久保木 秀夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/23 17:20
 
アバター
研究者氏名
久保木 秀夫
 
クボキ ヒデオ
所属
日本大学
部署
文理学部 国文学科
学位
博士(文学)(総合研究大学院大学(総研大))
その他の所属
鶴見大学早稲田大学

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 文理学部
 
 
   
 
日本大学 文理学部国文学科 教授
 
2018年4月
 - 
現在
日本大学 文理学部国文学科 教授
 
2018年4月
 - 
現在
鶴見大学大学院 文学研究科 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
鶴見大学・同短期大学部 生涯学習セミナー 講師
 
2012年4月
 - 
2018年3月
鶴見大学 文学部ドキュメンテーション学科 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
早稲田大学 文学学術院 大学院文学研究科 非常勤講師
 
2017年8月
 - 
2017年8月
大阪大学大学院 文学研究科 非常勤講師(集中講義)
 
2016年9月
 - 
2016年9月
日本大学大学院 文学研究科国文学専攻 非常勤講師(集中講義)
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本大学大学院 文学研究科国文学専攻 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本女子大学 文学部日本文学科 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2012年3月
鶴見大学 文学部ドキュメンテーション学科 講師
 
2007年6月
 - 
2010年3月
国文学研究資料館 文学資源研究系 助教
 
2006年4月
 - 
2010年3月
青山学院大学 二部教育学科 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2010年3月
日本大学 文理学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
学習院大学大学院 人文科学研究科日本語日本文学専攻 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2007年5月
国文学研究資料館 文学資源研究系 助手
 
1998年4月
 - 
2004年3月
国文学研究資料館 文献資料部 助手
 

学歴

 
2008年3月
 - 
2008年3月
総合研究大学院大学 文化科学研究科 日本文学研究専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
日本大学大学院 文学研究科 国文学専攻
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
中古文学会  常任委員
 
2017年6月
 - 
現在
中古文学会  編集委員
 
2017年4月
 - 
現在
国文学研究資料館・資料分析専門部会  委員
 
2016年4月
 - 
現在
国文学研究資料館・共同研究委員会  委員
 
2014年11月
 - 
2016年10月
和歌文学会  事務局員
 
2006年11月
 - 
現在
和歌文学会  常任委員
 
2013年6月
 - 
2015年5月
中古文学会  事務局員
 
2013年3月
 - 
2015年3月
登録美術品調査研究協力者会議  協力者
 
2010年11月
 - 
2012年10月
和歌文学会  例会委員(委員長)
 

受賞

 
2010年8月
国文学研究資料館賛助会 第3回 日本古典文学学術賞
 
2008年10月
中古文学会 第1回 中古文学会賞
 

論文

 
『伊勢物語』小式部内侍本再考―その復元は果たして可能か?―
久保木 秀夫
国文鶴見   (52) 29-56   2018年3月
『伊勢物語』武田本再評価
久保木 秀夫
文学・語学   (221) 105-116   2017年12月   [招待有り]
『永徳百首』正親町三条実継詠・草稿本一巻及び清書本断簡―足利義尚『文明打聞』ほかに関する歌壇資料―
久保木 秀夫
語文   (158) 68-81   2017年6月   [査読有り][招待有り]
伝藤原定家筆『三代集之間事』断簡
久保木 秀夫
武蔵野文学   (64) 10-15   2016年12月   [招待有り]
伝後小松院筆『百人一首宗祇抄』断簡―所謂『応永抄』奥書問題に及ぶ―
久保木秀夫
東京大学史料編纂所附属 画像史料解析センター通信   (74) 2-12   2016年7月   [査読有り]
『発心和歌集』選子内親王作者説存疑
久保木秀夫
中古文学   (97) 76-86   2016年6月   [査読有り]
『新古今和歌集の新しい歌が見つかった!』その後-補遺一点・新出二点
久保木秀夫
リポート笠間   (60) 26-28   2016年5月
『本朝書籍目録』有注本・披見伝本一覧稿
久保木秀夫
国文鶴見   (50) 22-43   2016年3月
『貫之集』伝寂然筆村雲切と藤原定家筆断簡
久保木秀夫
かがみ   (45) 1-27   2015年3月   [招待有り]
定家本・青表紙本『源氏物語』は、どれだけ実際に読むことができるのか?
久保木秀夫
中古文学   (94) 5-13   2014年11月   [招待有り]

