米延 仁志

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 15:33
 
アバター
研究者氏名
米延 仁志
 
ヨネノブ ヒトシ
ハンドル
zooc-14calbp
URL
http://dendro.naruto-u.ac.jp/csaac/
所属
鳴門教育大学
部署
大学院学校教育研究科
職名
教授
学位
博士(農学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
20274277
ORCID ID
0000-0002-1596-7543

研究分野

 
 

受賞

 
 
近赤外研究会 NIR Advance Award 2005
 

論文

 
Wataru Sakashita, Yusuke Yokoyama, Hiroko Miyahara, Takahiro Aze, Stephen P. Obrochta, Motonari Ohyama, Hitoshi Yonenobu
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   19(9) 3520   2018年9月   [査読有り]
Inagaki Tetsuya, Yonenobu Hitoshi, Asanuma Yuuki, Tsuchikawa Satoru
JOURNAL OF WOOD SCIENCE   64(4) 347-355   2018年8月   [査読有り]
Lohse Jon C., Hamilton W. Derek, Brenner Mark, Curtis Jason, Inomata Takeshi, Morgan Molly, Cardona Karla, Aoyama Kazuo, Yonenobu Hitoshi
QUATERNARY SCIENCE REVIEWS   191 378-392   2018年7月   [査読有り]
Longo William M., Huang Yongsong, Yao Yuan, Zhao Jiaju, Giblin Anne E., Wang Xian, Zech Roland, Haberzettl Torsten, Jardillier Ludwig, Toney Jaime, Liu Zhonghui, Krivonogov Sergey, Kolpakova Marina, Chu Guoqiang, D'Andrea William J., Harada Naomi, Nagashima Kana, Sato Miyako, Yonenobu Hitoshi, Yamada Kazuyoshi, Gotanda Katsuya, Shinozuka Yoshitsugu
EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   492 239-250   2018年6月   [査読有り]
Yamashita Taiji, Miyamoto Kenji, Yonenobu Hitoshi
Microscopy      2018年   [査読有り]
Tei Shunsuke, Sugimoto Atsuko, Liang Maochang, Yonenobu Hitoshi, Matsuura Yojiro, Osawa Akira, Sato Hisashi, Fujinuma Junichi, Maximov Trofim
Journal of Geophysical Research: Biogeosciences   122(11) 2786   2017年11月   [査読有り]
Sakashita Wataru, Miyahara Hiroko, Yokoyama Yusuke, Aze Takahiro, Nakatsuka Takeshi, Hoshino Yasuharu, Ohyama Motonari, Yonenobu Hitoshi, Takemura Keiji
Quaternary International   455 1-7   2017年10月   [査読有り]
Takeshi Inomata, Flory Pinz{ó}n, Jos{é} Luis Ranchos, Tsuyoshi Haraguchi, Hiroo Nasu, Juan Carlos Fernandez-Diaz, Kazuo Aoyama, Hitoshi Yonenobu
Remote Sensing   9(6) 563   2017年6月   [査読有り]
Shunsuke Tei, Atsuko Sugimoto, Hitoshi Yonenobu, Yojiro Matsuura, Akira Osawa, Hisashi Sato, Junichi Fujinuma, Trofim Maximov
Global Change Biology   23(12) 5179-5188   2017年6月   [査読有り]
Takeshi Inomata, Daniela Triadan, Jessica Maclellan, Melissa Burham, Kazuo Aoyama, Juan Manuel Palomo, Hitoshi Yonenobu, Flory Pinzón, Hiroo Nasu
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114 1293-1298   2017年2月
The lowland Maya site of Ceibal, Guatemala, had a long history of occupation, spanning from the Middle Preclassic Period through the Terminal Classic (1000 BC to AD 950). The Ceibal-Petexbatun Archaeological Project has been conducting archaeologi...
猪俣 健, 青山 和夫, ピンソン フローリー, ルイス・ランチョス ホセ, 原口 強, 那須 浩郎, 米延 仁志
古代アメリカ   (20) 123-134   2017年
M{ü}ller Stefanie, Schmidt Mareike, Kossler Annette, Leipe Christian, Irino Tomohisa, Yamamoto Masanobu, Yonenobu Hitoshi, Goslar Tomasz, Kato Hirofumi, Wagner Mayke, others
The Holocene   26(10) 1646-1660   2016年7月   [査読有り]
Junko Kitagawa, Yoshimune Morita, Miroslaw Makohonienko, Katsuya Gotanda, Kazuyoshi Yamada, Hitoshi Yonenobu, Ikuko Kitaba, Yoshinori Yasuda
Vegetation History and Archaeobotany   25(6) 525-540   2016年4月   [査読有り]
山下泰史, 宮本賢治, 尾崎士郎, 米延仁志
医学生物学電子顕微鏡技術学会誌   29(1) 20-24   2015年11月
湿潤下に生物試料を観察できるイオン液体1-エチル-3-メチルイミダゾリウムメチルホスホネートを用いて、プランクトン(アルテミア・サリーナ、ミジンコ、ミカヅキモ)の走査型電子顕微鏡観察に適用可能な条件を検討した。イオン液体を試料に噴霧し、エタノールを蒸発させた。その結果、最適なイオン液体濃度はアルテミア・サリーナとミジンコでは1%、ミカヅキモでは0.5%で、最適な置換時間は2分程度、置換回数は3回であった。
Akira Hayashida, Ryoma Nakano, Aya Nagashima, Koji Seto, Kazuyoshi Yamada, Hitoshi Yonenobu
Earth, Planets and Space   67(1) 171   2015年10月   [査読有り]
Hiroto Takamiya, Mark J. Hudson, Hitoshi Yonenobu, Taiji Kurozumi, Takeji Toizumi
The Holocene   26(3) 408-422   2015年10月   [査読有り]
Tei Shunsuke, Yonenobu Hitoshi, Sugimoto Atsuko, Ohta Takeshi, Maximov Trofim C
Journal of Hydrology   529 442-448   2015年10月   [査読有り]
Tei Shunsuke, Yonenobu Hitoshi, Suzuki Shinya, Ohyama Motonari, Gotanda Katsuya, Nakagawa Takeshi, Sugimoto Atsuko
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   435 203-209   2015年10月   [査読有り]
Inomata Takeshi, MacLellan Jessica, Triadan Daniela, Munson Jessica, Burham Melissa, Aoyama Kazuo, Nasu Hiroo, Pinz{ó}n Flory, Yonenobu Hitoshi
Proceedings of the National Academy of Sciences   112 201501212-4273   2015年4月   [査読有り]
Our archaeological investigations at Ceibal, a lowland Maya site located in the Pasión region, documented that a formal ceremonial complex was built around 950 B.C. at the onset of the Middle Pre-classic period, when ceramics began to be used in t...
宮本賢治, 米延仁志, 谷陽子
鳴門教育大学研究紀要   30 494-502   2015年3月   [査読有り]
We describe a teaching−practice experience of graduate students for industrial arts education classes given at a junior high school. Naruto University of Education(NUE)has provided a task−oriented study course in which students are responsible for...
山田和芳, 五反田克也, 篠塚良嗣, 斎藤めぐみ, 藤木利之, 瀬戸浩二, 原口強, 奥野充, 米延仁志, 安田喜憲
月刊地球   25-30   2014年2月
Kitagawa Junko, Fujiki Toshiyoshi, Yamada Kazuyoshi, Hoshino Yasuharu, Yonenobu Hitoshi, Yasuda Yoshinori
Vegetation history and archaeobotany   23(6) 649-664   2014年1月   [査読有り]
© 2013, Springer-Verlag Berlin Heidelberg. The Kiso-hinoki (Kiso-Japanese cypress, Chamaecyparis obtusa) woodland underwent severe deforestation in the early 17th century, then regenerated through conservation during the Edo period. Now, a suitabl...
Shunsuke Tei, Shunsuke Tei, Atsuko Sugimoto, Atsuko Sugimoto, Hitoshi Yonenobu, Takeshi Ohta, Trofim C. Maximov, Trofim C. Maximov
Polar Science   8 183-195   2014年1月
