関口 定一


関口 定一

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/21 10:02
(2019年没)
 
アバター
研究者氏名
関口 定一
 
セキグチ テイイチ
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00012004.html

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
中央大学 商学部 教授
 
2011年1月
 - 
2011年3月
 Visiting Scholar, Faculty of Business and Economics, University of Melbourrne
 
2005年11月
 - 
2009年10月
 中央大学大学院商学研究科委員長
 
2004年4月
 - 
2004年7月
 明治大学大学院経営学研究科兼任講師
 
2003年5月
 - 
2004年3月
 Visiting Fellow,New York State School of Industrial and Labor Relations,Cornell University
 

学歴

 
 
 - 
1980年
中央大学 商学研究科 
 

委員歴

 
2003年
   
 
労務理論学会  常任理事
 
1998年
   
 
社会政策学会  幹事
 

Misc

 
アメリカ企業における新卒採用――その実態と含意
『日本労働研究雑誌』   (643) 81-91   2014年1月
アメリカ労使関係における「ジョブ・コントロール・ユニオニズム」――歴史的視点からの再検討
商学論纂   48(5-6) 227-278   2007年8月
ジェネラル・エレクトリック社における先任権の形成――労働組合的慣行の経営的起源
企業研究   (5) 37-77   2004年10月
20世紀後半における大企業マネジメント層の性格と変容――GE Management Conference Directoryの分析
関口 定一
『企業研究(中央大学企業研究所)』   (33)    2018年8月
アメリカにおけるホワイト・カラーの雇用保障ーー従業員ハンドブックを中心に(上)
関口 定一
『企業研究』   (第31号)    2017年8月

書籍等出版物

 
ニューディール労働政策と従業員代表制――現代アメリカ労使関係の歴史的前提
ミネルヴァ書房   2009年2月   
アメリカ大企業と労働者─1920年代労務管理史研究
北海道大学図書刊行会   1998年9月   
現代の人事労務管理
八千代出版    2001年6月   
人材活用と企業内教育
日本経済評論社    2000年7月   
アメリカ企業経営史:労務・労使関係的視点を機軸として
税務経理協会    2000年4月   

講演・口頭発表等

 
「ホワイトカラー」を創る装置: 20世紀アメリカ企業の雇用・人事制度
日本労務学会関東部会   2016年   
現場経験を通じた大卒エンジニア育成―GEのテスト・コースの場合―
経営史学会   2010年   
企業内教育・訓練の展開と大企業の組織・管理改革-熟練工、フォアマン、エンジニア、マネージャー-
社会政策学会第118回大会   2009年   
アメリカにおけるホワイトカラーの形成――ゼネラル・エレクトリックにおける技師・管理者の内部育成とキャリア
経営史学会第42回全国大会パネルディスカッション『ホワイトカラー形成の国際比較』,経営史学会   2006年   
アメリカ労使関係における「ジョブ・コントロール・ユニオニズム」――歴史的再検討の試み
社会政策学会第110回全国大会,社会政策学会   2005年   

Works

 
ホワイトカラー形成の比較史的研究
2009年4月
現代アメリカ労使関係の基盤形成過程に関する実証的研究
2009年4月
労務管理の生成と終焉に関する総合的歴史研究:「職業世界」との相互関係を中心に
2008年4月
アメリカ大企業における大卒ホワイトカラーの採用・育成・キャリアに関する実証的研究
2008年4月
現代アメリカ大企業の人事制度改革と労使関係システム転換に関する理論的・実証的研究
2006年4月

競争的資金等の研究課題

 
比較労務管理・労使関係史研究
研究期間: 2008年   
企業における技能形成と労使関係に関する比較史
研究期間: 1980年   
ホワイトカラー雇用システムの日米比較研究
研究期間: 2008年