Misc

 
日々是探索~古筆切・写本・たまに版本~第四回 『勧女往生義』佚文―恵心僧都源信関連資料その二―
久保木 秀夫
(5) 108-114   2018年3月   [依頼有り]
日々是探索~古筆切・写本・たまに版本~第三回 仮名書き『往生要集』断簡―恵心僧都源信関連資料その一―
久保木 秀夫
日本文学研究ジャーナル   (4) 125-131   2017年12月   [依頼有り]
日々是探索~古筆切・写本・たまに版本~第二回 『枕草子』の古筆切
久保木 秀夫
日本文学研究ジャーナル   (3) 103-110   2017年9月   [依頼有り]
日々是探索~古筆切・写本・たまに版本~第一回 西行・寂蓮の「新出」歌?―伝光顕画・伝後光厳院筆『西行物語絵巻』断簡―
久保木 秀夫
日本文学研究ジャーナル   (2) 117-123   2017年6月   [依頼有り]
特集「古筆切研究のさらなる深化―歴史学との連携から」
(特集編集担当)
武蔵野文学   (64) 口絵/1-56   2016年12月   [依頼有り]
書評・菅原郁子著『源氏物語の伝来と享受の研究』
久保木 秀夫
日本文学   65(9) 70-71   2016年9月   [依頼有り]
「昔の本にさわってみよう!」の工夫と知見
久保木 秀夫
和本リテラシーニューズ   (2) 3-5   2016年7月   [依頼有り]
万治四年禁裏焼失本と永青文庫蔵幽斎本歌合集
久保木秀夫
日本古典文学における〈中央〉と〈地方〉   24-26   2016年3月
久保木秀夫
カレントアウェアネス・ポータル   (294)    2015年12月   [依頼有り]
書評・片桐洋一著『平安文学の本文は動く』
久保木秀夫
週刊読書人      2015年10月   [依頼有り]
座談会「夜の寝覚 寝覚める古筆切」
武蔵野文学   (2014増刊春号)    2014年5月   [依頼有り]
『和歌文学大辞典』(分担執筆)
『和歌文学大辞典』編集委員会
   2013年3月   [依頼有り]
堀部正二と『土左日記』為相本
久保木秀夫
リポート笠間   (53)    2012年11月   [依頼有り]
久保木秀夫
2009~2012年度日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(C)・課題番号21520227・研究成果PDF      2012年9月
展示図録『近衞家陽明文庫 王朝和歌文化一千年の伝承』(解説・コラムを分担執筆)
国文学研究資料館
   2011年10月
久保木秀夫
文学   12(4)    2011年7月   [依頼有り]
座談会「黒川文庫の過去・現在・未来」
実践女子大学文芸資料研究所年報   (30)    2011年3月   [依頼有り]
座談会「古筆切研究の現在 今度どのように研究をすすめていくか」
リポート笠間   (51)    2010年11月   [依頼有り]
久保木秀夫
国文研ニューズ   (20)    2010年8月   [依頼有り]
座談会「王朝物語の古筆切」
武蔵野文学   2010増刊夏号    2010年5月   [依頼有り]
久保木秀夫
国文研ニューズ   (19)    2010年4月   [依頼有り]
『高松宮家伝来禁裏本目録 分類目録編』(分担調査)
国立歴史民俗博物館
   2009年3月
新編私家集大成(7歌人分の補遺担当)
   2008年12月   [依頼有り]
展示図録『源氏物語 千年のかがやき』(解説・コラムを分担執筆)
国文学研究資料館
   2008年10月
展示図録『よみがえる時 春日懐紙を中心に』(解説を分担執筆)
国文学研究資料館
   2008年5月
『横浜開港資料館所蔵石井光太郎文庫目録 第1集 和装本之部』(分担調査)
横浜開港資料館
   2008年3月   [依頼有り]
散佚歌集切集成 増訂第一版
久保木秀夫
科学研究費補助金・基盤研究C・研究成果報告書別刷   1-122   2008年3月
万治四年禁裏焼失本復元の可能性-『行宗集』第二種本・奥書解読-
久保木秀夫
中世近世の禁裏の蔵書と古典学の研究-高松宮家伝来禁裏本を中心として-研究調査報告(平成十八年度)   (1) 45-50   2007年3月
名品古筆手鑑紹介-行方不明一点を含む-
久保木秀夫
悠久   (105) 83-87   2006年10月   [依頼有り]
『パリ東洋語図書館蔵日本書籍目録-1912年以前-』(分担調査)
国文学研究資料館
   2006年3月
伝十市遠忠筆断簡類瞥見-老葉自注・享禄二年七月以降撰歌合・天文六年賀茂社法楽十首和歌・十番の物あらそひ、ほか-
久保木秀夫
科学研究費補助金・基盤B・研究成果報告書 中世後期南都蒐蔵古典籍の復元的研究   11-33   2006年3月
松平文庫蔵『天文七年以降天文十四年三月十六日以前 遠忠自歌合』(翻刻)
久保木秀夫
科学研究費補助金・基盤B・研究成果報告書 中世後期南都蒐蔵古典籍の復元的研究   335-375   2006年3月
展示図録『うたのちから 古今集・新古今集の世界』(解説・コラムを分担執筆)
国文学研究資料館
   2005年10月
『三省堂名歌名句辞典』(分担執筆)
佐々木幸綱・復本一郎
   2004年9月
