長瀬 博文

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 11:02
 
アバター
研究者氏名
長瀬 博文
 
ナガセ ヒロフミ
URL
http://publichealth.w3.kanazawa-u.ac.jp/introduction/nstaff.html
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域
職名
協力研究員
学位
博士(医学)(金沢大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年12月
 - 
現在
富山大学 医学部看護学科地域看護学 非常勤講師
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
金沢大学 医学研究科 社会医学系修了 博士(医学)
 
1982年3月
 - 
1988年4月
金沢大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
一般社団法人 社会医学系専門医協会  社会医学系専門医・指導医
 
2011年1月
   
 
日本公衆衛生学会  公衆衛生認定専門家 2011.1.31-
 
2008年11月
   
 
臨床研修指導医   2008.11.16-
 
2005年10月
   
 
北陸公衆衛生学会  評議員
 

受賞

 
1997年
第67回日本衛生学会 選択一般口演
 
1991年
財団法人住友生命社会福祉事業団医学奨学金
 
1989年
日本育英会第一種奨学金
 
1989-1993
1982年
富山県奨学金
 
1982-1988

論文

 
新村 哲夫, 海 栄, 堀井 裕子, 中崎 美峰子, 長瀬 博文, 桑守 豊美, 森田 明美, 王 紅兵, 胡 莉珍, 孫 迎春, 蘇 秀蘭, 常 虹, 畢 力夫, 鏡森 定信
日本衞生學雜誌   63(2)    2008年3月
山岳観光地におけるノロウイルス食中毒予防対策と健康危機管理体制の構築(保健活動レポート)
久保裕子、森山あゆみ、道谷真由美、泉澤ひとみ、相川義之、奥村開、金木潤、加藤一之、上出功、長瀬博文
北陸公衆衛生学会誌   35(1) 33-35   2008年   [査読有り]
Kodama Shuji, Ito Yuji, Nagase Hirofumi, Yamashita Tomohisa, Kemmei Tomoko, Yamamoto Atsushi, Hayakawa Kazuichi
Journal of health science   53(4) 491-495   2007年8月
Yabukita green tea leaves in Shizuoka, Kagoshima and Mie areas in Japan were analyzed for catechins and caffeine using 6-0-α-D-glucosyl-β-cyclodextrin-modified micellar electrokinetic chromatography (6G-β-CD-modified MEKC). Caffeine and seven cate...
新村 哲夫, 中崎 美峰子, 堀井 裕子, 長瀬 博文, 鏡森 定信
日本衞生學雜誌   62(2)    2007年3月
MATSUZAKI Ichiyo, SAGARA Takiko, OHSHITA Yoshiko, NAGASE Hirofumi, OGINO Keiki, EBOSHIDA Akira, SASAHARA Shinichiro, NAKAMURA Hiroyuki
Environmental health and preventive medicine   12(2) 71-77   2007年3月
Objectives: The number of elderly workers has also been increasing and poor psychological well-being in elderly workers has been reported. The aim of this study is to elucidate the factors that are related to poor psychological well-being in elder...
中高年者の日常身体活動量と骨量の関連
堀井裕子、 中崎美峰子、 田中朋子、 長瀬博文、 明神三枝子、 澁谷直美、 大浦栄次
富山県衛生研究所年報(平成18年度)   30 120-123   2007年
思春期女子の高い骨量獲得に効果的な運動および牛乳摂取の時期
堀井裕子、 中崎美峰子、 田中朋子、 長瀬博文、 山上孝司
富山県衛生研究所年報(平成18年度)   30 115-119   2007年
中国茶葉および紅茶のティーバッグ浸出液中のフッ素濃度
新村哲夫、 中崎美峰子、 堀井裕子、 三井博、 長瀬博文、 鏡森定信
富山県衛生研究所年報(平成18年度)   30 172-174   2007年
アディポネクチン多量体測定の意義
田中朋子、 堀井裕子、 長瀬博文
富山県衛生研究所年報(平成18年度)   30 175-176   2007年
新村 哲夫, 長瀬 博文, 荒谷 哲雄, 鏡森 定信
Biomedical research on trace elements   17(2)    2006年7月
助成論文:高齢労働者における精神的健康度の向上のためのSOCを用いた健康プログラムの開発
中村裕之、相良多喜子、荻野景規、長瀬博文、大下喜子、松崎一葉、友常祐介、吉野聡、立川秀樹、烏帽子田彰
産業医学ジャーナル   29(4) 93-98   2006年
富山県の大腸がん発生背景要因に関する症例対照研究
品川 保弘、 長瀬 博文、 松澤 孝信
富山県衛生研究所年報(平成17年度)   29 69-82   2006年
品川 保弘, 長瀬 博文, 松澤 孝信
富山県衛生研究所年報   0(29) 69-82   2005年
濃縮海洋深層水の浮遊浴によるリラクゼーション効果の検討 「滑川深層水フェア2003・ぷかぷか体験」参加者について
新村哲夫、 張 淼、 堀井裕子、 中崎美峰子、 田中朋子、 長瀬博文、 荒谷哲雄、 堀井雅恵、 広田直美、 王紅兵、 鏡森定信
富山県衛生研究所年報(平成16年度)   23 138-143   2005年
成長期女子の牛乳摂取および運動習慣が骨代謝に与える影響
堀井裕子, 中崎美峰子, 田中朋子, 長瀬博文, 荒谷哲雄, 山上孝司
富山県衛生研究所年報(平成16年度)   (28) 126-129   2005年
ウォーキングによる体重減少と肥満体質遺伝子多型
田中朋子, 長瀬博文, 堀井裕子, 荒谷哲雄, 松倉知晴, 山上孝司
富山県衛生研究所年報(平成16年度)   (28) 130-133   2005年
田中 朋子, 堀井 裕子, 長瀬 博文
富山県衛生研究所年報   0(29) 149-151   2005年
新村 哲夫, 長瀬 博文, 荒谷 哲雄
富山県衛生研究所年報   0(29) 152-156   2005年
堀井 裕子, 田中 朋子, 長瀬 博文
富山県衛生研究所年報   0(29) 198-200   2005年
新村 哲夫, 張 〓, 堀井 裕子, 長瀬 博文, 荒谷 哲雄, 王 紅兵, ナセルモアデ リ アリ, スガ イナ アレック, 関根 道和, 鏡森 定信
日本温泉気候物理医学会雑誌 = THE JOURNAL OF JAPANESE ASSOCIATION OF PHYSICAL MEDICINE, BALNEOLOGY AND CLIMATOLOGY   67(3) 155-164   2004年5月
三沢 登美子, 田畑 正司, 長瀬 博文, 城戸 照彦
産業衛生学雑誌   46(2)    2004年3月
中村裕之, 荻野景規, 長瀬博文, 大下喜子, 松崎一葉, 小川幸恵, 烏帽子田彰
産業医学ジャーナル   27(2) 67-71   2004年3月
中村 裕之, 荻野 景規, 長瀬 博文
産業医学ジャーナル   27(2) 67-71   2004年3月
「滑川深層水フェア2003・ぷかぷか体験」における濃縮海洋深層水の浮遊浴によるリラクゼーション効果の検討
新村哲夫、張 淼、長瀬博文、荒谷哲雄、堀井雅恵*、広田直美*、王紅兵*、鏡森定信*
深層海水と健康研究会誌   4(6) 73-78   2004年
Bone mass and lifestyle related factors: a comparative study between Japanese and Inner Mongolian voung premenopausal women
M.Zhang, T.Shimmura, L.F.Bi, H.Nagase, H.Nishino, E.Kajita, M.Eto, H.B.Wang, X.L.Su, H.Chang, T.Aratani and S.Kagamimori
Osteoporosis International   15 547-551   2004年   [査読有り]
不登校の心身症的側面を評価するための問診票
梶原荘平、斎藤万比古、樋口重典、田中英高、長瀬博文
日本小児科学会雑誌   108 45-57   2004年
田中 朋子, 長瀬 博文, 堀井 裕子
富山県衛生研究所年報   0(28) 130-133   2004年
伊藤真由, 森山浩司, 石井敦子, 松浦賢長, 山中龍宏, 玉腰浩司, 長瀬博文, 中村和彦, 薬袋淳子
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 656   2003年10月
山田七重, 松浦賢長, 中村敬, 玉腰浩司, 長瀬博文, 山中龍宏, 近藤直司, 中村和彦, 大森智美
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 656   2003年10月
宮田美恵子, 瀧依果, 高沢美和子, 長瀬博文, 林宏一, 平桜博子, 逸見真理子
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 875   2003年10月
堀井裕子, 中崎美峰子, 田中朋子, 長瀬博文, 荒谷哲雄, 山上孝司
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 546   2003年10月
瀧依果, 高沢美和子, 長瀬博文, 林宏一, 平桜博子, 逸見真理子, 宮田美恵子
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 875   2003年10月
森山浩司, 石井敦子, 伊藤真由, 松浦賢長, 山中龍宏, 玉腰浩司, 長瀬博文, 中村和彦, 薬袋淳子
日本公衆衛生学会総会抄録集   62nd 655   2003年10月
森山浩司, 伊藤真由, 山中龍宏, 玉腰浩司, 長瀬博文, 中村和彦, 薬袋淳子, 山田七重, 近藤直己
日本小児保健学会講演集   50th 670-671   2003年10月
