川口 章

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/03 21:14
 

プロフィール

専門は植物病理学、土壌微生物学です。農業生産者にとって本当に役立つ情報、技術とはなんなのか、自分が農業生産者だったら、どんな情報、技術が欲しいのかを自問自答しながら、仕事をしています。
バイオコントロールを中心に仕事をしてきましたが、近年は病害の発生生態に非常に興味があり、疫学的手法による研究も進めています。いろんな方とディスカッションをし、ALL JAPANで仕事を進めていきたいと思っています。
 私は、果樹(ブドウ、モモ)、野菜(トマトその他)、普通作(イネ、麦)の病害研究及び病害診断が可能です。特に、これまで有効な防除法がなく全世界で問題になっているブドウ根頭がんしゅ病の新規拮抗細菌を活用した防除技術の開発は、社会実装に向けて進んでいます。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学大学院 農学生命科学研究科 非常勤講師(兼務)
 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 農研機構 西日本農業研究センター 生産環境研究領域病害管理グループ 研究員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
岡山県 農林水産部農産課 主任
 
2010年4月
 - 
2015年3月
岡山県農林水産総合センター農業研究所 病虫研究室 研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
岡山県農業総合センター農業試験場 病虫研究室 研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
岡山大学大学院 自然科学研究科 バイオサイエンス専攻(博士課程)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
九州大学大学院 生物資源研究科 植物資源科学(修士課程)
 
1996年4月
 - 
2000年3月
九州大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
Journal of General Plant Pathology  Associate Editor(原著編集委員)
 
2010年4月
 - 
現在
日本植物病理学会バイオコントロール研究会  運営委員
 
2010年4月
 - 
現在
日本植物病理学会EBC研究会  運営委員
 
2015年3月
 - 
2016年6月
European Journal of Plant Pathology  Associate Editor
 

受賞

 
2016年2月
日本学士院 日本学士院学術奨励賞 植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発
 
2016年2月
日本学術振興会 第12回(平成27年度)日本学術振興会賞 植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発
 