『平安文学研究ハンドブック』(分担執筆)
田中登・山本登朗
   2004年5月   [依頼有り]
『鉄心斎文庫所蔵 芦澤新二コレクションより 短冊』(解説を分担執筆)
鉄心斎文庫
   2002年11月   [依頼有り]
散佚歌集切集成 本文篇
久保木秀夫
調査研究報告   (23) 245-330   2002年11月
『チェスター・ビーティ・ライブラリィ絵巻絵本解題目録』(解題を分担執筆)
国文学研究資料館・The Chester Beatty Library
   2002年3月
『枕草子大事典』(分担執筆)
枕草子研究会
   2001年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『頼政集新注 下』
頼政集輪読会 (担当:分担執筆, 範囲:366pp)
青簡舎   2016年10月   
『本朝書籍目録』の伝本と分類
久保木秀夫 (担当:分担執筆, 範囲:pp.153-181)
『生活と文化の歴史学9 学芸と文芸』竹林舎   2016年8月   
『御堂御記抄』断簡 書誌と解説
久保木 秀夫 (担当:分担執筆, 範囲:口絵pp.3-4)
『考えるシリーズⅡ③知の挑発 平安後期 頼通文化世界を考える―成熟の行方』武蔵野書院   2016年7月   
天喜三年「六条斎院禖子内親王家」物語歌合・私見
久保木秀夫 (担当:分担執筆, 範囲:pp.379-405)
『考えるシリーズⅡ③知の挑発 平安後期 頼通文化世界を考える―成熟の行方』武蔵野書院   2016年7月   
本文校訂のモラル-特に底本選定と「取り合わせ」問題に関して-
久保木秀夫 (担当:分担執筆, 範囲:pp.276-301)
『新時代への源氏学7 複数化する源氏物語』竹林舎   2015年5月   
『栄花物語』主要伝本類概説
久保木秀夫 (担当:分担執筆, 範囲:pp.129-159)
『王朝歴史物語史の構想と展望』新典社   2015年3月   
『新古今和歌集の新しい歌が見つかった! 800年以上埋もれていた幻の一首の謎を探る』
久保木 秀夫 中川 博夫 (担当:共著, 範囲:3-42)
笠間書院   2014年10月   
『頼政集新注 中』
頼政集輪読会 (担当:分担執筆, 範囲:363pp)
青簡舎   2014年10月   
『古今集』高野切の伝来と由来
『考えるシリーズⅡ①知の挑発 王朝文学の古筆切を考える-残欠の映発』武蔵野書院   2014年5月   
伝藤原家隆筆『古今集』残簡及び断簡-新出異本歌を含む鎌倉時代写本-
『国文学叢録-論考と資料』笠間書院   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
伊勢物語 幻の「小式部内侍本(狩使本)―その復元はどこまで可能か?―
久保木 秀夫
鶴見大学図書館・第144回貴重書展「平安文学、どれが流布本?なにが異本?」特別講演会   2016年11月5日   
古筆の魅力、推理の楽しさ-古典文学・藤原定家・明月記など- [招待有り]
久保木秀夫
林原美術館・企画展「すみいろ-古筆・宸翰・大名の書-」特別講演会   2016年4月23日   
林原美術館所蔵の古筆資料に関する新知見について-藤原定家『明月記』(国宝)の原本部分の発見を含む- [招待有り]
久保木秀夫
林原美術館・記者発表会   2016年3月22日   
『発心和歌集』選子内親王作者説存疑
久保木秀夫
中古文学会秋季大会   2015年10月25日   
新古今和歌集の新しい歌が見つかった!-鶴見大学文学部、及び図書館における研究と教育-
久保木秀夫
鶴見大学入試キャリアセンター主催・特別講演会   2015年6月4日   
今回新発見の重要資料
久保木秀夫
鶴見大学図書館・第138回貴重書展「収書の真髄」特別講演会   2014年10月25日   
百人一首あれこれ-撰者・成立・古写本- [招待有り]
久保木秀夫
横浜市中央図書館・横浜ライブラリーカフェ・第32回   2014年12月20日   
定家本・青表紙本『源氏物語』は、どれだけ実際に読むことができるのか?
久保木秀夫
中古文学会・春季大会・ミニシンポジウム①「定家本・青表紙本『源氏物語』とは、そもそも何か?」   2014年6月7日   
二十巻本類聚歌合成立試論
久保木秀夫
和歌文学会大会   2013年10月13日   
新収古筆手鑑の紹介-『新古今集』新出異本歌の断簡を中心に-
久保木秀夫
第135回・鶴見大学図書館貴重書展「風格の古筆手鑑 深奥なる古筆切」特別講演会   2013年10月5日   
資料の奥へ(1)古筆切概説-源氏物語以外-
久保木秀夫
紫式部学会「源氏物語の小さな講座」   2012年9月9日   
『本朝書籍目録』再考
久保木 秀夫
中世文学会2011年度春季大会シンポジウム「断片から探る中世文学-佚文・断簡および目録と中世文学研究-」   2011年6月   
書陵部御所本による冷泉家本の復元
久保木 秀夫
和歌文学会関西例会   2010年12月   
古筆切・残欠本・転写本
久保木秀夫
コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所・創立50周年記念シンポジウム   2009年9月11日   