薬袋淳子, 武田康久, 山田七重, 松浦賢長, 玉腰浩司, 長瀬博文, 山中龍宏, 中村和彦, 山県然太朗
日本小児保健学会講演集   50th 242-243   2003年10月
Blood endothelin-1 and cold-induced vasodilation in patients with primary Raynauld's phenomenon and workers with vibration-induced white finger.
Nakamura H, Matsuzaki I, Hatta K, Nagase H, Nobokuni Y, Kambayashi Y, Ogino K
International angiology : a journal of the International Union of Angiology   22 243-249   2003年9月   [査読有り]
NAKAMURA Hiroyuki, MATSUZAKI Ichiyo, SASAHARA Shinichiro, HATTA Kotaro, NAGASE Hirofumi, OSHITA Yoshiko, OGAWA Yukie, NOBUKUNI Yoshitaka, KAMBAYASHI Yasuhiro, OGINO Keiki
Journal of occupational health   45(5) 278-285   2003年9月
We have previously demonstrated that a sense of coherence (SOC), a candidate for a mediating stress factor, is involved in natural killer cell activity (NKCA) reduced in smokers, whereas the relationship among exercise, NKCA and SOC is unclear. To...
長瀬 博文, 大下 喜子, 中村 裕之, 上田 操, 佐藤 保
産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health   45(0) 278-285   2003年3月
We have previously demonstrated that a sense of coherence (SOC), a candidate for a mediating stress factor, is involved in natural killer cell activity (NKCA) reduced in smokers, whereas the relationship among exercise, NKCA and SOC is unclear. To...
喫煙習慣に関連するストレスとSense of Coherence (SOC)―生活習慣と心理的要因を用いた正準判別解析
中村裕之、小川幸恵、長瀬博文、大下喜子、松崎一葉、熊崎努、烏帽子田彰、荻野景規
体力・栄養・免疫学雑誌   13(1) 23-30   2003年
女子における販売業務従事者の喫煙に対する仕事ストレスを中心とした心理的持性
中村裕之、長瀬博文、大下喜子、松崎一葉、熊崎努、烏帽子田彰、荻野景規
北陸公衆衛生学会誌   29(2) 47-51   2003年
Blood endothelin-1 and cold-induced vasodilation in patients with primary Raynaud's phenomenon and workers with vibration-induced white finger.
Hiroyuki Nakamura, Ichiyo Matsuzaki, Kotaro Hatta, Hirofumi Nagase, Yoshitaka Nobukuni, Yasuhiro Kambayashi and Keiki Ogino
International Angiology   3 243-249   2003年
Timing of sampling in endoscope 13C-urea breath test for H.pylori infection
Tomohiko Hayashi, Tadahiro Karasawa, Hirofumi Nagase, Shinichi Kinami, Takashi Fujimura, Koichi Miwa, Shinichi Nakamura and Takanori Hattori
Japanese Pharmacology Ther (薬理と治療)   31(8) 667-670   2003年
女子中学生の骨密度と骨代謝指標についての1年後の追跡調査
堀井裕子、中崎美峰子、田中朋子、長瀬博文、荒谷哲雄、山上孝司
富山県衛生研究所年報(平成14年度)   26 130-135   2003年
中国・内モンゴル自治区草原地域におけるタン茶飲料中フッ素濃度について
新村哲夫、張 淼、長瀬博文、荒谷哲雄、西野治身、梶田悦子、江藤真紀、王紅兵、鏡森定信、畢 力夫
富山県衛生研究所年報(平成14年度)   26 136-139   2003年
血清アディポネクチンと肥満指標、血清脂質およびライフスタイルとの関連
田中朋子、長瀬博文、荒谷哲雄
富山県衛生研究所年報(平成14年度)   26 144-147   2003年
女子中学生の血清エストラジオール値と骨密度の関係
堀井裕子、中崎美峰子、田中朋子、長瀬博文、荒谷哲雄、山上孝司
富山県衛生研究所年報(平成14年度)   26 190-191   2003年
田中 朋子, 長瀬 博文, 荒谷 哲雄
富山県衛生研究所年報   0(26) 144-147   2002年
Keiki Ogino, Madoka Nakajima, Norio Kodama , Masayuki Kubo, Satoshi Kimura, Hirofumi Nagase, Hiroyuki Nakamura
Free Radical Research   36(11) 1163-1170   2002年
新村 哲夫, 張 〔ビョウ〕, 長瀬 博文
富山県衛生研究所年報   0(26) 136-139   2002年
梶原 荘平, 齋藤 万比古, 樋口 重典, 田中 英高, 長瀬 博文
日本小児科学会雑誌   105(11) 1214-1221   2001年11月
NAKAMURA Hiroyuki, OGAWA Yukie, NAGASE Hirofumi, NAKAJIMA Madoka, KODAMA Norio, OGINO Keiki, OOSHITA Yoshiko
Journal of occupational health   43(4) 191-198   2001年7月
Sense of Coherence(SOC), a candidate for a mediating stress factor, is studied in the framework of Antonovsky's salutogenesis paradigm, which emphasizes the origin of health. Emotional stress is associated with a decrease in cellular immune functi...
長瀬 博文, 中村 裕之, 大下 喜子, 山田 晃裕, 田端 淳一, 児玉 典央, 中島 円, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
荻野 景規, 中島 円, 児玉 典夫, 山田 晃祐, 長瀬 博文, 中村 裕之
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
中島 円, 児玉 典央, 山田 晃裕, 田端 淳一, 長瀬 博文, 中村 裕之, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
児玉 典央, 山田 晃裕, 田端 淳一, 中島 円, 長瀬 博文, 中村 裕之, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
山田 晃裕, 田端 淳一, 児玉 典央, 中島 円, 長瀬 博文, 中村 裕之, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
中村 裕之, 松崎 一葉, 長瀬 博文, 中島 円, 山田 晃裕, 田端 淳一, 児玉 典央, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
大下 喜子, 長瀬 博文, 大宅 顕一朗, 青木 慎一郎, 矢ヶ崎 信子
日本衞生學雜誌   56(1)    2001年4月
Nakamura H, Nagase H, Ogino K, Hatta K, Matsuzaki I
Brain, behavior, and immunity   15 43-53   2001年3月   [査読有り]
小川 幸恵, 中村 裕之, 長瀬 博文, 荻野 景規, 大下 喜子, 塚原 節子
日本衞生學雜誌   55(4) 597-606   2001年1月
The purpose of this study was to clarify psychosocial characteristics associated with preventive health behavior for lifestyle-related diseases. The author performed objective health examinations and gave questionnaires to 289 men (39.7±11.8 years...
Catalase catalyzes nitrotyrosine formation from sodium azide and hydrogen peroxide.
Ogino Keiki, Kodama Norio, Nakajima Madoka, Yamada Akihiro, Nakamura Hiroyuki, Nagase Hirofumi, Sadamitsu Daikai, Maekawa Tuyoshi.
Free Radical Research   35 735-747   2001年
心身症的愁訴を有する不登校の診断のための症状チェックリストの作成
梶原荘平、斎藤万比古、樋口重典、田中英高、長瀬博文
日本小児科学会雑誌   105 1214-1221   2001年
血中leptin濃度と血圧、血清脂質との関連性についての検討
長瀬博文、中村裕之、大下喜子、山田晃裕、児玉典央、久保正幸、中島円、荻野景規
体力・栄養・免疫学雑誌   11 10-15   2001年
Elevated serum nitric oxide metabolites in hypertensives
Hirofumi Nagase, Keiki Ogino, Hiroyuki Nakamura, Madoka Nakajima, Akihiro Yamada, Norio Kodama and Masayuki Kubo
