共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年4月 - 2016年3月

東アジア(日・中・韓)の絵入り刊本成立と展開に関する総合研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 入口 敦志
  • ,
  • 花田 富二夫
  • ,
  • 江本 裕
  • ,
  • 金 永昊
  • ,
  • 勝又 基

課題番号
23320058
配分額
(総額)
20,930,000円
(直接経費)
16,100,000円
(間接経費)
4,830,000円

日中韓の17世紀までの絵入刊本につき、6000件を超えるデータを集積することが出来た。これらの分析をとおして、論文発表、口頭発表、単行本の刊行などを行った。2015年10月17日に国際ワークショップ「東アジアの絵入刊本」を主催した。そこでは、日中韓越の研究者を招聘して研究発表を行った。同時に日本と韓国の版画の技術者を招聘し、彫りと刷りの実演を行い、技術面からの見当も行った。更に、2015年10月13日から11月20日まで、国文学研究資料館において、特別展「韓国古版画博物館名品展」を開催した。東アジアの古版画を展示するものであったが、特に韓国の古版画については、日本で初めて紹介する展示となった。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23320058/23320058seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 23320058