン性二量体液晶化合物のリオトロピック液晶相挙動
鷺坂将伸
2007年日本液晶学会討論   2007年7月   
Self-Assembly of Fluorinated Double–Tail Surfactant Molecules in Water/Supercritical Carbon Dioxide System
Masanobu Sagisaka,Atsushi Yoshizawa,Takeshi Furuya,Masahiko Abe,Katsuto Otake
The 2nd International Conference on Advances in Petrochemicals and Polymers (ICAPP2007)   2007年6月   
水/二酸化炭素マイクロエマルションの構築とこれによる重金属分離技術の開発 [招待有り]
鷺坂将伸
鉄鋼業環境保全技術開発基金助成研究研究討論会   2007年4月   
ナノ水滴を複合した超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築
鷺坂将伸, 吉澤篤, 古屋武, 阿部正彦, 大竹勝人
日本化学会第87春季年会   2007年3月   
環境調和型溶媒中での機能性分子集合体の形成と応用
産学官連携フェア「見てみて、聞いてみて、触ってみて、弘前大学」   2007年   
FT-IR Spectroscopic Study of Water in Supercritical Carbon Dioxide Microemulsion
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan "Molecular Approaches to Complex Liquids System"   2007年   
Aggregate Formation of Fluorinated Surfactants Having Branched-Tails or Flexible Spacers in a Water/Supercritical Carbon Dioxide System
Masanobu Sagisaka, Masaya Hino, Atsushi Yoshizawa, Daisuke Koike, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Katsuto Otake, Yoshihiro Takebayashi, Satoshi Yoda, Takeshi Furuya
8th International Symposium on Supercritical Fluids   2006年11月   
超臨界二酸化炭素中における両親媒性分子の自己組織化 [招待有り]
鷺坂将伸
第4回超臨界流体ミニワークショップ   2006年9月   
水/二酸化炭素マイクロエマルションを構築する界面活性剤の設計と合成
鷺坂将伸,吉澤篤,酒井秀樹,阿部正彦,大竹勝人
第45回日本油化学会年会(ヤングフェロー賞受賞記念講演)   2006年9月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを利用した硫化亜鉛超微粒子の合成
日野正也, 吉澤篤, 酒井秀樹, 阿部正彦, 大竹勝人, 鷺坂将伸
第4回超臨界流体ミニワークショップ   2006年9月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを利用した硫化亜鉛超微粒子の合成
日野正也, 吉澤篤, 酒井秀樹, 阿部正彦, 大竹勝人, 鷺坂将伸
第59回コロイドおよび界面化学討論会   2006年9月   
水/混合界面活性剤/超臨界二酸化炭素系の界面物性
小池大輔, 酒井秀樹, 阿部正彦, 鷺坂将伸, 竹林良浩, 依田智, 古屋武, 大竹勝人
第38回化学工学会秋季大会   2006年9月   
液晶関連化合物のヒト巨核球・血小板造血に対する作用
寺澤梨絵,高橋賢次,柏倉幾郎,川口哲也,鷺坂将伸,吉澤篤
2006年日本液晶学会討論会   2006年9月   
Effect of the Fluid Density and Water-to-Surfactant Ratio on Reversed Micelle Formation in Supercritical Carbon Dioxide
231st ACS National Meeting   2006年   
環境調和型溶媒中での機能性分子集合体の形成と応用
産学官連携フェア「見てみて、聞いてみて、触ってみて、弘前大学」   2006年   
動的光散乱法による水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの粒径測定
小池大輔,酒井秀樹,阿部正彦,鷺坂将伸,山本基裕,越智健二,大竹勝人
第46回高圧討論会   2005年10月   
超臨界二酸化炭素逆ミセルの会合形態に及ぼす温度/圧力/水添加量の影響
鷺坂将伸,小池大輔,酒井秀樹,越智健二,吉澤篤,阿部正彦,大竹勝人
第58回コロイドおよび界面化学討論会   2005年9月   
Interfacial Properties and Water-in-CO2 Microemulsion Formation by Pure and Mixed Surfactants
Daisuke Koike, Tatsunori Fujii, Masanobu Sagisaka, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Hao Yan, Yoshihiro Takebayashi, Satoshi Yoda, Takeshi Furuya, Katsuto Otake
7th International Symposium on SUPERCRITICAL FLUIDS   2005年5月   
混合界面活性剤を用いた水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築
小池大輔,藤井達徳,酒井秀樹,阿部正彦,鷺坂将伸,竹林良浩,依田智,古屋武,大竹勝人