Journal of physical fitness, nutrition and immunology   11 34-39   2001年   [査読有り]
Hiroyuki Nakamura, Hirofumi Nagase, Keiki Ogino, Kotaro Hatta and Ichiyo Matsuzaki
Brain, Behavior, and Immunity   15 43-53   2001年
知的障害者更正施設利用者の血液生化学検査値からみた健康状況
大下喜子、舟木昌子、大宅顕一朗、長瀬博文、石井節子、枝吉千年世
西九州大学・佐賀短期大学紀要   31 31-35   2001年
Nakamura H, Nagase H, Ogino K, Hatta K, Matsuzaki I
Placenta   21 510-515   2000年7月   [査読有り]
Nakamura H, Nagase H, Ogino K, Hatta K, Matsuzaki I
Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.)   14 235-240   2000年5月   [査読有り]
知的障害者施設入所者の健康障害と課題
長瀬博文、大下喜子、大宅顕一朗、岡澤孝雄、中村裕之、荻野景規
北陸公衆衛生学会誌   27(1) 37-42   2000年
A retrospective study of ocular toxocariasis in Japan: correlation with antibody prevalence and ophthalmological findings of patients with uveitis.
Yoshida M, Shirao Y, Asai H, Nagase H, Nakamura H, Okazawa T, Kondo K, Takayanagi TH, Fujita K, Akao N
Journal of helminthology   73 357-361   1999年12月   [査読有り]
出口 裕子, 寺井 裕子, 小又 美樹, 長瀬 博文, 荻野 景規, 白尾 裕
日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica   50(10) 771-776   1999年10月
[Cross-sectional study of factors related to Achilles bone mineral density measured by an ultrasound system].
Nagase H, Hayashi K, Nakamura H, Yamada A, Ogino K
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   46 799-810   1999年9月   [査読有り]
Nakamura H, Nagase H, Yoshida M, Ogino K
Journal of psychosomatic research   46 569-578   1999年6月   [査読有り]
中村 裕之, 長瀬 博文, 松崎 一葉, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   54(1)    1999年4月
長瀬 博文, 中村 裕之, 荻野 景規
日本衞生學雜誌   54(1)    1999年4月
Sodium azide inhibits nitric oxide production by rat neutrophils
Keiki Ogino, Hiroyuki Nakamura, Hirohumi Nagase, Akihiro Yamada, Chiiko Nakano, Keiko Sugata and Shingo Kimura
Journal of physical fitness, nutrition and immunology   9(2) 103-108   1999年
A retrospective study of ocular toxocariasis in Japan: correlation with antibody prevalence and ophthalmological findings of patients with uveitis
Masami Yoshida, Yutaka Shirao, H.Asai, Hirofumi Nagase, Hiroyuki Nakamura, Takao Okazawa, Kaoru Kondo, T.H.Takayanagi, Koichiro Fujita and Nobuaki Akao
Journal of Heminthology   73 357-361   1999年
Hiroyuki Nakamura, Hirofumi Nagase, Masami Yoshida and Keiki Ogino
Journal of Psychosomatic Research   46(6) 569-578   1999年
超音波式踵骨骨量測定装置を用いた骨量とその関連要因についての横断的研究
長瀬博文、林宏一、中村裕之、山田晃裕、荻野景規
日本公衆衛生雑誌   46(9) 799-810   1999年   [査読有り]
Nakamura H, Seto T, Hatta K, Matsuzaki I, Nagase H, Yoshida M, Ogino K
Psychoneuroendocrinology   23 651-659   1998年8月   [査読有り]
池口 惠觀, 荻野 景規, 長瀬 博文, 岡 紳爾, 李 恵英, 芳原 達也, 郡司 篤晃
民族衞生   64(3) 183-192   1998年5月
三沢 登美子, 田畑 正司, 長瀬 博文
産業衛生学雑誌   40(0)    1998年3月
Opioid peptides mediate heat stress-induced immunosuppression during pregnancy.
Nakamura H, Nagase H, Yoshida M, Ogino K, Seto T, Hatta K, Matsuzaki I
The American journal of physiology   274 R672-6   1998年3月   [査読有り]
50歳以下の肝細胞癌の臨床的検討
多治見守泰、長瀬博文、吉田功、大森俊明、松田博人、中村裕之、荻野景規、島崎英樹
自治医大紀要   21 151-161   1998年
健康管理家庭における食事中の多価不飽和脂肪酸摂取と高脂血症発症 -縦断的研究に横断的検討を加える疫学的意
池口恵観、荻野景規、長瀬博文、中村裕之、山田晃裕
北陸公衆衛生学会誌   25(1) 41-46   1998年
免疫学的診断に基づく眼トキソカラ症における眼所見とその新しい病型分類
吉田雅美、長瀬博文、中村裕之、荻野景規、白尾裕、浅井宏志、赤尾信明、岡沢孝雄、近藤力王至
Clinical Parasitology   9(1) 51-53   1998年
Hiroyuki Nakamura, Toshio Seto, Kotaro Hatta, Ichiyo Matsuzaki, Hirofumi Nagase, Masami Yoshida and Keiki Ogino
Environmental Research   79(2) 106-113   1998年
Hiroyuki Nakamura, Toshio Seto, Kotaro Hatta, Ichiyo Matsuzaki, Hirofumi Nagase, Masami Yoshida and Keiki Ogino
Psychoneuroendocrinogy   23(6) 651-659   1998年
Effects of exposure to microwaves on cellular immunity and placental steroids in pregnant rats.
Nakamura H, Seto T, Nagase H, Yoshida M, Dan S, Ogino K
Occupational and environmental medicine   54 676-680   1997年9月   [査読有り]
Nakamura H, Seto T, Nagase H, Yoshida M, Hatta K, Matsuzaki I, Ogino K
Brain, behavior, and immunity   11 141-152   1997年6月   [査読有り]
Nakamura H, Seto T, Nagase H, Yoshida M, Dan S, Ogino K
Journal of neuroimmunology   75(1/2) 1-8   1997年5月   [査読有り]
三沢 登美子, 長瀬 博文, 田畑 正司
産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health   39(0)    1997年4月
高齢者喫煙に対する一般成人の意識に関連する要因の検討
吉田雅美、長瀬博文、中村裕之、岡沢孝雄、荻野景規
北陸公衆衛生学会誌   24(1) 21-26   1997年
Alpha-fetoprotein (AFP) levels in normal children
Kazunori Ohhama、Hirofumi Nagase, Keiki Ogino, Kei Tuchida, Matsuhei Tanaka, Minoru Kubo, Nariaki Hoirta, Keiko Kawakami and Megumi Oomori
European Journal of Pediatric Surgery   7 267-269   1997年
吉田雅美、浅井 宏、白尾 裕、長瀬博文、中村裕之、荻野景規、赤尾伸明、岡沢孝雄、近藤力王至
臨床眼科   51(8) 1455-1459   1997年
NAGASE Hirofumi, OGINO Keiki, YOSHIDA Isao, MATSUDA Hiroto, YOSHIDA Masami, NAKAMURA Hiroyuki, DAN Shigun, ISHIMARU Masanori
Japanese journal of cancer research : gann   87(10) 1025-1028   1996年10月
三沢 登美子, 長瀬 博文, 田畑 正司, 吉田 雅美, 中村 裕之, 荻野 景規
産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health   38(0)    1996年5月
Nakamura H, Nagase H, Yoshida M, Okazawa T, Okada A
Environmental health and preventive medicine   1 51-55   1996年4月   [査読有り]