Tree-ring chronologies of ring width and stable carbon isotope ratios (δ13C) over the past 160 years were developed using living larch trees at two forest sites, each with different annual precipitation, in eastern Siberia: Spasskaya Pad (SP) (62°...
青山 和夫, 米延 仁志, 坂井 正人, 鈴木 紀
古代アメリカ   (17) 119-127   2014年
齋藤めぐみ, 山田和芳, 中川毅, 米延仁志, 原口強, 竹村恵二, others
地学雑誌   122(3) 493-501   2013年6月   [査読有り]
Sediment cores from Lake Suigetsu, Japan, reveal the absence of seawater intrusion into the lake caused by the historically documented tsunami of AD 1586 (Tensho Tsunami). A highprecision chronology of the cores established by Bayesian modeling ra...
Inomata Takeshi, Triadan Daniela, Aoyama Kazuo, Castillo Victor, Yonenobu Hitoshi
Science   340(6131) 467-471   2013年4月   [査読有り]
The spread of plaza-pyramid complexes across southern Mesoamerica during the early Middle Preclassic period (1000 to 700 BCE) provides critical information regarding the origins of lowland Maya civilization and the role of the Gulf Coast Olmec. Re...
Staff Richard A, Nakagawa Takeshi, Schlolaut Gordon, Marshall Michael H, Brauer Achim, Lamb Henry F, Bronk Ramsey Christopher, Bryant Charlotte L, Brock Fiona, Kitagawa Hiroyuki, others
Boreas   42(2) 259-266   2013年4月   [査読有り]
The varved sediment of Lake Suigetsu (central Japan) provides a valuable opportunity to obtain high-resolution, multi-proxy palaeoenvironmental data across the last glacial/interglacial cycle. In order to maximize the potential of this archive, a ...
Ohyama M, Yonenobu H, Choi J-N, Park W-K, Hanzawa M, Suzuki M
Climate of the Past   9(1) 261-266   2013年3月   [査読有り]
We describe a first attempt of wide-area dendroclimatic reconstruction, based upon seven spring temperature-sensitive chronologies from the ring widths of living trees, in Japan and Korea. Mean March-May temperature derived from a gridded land air...
Hiyama TETSUYA, Ohta TAKESHI, Sugimoto ATSUKO, Yamazaki TAKESHI, Oshima KAZUHIRO, Yonenobu HITOSHI, Yamamoto KAZUKIYO, Kotani AYUMI, Park HOTAEK, Kodama Yuji, others
IAHS Publication   360 155-160   2013年1月   [査読有り]
Global warming is likely to transform Siberian environments. Recent eco-hydrological evidence indicates that water and carbon cycles have been changing rapidly, with potentially serious effects on the Siberian flora and fauna. We have comprehensiv...
Staff Richard A, Schlolaut Gordon, Ramsey Christopher Bronk, Brock Fiona, Bryant Charlotte L, Kitagawa Hiroyuki, Van der Plicht Johannes, Marshall Michael H, Brauer Achim, Lamb Henry F, others
Radiocarbon   55(4) 2049-2058   2013年1月   [査読有り]
The varved sediment profile of Lake Suigetsu, central Japan, offers an ideal opportunity from which to derive a terrestrial record of atmospheric radiocarbon across the entire range of the14C dating method. Previous work by Kitagawa and van der Pl...
Shunsuke Tei, Atsuko Sugimoto, Atsuko Sugimoto, Hitoshi Yonenobu, Yasuharu Hoshino, Trofim C. Maximov
Quaternary International   290-291 275-281   2013年1月
We present a dendroclimatic reconstruction of Palmer Drought Severity Index (PDSI) in Yakutsk (62° 14'N, 129° 37'E), East Siberia using a larch tree-ring (latewood) δ13C chronology (1780-2008 AD). The correlation function analysis showed significa...
Haraguchi T, Yonenobu H, Tokunaga T, Shimoda I
AGU Spring Meeting Abstracts      2013年   [査読有り]
Tei Shunsuke, Sugimoto Atsuko, Yonenobu Hitoshi, Hoshino Yasuharu, Maximov Trofim C
Quaternary international   290 275   2013年   [査読有り]
Tei Shunsuke, Sugimoto Atsuko, Yonenobu Hitoshi, Yamazaki Takeshi, Maximov Trofim C
Journal of Geophysical Research: Biogeosciences   118(3) 1256   2013年   [査読有り]
Staff RA, Schlolaut G, Marshall MH, Bronk-Ramsey C, Bryant C, Brock F, Payne RL, Brauer A, Lamb HF, Smith VC, others
Boreas   42(2) 259   2013年   [査読有り]
Michael Marshall, Michael Marshall, Gordon Schlolaut, Takeshi Nakagawa, Henry Lamb, Achim Brauer, Richard Staff, Christopher Bronk Ramsey, Pavel Tarasov, Katsuya Gotanda, Tsuyoshi Haraguchi, Yusuke Yokoyama, Hitoshi Yonenobu, Ryuji Tada
Quaternary Geochronology   13 70-80   2012年12月
The Lake Suigetsu 2006 Varved Sediment Core Project (SG06 Project) aims to contribute to the international terrestrial radiocarbon calibration model, extending it to >50,000 cal years BP using the new SG06 sediment record, which shows annual lamin...
Marshall Michael, Schlolaut Gordon, Nakagawa Takeshi, Lamb Henry, Brauer Achim, Staff Richard, Ramsey Christopher Bronk, Tarasov Pavel, Gotanda Katsuya, Haraguchi Tsuyoshi, others
Quaternary Geochronology   13 70-80   2012年12月   [査読有り]
Ramsey Christopher Bronk, Staff Richard A, Bryant Charlotte L, Brock Fiona, Kitagawa Hiroyuki, van der Plicht Johannes, Schlolaut Gordon, Marshall Michael H, Brauer Achim, Lamb Henry F, others
Science   338(6105) 370-374   2012年10月   [査読有り]
Radiocarbon (14C) provides a way to date material that contains carbon with an age up to ∼50,000 years and is also an important tracer of the global carbon cycle. However, the lack of a comprehensive record reflecting atmospheric14C prior to 12.5 ...
安田喜憲, 米延仁志, 山田和芳, 那須浩郎, 篠塚良嗣, 森勇一, others
第四紀研究   51(4) 285-294   2012年8月   [査読有り]
環太平洋生命文明圏の存在を指摘する.今まで古代文明とみなされてきた文明は,メソポタミア文明やエジプト文明,インダス文明,黄河文明である.それらは,パンを食べ,ミルクを飲んで肉を食べるヒツジやヤギの乳用家畜を飼う文明であった.ところが,環太平洋にはこうしたヒツジやヤギを飼わない文明が存在した.それが長江文明であり,マヤ文明やアンデス文明である.長江文明の人々は米とタンパク質に魚を食べた.マヤ文明やアンデス文明の人々は,イモやトウモロコシを食べ,タンパク質は魚と野生動物,それにリャマやアルパカ...
Inagaki Tetsuya, Shinozuka Yoshitsugu, Yamada Kazuyoshi, Yonenobu Hitoshi, Hayashida Akira, Tsuchikawa Satoru, Yoshida Akihiro, Hoshino Yasuharu, Gotanda Katsuya, Yasuda Yoshinori
Applied spectroscopy   66(6) 673-679   2012年7月   [査読有り]
