吉森 保

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 02:40
 
アバター
研究者氏名
吉森 保
 
ヨシモリ タモツ
URL
http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/yoshimori/
所属
大阪大学
部署
生命機能研究科 生命機能専攻
職名
教授
学位
医学博士(大阪大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
60191649
ORCID ID
0000-0001-9787-3788

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪大学 生命機能研究科 研究科長
 
2010年
 - 
現在
大阪大学 生命機能研究科 時空生物学講座 細胞内膜動態研究室/医学系研究科 生化学・分子生物学講座 遺伝学教室 教授
 
2006年
 - 
2010年
大阪大学 微生物病研究所 環境応答研究部門 教授
 
2002年
 - 
2006年
国立遺伝学研究所 細胞遺伝研究部門 教授
 
1996年
 - 
2002年
岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 助教授
 

学歴

 
1983年
 - 
1986年
大阪大学 医学研究科 医科学専攻 博士課程
 
1981年
 - 
1983年
大阪大学 医学研究科 医科学専攻 修士課程
 
1977年
 - 
1981年
大阪大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本細胞生物学会  幹事
 
2017年
 - 
現在
日本生化学会  理事
 
2016年
 - 
現在
Journal of Biochemistry誌  常務理事
 
2015年
 - 
現在
日本細胞生物学会  代議員
 
2015年
 - 
現在
日本細胞生物学会  理事
 
2013年
 - 
現在
Journal of Cell Science 誌  Editor
 
2013年
 - 
現在
Faculty of 1000  シニアファカルティー
 
2010年
 - 
現在
Journal of Cell Biology誌  Editorial board member
 
2010年
 - 
現在
Molecular Biology of the Cell誌  Editorial board member
 
2010年
 - 
現在
Cellular Microbiology 誌  Editorial board member
 

受賞

 
2017年
持田記念学術賞
 
2017年
大阪大学 大阪大学栄誉教授称号授与
 
2015年
上原賞
 
2015年
世界で最も影響力のある科学者(Highly Cited Researchers) 2015
 
2015年
大阪大学 総長顕彰(研究部門)
 
2014年
柿内三郎記念賞
 
2014年
大阪大学 総長顕彰(研究部門)
 
2014年
大阪大学 特別教授称号授与
 
2014年
世界で最も影響力のある科学者(Highly Cited Researchers) 2014
 
2013年
大阪大学 総長顕彰(研究部門)
 

論文

 
Lystad AH, Carlsson SR, de la Ballina LR, Kauffman KJ, Nag S, Yoshimori T, Melia TJ, Simonsen A
Nature cell biology   21(3) 372-383   2019年3月   [査読有り]
Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T
Nature communications   10(1) 847   2019年2月   [査読有り]
Chang C, Young LN, Morris KL, von Bülow S, Schöneberg J, Yamamoto-Imoto H, Oe Y, Yamamoto K, Nakamura S, Stjepanovic G, Hummer G, Yoshimori T, Hurley JH
Molecular cell   73(2) 339-353   2019年1月   [査読有り]
Aoki A, Nakashima A, Kusabiraki T, Ono Y, Yoshino O, Muto M, Kumasawa K, Yoshimori T, Ikawa M, Saito S*.
Am J Pathol.   188(11) 2474-2486   2018年11月   [査読有り]
Tan JM, Mellouk N, Osborne SE, Ammendolia DA, Dyer DN, Li R, Brunen D, van Rijn JM, Huang J, Czuczman MA, Cemma MA, Won AM, Yip CM, Xavier RJ, MacDuff DA, Reggiori F, Debnath J, Yoshimori T, Kim PK, Fairn GD, Coyaud E, Raught B, Muise AM, Higgins DE, Brumell JH*.
Nat Microbiol.   3(12) 1472-1485   2018年12月   [査読有り]
Lee JH, Rao MV, Yang DS, Stavrides P, Im E, Pensalfini A, Huo C, Sarkar P, Yoshimori T, Nixon RA*.
Autophagy   15(3) 543-557   2019年5月   [査読有り]
Itoh K, Adachi Y, Yamada T, Suzuki TL, Otomo T, McBride HM, Yoshimori T, Iijima M, Sesaki H.
J Biol Chem   293(30) 11809-11822   2018年7月   [査読有り]
Yang F, Yang L, Wataya-Kaneda M*, Hasegawa J, Yoshimori T, Tanemura A, Tsuruta D, Katayama I.
J Dermatol Sci.   89(2) 155-164   2018年2月   [査読有り]
SELECTIVE AUTOPHAGY VIA MTORC1 AND TFEB SIGNALS IN THE SUPPRESSION OF KIDNEY STONE FORMATION
Unno Rei, Kawabata Tsuyoshi, Takase Hiroshi, Sugino Teruaki, Tanaka Yutaro, Taguchi Kazumi, Unno Naoko, Hamamoto Shuzo, Ando Ryosuke, Okada Atsushi, Kohri Kenjiro, Yoshimori Tamotsu, Yasui Takahiro
JOURNAL OF UROLOGY   199(4) E76   2018年4月   [査読有り]
Yoshida Y*, Yasuda S, Fujita T, Hamasaki M, Murakami A, Kawawaki J, Iwai K, Saeki Y, Yoshimori T, Matsuda N, Tanaka K*.
Proc Natl Acad Sci U S A.   114(32) 8574-8579   2017年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
吉森 保, 水島 昇, 中戸川 仁, 大隅 良典
南山堂   2018年   ISBN:9784525134815
The実験医学 オートファジー 研究者たちの集大成が見える 最新ビジュアルテキスト
水島昇・吉森保 (担当:共著)
羊土社   2017年9月   ISBN:978-4-7481-0365-7
Lysophagy: A Method for Monitoring Lysosomal Rupture Followed by Autophagy Dependent Recovery.
Otomo T, Yoshimori T. (担当:共著)
Human Press   2017年2月   ISBN:978-1-4939-6932-6
水島 昇, 吉森 保
羊土社   2017年   ISBN:9784758103657
メンブレントラフィック 膜・小胞による細胞内輸送ネットワーク(第1版)
福田光則, 吉森 保 (担当:共著)
科学同人   2016年7月   ISBN:978-4-7598-1723-2
福田 光則, 吉森 保
化学同人   2016年   ISBN:9784759817232
Yoshimori T, (Eds.) Bradshaw Ralph A , Stahl Philip D (担当:共著)
Elsevier   2015年9月   ISBN:9780123944474