Misc

 
平成26年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業 在宅医療・介護連携、地域包括ケアシステムの推進における保健所の役割に関する研究報告書 
大江浩、福井貴実子、長瀬博文、松倉知晴、笹井康典、森脇俊、中原由美、藤内修二、柳尚夫、中本稔、宇田英典
日本公衆衛生協会   1   2015年3月   [依頼有り]
平成25年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業 在宅医療・医療介護連携・地域包括ケアの推進における保健所の役割に関する研究報告書
大江浩、谷口理絵、長瀬博文、垣内孝子、越坂裕子、中原由美、藤内修二、伊地智昭浩、上田智也、中瀬克己、松岡宏明、柳尚夫、牧野由美子、森脇俊
日本公衆衛生協会   1-130   2014年3月   [依頼有り]
平成24年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業 在宅医療・医療介護連携・地域包括ケアの推進における保健所の役割に関する研究報告書
大江浩、谷口理絵、長瀬博文、宇於崎博、垣内孝子、河村瑞穂、瀧波賢治、嶋村清志、中原由美、鎌田久美子、藤内修二
日本公衆衛生協会   1-180   2013年3月   [依頼有り]
対策型検診における受診率向上に関する研究
研究分担者 長瀬博文
平成20年度厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「受診率向上に向けたがん検診の在り方や、普及啓発の開発等に関する研究」研究班(研究代表者 渋谷大助) 平成20年度総括・分担研究報告書   56 52-56   2009年
遺伝的要因と心理的モチベーションを考慮した運動習慣確立のための支援プログラム開発(16500469)
長瀬博文、田中朋子、堀井裕子、大下喜子
平成16年度~平成18年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   1-52   2007年
カドミウム非汚染地域腎機能障害実態調査(平成18年度)
柴崎敏昭、飯田博行、上野光博、下条文武、小林正貴、副島昭典、田部井薫、長瀬博文、中村利孝、中村好一
平成18年度環境省請負業務結果報告書(東レリサーチセンター)   1-71   2007年
2.「健やか親子21」ホームページの「取り組みのデータベース」登録事業の「セレクト2006」について.
山縣然太朗,松浦賢長,薬袋淳子,尾島俊之,鈴木孝太,田中太一郎,玉腰浩司,長瀬博文,仲宗根正,山崎嘉久,渡辺多恵子
厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成18年度分担研究報告書:19-24.2007   19-24   2007年
36.第65回日本公衆衛生学会学術総会 自由集会 知ろう・語ろう・考えよう!“一歩先行く”健やか親子21 第6回報告.
渡辺多恵子,鈴木孝太,田中太一郎,薬袋淳子,尾島俊之,市川香織,長瀬博文,松浦賢長,山縣然太朗
厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成18年度分担研究報告書:363-368.2007   363-368   2007年
3.「取り組みのデータベース」登録事業からの「セレクト2004(セレクト100)」「セレクト2006」の選定.
山縣然太朗,松浦賢長,薬袋淳子,尾島俊之,近藤尚己,鈴木孝太,田中太一郎,谷原真一,玉腰浩司,中村敬,長瀬博文,仲宗根正,山崎嘉久,山田七重,山中龍宏,渡辺多恵子
厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成16-18年度総合研究報告書:26-37.2007   26-37   2007年
34.第 63~65回日本公衆衛生学会学術総会自由集会「知ろう・語ろう・考えよう!“一歩先行く”健やか親子21」第4~6回実施報告.
山縣然太朗,松浦賢長,市川香織,尾島俊之,近藤尚己,鈴木孝太,田中太一郎,谷原真一,長瀬博文,薬袋淳子,山田七重
厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成16-18年度総合研究報告書:389-409.2007   389-409   2007年
富山県における大腸がん発生背景要因の疫学的研究報告書
編集者:品川保弘、長瀬博文、松澤孝信
富山県衛生研究所研究報告書      2006年
脳卒中情報システム事業のまとめ-在宅療養支援調査結果等をふまえて-
分担執筆 環境保健部;長瀬博文
富山県厚生部健康課報告書      2005年
「健やか親子21」ホームページの「取り組みのデータベース」登録事業の「セレクト100」について
山縣然太朗,松浦賢長,薬袋淳子,近藤尚己,鈴木孝太,武田康久,谷原真一,玉腰浩司,中村敬,長瀬博文,山中龍宏,田中太一郎,山崎嘉久,山田七重
厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成16年度分担研究報告書:10-13.2005   10-13   2005年
健やか親子21ホームページに搭載した母子保健・医療情報データベースの活用.
山田七重、薬袋淳子、松浦賢長、長瀬博文、玉腰浩司、三國和美、山縣然太朗
ペリネイタルケア   23(6)    2004年
地域における新しいヘルスケア・コンサルティングシステムの構築に関する研究.
山縣然太朗,松浦賢長,山中龍宏,近藤直司,中村敬,谷原真一,豊嶋英明,玉腰浩司,長瀬博文,中村和彦,武田康久,水谷隆史,近藤尚己,山田七重,薬袋淳子
平成15年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)総合研究報告書      2004年
神通川流域住民健康調査検討会報告書
飯田博行、黒崎正夫、小林正、副島昭典、中村利孝、中村好一、永井美之、長澤俊彦、松倉友晴、長瀬博文
神通川流域住民健康調査検討会報告書   1-137   2003年
地域における新しいヘルスケア・コンサルティングシステムの構築に関する研究.平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書
山縣然太朗,松浦賢長,山中龍宏,近藤直司,中村敬,谷原真一,豊嶋英明,玉腰浩司,長瀬博文,中村和彦,武田康久,水谷隆史,近藤尚己,山田七重,薬袋淳子
平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書      2003年
平成14年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書
薬袋淳子,山田七重,武田康久,水谷隆史,近藤尚己,山縣然太朗:2002年度における健やか親子21ホームページ運営・利用状況.
平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書      2003年
知ろう・語ろう・考えよう!健やか親子21自由集会報告.平成14年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書
山縣然太朗,小田心火,松浦賢長,長瀬博文,山田七重,薬袋淳子,中村和彦,水谷隆史,近藤尚己,大森智美,
平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書      2003年
知ろう・語ろう・考えよう!健やか親子21自由集会報告.平成14年度厚生労働科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書
山縣然太朗,小田心火,松浦賢長,長瀬博文,山田七重,薬袋淳子,中村和彦,水谷隆史,近藤尚己,大森智美,白石裕子
平成14年度厚生労働科学研究(子ども家庭総合事業)報告書      2003年
Ogino K, Nakajima M, Kodama N, Kubo M, Kimura S, Nagase H, Nakamura H
Free radical research   36 1163-1170   2002年11月   [査読有り]
心身症的愁訴を有する不登校の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究
厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による11~13年度総括研究報告書 心身症の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究   57-63   2002年
心身症的愁訴を有する不登校
梶原荘平, 齋藤万比古, 樋口重典, 田中英高, 長瀬博文
小児科   43(10) 1502-1512   2002年
石川県における就業者の職業要因を考慮した生活指導に関する研究
平成13年度 石川県産業保健推進センター調査研究報告書      2002年
地域における新しいヘルスケア・コンサルティングシステムの構築に関する研究.
山縣然太朗,松浦賢長,山中龍宏,近藤直司,中村敬,武田康久,豊嶋英明,玉腰浩司,荻野景規,長瀬博文,中村和彦,水谷隆史,山田七重,薬袋淳子
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):154-161.2002   154-161   2002年
健やか親子21の取り組みに関する調査の概要-単純集計結果より.
山縣然太朗,松浦賢長,山中龍宏,近藤直司,中村敬,武田康久,玉腰浩司,豊嶋英明,長瀬博文,荻野景規,中村和彦,水谷隆史,山田七重,薬袋淳子
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):162-246.2002      2002年
健やか親子21 全国市町村調査~学校との連携を中心に~.
松浦賢長,樋口善之,築山泰典,白石裕子,山本清香,長瀬博文,玉腰浩司,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):247-250.2002      2002年
「健やか親子21」の取り組みに関する調査結果について 潜在的コンサルテーションニーズ-母子保健事業の実施状況と専門家への相談状況との関連-.
玉腰浩司,松浦賢長,長瀬博文,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):255-257.2002      2002年
健やか親子21 全国市町村調査より潜在的コンサルテーションニーズを探る.
長瀬博文,松浦賢長,玉腰浩司,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):258-261.2002      2002年
IT整備状況と健やか親子関連母子保健事業との関連性について-健やか親子21全国市町村調査より-.
長瀬博文,松浦賢長,玉腰浩司,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):262-263.2002   262-263   2002年
新しいヘルスケア・コンサルティングに関する研究-ある町を対象にしたコンサルティングの実際-.
松浦賢長,樋口善之,築山泰典,白石裕子,山本清香,長瀬博文,玉腰浩司,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):264-267.2002   264-267   2002年
50歳代及び60歳代の女性における育児援者としての潜在的可能性に関する研究.
白石裕子,樋口善之,松浦賢長,山本清香,長瀬博文,玉腰浩司,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):268-271.2002   268-271   2002年
「健やか親子21」の取り組みの実際の現場の意識-実施希望事業との比較-.
玉腰浩司,松浦賢長,長瀬博文,山田七重,武田康久,山縣然太朗
平成13年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第1/7):251-254.2002   251-254   2002年
障害者における慢性疾患発症関連因子の研究
大下喜子、長瀬博文、大宅顕一朗
平成12年度 私学事業団学術研究振興資金 研究成果報告書      2001年
各種母子保健・医療情報の集積、活用に関する研究.
山縣然太朗,松浦賢長,三國和美,玉腰浩司,豊嶋英明,長瀬博文,荻野景規,中村和彦,武田康久,山田七重
平成12年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書(5/7):11-12.2001   11-12   2001年
母子保健・医療情報収集マニュアル-小児医療分野-.
長瀬博文,荻野景規,山田七重,山縣然太朗
平成12年度厚生科学研究費補助金(子ども家庭総合研究事業)報告書(5/7):23-32.2001   23-32   2001年
各種母子保健・医療情報の集積、活用に関する研究.
山縣然太朗,松浦賢長,玉腰浩司,豊嶋英明,長瀬博文,荻野景規,中村和彦,大木秀一,山田七重
平成11年度厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書(第6/6):80-88.2000   80-88   2000年