This study explored the feasibility of rapid, nondestructive near-infrared (NIR) reflection spectroscopy for the prediction of conventional physical properties, carbon-nitrogen-sulfur (CNS) analysis, and concentration of inorganic components in se...
植木岳雪, 中尾賢一, 西山賢一, 森江孝志, 竹村恵二, 米延仁志, 山田和芳, 長谷川修一
地学教育   65(2) 63-80   2012年3月   [査読有り]
日本第四紀学会では,徳島県で開催された2011年の研究大会にあわせて,「100万年の東四国を探る」というテーマで親子を含む一般市民を対象にした巡検を行った. それを「アウトリーチ巡検」と呼び,全部で52名の参加者があった. アンケート調査によれば,参加者はアウトリーチ巡検を肯定的にとらえており,今後もアウトリーチ巡検の実施を希望していた. 今後,日本地学教育学会と地学に関係する研究系の学協会とが連携して,このようなアウトリーチ巡検を学会の学術大会にあわせて実施することが期待される.
Nakagawa Takeshi, Gotanda Katsuya, Haraguchi Tsuyoshi, Danhara Toru, Yonenobu Hitoshi, Brauer Achim, Yokoyama Yusuke, Tada Ryuji, Takemura Keiji, Staff Richard A, others
Quaternary Science Reviews   36 164-176   2012年3月   [査読有り]
The high potential of the varved sediments of Lake Suigetsu, central Japan, to provide a purely terrestrial radiocarbon calibration model and a chronology of palaeoclimatic changes has been widely recognised for the last two decades. However, this...
Marshall M, Schlolaut G, Brauer A, Nakagawa T, Staff RA, Ramsey C Bronk, Lamb H, Gotanda K, Haraguchi T, Yokoyama Y, others
A novel approach to varve counting using μXRF and X-radiography in combination with thin-section microscopy, applied to the Late Glacial chronology from Lake Suigetsu, Japan, Quat. Geochronol   13 70   2012年   [査読有り]
Ohyama M, Yonenobu H, Choi J-N, Park W-K, Hanzawa M, Suzuki M
Climate of the Past Discussions   8(4)    2012年   [査読有り]
米延仁志, 青山和夫, 高宮広土
第四紀研究   51(4) 195   2012年   [査読有り]
Okuno Mitsuru, Torii Masayuki, Yamada Kazuyoshi, Shinozuka Yoshitsugu, Danhara Tohru, Gotanda Katsuya, Yonenobu Hitoshi, Yasuda Yoshinori
Quaternary international   246(1-2) 270-277   2011年12月   [査読有り]
Lake Ichi-no-Megata is a maar in the Oga Peninsula, which is connected with the western side of Honshu Island, NE Japan. A 37-m long sediment core (IMG06) obtained from the center of the lake contains five fine ash layers. Stratigraphic positions ...
Tarasov Pavel E, Nakagawa Takeshi, Demske Dieter, {Ö}sterle Hermann, Igarashi Yaeko, Kitagawa Junko, Mokhova Lyudmila, Bazarova Valentina, Okuda Masaaki, Gotanda Katsuya, others
Earth-Science Reviews   108(1-2) 64-79   2011年9月   [査読有り]
This study presents a newly compiled dataset of modern pollen and climate data from 798 sites across Japan and the Russian Far East. This comprehensive reference dataset combined with the modern analogue technique (MAT) provides a powerful tool fo...
Kossler Annette, Tarasov Pavel, Schlolaut Gordon, Nakagawa Takeshi, Marshall Michael, Brauer Achim, Staff Richard, Ramsey Christopher Bronk, Bryant Charlotte, Lamb Henry, others
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   306(3-4) 103-115   2011年6月   [査読有り]
High-resolution diatom, sediment and pollen analyses of two sections from the annually laminated SG06 core from Lake Suigetsu were used to study the onset and termination of the late-glacial climate reversal in central Japan. Its broadly recognise...
Richard A. Staff, Christopher Bronk Ramsey, Charlotte L. Bryant, Fiona Brock, Rebecca L. Payne, Gordon Schlolaut, Michael H. Marshall, Achim Brauer, Henry F. Lamb, Pavel Tarasov, Yusuke Yokoyama, Yusuke Yokoyama, Tsuyoshi Haraguchi, Katsuya Gotanda, Hitoshi Yonenobu, Takeshi Nakagawa
Radiocarbon   53 511-528   2011年1月
Calibration is a fundamental stage of the radiocarbon (14c) dating process if one is to derive meaningful calendar ages from samples' 14c measurements. For the first time, the IntCal09 calibration curve (Reimer et al. 2009) provided an internation...
PANGAEA - Data Publisher for Earth & Environmental Science      2011年   [査読有り]
This study presents a newly compiled dataset of modern pollen and climate data from 798 sites across Japan and the Russian Far East. This comprehensive reference dataset combined with the modern analogue technique (MAT) provides a powerful tool fo...
Tyler J, Kashiyama Y, Ohkouchi N, Ogawa N, Yokoyama Y, Chikaraishi Y, Staff RA, Ikehara M, Bronk Ramsey C, Bryant C, others
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   11(9)    2010年   [査読有り]
Yonenobu Hitoshi, Tsuchikawa Satoru, Sato Karina
Vibrational Spectroscopy   51(1) 100-104   2009年9月   [査読有り]
The diffusion process of deuterated water (D2O) in washi (Japanese traditional paper) was investigated by means of a deuterium exchange method and Fourier-transform near-infrared (FT-NIR) transmission spectroscopy. The samples were the modern (AD ...
中川毅, 奥田昌明, 米延仁志, 三好教夫, 竹村恵二
第四紀研究   48(3) 207-225   2009年6月   [査読有り]
過去におけるモンスーン変動のパターンを復元するための代表的な試料として,中国のレス古土壌堆積物と鍾乳石をあげることができる.だが,前者が主としてモンスーンと氷期・間氷期サイクルの密接な結びつきを示唆するのに対し,後者においては太陽放射の直接の影響の方が卓越するなど,両者の間には本質的に解決されない矛盾が存在していた.著者らは,琵琶湖の堆積物コアの化石花粉データを用いて,季節ごとの気候を過去45万年にわたって定量的に復元することで,この矛盾を統合的に説明することを試みた.その結果,シベリアと...
Takeshi Nakagawa, Masaaki Okuda, Hitoshi Yonenobu, Norio Miyoshi, Keiji Takemura
The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu)   48(3) 207   2009年   [査読有り]
Nakagawa T, Bronk-Ramsey C, Bryant C, Staff R, Brock F, Lamb H, Brauer A, Marshall M, Schlolaut G, Yokoyama Y, others
AGU Fall Meeting Abstracts      2009年   [査読有り]
Pearson EJ, Nakagawa T, Tyler J, Juggins S, Bronk-Ramsey C, Bryant C, Staff R, Brock F, Lamb H, Brauer A, others
AGU Fall Meeting Abstracts      2009年   [査読有り]
Inagaki Tetsuya, Yonenobu Hitoshi, Tsuchikawa Satoru
APPLIED SPECTROSCOPY   62(8) 860-865   2008年8月   [査読有り]
Kobori Hikaru, Yonenobu Hitoshi, Noma Junichi, Tsuchikawa Satoru
Applied spectroscopy   62(8) 854-859   2008年8月   [査読有り]
Nakagawa Takeshi, Okuda Masaaki, Yonenobu Hitoshi, Miyoshi Norio, Fujiki Toshiyuki, Gotanda Katsuya, Tarasov Pavel E., Morita Yoshimune, Takemura Keiji, Horie Shoji