化学工学会第70年会   2005年3月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを安定化する新規界面活性剤の開発
鷺坂将伸,藤井達徳,小池大輔,酒井秀樹,吉澤篤,阿部正彦,大竹勝人
日本化学会第85春期年会   2005年3月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの界面物性
藤井達徳,酒井秀樹,阿部正彦,鷺坂将伸,竹林良浩,依田智,大竹勝人
第45回高圧討論会   2004年10月   
動的光散乱法による水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの物性評価
山本基裕,鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,越智健二,大竹勝人
第45回高圧討論会   2004年9月   
二鎖型フッ素系界面活性剤が水中で形成する二分子膜の形状
鷺坂将伸,吉澤篤,近藤行成,好野則夫,酒井秀樹,阿部正彦
平成16年度化学系学協会東北大会   2004年9月   
超臨界二酸化炭素中への効率的な水の分散
鷺坂将伸,吉澤篤,好野則夫,酒井秀樹,阿部正彦,大竹勝人
平成16年度化学系学協会東北大会   2004年9月   
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの相挙動と界面物性
藤井達徳,鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,酒井秀樹,阿部正彦,大竹勝人
化学工学会第69年会   2004年4月   
動的光散乱法による水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの物性評価
山本基裕,鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,越智健二,大竹勝人
化学工学会第69年会   2004年4月   
動的光散乱法による水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの物性評価
山本基裕,鷺坂将伸,依田智,竹林良浩,越智健二,大竹勝人
第6回分離技術シンポジウム   2004年3月   
Pendant drop法による水-超臨界二酸化炭素(W/scCO2)系の界面物性評価
藤井辰徳, 尾崎義信, 鷺坂将伸, 酒井秀樹, 阿部正彦, 竹林良弘, 依田智, 菅田孟, 中澤宣明, 大竹勝人
化学工学会第68年会   2003年3月   
Development of Fluorinated Surfactant for Water-in-Supercritical CO2 Microemulsion
6th International Symposium on Supercritical Fluids   2003年   
Formation and Interfacial Properties of Water-in-Supercritical CO2 Microemulsions with Fluorinated Surfactants
First International Symposium on Process Intensification and Miniaturisation   2003年   
フッ素系界面活性剤による超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの相挙動と界面物性 [招待有り]
鷺坂将伸, 尾崎義信, 依田智, 竹林良浩, 大竹勝人, 近藤行成, 好野則夫, 酒井秀樹, 阿部正彦
2002年度材料技術研究協会討論会(学生論文賞受賞記念講演)   2002年12月   
Formation of W/scCO2 Microemulsion with Fluorinated Aerosol OT-Analogue Surfactants
Masanobu Sagisaka, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Yukishige Kondo, Norio Yoshino, Satoshi Yoda, Yoshihiro Takebayashi, Katsuto Otake
75th JSCM Anniversary Conference   2002年9月   
二鎖型フッ素系界面活性剤を用いた水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの形成
鷺坂将伸, 依田智, 竹林良浩, 大竹勝人, 近藤行成, 好野則夫, 酒井秀樹, 阿部正彦
第55回コロイドおよび界面化学討論会   2002年9月   
Pendant drop 法による水/超臨界二酸化炭素系の界面物性の評価
藤井辰徳, 尾崎義信, 鷺坂将伸, 酒井秀樹, 阿部正彦, 竹林良弘, 依田智, 菅田孟, 中澤宣明, 大竹勝人
第55回コロイドおよび界面化学討論会   2002年9月   
AOTと類似の構造を有するフッ素系界面活性剤による水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築
鷺坂将伸, 酒井秀樹, 阿部正彦, 近藤行成, 好野則夫, 竹林良浩, 依田智, 大竹勝人
化学工学会第67年会   2002年3月   
Pendant drop法による水/超臨界CO2系の界面張力測定
尾崎義信, 鷺坂将伸, 酒井秀樹, 阿部正彦, 近藤行成, 吉野則夫, 竹林良浩, 依田智, 大竹勝人
化学工学会第67年会   2002年3月   
水中におけるスルホコハク酸型フッ素系界面活性剤ベシクルの形状と大きさ [招待有り]
阿部正彦、近藤行成、鷺坂将伸、酒井秀樹、守田洋一、貝瀬千尋、好野則夫
2001年度色材研究発表会(論文賞受賞記念講演)   2001年7月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
水とCO2で溶剤開発(弘大液晶材料研究センター)
鷺坂 将伸   その他   2009年9月 - 2009年9月
東奥日報 あおもり注目技術・研究, 2009年9月19日.