書籍等出版物

 
心身症の診断・治療ガイドライン作成とその, 西間三馨
協和企画   2002年6月   ISBN:4877940367
「健やか親子21」公式ホームページ「取り組みのデータベース」優秀事業 セレクト100
厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成17年度分担研究報告書   2006年   
「健やか親子21」公式ホームページ「取り組みのデータベース」優秀事業 セレクト2006
厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」平成18年度分担研究報告書   2007年   

講演・口頭発表等

 
ケーブルテレビを活用した社会資源の普及啓発の取組み~精神障害の住民理解と関係機関の連携強化を目指して~
山田伊希子、村山慶夏、谷口理絵、長瀬博文
第46回北陸公衆衛生学会   2018年11月5日   
知的障害者の健康について考える-健康に過ごすにはどのようなサポートをすればよいのか- [招待有り]
長瀬 博文
平成30年度健康管理講演会   2018年10月13日   社会福祉法人奴奈川福祉会 支援センターささゆり
加齢について知り、利用者の支援を考える [招待有り]
長瀬 博文
平成30年度北陸地区知的障害者福祉協会施設長会議 日中活動支援部会   2018年6月15日   
第2部シンポジウム;安心して家で過ごすために-いろいろな職種が支えます-
長瀬博文、高木義則、加藤裕明、森留美、串田茂、山田昌昭、宮崎咲子、大石泰弘
平成29年度在宅医療推進市民フォーラム ずーっと家で過ごしたいーみんなで支える在宅医療・介護ー   2017年11月23日   
「脳いきいき健康教室」参加者の特徴と教室のあり方について
松井翔子、沼田聡美、金岡亨子、土肥裕美子、長瀬博文、織田初江
第45回北陸公衆衛生学会   2017年11月10日   
中学生を対象とした喫煙・薬物乱用防止教育の効果に関するアンケート結果について
村山慶夏、谷口理絵、長瀬博文、古川美佳、松倉知晴
第45回北陸公衆衛生学会   2017年11月10日   
働く世代の幸福度と生活習慣との関連
井村夕紀子、岩崎昌子、中島由実、滑川萌、宮田知枝、室口理紗、若林泰世、野村和代、長瀬博文、三宅可倫
第44回北陸公衆衛生学会   2016年11月21日   
精神障害者の地域移行支援の取り組み(第2報)長期入院者の安定した地域生活を目指す退院支援「まんさく」
小原智恵、渡辺多恵、小西ゆかり、土肥裕美子、長瀬博文
第44回北陸公衆衛生学会   2016年11月21日   
小矢部市医師会在宅医療支援センターの「多職種合同事例検討会」が果たしてきた役割~アンケート調査の結果から~
酒井裕子、井上徹、福田秋美、金岡亨子、土肥裕美子、長瀬博文
第44回北陸公衆衛生学会   2016年11月21日   
小矢部市におけるがん検診の現状
長瀬博文
小矢部市民健康フォーラム「小矢部市民ががんで苦しまないために… ~5大がんの初期症状・検査・治療方法を知ろう~」   2016年3月5日   
3歳児を持つ母親とその児の朝食欠食の類似性と母親の朝食内容
鷲本亜弓、石橋侑希、坂田真紗美、島田賀世恵、松岡加奈子、若杉央、大江浩、長瀬博文、中林美奈子
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月6日   
3歳児を持つ母親の育児負担感と問診票自由記載欄への記載行動との関連
石橋侑希、鷲本亜弓、坂田真紗美、島田賀世恵、松岡加奈子、若杉央、大江浩、長瀬博文、中林美奈子
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月6日   
在宅医療・介護連携、地域包括ケアシステムの推進における保健所の取組状況
長瀬博文、大江浩、松倉知晴、福井貴実子
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
難病患者の災害に対する意識と備えについて
原田彩菜、中西聡美、小西ゆかり、松岡節子、長瀬博文、沼田佳奈子
第49回富山県公衆衛生学会   2015年2月10日   
肝炎ウイルス感染判明から医療機関受診に至るまでの経緯~肝炎治療医療費助成申請者への調査より~
松岡佳奈子、遠藤京子、中川まゆり、若杉央、高田美智子、大江浩、水木路男、長瀬博文
第49回富山県公衆衛生学会   2015年2月10日   
ハローワークで実施した包括相談会の取り組み
小西ゆかり、松岡節子、長瀬博文、沼田佳奈子、金岡亨子、福田秋美
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
治す医療から支える医療へ-その背景と小矢部市の在宅医療推進の取り組み- [招待有り]
長瀬博文
小矢部市民健康フォーラム「急性期から慢性期・在宅へ 医療と介護の連携 小矢部市慢性期医療ルネッサンス」   2014年7月20日   
高齢者の孤独感の実態
山本恵里花、石田元子、小野寺香央里、中島瀬奈、畑あやの、松倉望、若杉央、三宅可倫、長瀬博文
第48回富山県公衆衛生学会   2014年2月10日   
看護職者の運動習慣の有無と疲労蓄積度との関係
細尾絵里奈、松井香央梨、小林里希子、古市真理、辻本英里子、長峯生実、若杉央、長瀬博文
第41回北陸公衆衛生学会   2013年11月18日   
ハローワークで実施する包括相談会の試み
沼田佳奈子、小西ゆかり、長瀬博文、金岡亨子、福田秋美、貝淵稔、高野敬三
第41回北陸公衆衛生学会   2013年11月18日   
看護学生の喫煙に関わる要因について
堀尾美幸、角田真優、福島麻紀、山下美幸、米満ちとせ、若杉央、長瀬博文
第41回北陸公衆衛生学会   2013年11月18日   
20歳代看護学生の子宮頸がん検診受診の意向を促進する要因
永原美穂、郷裕美子、堂地瞳、畑岸翔子、松井柚香里、明幸咲華、河村瑞穂、若杉央、長瀬博文
第47回富山県公衆衛生学会   2013年2月7日   
神経難病患者の困りごとに関連する患者背景について~身体状況・サービス利用状況・支援者状況を中心に~
大野有加、沼田佳奈子、長瀬博文、炭谷靖子
第40回北陸公衆衛生学会   2012年11月13日   
神経難病患者の困りごとに関係する患者背景について-コレスポンデンス分析による考察
長瀬博文、大野有加、沼田佳奈子
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月24日   
小矢部市のがん検診に関する現状 [招待有り]
長瀬博文、清水淳三、高島茂樹
小矢部市民健康フォーラム『小矢部市のがん死亡率を減らそう!』   2012年7月14日   小矢部市医師会主催・北陸中央病院共催