GEOLOGY   36(6) 491-494   2008年6月   [査読有り]
Hoshino Yasuharu, Yonenobu Hitoshi, Yasue Koh, Nobori Yoshihiro, Mitsutani Takumi
JOURNAL OF WOOD SCIENCE   54(3) 183-188   2008年5月   [査読有り]
Yonenobu H, Ohyama M, Hoshino Y
AGU Fall Meeting Abstracts      2007年   [査読有り]
Yamada K, Gotanda K, Yonenobu H, Shinozuka Y, Kitagawa J, Makohonienko M, Schwab M, Haraguchi T, Yasuda Y
AGU Fall Meeting Abstracts      2007年   [査読有り]
星野安治, 米延仁志, 安江恒
考古学と自然科学   (54) 69-79   2006年11月   [査読有り]
Hitoshi Yonenobu, Dieter Eckstein
Geophysical Research Letters   33    2006年5月
We describe the results of a dendroclimatic study in central Japan using ring width data from living trees of Hinoki cypress. February-April temperatures were reconstructed for the period AD 1719-1961. This reconstruction, from which five cooling ...
Tsuchikawa Satoru, Yonenobu Hitoshi, Siesler HW
Analyst   130(3) 379-384   2005年3月   [査読有り]
The ageing degradation of the fine wood structure of dry-exposed archaeological wood was investigated by Fourier transform near-infrared spectroscopy with the aid of a deuterium exchange method. The archaeological wood sample was taken from an old...
升田雅博, 大山啓, 石川嘉晃, 米延仁志, 坂田興亜
精密工学会誌   71(2) 242-246   2005年2月
ボーリングバーの振動を抑制するために, 磁性流体を用いたダンパー形状を検討している. ばね直径を細くするか, 長くすれば, 突き出し長さの大きいところで大きな減衰比が得られる. 大きな減衰比の場合, 2か所にピークを持つ周波数応答曲線になり, その最大減衰比は突き出し長さ比8.75で, 18.5%になる.
升田 雅博, 大山 啓, 石川 嘉晃, 坂田 興亜, 米延 仁志
精密工学会学術講演会講演論文集   2004(0) 315-315   2004年3月
本研究は,ボーリングバーのびびり振動を抑制するために,減衰剤として磁性流体を利用したダイナミックダンパーの形状について検討している.バーの突き出し長さとダンパー形状には相関が存在し,ダンパーばね部を細くしたり,長くすることにより長い突き出しに対応できる.減衰比の最大値は,市販品のボーリングバーのそれに比べると,突き出し長さによっては大きくなる.
Yonenobu Hitoshi, Tsuchikawa Satoru
Applied spectroscopy   57(11) 1451-1453   2003年11月   [査読有り]
The temporal degradation of old wooden building material was estimated by using near-infrared (NIR) spectrometry. The difference second-derivative NIR spectra suggest that hemicellulose and holocellulose decreased while lignin increased relatively...
Yonenobu Hitoshi, Tsuchikawa Satoru, Oda Hirotaka
Journal of near infrared spectroscopy   11(5) 407-411   2003年1月   [査読有り]
Degradation of antique washi paper was examined by non-destructive near infrared spectroscopy. Difference second derivative spectra of the modern minus antique samples were analysed for the absorption peaks due to the main chemical components of w...
米延 仁志, 尾崎 士郎, 坂田 興亜
鳴門教育大学授業実践研究 : 学部の授業改善をめざして   1 137-140   2002年
Hiroshi Aoki Takahashi, Hitoshi Yonenobu, Toshio Nakamura, Hideki Wada
Radiocarbon   43(2A) 433-438   2001年12月   [査読有り]
Seasonal variations of δ13C were analyzed for two Japanese cypress trees (Chamaecyparis obtusa), one buried and one living. Both trees were different in age but sampled in areas geographically close to each other in central Japan. A buried cypress...
Chen X, Kimura S, Ozaki S, Yokochi H, Yonenobu H
Journal of the Japan Wood Research Society (Japan)   47 295-303   2001年10月   [査読有り]
In this study, we carried out basic orthogonal cutting in the LR plane by changing the fiber orientation from 0° to 90° in the cutting plane. We measured dimensions before and after cutting, and after swelling of the chip. We investigated the infl...
陳先宝, 木村志郎, 尾崎士郎, 横地秀行, 米延仁志
木材学会誌   47(4) 295-303   2001年7月   [査読有り]
枝松信之, 陳先宝, 木村志郎, 尾崎士郎, 横地秀行, 米延仁志
木材学会誌   47(4) 295   2001年   [査読有り]
Chen X, Ozaki S, Yonenobu H, Kimura S
Journal of the Japan Wood Research Society (Japan)   46 1-6   2000年12月   [査読有り]
Utilization of high quality chip after veneer cutting for manufacturing veneer and plywood is an important feature in wood machining. Chips, which are used as an original material, determine the quality of the products. According to making conditi...
陳先宝, 尾崎士郎, 米延仁志, 木村志郎
木材学会誌   46(1) 1-6   2000年1月   [査読有り]
H. Yonenobu, H. Yonenobu, T. Itoh
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   172 741-744   2000年1月
The14C ages were determined for wood samples collected from the Niya site in the Tarim Basin, China. The calendar14C ages are the oldest in the northern part (800-100 cal BC) and the youngest (140-620 cal AD) in the southern part. The results sugg...
Yonenobu H, Itoh T
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   172(1-4) 741   2000年   [査読有り]
Hitoshi Yonenobu, Chisato Takenaka
Radiocarbon   40 367-371   1998年12月
A living spruce tree was collected near the explosion center of the Tunguska event that occurred in 1908. We measured annual ring width and studied anatomical features to reconstruct the possible vegetational changes caused by the biological after...
Takahashi AH, Yonenobu H, Nakamura T, Wada H
Chinese Science Bulletin   43 126   1998年   [査読有り]
米延仁志, 木方洋二, 池田晃子
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   7 278   1996年   [査読有り]
Oda Hirotaka, Furukawa Michiaki, Yonenobu Hitoshi, Ikeda Akiko, Nakamura Toshio
   1996年   [査読有り]
米延仁志, 原有紀子, 木方洋二, 渡辺拡, スリ・ヌグロホ・マルスム
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   6 138   1995年   [査読有り]
竹中千里, 米延仁志
天界   75(825) p39   1994年   [査読有り]
Yonenobu Hitoshi, Kikata Yoji, Yoshimura Sakuji, Nakagawa Takeshi, Shirai Hiroyasu, Hirota Kichisaburo, Kurokouchi Hiromasa
Mokuzai Gakkaishi   40(8) 889   1994年   [査読有り]
Yonenobu H, Kikata Y, Morishita F, Hattori Y, Marsoem SN
Journal of the Japan Wood Research Society (Japan)      1994年   [査読有り]
Kikata Yoji, Yonenobu Hitoshi, Morishita Fumio, Hattori Yoshiaki, Marsoen SN
Mokuzai Gakkai-Shi   39(3) 333   1993年   [査読有り]
米延仁志, 三井勝也, 木方洋二
名古屋大学古川総合研究資料館報告   9 91   1993年   [査読有り]
Miwa Y, Ohta S, Yonenobu H
Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute      1991年   [査読有り]
三輪雄四郎, 太田貞明, 米延仁志
森林総合研究所研究報告   (361) p193   1991年   [査読有り]