競争的資金等の研究課題

 
(14) 原油増進回収に向けた棒状逆ミセルによる二酸化炭素の粘度増大
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 鷺坂 将伸
原油増進回収に向けた棒状逆ミセルによる二酸化炭素の粘度増大
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 鷺坂 将伸
(16) 原油増進回収に向けたCO2 foamの開発 ~グリセリンのCO2 foam安定化効果~
日本石鹸洗剤工業会: グリセリン新規用途開発研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 鷺坂 将伸
宇宙ステーションでの利用を目指した水/二酸化炭素分散系洗浄技術の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助事業、挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 鷺坂 将伸
New Low Energy Surfaces Materials
日本学術振興会: 多国間国際研究協力事業(G8 Research Councils Initiative)
研究期間: 2012年10月 - 2015年9月    代表者: Julian Eastoe, University of Bristol
本プロジェクトは、独立行政法人日本学術振興会のボトムアップ型国際共同研究事業「多国間国際共同研究事業(G8 Research Councils Initiative)」に採択され、英国ブリストル大学化学学校Prof. Julian Eastoe (代表)、仏国ニース大学科学部Prof. Frederic Guittard、弘前大学大学院理工学研究科鷺坂将伸の共同研究グループにより進められる。研究期間は平成24年10月から3年間のプロジェクト(チーム全体の研究費総額8千万円程度)となる。
フッ素フリー水/超臨界二酸化炭素分散システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 鷺坂 将伸
次世代型グリーンソルベントである水/二酸化炭素マイクロエマルションの構築には、フッ素系界面活性剤のみでしか達成されていなかった。本研究は、分岐型炭化水素を疎水基として利用した界面活性剤を開発することでフッ素フリーでのマイクロエマルションノ構築を試みる。
高効率原油増進回収に向けた二酸化炭素用増粘界面活性剤の開発
独立行政法人 科学技術振興機構: 第1回研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ
研究期間: 2011年8月 - 2012年3月    代表者: 鷺坂 将伸
原油の二次回収には二酸化炭素が利用されている。しかし、二酸化炭素の低粘度が原油の回収率を低くしている。ここで、本研究では、二酸化炭素の粘度増大を目的に、二酸化炭素中にひも状逆ミセルを形成させることを試みる。
水/CO2/炭化水素系界面活性剤からなる環境調和・省エネルギー型次世代溶剤の開発
野口遵研究所: 野口遵研究助成金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 鷺坂 将伸
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを安定化させる炭化水素系界面活性剤の開発
周期的形成崩壊挙動を起こすゴーストベシクルのコンフォメーション変化制御による構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2010年4月    代表者: 鷺坂 将伸
日本学術振興会優秀若手研究員に採択されたため、本研究課題は辞退となった。
RESS法を利用した水/油/水型分子集合体の高効率製造技術の開発
独立行政法人 科学技術振興機構: シーズ発掘試験
研究期間: 2009年9月 - 2010年3月    代表者: 鷺坂 将伸
本研究では、マルチプルエマルションの調製法である二段階乳化法に、微粒子製造に利用されるRESS 法を融合させた、水/油/水型カプセル状分子集合体( マルチプルエマルションおよびリポソーム) の高効率製造技術を開発する。これは、油および界面活性剤を含む水/超臨界CO2 エマルションを、大気圧下の水中へ噴出することで調製する技術である。したがって、(1)安全性の高い界面活性剤および油を含む水/超臨界CO2 エマルションの構築、さらには、(2)それを大気圧下の水相に噴出させ、形成された分子集合体...