沼田佳奈子、大野有加、小西ゆかり、齊藤千代美、長瀬博文、福田秋美、貝淵 稔
第46回富山県公衆衛生学会   2012年2月   富山大学医学部公衆衛生学(持回り)
もっと知ろう、在宅医療を!!「みんなで考えよう!小矢部市の在宅医療」
井上徹、宮元進、大浦千歌、宮﨑俊朗、田川浩(パネリスト)、杉本由佳(助言者)、長瀬博文(総合司会)
小矢部市民フォーラム パネルディスカッション   2011年11月   小矢部市医師会
健康危機事例発生時における保健所の役割~腸管出血性大腸菌の食中毒対応~(第一報)
垣内孝子、土井ちえ子、廣瀬修、宇於崎博、長瀬博文、石田美樹、松倉知晴、櫻田惣太郎、守田万寿夫
第70回日本公衆衛生学会   2011年10月   
精神障がい者家族教室の取り組みから考える地域連携
野原祐子、大野有加、齊藤千代美、沼田佳奈子、長瀬博文、島田賀世恵、福田秋美
第32回全国地域保健師学術研究会   2010年   
クォンティフェロン検査により発見された潜在性結核感染症の事例について
山田雅奈江、嶋田潤子、中澤保文、前波和子、長瀬博文
第43回富山県公衆衛生学会   2009年   
上市町におけるがん予防対策事業の取り組みについて ―がん予防町民意識調査の結果からー
土肥典代、藤本文子、中川和美、蜷川悦子、松波敦子、松島範子、森崎恵子、長瀬博文
第43回富山県公衆衛生学会   2009年   
新型インフルエンザに対する大学の対応(シンポジウム) [招待有り]
平成21年度全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会   2009年   全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会
富山県における新型インフルエンザへの対応について(基調講演) [招待有り]
平成21年度全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会   2009年   
青壮年期からの健康づくり〜なめりかわヘルスアップ21推進事業を通じての地域・職域連携〜第2報
結城幹子、金盛映子、坂田恵、蜷川由美、金山美智子、石川真由美、石原和子、平 久美、森崎恵子、長瀬博文
第43回富山県公衆衛生学会   2009年   
あなたの心の調子はいかがですか? -滑川こころの健康アンケート結果から-
長瀬博文、數川 悟、角田雅彦
滑川市市民健康フォーラム   2008年10月   
中国内モンゴル自治区フッ素汚染地域女性における骨吸収亢進に関する調査研究(1)―尿中フッ素濃度と骨吸収マーカーについて―
第78回日本衛生学会総会   2008年   
中国内モンゴル自治区女性におけるフッ素曝露と骨吸収マーカー
第19回日本微量元素学会   2008年   
健康な食を考える [招待有り]
木村まさ子、分家静男、長瀬博文他
射水健康フェスティバル   2007年9月   
精神障害者地域家族会に対する家族の思い~継続参加及び不参加家族の思いから~
第41回富山県公衆衛生学会   2007年   
中国茶葉および紅茶ティーバック浸出液中のフッ素濃度
第77回日本衛生学会総会   2007年   
自主的な運動の継続性と長時間記録型歩数計による情報活用との関連
第66回日本公衆衛生学会   2007年   
長時間記録型歩数計を用いた自主的な運動の継続性と行動変容ステージとの関連
第66回日本公衆衛生学会   2007年   
健康運動教室参加者の身体活動量と骨量および歩行能力との関連
第66回日本公衆衛生学会   2007年   
肥満男性におけるインスリン抵抗性遺伝子FABP2
第66回日本公衆衛生学会   2007年   
中高年の労働者における精神的健康度の低下と肥満をもたらす社会心理的因子
第66回日本公衆衛生学会   2007年   
管内における結核予防可能例の検討(第3報)
第35回北陸公衆衛生学会   2007年   
緑茶カテキン類含量に基づく産地判別分析の可能性
日本分析化学会第56年会   2007年   
精神障害者地域家族会に対する家族の思い〜継続参加及び不参加家族の思いから〜
大戸登世乃、水木紀子、井澤朋子、長瀬博文、瀧田恵子、土肥裕美子、炭谷靖子
第41回富山県公衆衛生学会   2007年   
一企業における自己宣言型健康づくり活動における行動変容に寄与する要因についての検討
第79回日本産業衛生学会   2006年   
Fluoride levels in various tea-based beverages of Japan and in Chinese tea infusions
第17回日本微量元素学会   2006年   
市販お茶飲料および中国茶葉浸出液中のフッ素濃度について
第65回日本公衆衛生学会総会   2006年   
運動習慣、肥満体質遺伝子と肥満の進行
第65回日本公衆衛生学会総会   2006年   
初経発来と運動実施の時期が思春期女子の骨密度に与える影響
第65回日本公衆衛生学会総会   2006年   
運動習慣、禁煙行動に関する行動変容ステージと抑うつ度の関係性について
第34回北陸公衆衛生学会   2006年   
高齢者に運動習慣に関連する要因
中嶋郁栄、青木美佳、魚谷佳代、谷口素美、矢野安耶、前波和子 、長瀬博文
第65回日本公衆衛生学会総会   2006年   
不妊治療を受ける女性に対する支援方法の検討 -女性の背景とニーズの関連から-
高林知佳子、堀田ふみ子、武田幸子、石川宏、長瀬博文
第33回北陸公衆衛生学会   2005年11月   
健やか親子21ホームページ「取り組みのデータベース」−母子保健活動セレクト100−
薬袋淳子、鈴木孝太、近藤尚己、武田康久、松浦賢長、谷原真一、山中龍宏、中村敬、玉腰浩司、長瀬博文、山崎嘉久、田中太一郎、山田七重、山縣然太朗
第64回日本公衆衛生学会   2005年   
濃縮海洋深層水による浮遊浴の健康増進効果の検討 心電図および脳波測定による検討
第70回日本温泉気候物理医学会総会   2005年   
濃縮深層海水を用いた浮遊浴のリラクゼーション効果の心電図による検討
第16回日本微量元素学会   2005年   
濃縮海洋深層水による浮遊浴のリラクゼーション効果に関する研究―脳波測定による検討
第9回海洋深層水利用研究全国大会2005室戸大会   2005年   
長期間記録型万歩計による運動プログラムでの運動継続性と心理尺度、健康実践との関連
第64回日本公衆衛生学会   2005年   
長期間記録型万歩計を使った運動プログラムによる運動継続の動機づけについて
第64回日本公衆衛生学会   2005年   