Misc

 
原口強, 米延仁志, 山本睦
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018 ROMBUNNO.HQR04‐01 (WEB ONLY)   2018年
原口強, 福原弘識, 千葉達朗, 米延仁志
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018 ROMBUNNO.HQR04‐02 (WEB ONLY)   2018年
尾崎士郎, 庄野雄介, 米延仁志, 大竹侑, 谷陽子
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   66th ROMBUNNO.F28‐P‐03   2016年3月
安樂和央, 林田明, 北場育子, STAFF Richard A., 原口強, 篠塚良嗣, 山田和芳, 五反田克也, 米延仁志
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2016 ROMBUNNO.SEM34‐02 (WEB ONLY)   2016年
浅沼佑紀, 稲垣哲也, 土川覚, 米延仁志
日本木材学会中部支部大会講演要旨集   (25) 38‐39   2015年10月
北山あさみ, 杉本敦子, 米延仁志, MIJIDSUREN Byambasuren, LOPEZ Larry
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2015 ROMBUNNO.ACG30‐P03 (WEB ONLY)   2015年
高梨祐太郎, 林田明, 山田和芳, 五反田克也, 米延仁志
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2015 ROMBUNNO.SEM34‐P07 (WEB ONLY)   2015年
青山 和夫, 米延 仁志
Chaski : アンデス文明研究会会報   (50) 4-7   2014年12月
豊田和弘, 米田成一, 米延仁志
日本第四紀学会講演要旨集   44 147   2014年9月
下田一太, MENGHONG Chhum, 中川武, 米延仁志, 原口強
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   31st 140-141   2014年7月
入野 智久, 中井 淑恵, 山本 正伸, 宮崎 雄三, 河村 公隆, 山田 和芳, 米延 仁志
日本地球化学会年会要旨集   61(0)    2014年
遠距離輸送されるバイオマス燃焼起源物質の定量を目指して,堆積物中の極細粒元素状炭素(EC)量評価のために,Thermal optical transmittance法の応用を検討した.スクロース,フミン酸,フルボ酸,フラーレンのEC・有機炭素(OC)分析を行った結果,O2雰囲気,550℃-700℃に耐えるOCも存在することが分かったので,700℃-850℃で検出されるフラクションのみをECとして定義した.この方法で,礼文島・久種湖の湖底堆積物コアから選んだ試料を,2μmを境に粗粒および細粒...
入野智久, 中井淑恵, 山本正伸, 宮崎雄三, 河村公隆, 山田和芳, 米延仁志
日本地球化学会年会講演要旨集   61st 307   2014年
鄭峻介, 杉本敦子, MAOCHANG Liang, 松浦陽次郎, 大沢晃, 米延仁志, MAXIMOV Trofim
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   5th ROMBUNNO.IA,12GATSU5NICHI,10:05   2014年
高梨祐太郎, 林田明, 山田和芳, 五反田克也, 米延仁志
地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.R004‐P010   2014年
豊田 和弘, 米田 成一, 米延 仁志
日本地球化学会年会要旨集   61(0) 204   2014年
青森県東岸に位置する小川原湖中央部で2009年秋に掘削された長さ約20mの堆積物コア試料中から、堆積当時の湖底直上の湖水中の塩分濃度の指標になりうる化学成分を分別抽出し、そのストロンチウム同位体比を測定することで、過去の湖水中の塩分濃度変化を復元できる可能性について研究している。年縞堆積物コアから、汽水湖の過去数千年間の古塩分濃度変化を復元することができれば、海水準変動や津波の高精度な時間軸での襲来歴について解明することができる。予備的な結果からは、堆積物の中でも「炭酸塩相」中のストロンチ...
永島郁, 瀬戸浩二, 吉田明弘, 篠塚良嗣, 山田和芳, 米延仁志
日本陸水学会大会講演要旨集   78th 176   2013年9月
加藤みやび, 瀬戸浩二, 山田和芳, 米延仁志
日本陸水学会大会講演要旨集   78th 177   2013年9月
永島郁, 瀬戸浩二, 山田和芳, 米延仁志
地学団体研究会総会講演要旨集   67th 25-26   2013年8月
山田和芳, 米延仁志
地学団体研究会総会講演要旨集   67th 21-22   2013年8月
福本侑, 米延仁志, 原口強, 瀬戸浩二, 山田和芳, 林田明, 徳永朋祥, 篠塚良嗣
地学団体研究会総会講演要旨集   67th 45-46   2013年8月
豊田和弘, 米延仁志
日本第四紀学会講演要旨集   43 122-123   2013年8月
山田和芳, 篠塚良嗣, 瀬戸浩二, 岡崎裕子, 米延仁志, 五反田克也, 原口強, 安田喜憲
日本地理学会発表要旨集   (83) 139   2013年3月
稲垣哲也, 奥村直也, 米延仁志, 土川覚
近赤外フォーラム講演要旨集   28th 130   2013年3月
星野安治, 大山幹成, 米延仁志
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   63rd ROMBUNNO.X29-06-0945   2013年
大山幹成, 星野安治, 米延仁志
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   63rd ROMBUNNO.X29-06-0930   2013年
稲垣哲也, 奥村直也, 土川覚, 米延仁志
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   63rd ROMBUNNO.X29-06-1030   2013年
鄭峻介, 杉本敦子, MAOCHANG Liang, 米延仁志, MAXIMOV Trofim
極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   4th ROMBUNNO.IA,TEISHUNSUKE,1   2013年
阿部 直美子, 石川 守, 米延 仁志, TSOGTBAATAR Jamsran, DASHZEVEG Ganbat
日本地理学会発表要旨集   2013(0) 84   2013年3月
【背景と目的】モンゴル国土の約8%を占める森林は、半乾燥地域において材木供給や水源涵養などの生態系サービスとして重要な役割を担う一方、過剰利用、火災、虫害などを要因とする大規模な劣化にも晒されている(Tsogtbaatar,2004)。虫害の履歴を復元する有効な手法は年輪年代学で、ここでは1年単位の時間分解能をもつ年輪幅に基づいた研究例が蓄積されてきた。モンゴルのカラマツを対象とした研究でも、年輪幅と地域住民の目視観察記録とを比較することにより、虫害発生の周期性が論じられている(Suran...
山田 和芳, 篠塚 良嗣, 瀬戸 浩二, 米延 仁志, 五反田 克也, 原口 強, 安田 喜憲
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0) 170   2013年9月
発表では、一の目潟ボーリングコアを用いて、新しい編年モデルを構築し、高時間分解能地球化学分析に基づき、26,000年前以降の東北日本の陸上古環境変動を復元した結果を報告する。秋田県男鹿半島に位置する一の目潟では、2006年秋、湖中央部においてシンウォールコアリングによる平行コアリング法(Nakagawa et al., 2012)によって、湖底下から約37mまで完全な連続堆積物(IMG06コア)を採取している。IMG06コアのコンポジット深度-年代モデルを構築する際、イベントフリー編年モデ...