2012年11月
農林水産省 第8回若手農林水産研究者表彰
 
2012年11月
公益財団法人農学会 平成24年度(第11回)日本農学進歩賞
 
2012年1月
岡山県職員知事表彰
 

論文

 
Biological control agent Rhizobium (=Agrobacterium) vitis strain ARK-1 suppresses expression of the essential and non-essential vir genes of tumorigenic R. vitis
Kawaguchi A, Nita M, Ishii T, Watanabe M, Noutoshi Y
BMC Research Notes   12 1-6   2019年1月   [査読有り]
Factors affecting primary infection and spatiotemporal patterns of tomato plants naturally infected with black leaf mold in commercial greenhouses
Kirino N., Kawaguchi A.
Journal of General Plant Pathology   84 in press   2018年9月   [査読有り]
Inoue Y, Kawaguchi A, Nakaho, K
Journal of General Plant Pathology   84(2) 118-123   2018年4月   [査読有り]
Kawaguchi A*, Yoshioka R, Mori M, Nishimura F, Kawata K, Tomioka K, Takehara T
Journal of General Plant Pathology   84(1) 35-43   2018年2月   [査読有り]
Saito K, Watanabe M, Matsui H, Yamamoto M, Ichinose Y, Toyoda K, Kawaguchi A and Noutoshi Y*
Journal of General Plant Pathology   84(1) 58-64   2018年2月   [査読有り]
Kawaguchi A, Inoue K, Tanina K, Nita M
Proceedings of Japan Academy Series B   93(8) 547-560   2017年10月   [査読有り][招待有り]
Kawaguchi A, Tanina K, Takehara T
Journal of General Plant Pathology   83(3) 162-168   2017年6月   [査読有り]
澤田宏之*・須崎浩一・川口 章
日本植物病理学会誌   82(2) 116-124   2016年5月   [査読有り]
Kawaguchi A.
European Journal of Plant Pathology   142(4) 789-799   2015年4月   [査読有り]
Kawaguchi A., Inoue K., Tanina K.
Plant Disease   99(3) 409-414   2015年3月   [査読有り]
Kawaguchi, A. Tanina, K.
European Journal of Plant Pathology   138(140) 399-406   2014年10月   [査読有り]
Kawaguchi A
Journal of General Plant Pathology   80(4) 366-369   2014年8月   [査読有り]
Kawaguchi, A., Suenaga-Kanetani, H.
Journal of General Plant Pathology   80(5) 430-434   2014年8月   [査読有り]
Kawaguchi A
Journal of General Plant Pathology   80(5) 435-442   2014年6月   [査読有り]
Kawaguchi A, Inoue K, Inoue Y
Journal of General Plant Pathology   80(2) 158-163   2014年2月   [査読有り]
Kawaguchi, A.
Microbes and Environments   28(3) 306-311   2013年9月   [査読有り]
Kawaguchi, A, Tanina, K., Inoue, K.
Journal of General Plant Pathology   79(1) 46-50   2013年2月   [査読有り]
非病原性Rhizobium vitis VAR03-1株のブドウ根内部における定着性について
川口 章
近畿中国四国農業研究   21(2) 25-28   2012年11月   [査読有り]
Kawaguchi, A., Inoue, K.
Journal of Phytopathology   160(10) 509-518   2012年10月   [査読有り]
川口 章・井上幸次
土と微生物   66(2) 51-54   2012年10月   [招待有り]
Kawaguchi, A, Kondo, K., Inoue, K.
Journal of General Plant Pathology   78(4) 287-293   2012年7月   [査読有り]
谷名光治・川口 章
日本植物病理学会報   77(4) 287-290   2011年11月   [査読有り]
Kawaguchi, A.
Journal of General Plant Pathology   77(5) 299-303   2011年9月   [査読有り]
株枯病が疑われるイチジク枯死樹の遺伝子診断法の改良.
川口 章・神谷奈多紗・金谷寛子・井上幸次
近畿中国四国農業研究   18 69-72   2011年   [査読有り]
雨除け栽培で発生するトマトかいよう病に対する土壌消毒と地上部伝染防止対策の防除効果
川口 章・谷名光治・井上幸次
近畿中国四国農業研究   18 15-19   2011年   [査読有り]
川口 章・谷名光治
関西病虫害研究会報   53 57-58   2011年   [査読有り]
川口 章
関西病虫害研究会報   53 59-61   2011年   [査読有り]
A. Kawaguchi, K. Tanina, K. Inoue
Plant Pathology   59(1) 76-83   2010年   [査読有り]
ブドウ根頭がんしゅ病の診断と生物的防除および病原細菌の系統解析に関する研究
川口 章
岡山県農業総合センター農業試験場研究報告(特別研究報告)   (27) 63-124   2010年   [招待有り]
ブドウ根頭がんしゅ病の生物防除
川口 章
日本植物病理学会土壌伝染病談話会レポート   25 110-117   2010年   [招待有り]
雨除け栽培で発生するトマトかいよう病の疫学的解析による伝染源の解明―分子タイピングと空間分布解析の応用―
川口 章
EBC研究会誌   6 1-10   2010年   [招待有り]
A.Kawaguchi, K.Inoue
Journal of General Plant Pathology   75(3) 205-212   2009年   [査読有り]
Yingqin Liu, Ayami Kanda, Kazutaka Yano, Akinori Kiba, Yasufumi Hikichi, Masataka Aino, Akira Kawaguchi, Sentaro Mizoguchi, Kazuhiro Nakaho, Hiroshi Shiomi, Yuichi Takikawa, Kouhei Ohnish
Journal of General Plant Pathology   75(5) 369-380   2009年   [査読有り]
A. Kawaguchi
Journal of General Plant Pathology   75(6) 462-463   2009年   [招待有り]
ブドウ根頭がんしゅ病の系統と生物防除に関する研究
川口 章
日本植物病理学会植物細菌病談話会論文集   24 29-39   2009年   [招待有り]
A. Kawaguchi, H. Sawada, Y. Ichinose
Plant Pathology   57(4) 747-753   2008年   [査読有り]
A. Kawaguchi, K. Inoue, Y. Ichinose
Phytopathology   98(11) 1218-1225   2008年   [査読有り]
マルチプレックスPCRによるブドウ根頭がんしゅ病の罹病ブドウ樹組織からの迅速検出
川口 章・井上幸次
岡山県農業総合センター農業試験場研究報告   26 21-25   2008年   [査読有り]
川口 章・井上幸次・久保田真弓・百町満朗・那須英夫
日本植物病理学会報   73(2) 114-116   2007年   [査読有り]
A.Kawaguchi, K.Inoue, H.Nasu
Journal of General Plant Pathology   73(2) 133-138   2007年   [査読有り]
末永寛子・川口 章・佐々木静江・井上幸次・那須英夫
日本植物病理学会報   73(3) 172-174   2007年   [査読有り]
トウガン褐色あざ病の化学的, 物理的防除法
川口 章・井上幸次・那須英夫
岡山県農業総合センター農業試験場研究報告   (25)    2007年   [査読有り]
A.Kawaguchi, H.Sawada, K.Inoue, H.Nasu
Journal of General Plant Pathology   71(1) 54-59   2005年   [査読有り]
A.Kawaguchi, K.Inoue, H.Nasu
Journal of General Plant Pathology   71(6) 422-430   2005年   [査読有り]
Role of Ca Resistance in Competitive Survival of Fluorescent Pseudomonads in Soil with High Salinity
A. Kawaguchi, T. Akazawa, M Sakai, S. Kanazawa
Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University   48 113-119   2003年   [査読有り]