健やか親子21ホームページ「取り組みのデータベース」-母子保健活動セレクト100-
第64回日本公衆衛生学会   2005年   
体重減少に効果的なウォーキング
第15回体力・栄養・免疫学会   2005年   
「健やか親子21」ホームページの「取り組みのデータベース」の活用
第52回日本小児保健学会   2005年   
市販お茶飲料中のフッ素含有量について
第76回日本衛生学会総会   2005年   
高岡厚生センターにおける飲用井戸水の有機物検査について
第40回富山県公衆衛生学会   2005年   
難病患者療養相談会のあり方. についての検討 −発足 20 年を迎える「ドレミの会」参加者アンケート結果から−
土肥裕美子、水木紀子、大戸登世乃、瀧田恵子、井澤朋子、長瀬博文、中林美奈子
第40回富山県公衆衛生学会   2005年   
「健やか親子21」ホームページの「取り組みのデータベース」の活用
山縣然太朗、松浦賢長、薬袋淳子、鈴木孝太、近藤尚己、中村敬、山中龍宏、玉腰浩司、長瀬博文、山崎嘉久、田中太一郎
第64回日本公衆衛生学会   2005年   
中国・内モンゴル若年女性におけるフッ素曝露の骨量および骨代謝に及ぼす影響
第74回日本衛生学会総会   2004年   
心理的モチベーションの向上と運動行動継続との関連性について
第63回日本公衆衛生学会   2004年   
肥満体質遺伝子多型と運動によるやせやすさ
第63回日本公衆衛生学会   2004年   
思春期女子の骨代謝指標と生活習慣との関連
第63回日本公衆衛生学会   2004年   
健やか親子21ホームページにおける取り組みのデータベース再構築と活用に関する報告
第63回日本公衆衛生学会   2004年   
思春期女子の骨密度増加に影響する要因
第37回北信越薬剤師学術大会   2004年   
濃縮海洋深層水による浮遊浴の健康増進効果の検討
第69回日本温泉気候物理医学会総会   2004年   
富山湾海洋深層水の温浴による生理・心理学的効果の検討
第4回「深層海水と健康」研究会   2004年   
「滑川深層水フェア2003・ぷかぷか体験」における濃縮海洋深層水の浮遊浴によるリラクゼーション効果の検討
第4回「深層海水と健康」研究会   2004年   
富山県脳卒中情報システムを活用したリハビリテーション調査研究事業について
平成16年度地方衛生研究所全国協議会 東海北陸支部 環境保健部会   2004年   
スギ花粉症の中学生における心理的特性とセルフケア
第14回体力栄養免疫学会大会   2004年   
海洋深層水の浮遊浴によるリラクゼーション効果の検討−[滑川海洋深層水フェア2003・ぷかぷか体験]から−
新村哲夫、張 淼、長瀬博文、荒谷哲雄、堀井雅恵*、広田直美*、王紅兵*、鏡森定信*
第8回海洋深層水利用全国大会   2004年   
中国内モンゴルと日本の若年有経女性におけるライフスタイルと超音波による骨量
第37回富山県公衆衛生学会   2003年   
中国・内モンゴル自治区草原地域の飲料水及びタン茶中のフッ素濃度
第73回日本衛生学会総会   2003年   
就労者の生活習慣および保健行動への労働関連要因の寄与について
第76回日本産業衛生学会   2003年   
Influence of fluoride concentration in drinking water and brick-tea water on bone mass in healthy Inner Mongorian young women
1st Joint Meeting of IBMS and JSBMR 2003   2003年   
中国・内モンゴル自治区草原地域女性の尿中フッ素濃度と骨代謝マーカー
第14回日本微量元素学会   2003年   
肥満の進行におけるβ3アドレナリン受容体遺伝子多型の関与についての検討
第13回体力栄養免疫学会大会   2003年   
職場における禁煙成功者の仕事ストレスを中心とした社会心理的特性における年代間の相違
第13回体力栄養免疫学会大会   2003年   
知的障害児施設における鉄強化食品の少量・長期摂取が鉄欠乏の改善および予防に及ぼす効果
第13回体力栄養免疫学会大会   2003年   
市町村栄養士配置によって上げられた効果-市町村栄養士に対する調査から-
第50回日本栄養改善学会   2003年   
市町村栄養士活動と栄養関連社会資源
第50回日本栄養改善学会   2003年   
栄養士配置市町村における行政栄養士が中心となる業務の実施状況
第50回日本栄養改善学会   2003年   
Age difference in sociopsycological mechanisms for quitting smokin in Japanese office workers
International Expert Conference -Aging People and the Social Environment-   2003年   
女子中学生の橈骨骨密度増加と関連する要因
第62回日本公衆衛生学会   2003年   
健やか親子21公式ホームページのアクセス状況に関する研究(第2報)
第62回日本公衆衛生学会   2003年   
市町村行政栄養士の業務達成状況(第1報)
第62回日本公衆衛生学会   2003年   
市町村行政栄養士の業務達成状況(第2報)
第62回日本公衆衛生学会   2003年   
健やか親子21公式ホームページの運営および利用状況
第50回日本小児保健学会   2003年   
健やか親子21公式ホームページ「取り組みのデータベース」の運営および利用状況
第21回山梨小児保健学会   2003年   
一企業における健康づくり運動の効果について
第46回日本産業衛生学会北陸甲信越地方総会   2003年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
清水淳三、長瀬博文、畠山収一、池端幸彦   その他   2014年7月 - 2014年7月
治す医療から支える医療へーその背景と小矢部市の在宅医療推進の取り組みー
長瀬博文、清水淳三、高島茂樹   その他   2012年7月 - 2012年7月
もっと知ろう、在宅医療を!!「みんなで考えよう!小矢部市の在宅医療」
井上徹、宮元進、大浦千歌、宮﨑俊朗、田川浩(パネリスト)、杉本由佳(助言者)長瀬博文(総合司会)   その他   2011年11月
あなたの心の調子はいかがですか? (滑川市市民健康フォーラム)
その他   2008年10月
健康な食を考える( 射水健康フェスティバル)
その他   2007年9月