永島 郁, 瀬戸 浩二, 渡邊 隆広, 奈良 郁子, 安田 喜憲, 山田 和芳, 米延 仁志
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0) 166   2013年9月
尾崎士郎, 米延仁志, 内藤隆, 小堀光, 土川覚, 谷陽子, 大泉計
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 48-49   2012年9月
中谷祐介, 尾崎士郎, 米延仁志, 内藤隆
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 58-59   2012年9月
尾崎士郎, 米延仁志, 内田悟, 横地秀行, 谷陽子
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 64-65   2012年9月
尾崎士郎, 内藤隆, 米延仁志, 森伸樹, 谷陽子, 大泉計
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 60-61   2012年9月
尾崎士郎, 米延仁志, 内藤隆, 斉藤成子, 小堀光, 土川覚, 谷陽子, 大泉計
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 56-57   2012年9月
尾崎士郎, 米延仁志, 河野貴大, 横地秀行, 谷陽子
日本木材学会中国・四国支部研究発表会要旨集   24th 62-63   2012年9月
永島郁, 瀬戸浩二, 岡崎裕子, 中島広海, 山田和芳, 米延仁志
日本陸水学会大会講演要旨集   77th 168   2012年9月
坂下渉, 横山祐典, 宮原ひろ子, 阿瀬貴博, 米延仁志, 大山幹成, 星野安治, 中塚武
日本第四紀学会講演要旨集   42 60-61   2012年8月
星野安治, 大山幹成, 米延仁志
日本第四紀学会講演要旨集   42 135   2012年8月
横田敬作, 林田明, 山田和芳, 原口強, 井村隆介, 上田圭一, 米延仁志
日本第四紀学会講演要旨集   42 256-257   2012年8月
山田和芳, 篠塚良嗣, 米延仁志, 五反田克也, 原口強, 安田喜憲
日本第四紀学会講演要旨集   42 164-165   2012年8月
米延 仁志, 青山 和夫, 高宮 広土
第四紀研究 = The Quaternary research   51(4) 195-196   2012年8月
星野安治, 米延仁志, 大山幹成, 小田寛貴
日本第四紀学会講演要旨集   41 94-95   2011年8月
吉田明弘, 米延仁志, 守田益宗, 竹内貞子, 篠塚良嗣, 山田和芳, 五反田克也, 安田喜憲
日本第四紀学会講演要旨集   41 24-25   2011年8月
山田和芳, 米延仁志, 星野安治, 大山幹成, 小田寛貴, 北川淳子, 安田喜憲, 斉藤めぐみ
日本第四紀学会講演要旨集   41 150-151   2011年8月
阿部 直美子, 石川 守, 米延 仁志, TSOGTBAATAR Jamsran
日本地理学会発表要旨集   2012(0) 258   2012年3月
1.はじめに<br>虫害は森林火災や過剰伐採と合わせて,森林を衰退させる大きな要因のひとつである.近年、モンゴルでは大規模な虫害によって森林が広範囲に枯死することが問題になっている. 虫害拡大の大きな要因として考えられるのが,気候変動や周辺の地理的条件・水分条件などである. 本研究では主に年輪年代学の手法により,森林が虫害後に衰退または再生する過程とその要因を明らかにすることを目的とする.年輪幅に加え,早材や晩材幅,さらに細胞壁の大きさなどを詳細に分析・解析することにより,気候変動や災害の...
山田 和芳, 齋藤 めぐみ, 原口 強, 五反田 克也, 米延 仁志, 中川 毅, 竹村 恵二
日本地理学会発表要旨集   2012(0) 172   2012年3月
本発表では、一の目潟および水月湖の湖沼年縞堆積物から、過去の地震や津波イベントの推定がどの程度まで可能なのか明らかにして、災害検出計としての湖沼年縞堆積物の有効性について検討をおこなった。
山田和芳, 米延仁志, 小田寛貴, 斉藤めぐみ, 五反田克也, 原口強, 安田喜憲
日本第四紀学会講演要旨集   41 14-15   2011年8月
内田悟, 尾崎士郎, 米延仁志, 横地秀行, 谷陽子, 寺西弘喜
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   61st ROMBUNNO.R19-P-AM01   2011年
尾崎士郎, 米延仁志, 河野貴大, 横地秀行, 谷陽子
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   61st ROMBUNNO.F20-02-0915   2011年
星野安治, 大山幹成, 米延仁志
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   27th 136-137   2010年6月
星野安治, 大山幹成, 米延仁志
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   26th 38-39   2009年7月
尾崎士郎, 内藤隆, 米延仁志, 森伸樹, 古林賢一, 大泉計, 岡村吉永
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   59th ROMBUNNO.PR002   2009年
米延 仁志, 大山 幹成, 星野 安治
日本地質学会学術大会講演要旨   2010(0) 100-100   2010年9月
米延仁志, 山田和芳, 五反田克也, 北川淳子, 篠塚良嗣, 奥野充, 斎藤めぐみ, 原口強, 安田喜憲
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   25th 154-155   2008年6月
山田 和芳, 大山 幹成, Tyler Jonathan, Turunen Saija, Saarinen Timo, 林田 明, 安田 喜憲, 篠塚 良嗣, 吉田 明弘, 米延 仁志, 五反田 克也, 原口 強, 星野 安治, 稲垣 哲也, 奥野 充
日本地質学会学術大会講演要旨   2010(0) 104-104   2010年9月
米延仁志, 稲垣哲也, 土川覚, 小田寛貴, SIESLER Heinz W.
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   25th 86-87   2008年6月
星野安治, 大山幹成, 米延仁志
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   25th 20-21   2008年6月
大山幹成, 米延仁志, 星野安治
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   25th 158-159   2008年6月
米延仁志, 大山幹成, 星野安治, ECKSTEIN Dieter
日本文化財科学会大会研究発表要旨集   25th 120-121   2008年6月
小堀光, 米延仁志, 野間順一, 土川覚
近赤外フォーラム講演要旨集   22nd 57   2006年11月
稲垣哲也, 米延仁志, 三井勝也, 山本浩之, 佐々木康寿, 土川覚
近赤外フォーラム講演要旨集   22nd 158   2006年11月
大山幹成, 米延仁志, 半沢まどか, 鈴木三男
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   56th A09-1300   2006年
鄭 峻介, 杉本 敦子, 米延 仁志, マキシモフ トロフューム
日本地球化学会年会要旨集   56(0) 251-251   2009年