水/二酸化炭素混合系分子集合体を利用した半導体超微粒子製造技術の開発
財団法人 新化学発展協会: 財団法人 新化学発展協会 平成20年度研究奨励金
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 鷺坂 将伸
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを利用して、効率的に半導体超微粒子を合成および回収する技術の開発を行う。
光合成原料からなる環境調和・省エネルギー型工業溶媒の開発
(財)東電記念科学技術研究所: (財)東電記念科学技術研究所研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 鷺坂 将伸
水と二酸化炭素を複合した環境調和型でかつ省資源省エネルギー型の工業溶媒の開発に取り組んだ。
低温環境下において特徴的な薬物徐放性能をもつカプセル状分子集合体の開発
財団法人 油脂工業会館: 油脂工業会館 研究助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 鷺坂 将伸
温度の低下により二分子膜が軟化し薬物を徐放する機能性二分子膜分子集合体の開発を行った。
二酸化炭素の圧入による分子集合体の構造制御
学術国際振興基金: 学術国際振興基金 A-1 若手研究者への助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 鷺坂 将伸
二酸化炭素の圧入により、水中の界面活性剤分子集合体の形態を任意に制御する技術の開発を行った。
超臨界二酸化炭素ドライクリーニング技術用界面活性剤の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 鷺坂 将伸
超臨界二酸化炭素をドライクリーニング溶媒として利用するため、洗浄に有効な新規界面活性剤の開発を行った。
水/二酸化炭素マイクロエマルションの構築とこれによる重金属分離技術の開発
鉄鋼業環境保全技術開発基金: 鉄鋼業環境保全技術開発基金研究助成
研究期間: 2004年11月 - 2006年10月    代表者: 鷺坂 将伸
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションによる水質浄化技術(水中に存在する重金属イオンの抽出分離技術)の開発を行った。
水/超臨界CO2マイクロエマルションを利用したZnS超微粒子の高効率合成技術の開発
池谷科学技術振興財団: 池谷科学技術振興財団 平成17年度単年度研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 鷺坂 将伸
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションをナノリアクターとして微粒子合成を行うことを試みた。微粒子合成用の装置を作製し、それにより微粒子合成を行ったところ、数十ナノメートルサイズの単分散なZnS微粒子の合成に成功した。
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築とその工業的応用
日本学術振興会: 平成15年度科学研究費補助金特別研究員奨励費
研究期間: 2003年4月 - 2004年2月    代表者: 鷺坂 将伸
水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築を達成する界面活性剤の開発およびその工業的応用研究を行った。

特許

 
特開US-2012-0049111-A1 : Surfactant
Masanobu Sagisaka, Shuho Iwama, Masahiro Hida, Yasufumi Shikauchi
特開WO2011/108538 A1 : 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを安定化する多分岐型炭化水素系界面活性剤
鷺坂将伸, 工藤厚太郎, 飛田将大, 鹿内康史
特開2012-50933 : 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを高度に安定化する短鎖フルオロアルキル基含有スルホグルタコネート型界面活性剤
鷺坂将伸, 岩間修穂, 飛田将大, 鹿内康史
特願2010-48373 : 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションを安定化する多分岐型炭化水素系界面活性剤
鷺坂将伸, 工藤厚太郎, 飛田将大, 鹿内康史