西田 眞壽美

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:10
 
アバター
研究者氏名
西田 眞壽美
 
ニシダ マスミ
所属
岡山大学
部署
保健学研究科
職名
教授
学位
博士(保健学)(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2004年
 岡山大学医学部保健学科 教授
 
2004年
   
 
- 岡山大学保健学研究科 教授
 
1978年
 - 
1979年
 聖路加国際病院 職員(医療系)
 
1979年
 - 
1988年
 九州大学医療技術短期大学部 助手
 
1991年
 - 
1997年
 東京都老人総合研究所 非常勤研究員
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京大学 医学系研究科 健康科学・看護学専攻
 
 
 - 
1978年
聖路加国際大学 衛生看護学部 衛生看護学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2009年
日本看護学会  運営委員および抄録選考委員会責任者
 
2009年
   
 
日本保健医療社会学会  評議員
 
2004年
   
 
日本老年社会科学会  査読委員
 
2009年
   
 
日本家族看護学会  第16回学術集会座長
 
2014年
 - 
2018年
日本看護科学学会  代議員
 

Misc

 
退院(所)計画に関わる看護活動と看護管理職者の認識 ―佐賀・長崎・福岡県の病院及び老人保健施設における実態調査
*西田真寿美,松岡緑,高見陽子
平成9・10年度科学研究費補助金研究成果報告書      1999年
成人糖尿病患者の食事管理に影響する要因と自己効力感
藤田君支,松岡緑,*西田真寿美
日本糖尿病教育・看護学会誌      2000年
糖尿病患者の肯定的および否定的な情緒に影響を及ぼす要因について
楠葉洋子,松岡緑,*西田真寿美
日本糖尿病教育・看護学会誌      2000年
退所/退院に関連する看護活動 ―老人保健施設及び内科病棟の看護管理職者の意識調査
*西田真寿美,松岡緑,高見陽子
老年看護学      2000年
女子大学生のダイエット行動に及ぼす影響要因
溝口全子, 松岡緑, *西田真寿美
日本看護科学会誌      2000年

書籍等出版物

 
事例で学ぶクリティカルシンキング.看護実践に役立つ思考過程
医学書院   1998年   
TACSシリーズ7 老人看護学
建帛社   2001年   
老人看護学 TACSシリーズ7
建帛社   2001年   
新・介護福祉概論
学文社   2003年   
基本カルテ・看護記録用語辞典
ヌーヴェルヒロカワ   2003年   

講演・口頭発表等

 
老人看護学実習過程における高齢者イメージ変化の縦断的検討
日本看護学教育学会第12回学術集会   2002年   
看護実践に活かす看護研究
神鋼病院看護研究研修会   2003年   
ユニットケアを導入した特別養護老人ホームの看護職と介護職の協働を促進するための教育の検討
日本老年看護学会   2003年   
ユニットケアを目指す特別養護老人ホームにおける学習・研修プログラムの開発 ―介護職と看護職のための共有プログラムの実践と評価―
第12回日本介護福祉学会   2004年   
要支援・要介護高齢者の在宅生活の限界点と家族の役割
日本社会福祉学会   2004年   

Works

 
民営化・市場原理導入による公的対人サービス領域の構造的変化と非営利サービス組織
2007年 - 2008年
民営化・市場原理導入による公的対人サービス領域の構造的変化と非営利サービス組織
2008年 - 2009年
認知症高齢者のアクティビティケア評価指標:看護と介護の共同モデルの開発
2008年 - 2009年
認知症高齢者のアクティビティケア評価指標:看護と介護の共同モデルの開発
2008年 - 2010年
認知症高齢者のアクティビティケア評価指標:看護と介護の共同モデルの開発
2008年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
高齢者の在宅ケアにかかわる多職種の役割関係と協働活動における促進要因の解析
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2004年
高齢者の在宅ケア及び施設ケアにおいて,看護師,介護福祉士,社会福祉士など多職種間の連携・協働の課題を探索し,特に介護保険以後の職種関係の変動やサービス利用者への影響などを検討する。
在宅介護支援効果に関わる要因
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
在宅介護者の生活再建に影響を及ぼす関連要因
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2007年   
認知症高齢者のアクティビティケア評価指標:看護と介護の共同モデルの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2014年
特別養護老人ホーム利用者の医療ニーズ
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2008年