東シベリアタイガ林は永久凍土帯に位置しており、乾燥が厳しい地域である。このような乾燥地域においては、樹木の年輪幅やδ13C値は水分環境によって決定されることが報告されている。本研究では、カラマツの年輪幅、δ13C値を測定し、過去10年分の土壌水分量とそれらの関係を求め、過去50年間の土壌水分量の復元を試みた。結果は、カラマツ年輪のδ13C値は土壌水分量と非常に良く対応し、カラマツ早材、晩材のδ13C値はそれぞれ、前年、及びその年の9月の土壌水分量と負の相関を示した。それぞれのデータセットか...
中川 毅, 奥田 昌明, 米延 仁志, 三好 教夫, 竹村 恵二
第四紀研究   48(3) ii-ii   2009年
小堀光, 土川覚, 米延仁志, 野間順一
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   56th T09-1130   2006年
稲垣哲也, 土川覚, 米延仁志
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   56th D09-1045   2006年
米延仁志
近赤外フォーラム講演要旨集   21st 69-72   2005年11月
米延仁志, 土川覚
非破壊計測シンポジウム講演要旨集   20th 99-104   2004年11月
尾崎士郎, 内藤隆, 米延仁志
日本木材加工技術協会年次大会講演要旨集   22nd 99-100   2004年9月
米延仁志, 土川覚
非破壊計測シンポジウム講演要旨集   19th 152-153   2003年11月
陳先宝, 米延仁志, 尾崎士郎, 木村志郎
日本木材学会大会研究発表要旨集   49th 153   1999年3月
米延 仁志, 土川 覚, 小田 寛貴, Siesler Heinz W.
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   15 74-82   2004年3月
Non-destructive measurement of properties were investigated for wood-based cultural properties using near infrared spectroscopy (NIRS). Antique samples of washi paper scrolls and a pillar member of old wooden building were used for the analysis of...
高橋浩, 米延仁志, 中村俊夫, 和田秀樹
日本地球化学会年会講演要旨集   1998 175   1998年10月
陳先宝, 尾崎士郎, 米延仁志, 岡村吉永, 木村志郎
日本木材学会大会研究発表要旨集   48th 164   1998年3月
小田寛貴, 米延仁志, 池田晃子, 中村俊夫, 古川路明
日本地球化学会年会講演要旨集   1998 222   1998年10月
青木浩, 米延仁志, 吉田尚弘, 中村俊夫, 和田秀樹
日本地球化学会年会講演要旨集   1997 293   1997年9月
陳先宝, 尾崎士郎, 米延仁志, 岡村吉永, 木村志郎
日本木材学会大会研究発表要旨集   47th 178   1997年3月
青木浩, 米延仁志, 吉田尚弘, 中村俊夫, 和田秀樹
地球惑星科学関連学会合同大会予稿集   1997 447   1997年3月
米延仁志, 青木浩, 中村俊夫, 吉田尚弘, 和田秀樹
日本木材学会大会研究発表要旨集   47th 631   1997年3月
米延仁志, 小林豊行, 岡村吉永, 尾崎士郎
日本木材学会大会研究発表要旨集   47th 492   1997年3月
中川泰輔, 小林豊行, 米延仁志, 尾崎士郎, 岡村吉永
日本木材学会大会研究発表要旨集   47th 493   1997年3月
小田寛貴, 米延仁志, 池田晃子, 中村俊夫, 古川路明
加速器質量分析シンポジウム   120-125   1997年
青木浩, 米延仁志, 中村俊夫, 吉田尚弘, 和田秀樹
日本地球化学会年会講演要旨集   1996 138   1996年8月
尾崎士郎, 米延仁志, 陳先宝, 西村大蔵, 岡村吉永, 木村志郎
日本木材学会大会研究発表要旨集   46th 175   1996年3月
米延 仁志, 竹中 千里
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   10 29-32   1999年3月
A cross-cut disk of Picea which had survived from the Tunguska event in 1908,was used to reconstruct the past vegetation before and after the occurence of the event. The annul ring width had drastically decreased since AD 1909,the next year of the...
米延仁志, 森下二三夫, 服部芳明, 木方洋二
日本木材学会大会研究発表要旨集   45th 505   1995年3月
米延仁志, 竹中千里
日本木材学会大会研究発表要旨集   44th 452   1994年3月
米延仁志, 木方洋二, 山田聡子
日本木材学会大会研究発表要旨集   43rd 527   1993年8月
米延仁志, 木方洋二
日本木材学会大会研究発表要旨集   43rd 46   1993年8月
小田 寛貴, 米延 仁志, 池田 晃子, 中村 俊夫, 古川 路明
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   8 17-23   1997年3月
^<14>C age is calculated on the hypothesis that the atmospheric ^<14>C concentration has been constant for the past several ten thousand years. Practically, the ^<14>C concentration has time variation, therefore, ^<14>C age is different from actua...
米延仁志, 木方洋二, 寺沢肇子
日本木材学会大会研究発表要旨集   43rd 523   1993年8月
葛原有紀子, 米延仁志, 木方洋二, MARSOEM S N, 渡辺拡
日本木材学会大会研究発表要旨集   43rd 45   1993年8月
木方洋二, 米延仁志, 森下二三夫, 服部芳明, MARSOEM S N
木材学会誌   39(3) 333-337   1993年3月
米延 仁志, 木方 洋二, 池田 晃子
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   7 278-283   1996年3月
タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Research Using AMS 1995(平成7)年度
米延仁志, 木方洋二, 森下二三夫, 戸田克典, 服部芳明
日本木材学会大会研究発表要旨集   42nd 517   1992年4月
青木 浩, 米延 仁志, 池田 晃子, 中村 俊夫, 和田 秀樹
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   7 284-299   1996年3月
タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Research Using AMS 1995(平成7)年度
米延 仁志, 竹中 千里
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   6 147-152   1995年3月
タンデトロン加速器質量分析計業境報告 Summaries of Researches Using AMS 1994 (平成6)年度
米延 仁志, 葛原 有紀子, 木方 洋二 [他]
名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   6 138-146   1995年3月
タンデトロン加速器質量分析計業境報告 Summaries of Researches Using AMS 1994 (平成6)年度