Misc

 
土壌病害研究におけるデータの解析-根頭がんしゅ病生物防除研究を例として-
川口 章
土壌伝染病談話会レポート   28 29-37   2017年11月   [依頼有り]
「植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発」後編「アメリカにおけるブドウ根頭がんしゅ病の発生実態〜バージニア州を例として〜」
川口 章
植物防疫   71(3) 196-201   2017年3月   [依頼有り]
「植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発」前編「新規拮抗細菌ARK-1株の発見から研究、そして実用化に向けた展望」
川口 章
植物防疫.71(2)122-127   71(2) 122-127   2017年2月   [依頼有り]
川口 章
土と微生物   69(1) 3-6   2015年6月   [依頼有り]
モモせん孔細菌病の効率的防除に向けた疫学的アプローチ
川口 章
植物防疫   69(6) 363-367   2015年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
土壌微生物実験法 第3版
川口 章 (担当:分担執筆, 範囲:拮抗細菌の実験法)
養賢堂   2013年6月   
Grapevines: Varieties, Cultivation and Management
KAWAGUCHI Akira (担当:分担執筆, 範囲:Biological Control for Grapevine Crown Gall)
NOVA Publisher Inc.   2012年4月   
岡山県適用農作物病害虫雑草図鑑(共著)
山陽放送   2005年   
植物病原アトラス(共著)
ソフトサイエンス社   2006年   
植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアルⅡ(共著:「トマト褐色輪紋病菌」の項を執筆)
日本植物防疫協会   2009年   

講演・口頭発表等

 
Biological control for grapevine crown gall by nonpathgenic Rhizobium vitis strain ARK-1
川口 章
93rd Cumberland-Shenandoah Fruit Workers Conference   2017年12月1日   
Reduction of pathogen populations at grapevine wound sites is associated with the mechanism of biological control of crown gall by Agrobacterium vitis strain ARK-1
KAWAGUCHI Akira
APS-CPS Annual Joint Meeting   2014年8月9日   
Biological control of crown gall on grape and root colonization by nonpathogenic Agrobacterium (Rhizobium) vitis strain ARK-1.
Kawaguchi, A.
2013 APS-MSA Joint Meeting   2013年8月11日   
New antagonistic strains of nonpathogenic Rhizobium vitis to control grapevine crown gall
KAWAGUCHI A, Inoue K
2012 APS Annual Meeting RI, Providence   2012年8月   
Epidemiological study of tomato bacterial canker in greenhouses in Japan [招待有り]
Kawaguchi, A. Tanina. K. and Inoue, K.
The 2nd Korea-Japan Joint Symposium, Plant Pathology   2012年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ブドウ根頭がんしゅ病新規拮抗細菌の防除機構の解明
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究B)
研究期間: 2017年5月 - 2020年3月    代表者: 川口 章
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 川口 章
新規拮抗細菌を用いたブドウ根頭がんしゅ病防除剤の開発
独立行政法人 科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 川口 章(研究責任者)
主要作物をキサントモナス属病害から守る新規微生物農薬の開発
農林水産省: 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間: 2011年6月 - 2014年3月    代表者: 井上 康宏

特許

 
特許6035065 : 非病原性キサントモナス属細菌菌株及び該菌株を用いた微生物農薬
井上康宏・畔上耕児・川口 章・尾崎剛一・前川大輔
特許5854517 : 新菌株、該新菌株を用いた根頭がんしゅ病防除剤及び/又は植物種子発芽率向上剤
川口 章・井上幸次・小暮篤史・森脇明弘・高垣真喜一