仁科 淳良

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:41
 
アバター
研究者氏名
仁科 淳良
 
ニシナ アツヨシ
所属
日本大学
部署
理工学部物質応用化学科
職名
教授
学位
博士(農学)(明治大学)
科研費研究者番号
00469884

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
 - 
2001年3月
日本油脂株式会社 食品研究所
 
2001年4月
 - 
2009年3月
群馬産業技術センター
 
2009年4月
 - 
2013年3月
山形県立米沢女子短期大学 教授
 
2013年4月
   
 
日本大学理工学部・物質応用化学科 教授
 

論文

 
Mansonone E from Mansonia gagei Inhibited α-MSH-Induced Melanogenesis in B16 Cells by Inhibiting CREB Expression and Phosphorylation in the PI3K/Akt Pathway.
Nishina A, Miura A, Goto M, Terakado K, Sato D, Kimura H, Hirai Y, Sato H, Phay N
Biol Pharm Bull.   41(5) 770-776   2018年5月   [査読有り]
The Rosiglitazone-Like Effects of Vitexilactone, a Constituent from Vitex trifolia L. in 3T3-L1 Preadipocytes.
Nishina A1, Itagaki M2, Sato D3, Kimura H4, Hirai Y5, Phay N6, Makishima M7.
Molecules      2017年11月   [査読有り]
5,7-Dihydroxyflavone Analogues May Regulate Lipopolysaccharide-Induced Inflammatory Responses by Suppressing IκBα-Linked Akt and ERK5 Phosphorylation in RAW 264.7 Macrophages.
Nishina A1, Shimizu K1, Koketsu M2, Ninomiya M2, Sato D3, Suzuki T4, Hayakawa S5, Kimura H6.
Evid Based Complement Alternat Med.   2017    2017年4月
Poly I:C induces collective migration of HaCaT keratinocytes via IL-8.
Takada K1, Komine-Aizawa S2, Hirohata N3,4, Trinh QD3, Nishina A5, Kimura H6, Hayakawa S3.
BMC Immunol.   18(1)    2017年4月   [査読有り]
Effects of Flavonoids and Triterpene Analogues from Leaves of Eleutherococcus sieboldianus (Makino) Koidz. 'Himeukogi' in 3T3-L1 Preadipocytes.
Nishina A1, Itagaki M2, Suzuki Y3, Koketsu M4, Ninomiya M5, Sato D6, Suzuki T7, Hayakawa S8, Kuroda M9, Kimura H10.
Molecules.   22(4)    2017年4月

講演・口頭発表等

 
Oroxylum indicum(L.)Kurz中の抗炎症成分の探索
清水加都江, 深津誠, 浮谷基彦, 仁科淳良
日本大学理工学部学術講演会   2016年12月3日   
Gentiana kurroo Royle茎部含水メタノール画分の成分探索および生理活性評価
清田徹大, 深津誠, 浮谷基彦, 仁科淳良
日本大学理工学部学術講演会   2016年12月3日   
認知症予防を見据えたミヤンマー産未利用天然素材中の神経活性化成分の探索と作用機構解析
仁科淳良
日本大学理工学部学術講演会   2016年12月3日   
ミャンマー生薬(Vitex trifolia L.)成分の脂肪細胞分化3T3L1細胞に対する作用
板垣匡哉, 浮谷基彦, 深津誠, 仁科淳良, NYUNT Phay
日本生薬学会   2016年8月25日   
Solanum melongena L.(薄皮丸ナス)中のdioscinはCREBのリン酸化とMITFの発現を抑制することによりB16細胞のα‐MSH誘導メラニン産生を抑制する
蝦名宏大, 浮谷基彦, 深津誠, 仁科淳良, 纐纈守, 二宮真之
日本生薬学会年会   2016年8月25日