書籍等出版物

 
青山和夫, 米延仁志, 坂井正人, 高宮広土 (担当:共著)
朝日新聞出版   2014年8月   ISBN:4022630248
琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究研究論文集 第2集 琉球列島先史・原史時代の環境と文化の変遷
米延 仁志 (担当:分担執筆)
2014年3月   
環境考古学ハンドブック
米延 仁志 (担当:分担執筆, 範囲:年輪考古学)
朝倉書店   2004年3月   

競争的資金等の研究課題

 
中南米熱帯収束帯の年輪気候学と14C Bombシリーズの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 米延 仁志
古代アメリカ文明の高精度編年体系の確立と環境史復元
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年7月 - 2019年3月    代表者: 米延 仁志
年輪年代学の総合的研究-文化財科学における応用的展開をめざして-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 米延 仁志
年縞堆積物による環太平洋諸文明の高精度環境史復元
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年7月 - 2014年3月    代表者: 米延 仁志
ヒノキ及びスギ標準年輪曲線の延長と気候復元の高精度化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 米延 仁志
俳画と公文書に用いられた近世和紙の材質・抄紙技法の非破壊分析とその保存法の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 米延 仁志
木曽ヒノキ標準年輪曲線を用いた過去1000年間の気候復元
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 米延 仁志