安彦 泰進

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/10 16:13
 
アバター
研究者氏名
安彦 泰進
 
アビコ ヒロノブ
eメール
abiko-humin.ac.jp
所属
独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所
部署
作業環境研究グループ
職名
主任研究員
学位
博士(工学)(東京大学)

プロフィール

https://www.jniosh.go.jp/groups/environment.html
勤務先住所:〒214-8585 神奈川県川崎市多摩区長尾6丁目21番1号
TEL 044-865-6111 ext.8118 / FAX 044-865-6124(代表)

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000003634627

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 作業環境研究グループ 主任研究員
 
2009年4月
 - 
2016年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 環境計測管理研究グループ 主任研究員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 環境計測管理研究グループ 研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 人間工学・リスク管理研究グループ(Ⅱ) 研究員
 
2001年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人産業医学総合研究所 人間工学特性研究部 研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京大学大学院 工学系研究科 応用化学専攻博士課程
 

委員歴

 
2009年10月
   
 
炭素材料学会  エコカーボン研究会幹事 http://www.hino.meisei-u.ac.jp/es/yoshizaw/eco-carbon/
 

競争的資金等の研究課題

 
作業環境測定に向けた低濃度有機ガス捕集用吸着材料の研究
経常研究
研究期間: 2012年4月       代表者: 安彦 泰進

担当経験のある科目

 
 

書籍等出版物

 
“安全衛生情報 作業環境測定用捕集管で使用される捕集剤について”
安彦 泰進
一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会   2017年4月   
安全衛生コンサルタント 2017年4月号(第37巻122号) pp.27−32
“解説 小型活性炭層での有機ガス破過と推算モデル 吸湿の影響を考える”
安彦 泰進
日本工業出版株式会社   2016年10月   
クリーンテクノロジー 2016年10月号(第26巻10号) pp.50−53
http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=3916
“炭素材料の研究開発動向2012”
安彦 泰進 (担当:分担執筆, 範囲:活性炭層での有機ガス流吸着の数式モデル化と使用可能時間の推算 pp.100−110)
CPC研究会   2012年3月   
http://cpc-society.org/houkoku2012.htm

受賞

 
2018年4月
Microporous and Mesoporous Materials(Elsevier, Amsterdam, The Netherlands) Outstanding Contribution in Reviewing
 
2017年12月
Microporous and Mesoporous Materials(Elsevier, Amsterdam, The Netherlands) Recognized Reviewer
 
2016年9月
公益社団法人日本セラミックス協会男女共同参画委員会 第29回秋季シンポジウム(広島大学)男女共同参画に関する川柳 銀賞
 
http://www.ceramic.or.jp/csj/sankaku-office/
2016年8月
Microporous and Mesoporous Materials(Elsevier, Amsterdam, The Netherlands) Outstanding Contribution in Reviewing
 
2016年3月
Microporous and Mesoporous Materials(Elsevier, Amsterdam, The Netherlands) Recognized Reviewer
 

論文

 
Hironobu Abiko, Mitsuya Furuse and Tsuguo Takano
Journal of Chemical Engineering of Japan   51(5) 395-399   2018年5月   [査読有り]
安彦 泰進
安全衛生コンサルタント   37(122) 27-32   2017年4月   [招待有り]
Hironobu Abiko
Journal of the Ceramic Society of Japan   125(3) 175-179   2017年3月   [査読有り]
Hironobu Abiko, Mitsuya Furuse and Tsuguo Takano
Journal of Occupational Health   58(6) 570-581   2016年11月   [査読有り]
安彦 泰進
クリーンテクノロジー   26(10) 50-53   2016年10月   [招待有り]

Misc

 
安彦 泰進
安衛研ニュース(メールマガジン)   (90)    2016年4月   [依頼有り]
“「第12回エコカーボン研究会」報告”(和文)
安彦 泰進
炭素(TANSO)   (250) 280-282   2011年11月   [依頼有り]
“二次電池正極材料の研究(継続)”(和文)
工藤 徹一, 日比野 光宏, 安彦 泰進, 今村 大地
東京大学生産技術研究所年次要覧 2000年度   (49) 220-220   2001年
“Free Radical Processes in the Atmosphere−Heterogeneous Reactions in the Atmosphere”(英文)(大気圏におけるフリーラジカル過程 大気中での不均一反応の研究)
Sei-ichiro Koda, Akio Shimono, Shungo Kato and Hironobu Abiko
フリーラジカルの科学 平成7年度 第3年次研究報告書(文部省)   135-143   1996年
“炭素ニュース~次世代の会会員自己紹介~”(和文)
炭素材料学会
炭素(TANSO)   (280) 222   2017年11月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
“演題未定”
安彦 泰進
第59回日本労働衛生工学会(福島・福島県産業交流館(郡山市))抄録集 p.   2019年11月   
“作業環境測定用捕集剤における相平衡法と直接添加法の適用の検討”
安彦 泰進
第92回日本産業衛生学会(愛知・名古屋国際会議場)講演集 p.O10-04   2019年5月   
(産業衛生学雑誌 第61巻 臨時増刊号(冊子版) p. 2019年5月)
安彦 泰進
日本化学会第99春季年会(兵庫・甲南大学岡本キャンパス)講演予稿集DVD−ROM 1G2−34   2019年3月   
安彦 泰進
第58回日本労働衛生工学会(富山・富山国際会議場 大手町フォーラム)抄録集 p.36−37   2018年11月   
安彦 泰進
第32回日本吸着学会研究発表会(大阪・大阪大学豊中キャンパス 基礎工学国際棟 シグマホール)講演要旨集 p.26   2018年11月   

その他

 
2012年6月
一般社団法人大阪工研協会 活性炭技術研究会 特別会員(平成24年度−27年度)
以降 同研究会(地方独立行政法人大阪産業技術研究所 森之宮センター(旧大阪
市立工業研究所))参加
学界会員(平成28年度−)
http://ac-rs.jp/
2010年10月
CPC研究会 参加
http://cpc-society.org/
1999年2月
財団法人生産技術研究奨励会 平成11年度若手研究者海外派遣助成
2005年2月
第1種放射線取扱主任者免状取得
1997年12月
エックス線作業主任者免許取得
1997年3月
甲種危険物取扱者免状取得
2011年7月   以降のReviewer(査読):
Microporous and Mesoporous Materials
Industrial Health
Current Trends in Chemical Engineering and Processing Technology
American Chemical Science Journal
Korean Journal of Chemical Engineering
Recent Progress in Space Technology / Recent Patents on Space Technology
労働安全衛生研究
労働安全衛生総合研究所特別研究報告
学会・研究会 座長
2009年-2013年 第10回-第14回エコカーボン研究会(明星大学日野校舎 ほか)
2016年 第89回日本産業衛生学会(福島市音楽堂)