長谷川 聰哲

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/01 13:25
 
アバター
研究者氏名
長谷川 聰哲
 
ハセガワ トシアキ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00012604.html

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
中央大学 経済学部 教授
 
2007年10月
 - 
2007年12月
 中華人民共和国・清華大学人文社会科学学院客員教授
 
2000年1月
 - 
2007年2月
 財務省(大蔵省)税関研修所教官
 
1999年4月
 - 
1999年6月
 大蔵省財務局財政金融研究所教官
 
1999年1月
 - 
1999年3月
 大蔵省税関研修所教官
 

学歴

 
 
 - 
1976年
慶應義塾大学 商学研究科 国際経済学専攻
 

委員歴

 
2002年
   
 
環太平洋産業連関分析学会  常任委員及び運営委員
 
1991年
   
 
米国アジア経済学会  Corresponding Editor of Journal of Asian Economics
 
1994年
   
 
日本国際経済学会(旧国際経済学会)  理事(本部事務局)
 

Misc

 
アジア太平洋地域経済の関税政策の評価
長谷川聰哲
中央大学経済研究所年報   (第44号) 189-199   2013年9月
The Prediction of CO2 Emissions up to 2020 in Japanese Economic Activities
Toshiaki Hasegawa with Y. Sasai, T. Imagawa and M. Ono
The Journal of Econometric Study of Northeast Asia   Vol.8(No.1) 75-97   2012年3月
アジアの産業構造と相互依存
産業連関   Vol. 20,(No. 1)    2012年2月
消費税増税の経済分析と軽減税率導入を巡る課題
長谷川聰哲
『日本産業の高度化と就業構造』      2013年3月
国際化する日本のサービス産業の構造
『進展する日本経済のサービス化』   63-77   2012年3月

書籍等出版物

 
『3・11複合災害と日本の課題』
中央大学出版部   2014年11月   
Interindustry based Analysis of Macroeconomic Forecasting
国際貿易投資研究所   2011年7月   
Analysis of Macroeconomic Policy in Input-Output Economics
The Institute of Economic Research, Chuo University   2011年4月   
APECの市場統合
中央大学出版部   2011年3月   
『アジア太平洋の新通商秩序』
勁草書房   2013年10月   

講演・口頭発表等

 
互恵的教育・教育ネットワークの構築に向けて
中央大学創立125周年記念上海国際シンポジウム,中央大学   2008年   
Time Series Data of Japanese Capital Stock by Sector: “Cascaded Leaky Buckets”
Recent Development in INFORUM-type Modeling/Lodz University Press   2007年   
Investment Behavior and Industrial Competitiveness
the proceedings of the 15th INFORUM Conference/Lodz University Press   2007年   
Fiscal Policy, Private Investment Behaviors and Economic Growth in Japan - In a context of Interindustry analysis based approach
the 33rd International Conference of Macromodels held in Zakopane   2006年   
Influence of Japan-China regional economic integration on Japanese economy: Welfare aspects in the interindustry based on dynamic macro econometric model
Beijing Forum   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
通商政策の実証研究
研究期間: 2008年   
グローバリゼーションとリージョナリゼーションの経済学
研究期間: 2000年   
国際経済政策
研究期間: 1996年   
国際産業連関分析
研究期間: 1993年   
産業連関分析型動学的マクロ計量経済モデルの構築と運用
研究期間: 1993年