禁裏・近衛家の蔵書形成過程一端
久保木 秀夫
国文学研究資料館第4回調査研究シンポジウム「王朝文学の流布と継承-国文学文献資料調査を起点として-」   2009年5月   
万治四年禁裏焼失本復元の可能性-仮名散文を中心に-
久保木秀夫
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究B「室町後期禁裏本の復元的研究」研究会   2008年9月14日   
(科研費その他による個別研究発表はそのほかにも多々しているが、本発表のみ、いまだ論文化していないため、例外的に記載しておく)
万治四年禁裏焼失本復元の可能性-書陵部御所本私家集に基づく-
和歌文学会例会   2008年   
模写本発掘-国文研蔵マイクロ資料の中から、平安私家集をいくつか-
国文学研究資料館調査研究シンポジウム   2007年   
『栄花物語』本文再考-西本願寺本を中心とする-
中古文学会春季大会   2007年   
古筆切のツレの認定-伝光厳院筆六条切の問題を絡めつつ-
国文学研究資料館シンポジウム「古筆切研究の現在」   2004年   
『林葉和歌集』諸本再考-古筆切の検討から異本の紹介・考察を経て流布本善本の選出に至る-
和歌文学会例会   2004年   
源承撰『類聚歌苑』-天理図書館蔵残欠本の紹介と考察-
和歌文学会大会   2003年   
『自葉集』と伝二条為道筆西宮切
和歌文学会例会   2001年   
伝後伏見院筆歌集残簡-京極派歌人の贈答歌集-
和歌文学会例会   2000年   
大斎院御集原態試論
和歌文学会大会   1998年   
『元就卿詠草』考
日本大学国文学会総会   1998年   
枕草子の謎謎合-「皆知りたることとかや」考-
中古文学会春季大会   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
『隠心帖』を中心とする古筆手鑑の史料学的研究
東京大学史料編纂所: 一般共同研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 久保木秀夫
文献学的方法による平安時代仮名文学の定説再検討と新見創出
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 久保木秀夫
和歌・仮名散文を中心とする散佚写本の復元的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究C
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 久保木秀夫
中古中世散佚歌集研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・研究成果公開促進費・学術図書
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 久保木秀夫
古筆切をはじめとする散佚歌集関連資料の総合的調査・研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究C
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月    代表者: 久保木 秀夫
林葉和歌集 研究と校本
日本学術振興会: 研究成果公開促進費・学術図書
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 久保木秀夫
散佚歌集に関する古筆資料の調査・研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究C2
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 久保木秀夫
未詳歌集切の集成と研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・奨励研究A
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 久保木秀夫

社会貢献活動

 
【講師, 企画, 運営参加・支援, 実演, 調査担当, 報告書執筆, 寄稿】  神奈川県  小学生向けレクチャー「昔の本にさわってみよう!」  2014年4月1日 - 2015年3月31日
「二十巻本類聚歌合」の新たな草稿発見 フェアに出品
【取材協力】  共同通信社  共同通信  2015年3月
知の遺産 図書館コレクションから 39 鶴見大学 勅撰和歌集の古典籍と古筆切
【寄稿】  神奈川新聞社  神奈川新聞  2014年10月6日
文化的な香り体感 鶴見大で地元児童 源氏物語写本など触れ
【取材協力】  神奈川新聞社  神奈川新聞  2014年7月23日
新古今に未知の歌
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2013年10月3日
新古今 消えた一首 鶴見大収蔵品で発見
【取材協力】  読売新聞社  読売新聞  2013年10月2日
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2009年11月2日