講演・口頭発表等

 
Autophagy: Its molecular machinery and implications in diseases
The 1st OIST-OU Joint Symposium “Cell Biology and Immunology”   2019年1月29日   Osaka University, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University
オートファジー:疾患に対抗し寿命を延ばす細胞の守護者
第1回 医学系研究科-産業科学研究所懇話会   2019年1月26日   大阪大学
オートファジー:疾患に対抗し寿命を延長する細胞内分解システム
東京大学理学部セミナー   2019年1月11日   東京大学理学部
オートファジーとは何か:ノーベル賞の大隅先生と挑んだ21年
安田記念医学財団創立30周年記念講演会   2018年12月8日   安田記念医学財団
オートファジーとは何か?〜ノーベル賞の大隅先生と挑んだ21年〜
国立病院機構福山医療センターオープンカンファレンス   2018年11月30日   国立病院機構福山医療センター

Misc

 
川端剛, LU Shiou‐Ling, 吉森保
月刊臨床免疫・アレルギー科   70(5) 532‐536   2018年11月
中島彰俊, 草開妙, 青木藍子, 島友子, 鮫島梓, 米田哲, CHENG Shi‐Bin, 吉野修, 伊川正人, 吉森保, SHARMA Surendra, 齋藤滋
Reproductive Immunology and Biology   33(1-2) 18‐25   2018年11月
碇純子, 呂女秀菱, 荒木保弘, FEIKE Hao, 今井健太, 土反伸和, 吉森保, 大友孝信, 野田健司, 野田健司
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 95   2018年8月
藤居藍, 今井健太, 天野郁子, 碇純子, 山田泰之, 西山由美, 吉森保, 士反伸和
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 204   2018年8月
吉森保
持田記念財団年報   2018 33‐38   2018年8月
吉森保, 吉森保
泌尿器外科   31(8) 1117   2018年8月
中村修平, 中村修平, 中村修平, 吉森保, 吉森保
Bio Clinica   33(7) 622‐626   2018年7月
藤村龍太, 山本毅士, 高畠義嗣, 松田潤, 南聡, 酒井晋介, 高橋篤史, 難波倫子, 新村文男, 松阪泰二, 吉森保, 猪阪善隆
日本腎臓学会誌   60(3) 363   2018年4月
吉森保
日本化学療法学会雑誌   66(Supplement-A) 129   2018年4月
Nakamura S, Yoshimori T
Mol. Cells.   41(1) 65-72   2018年1月   [査読有り]

社会貢献活動

 
ノーベル賞共同研究者吉森保教授の語るオートファジーの過去・現在・未来
【講師】  竹早高校  竹早高校文化講演会「かぐや姫」(東京)  2018年10月27日
ノーベル賞のオートファジーって何だろう?
【講師】  天王寺高校  天校アカデメイア  (大阪)  2018年2月8日
オートファジーとは何か:大隅先生と挑んだ21年
【出演, コメンテーター, 講師】  自然科学研究機構  自然科学研究機構長プレス懇談会(第12回)  (東京)  2018年1月25日
オートファジーな落語
【出演】  天満天神繁昌亭  天神寄席12月席『ゲテモノ食いの仕組み』  (大阪)  2017年12月25日
オートファジーって何だろう~2016年ノーベル賞の大隅先生と挑んだ21年~
【出演, 講師】  公益財団法人ひょうご科学技術協会  第35回ひょうご科学技術トピックスセミナー  (神戸)  2017年11月23日

競争的資金等の研究課題

 
オートファジーによる細胞外微粒子応答と形成
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業CRESTタイプ
研究期間: 2017年10月 - 2023年3月    代表者: 吉森 保
オートファジーによる寿命延長機構
日本医療研究開発機構: 老化機構・制御研究拠点
研究期間: 2017年10月 - 2022年3月    代表者: 吉森 保
領域名「老化メカニズムの解明・制御プロジェクト」・研究代表者:原 英二教授、大阪大学微生物病研究所
HFSP Research Grants
The International Human Frontier Science Program Organization: 
研究期間: 2017年11月 - 2020年12月    代表者: 吉森 保
病原体・損傷オルガネラに対する選択的オートファジーの分子機構と病態生理
日本学術振興会: 日中韓フォーサイト事業
研究期間: 2015年8月 - 2020年7月    代表者: 吉森 保
オートファジーによる神経変性疾患抑制の分子機構解明と創薬に向けた研究
文部科学省: 基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 吉森 保