河原 祐馬

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 03:16
 
アバター
研究者氏名
河原 祐馬
 
カワハラ ユウマ
所属
岡山大学
部署
社会文化科学研究科
職名
教授
学位
法学(修士)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学社会文化科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
京都大学 法学研究科 政治学
 
 
 - 
1984年
金沢大学 文学部 史学科・西洋史
 

Misc

 
エストニアにおけるロシア語系住民の社会統合―「戦争記念碑」問題を中心として
河原祐馬
社会科学論集   (49) 61-85   2011年
ソ連邦の崩壊とロシアの政軍関係
岡山大学法学会   59(3・4) 27-62   2010年
エストニア共和国の民主化プロセスと政治文化をめぐる議論
河原祐馬
岡山大学法学会雑誌   57(1) 1-23   2008年
プーチニズム:民主主義へのロシアの道?
河原祐馬
岡山大学法学会雑誌   57(1) 236-282   2007年
エストニア共和国の市民権政策とロシア語系住民問題
河原祐馬
法学会雑誌   第54巻第4号、1-38頁    2005年

書籍等出版物

 
外国人参政権問題の国際比較
昭和堂   2006年   
ポピュリズム・民主主義・政治指導
ミネルヴァ書房   2009年   ISBN:9784623055425
国家と民族を問いなおす
ミネルヴァ書房   1999年   
ロシア近現代史―ピョートル大帝から現代まで―
ミネルヴァ書房   1999年   
法生活と文明史
未来社   2003年   

講演・口頭発表等

 
プーチニズム:ポピュリズムの後には何が来たか
日本政治学会   2007年   
エストニアの民主化とロシア語系住民問題:政治文化をめぐる議論との関連で
日本比較政治学会   2007年   
ラトヴィアのロシア語系住民と言語問題
ロシア・東欧研究会(九州地区)   2001年   
バルト三国の市民権問題
ロシア・東欧研究会(関西地区)   1999年   
バルト三国の市民権問題
ロシア・東欧学会   1999年