競争的資金等の研究課題

 
在宅医療・介護連携、地域包括ケアシステムの推進における保健所の役割に関する研究
厚生労働省: 平成26年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 大江浩、福井貴実子、長瀬博文、松倉知晴、笹井康典、森脇俊、中原由美、藤内修二、柳尚夫、中本稔、宇田英典
在宅医療・医療介護連携・地域包括ケアの推進における保健所の役割に関する研究
厚生労働省: 平成25年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 大江浩、谷口理絵、長瀬博文、垣内孝子、越坂裕子、中原由美、藤内修二、伊地智昭浩、上田智也、中瀬克己、松岡宏明、柳尚夫、牧野由美子、森脇俊
在宅医療・地域包括ケアシステムの推進に関する見解(平成25年度報告)
地域保健の充実強化に関する委員会

在宅医療・地域包括ケアシステムの推進に関する見解(平成25年度報告)
全国保健所長会 地域保健の充実強化に関する委員会
Ⅰ はじめに
・ わが国では、団塊世代の高齢化に伴い、高齢者(一人暮らし)世帯、要医療・要介護高齢者、認知症高齢者等の急速な増加が懸念されている。
・ そのため、それぞれの地域の実情に応じて、①医療(+看護)、②介護(+リハビリ)、③予防(+保健)、④生活支援(+福祉...
在宅医療・医療介護連携・地域包括ケアの推進における保健所の役割に関する研究
厚生労働省: 平成24年度 厚生労働省地域保健総合推進事業 全国保健所長会協力事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 大江 浩、谷口理絵、長瀬博文、宇於崎博、垣内孝子、河村瑞穂、瀧波賢治、嶋村清志、中原由美、鎌田久美子、藤内修二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 新村哲夫
:飲料水と常飲されているタン茶浸出液のフッ素濃度が高い中国内モンゴル自治区の草原地域の成長期、閉経前および閉経期女性を対象に調査を行った。フッ素曝露による成長期女性への影響は明らかではなかったが、30歳代以上で尿中骨吸収マーカーが有意に増加し、40歳代以上では骨形成マーカーも増加し、骨吸収の亢進がみられた。閉経女性において骨密度の低値が観察され、高齢者におけるフッ素暴露による骨粗鬆症の恐れが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 長瀬博文
目的:運動負荷と遺伝的素因の体重減少と糖脂質代謝異常改善に与える影響、および継続した運動習慣の確立への心理的モチベーションの影響等を明らかにし、これら影響要因を考慮したテーラーメイドの運動指導、および運動習慣確立のための支援について考察する。対象と方法:対象は、T県公務員およびA企業就労者の30歳以上の肥満男性で、インフォームドコンセントによる承諾が得られた84名である(12名は2回参加、延べ対象者数96名)。調査期間は、2004年11月から2005年12月の連続した4ヶ月間(3回)で、調...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 大下喜子
本研究は、高齢化する知的障害者の健康管理を、生活のみならず就労における社会的自立支援のツールの1つとしてとらえ、障害者を取り巻く家族および介護者、施設関係者、雇用者、保健医療関係者等が、障害者を中心とした有機的連携を図る体制づくり(健康管理コンサルティング体制)を目指すことを目的とした。その方途として、知的障害者の健康状況および健康管理に関する情報の質的・量的把握を行い、その活用・運用の方法についても模索した。障害者を、更生・授産などの施設入所利用者、在宅者、および企業就労者(施設入所、在...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 中村裕之
本研究では、マイクロ波によって生じる子宮胎盤循環不全と胎盤機能障害に対して胎児側の神経内分泌系を中心とした防御機構の役割を明らかにする。マイクロ波暴露装置を用いて、妊娠ラットにAmerican Conference of Industrial Hygienists(ACGIH)とAmerican National Institute(ANSI)の環境基準である0.4W/kgのマイクロ波を暴露し、暴露中の胎児側胎盤血流量及び子宮側胎盤血流量をモニターした。胎児試料から視床下部と下垂体の脳組織...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 長瀬博文
今回は保健行動を評価あるいは予測しうる指標として開発されたヘルスローカスオブコントロール尺度(HLC尺度)を用いてモチベーションの評価を行い、さらに保健行動との関連性を検討し尺度の有効性を検討した。北陸の企業3社の事務職従事者計567名(男性416名、女性151名)を対象にHLC尺度と保健行動との関係を検討した。客観的健康度が得られた非服薬者347名(男子268名、女子79名)において、客観的健康度と、HLC尺度および保健行動との関係を検討した。質問票調査は、記名式自己記入式にて行い、HL...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 荻野景規
ラット胃・小腸粘膜における抗ニトリチロシン抗体を用いた抗ニトリチロシン陽性細胞が好酸球であることが判明した。すなわち、好酸球ペルオキシダーセが過酸化水素(H2O2)依存下で、亜硝酸イオン(NO2-)を酸化し二酸化窒素(NO2)を生成し、チロシンのニトロ化が生じることが解った。NO2を産生する好酸球が最も多く存在する胃、小腸、ホモジネートを用いた検討より、小腸は心臓、肺、脾臓に比しタンパク質チロシンのニトロ化能が低いにもかかわらず、アミノ酸チロシンのニトロ化能は非常に高かった。また、SHRラ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 中村裕之
近年の通信機器暴露の特性である変調波超低レベルマイクロ波を、シミュレーションできる装置を開発するために、0.01mW/cm^2以下のマイクロ波の発生装置である信号発生器、パワーアンプ、暴露部位としてのSholded TEM lincを多重に立体的に結線し、マイクロ波超低出力発生装置を開発した。この装置を用い、電子機器からの超低レベル変調波マイクロ波のモニタリングを再現した。2,10mW/cm2のマィクロ波暴露によるラット結腸温の90分値は、暴露前値と比べ、それぞれ0.98±0.12,3.7...
「地域における新しいヘルスケア・コンサルティングシステムの構築に関する研究」と「健やか親子21の推進のための情報システム構築および各種情報の利活用に関する研究」
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2005年
厚生労働省科学研究費補助金子ども家庭総合研究事業
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 荻野景規
好酸球ペルオキシダーゼによる活性窒素種産生に伴うアミノ酸及び蛋白質アミノ酸のチロシンニトロ化の基礎的検討と病態生理学的意義を、好酸球を中心にヒト好酸球由来白血病細胞株やアトピー性皮膚炎発症NC/Ngaマウスを用いて検討した。免疫組織学的方法論に関して、固定法により好酸球が抗ニトロチロシン抗体陽性になることがわかり、好酸球の浸潤の見られる組織の固定法には十分注意する必要があることが判明した。この基礎的検討より、アトピー性皮膚炎発症NC/Ngaマウスにおける、アトピー性皮膚炎発症時に、皮膚組織...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 中村裕之
胎盤CRH-オピオイド系は、成体の視床下部-下垂体のそれと同じように存在するが、その生理的役割は不明である。熱ストレスの胎盤循環動態への影響とその生理的機序を調べる実験では、熱ストレスに際して、妊娠ラットの胎盤血流量の減少が認められたが、CRH受容体拮抗剤であるα-helical CRH(9-41)の前投与によっては、血流量の低下は起こらないことがわかった。また、cyclooxygenase拮抗剤であるindomethacinの前投与によっても、血流量の低下を抑制できた。次にendothe...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 長瀬博文
高血圧症は、心疾患や脳血管疾患等の循環器疾患の危険因子としての病理的役割や、わが国における罹患率の高さの観点からも、その病態解明が望まれている重要な疾患である。昨年度は、高血圧症の病態における一酸化窒素の役割を検討したところ、高血圧症の病態が進展するに従って一酸化窒素の産生が増加する傾向があることを示唆する結果が得られ、高血圧症の長期罹患に伴う動脈硬化といった病理学的プロセスに一酸化窒素産生が関わっているという仮設を支持した。また、体外からの一酸化窒素の発生源として喫煙の影響が無視できない...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 中村裕之
低レベルマイクロ波の全身暴露によってもたらされる内分泌免疫系への影響を脳内神経伝達物質との関連において解明することを目的に、マイクロ波(周波数2,450MHz、強度2mW/cm^2、90分間)暴露による脾臓細胞中ナチュラルキラー細胞活性(NKCA)、血中の諸指標と下垂体と胎盤のβ一エンドルフィン(βEP)の変化を妊娠ラットあるいは処女ラットにおいて検討した。このレベルのマイクロ波は、処女ラット、妊娠ラットでそれぞれ、0.8と0.9°Cの温度上昇をもたらしたが、血中コルチコステロンへの有意な...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 荻野景規
酸化亜鉛(ZnO)フュームによる金属熱の発症機序を解明する目的で、ラット腹腔内浸出性好中球やマウスマクロファージ様細胞株Raw264.7などの貪食細胞を用いて、ZnOの活性化作用とその機序を検討した.ZnOは、グルタチオン(GSH)やチオール化合物の添加により活性化作用が増強されることがわかった。ZnO単独では、好中球やマクロファージの細胞膜のCR3受容体に認識され、GSHによりFcγRやその他の受容体を介して、GTP結合蛋白、カルモジュリン、プロテインキナーゼC、チロシンキナーゼ、細胞内...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 長瀬博文
今回は、わが国の成人病の中でも多くを占める高血圧症に絞り検討した.特に、高血圧症の病態における一酸化窒素の役割を検討するため、高血圧患者と健常人の一酸化窒素の最終代謝産物(硝酸イオン及び亜硝酸イオン)の濃度を、近年開発されたMiskoらの方法にて測定した.この方法は、2、3-diaminonaphtaleneと亜硝酸イオンを酸性条件下で反応させ、1-naphthotriazoleを生成し、この化合物の蛍光を測定することにより亜硝酸イオン濃度を測定するものである。また、硝酸イオン濃度はnit...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 中村裕之
妊娠期におけるマイクロ波の全身暴露によってもたらされる内分泌-免疫系への影響を脳内神経伝達物質との関連において解明することを目的に、マイクロ波(周波数2,450MHz、強度10mW/cm^2、90分間)暴露による脾臓細胞中ナチュラルキラ-細胞活性(NKCA)とNK細胞サブセットおよび血中β-エンドルフィン(βEP)、エストラジオ-ル(E_2)とプロゲステロン(P)の変化を妊娠ラットあるいは処女ラットにおいて検討した。処女ラットでは認められなかったが、妊娠ラットのマイクロ波暴露群のNKCAと...