緒方 俊雄

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 13:24
 
アバター
研究者氏名
緒方 俊雄
 
オガタ トシオ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00019509.html

研究キーワード

 
 

経歴

 
 
   
 
中央大学 経済学部 教授
 
1986年4月
   
 
~ 中央大学経済学部教授
 
1976年4月
 - 
1986年3月
 中央大学経済学部助教授
 
1974年4月
 - 
1976年3月
 中央大学経済学部専任講師
 
1971年4月
 - 
1974年3月
 中央大学経済学部助手
 

学歴

 
 
 - 
1974年
中央大学 経済学研究科 経済学専攻
 

Misc

 
地球環境と生態経済学
経済学論纂   42(5) 205-240   2002年3月
持続可能な開発と環境の経済学序説
中央大学経済研究所年報   (32(Ⅱ)) 33-62   2002年3月
地球温暖化防止ハーグ会議に参加して
中央評論   (235) 96-105   2001年5月
経済学史学会編『経済思想史辞典』
   2000年
地球環境問題と環境経済学
環境経済セミナー報告書(1)      1999年5月

書籍等出版物

 
マクロ経済学 演習ノート
中央大学生協出版局    2002年9月   
経済開発と社会的共通資本の組織化ー開発と環境の優先順位ー
中央大学出版部    2001年8月   
タイ土着経済・社会の今日的位相
中央大学出版部   2001年4月   
マクロ経済学 基礎演習ノート
中央大学生協出版局    2001年4月   
基礎ミクロ経済学入門演習ノート
中央大学生協出版局    2000年9月   

講演・口頭発表等

 
ケインズとカレツキ:投資誘因をめぐって
経済学史学会関東部会(青山学院大学)   1994年   
"Kalecki's ""The Inducement to invest"""
米国テネシー州立大学経済学部ポスト・ケインズ派経済学国際会議   1993年   
カレツキ理論の金融的側面
ポスト・ケインズ派経済学研究会(中央大学駿河台記念館)   1991年   
「所得分配と企業金融」のsession chairman
テネシー州立大学経済学部ポスト・ケインズ派経済学国際会議   1988年   
Risk, Stagnation and Control in J.Steindl
イタリア・政治経済学国際センターヨゼフ・シュタイン教授記念会議   1987年   

Works

 
マルチメディア環境を活用した進化する経済学教育
2000年4月

競争的資金等の研究課題

 
アジアにおける「生態村(Ecovillage)」研究
研究期間: 2008年   
マルチメディアと「ACEラーニング」開発
研究期間: 2000年   
地球環境問題と生態経済学
研究期間: 1980年   
ポスト・ケインズ派経済学
研究期間: 1971年