YAMADA Tadashi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 21, 2020 at 02:42
 
Avatar
Name
YAMADA Tadashi
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor
Research funding number
80111665

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1977
 - 
Nov 1981
Assi. at Faculty of Eng., Tokyo Institute of Technology
 
Dec 1981
 - 
Mar 1985
(Full-time) Lecturer of Dep. of Civ. Eng., NDA
 
Apr 1985
 - 
Mar 1986
Assi. Prof. of Dep. of Civ. Eng., NDA
 
Apr 1986
 - 
Mar 1991
Assi. Prof. of Faculty of Eng., Hokkaido Univ.
 
Apr 1991
 - 
Mar 1992
Assi. Prof. of Faculty of Sci. & Eng., Chuo Univ.
 

Education

 
Apr 1976
 - 
Mar 1977
土木工学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Chuo University
 

Awards & Honors

 
Sep 2019
台地上の水路の通水による地下水位への影響に関する研究~玉川上水を例として~, 土木学会全国大会第74回年次学術講演会優秀講演者賞, 土木学会
Winner: 研究室学生
 
Sep 2019
豪雨災害が発生した山間地中小河川流域における住民の避難行動及び避難の要因―筑後川水系赤谷川流域を例としてー, 水文・水資源学会研究発表会優秀ポスター賞, 水文水資源学会
Winner: 研究室学生
 
Sep 2019
ミュー粒子を利用した探査技術の河川堤防への適用へ向けた考察, 第27回地球環境シンポジウム優秀ポスター賞, 土木学会
Winner: 研究室学生
 
Mar 2019
渋谷健一学術奨励賞, 中央大学
Winner: 研究室学生
 
Mar 2019
茨木龍雄学術奨励賞, 中央大学
Winner: 研究室学生
 

Published Papers

 
べイズ手法を用いた信頼区間の将来変化予測-アンサンブル気候予測データへの適用-
清水 啓太, 山田 正, 山田 朋人
土木学会論文集B1(水工学) Vol.75      Nov 2019   [Refereed]
雨災害が発生した山間地中小河川流域における住民の避難行動及び避難の要因―筑後川水系赤谷川流域を例としてー
金枝上 英明, 小山 直紀, 布村 明彦, 山田 正
水文・水資源学会2019年度研究発表会要旨集      Sep 2019
ベイズ手法に基づくアンサンブル気候予測データを用いた信頼区間の更新
清水 啓太, 山田 正, 山田 朋人
水文・水資源学会2019年度研究発表会要旨集      Sep 2019
都市域の感潮河川における洪水時の水位に影響を与える要因に関する分析
町田 果歩, 小山 直紀, 山田 正
水文・水資源学会2019年度研究発表会要旨集      Sep 2019
下水集水域をもつ閉鎖性水域における底泥の性状に関する検討
濱野 優至, 山田 正
水文・水資源学会2019年度研究発表会要旨集      Sep 2019

Misc

 
保水能を考慮した降雨の不確実性が山地流域に与える影響に関する研究,水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集
渡邉瑞貴,小石一宇,成岱蔚,山田正
水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集      Sep 2018
都市水域における全窒素・全リン濃度の空間分布特性に関する現地観測
濱野優至,寺島大貴,柿沼太貴,山田正
水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集      Sep 2018
霞ヶ浦・手賀沼における COD 変動の類似性に関する研究
寺島大貴,柿沼太貴,山田正
水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集      Sep 2018
利根川上流域のダムにおけるパラメータの変動特性の検討
中村晃基,山田正
水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集      Sep 2018
分流式下水道における流量の時系列データを用いた雨天時浸入水発生領域の逆推定に関する研究
小山直紀,山田正
水文水資源学会2018年度研究発表会要旨集      Sep 2018

Books etc

 
世論時報
山田 正
世論時報社   Dec 2019   
月刊 ガバナンス
山田 正
株式会社 ぎょうせい   Dec 2019   
ベース設計資料
山田 正
建設工業調査会   Sep 2018   
生活と環境
山田 正
日本環境衛生センター   Aug 2018   
気象研究ノート 第236号 -都市における極端気象の観測・予測・情報伝達-
山田正,吉見和紘,山田朋人
日本気象学会   May 2018   

Conference Activities & Talks

 
べイズ手法を用いた信頼区間の将来変化予測-アンサンブル気候予測データへの適用-
清水 啓太, 山田 正, 山田 朋人
第64回水工学講演会   Nov 2019   
A Report on Basic Experimental Results Related to the Development of Visualization Technology for River Levees Using Cosmetic Ray Muons
Keita SHIMIZU, Shiori TERA, Akihiro GODA, Taro KUSAGAYA, Keiichi SUZUKI, Tadashi YAMADA
Smart Water Grid International Conference   Oct 2019   
Research of Turbulent Flow by Actual River Observation Data
Kazuaki OKADA, Ichiu KOISHI, Tadashi YAMADA
Smart Water Grid International Conference   Oct 2019   
Proposal of Determining Method for Issuing Evacuation Information Based on Probability Theory,
Yoshinori TAKEUCHI, Daiwei CHENG, Tadashi YAMADA
Smart Water Grid International Conference   Oct 2019   
Initiatives for the Realization of Sound Water Cycles in Tokushima Prefecture,Japan
Shuji UNNO, Kenji KISHIHARA, Tadashi YAMADA
Smart Water Grid International Conference   Oct 2019   

Research Grants & Projects

 
河床材料の耕土への適用可能性に関する研究
株式会社オーク
Project Year: Aug 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 山田正
流木災害対策に資する流木資源化・利用システム開発の検討
東北地方整備局
Project Year: Jun 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 鎌倉稔成
石炭灰造粒物敷設による日本橋川船着き場周辺の水辺環境改善効果に関する研究
中国電力株式会社
Project Year: May 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 山田正
気象工学的観点から導く極端気象に対応した環境プラットフォームの開発
フジワラ産業株式会社
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021    Investigator(s): 山田正
北海道の港湾及び地域の発展に向けた市場調査
一般社団法人寒地港湾技術研究センター
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018    Investigator(s): 山田正

Patents

 
特願2017-168378 : 河川水位予測システム
特願2008-099225 : 河川の流量算出装置