HANADA Nobuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Jan 16, 2019 at 19:23
 
Avatar
Name
HANADA Nobuhiro
E-mail
hanada-ntsurumi-u.ac.jp
Affiliation
Tsurumi University
Section
School of Dental Medicine
Job title
Professor
Degree
DDS, PhD, Ph.D.(Kyushu Dental College)
Twitter ID
@3DSdental
Google Analytics
UA-40902952-1

Profile

Professor, Tsurumi University, School of Dental Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Jul 2008
 - 
Today
Professor, School of Dental Medicine, Tsurumi University
 
Apr 2002
 - 
Jun 2008
Director, Oral Health, National Institute of Public Health
 
Apr 2000
 - 
Jun 2008
Visiting Professor, Kyushu University
 
Apr 1990
 - 
May 1993
Associate Professor, School of Dentistry, Iwate Medical University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1990
Assistant Professor, School of Dentistry, Kyushu Dental University
 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
Postdoctoral fellow, Medical and Dental Schools, Northwestern University
 
Apr 1985
 - 
Dec 1986
Assistant Professor, School of Dentistry, Kyushu Dental University
 

Education

 
Apr 1981
 - 
Mar 1985
Kyushu Dental University Graduate School
 
Apr 1975
 - 
Mar 1981
Dentistry, School of Dentistry, Kyushu Dental University
 

Awards & Honors

 
Apr 2012
Dental Health Award, Kanagawa Dental Association
 
Apr 1990
Award, Kato Memorial Bioscience Foundation
 

Published Papers

 
Murata T, Ishikawa M, Shibuya K, Hanada N
Journal of microbiological methods   155 49-54   Dec 2018   [Refereed]
Kuroiwa A, Nomura Y, Ochiai T, Sudo T, Nomoto R, Hayakawa T, Kanzaki H, Nakamura Y, Hanada N
Materials (Basel, Switzerland)   11(6)    May 2018   [Refereed]
Suma S, Naito M, Wakai K, Naito T, Kojima M, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T
PloS one   13(4) e0195813   2018   [Refereed]
Nomura Y, Okada A, Miyoshi J, Mukaida M, Akasaka E, Saigo K, Daikoku H, Maekawa H, Sato T, Hanada N
International journal of dentistry   2018 2727193   2018   [Refereed]
Okada A, Sogabe K, Takeuchi H, Okamoto M, Nomura Y, Hanada N
Journal of oral science   59(4) 491-498   Dec 2017   [Refereed]
Arai C, Nomura Y, Matsuzawa M, Hanada N, Nakamura Y
Archives of oral biology   83 181-186   Nov 2017   [Refereed]
Murata T, Okada A, Matin K, Hanada N
Journal of visualized experiments : JoVE   (128)    Oct 2017   [Refereed]
Nitta H, Katagiri S, Nagasawa T, Izumi Y, Ishikawa I, Izumiyama H, Uchimura I, Kanazawa M, Chiba H, Matsuo A, Utsunomiya K, Tanabe H, Takei I, Asanami S, Kajio H, Ono T, Hayashi Y, Ueki K, Tsuji M, Kurachi Y, Yamanouchi T, Ichinokawa Y, Inokuchi T, Fukui A, Miyazaki S, Miyauchi T, Kawahara R, Ogiuchi H, Yoshioka N, Negishi J, Mori M, Mogi K, Saito Y, Tanzawa H, Nishikawa T, Takada N, Nanjo K, Morita N, Nakamura N, Kanamura N, Makino H, Nishimura F, Kobayashi K, Higuchi Y, Sakata T, Yanagisawa S, Tei C, Ando Y, Hanada N, Inoue S
Journal of diabetes investigation   8(5) 677-686   Sep 2017   [Refereed]
Nomura Y, Takeuchi H, Okamoto M, Sogabe K, Okada A, Hanada N
Photodiagnosis and photodynamic therapy   18 335-341   Jun 2017   [Refereed]
Okada A, Nomura Y, Sogabe K, Oku H, Sato Gillbreath A, Hino F, Hayashi H, Yoshino H, Utsunomiya H, Suzuki K, Koresawa K, Koba K, Uetani K, Kotoh M, Nishitsuji N, Akutsu S, Nakasone T, Tobi Y, Fukuzawa Y, Yabuki Y, Naono Y, Yajima M, Shimizu K, Hanada N
Journal of oral science   59(1) 63-69   2017   [Refereed]
Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Amitani Y, Yoshie H
PloS one   12(12) e0188670   2017   [Refereed]
Okamoto M, Naito M, Miyanohara M, Imai S, Nomura Y, Saito W, Momoi Y, Takada K, Miyabe-Nishiwaki T, Tomonaga M, Hanada N
Microbiology and immunology   60(12) 811-816   Dec 2016   [Refereed]
Murata T, Hanada N
FEMS microbiology letters   363(11)    Jun 2016   [Refereed]
Nomura Y, Okada A, Kakuta E, Gunji T, Kajiura S, Hanada N
BMC oral health   16(1) 64   Jun 2016   [Refereed]
Shiozawa K, Ohnuki Y, Mototani Y, Umeki D, Ito A, Saeki Y, Hanada N, Okumura S
The journal of physiological sciences : JPS   66(1) 93-98   Jan 2016   [Refereed]
Okamoto M, Imai S, Miyanohara M, Saito W, Momoi Y, Nomura Y, Ikawa T, Ogawa T, Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko A, Watanabe A, Watanabe S, Hayashi M, Tomonaga M, Hanada N
Microbiology and immunology   59(9) 526-532   Sep 2015   [Refereed]
Kajiyama S, Ujiie Y, Nishikawa S, Inoue K, Shirakawa S, Hanada N, Liddell R, Davies JE, Gomi K
Journal of biomedical materials research. Part A   103(8) 2807-2814   Aug 2015   [Refereed]
Otsuka R, Imai S, Murata T, Nomura Y, Okamoto M, Tsumori H, Kakuta E, Hanada N, Momoi Y
Microbiology and immunology   59(1) 28-36   Jan 2015   [Refereed]
Terai T, Okumura T, Imai S, Nakao M, Yamaji K, Ito M, Nagata T, Kaneko K, Miyazaki K, Okada A, Nomura Y, Hanada N
PloS one   10(6) e0128657   2015   [Refereed]
Sanggarnjanavanich S, Sekiya T, Nomura Y, Nakayama T, Hanada N, Nakamura Y
American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics   146(1) 82-91   Jul 2014   [Refereed]
Murata T, Sato T, Kamoda T, Moriyama H, Kumazawa Y, Hanada N
Experimental cell research   320(2) 247-257   Jan 2014   [Refereed]
Morita Y, Imai S, Hanyuda A, Matin K, Hanada N, Nakamura Y
Dental materials journal   33(2) 268-274   2014   [Refereed]
Yashiro Y, Nomura Y, Kanazashi M, Noda K, Hanada N, Nakamura Y
PloS one   9(5) e95676   2014   [Refereed]
Kakuta E, Nomura Y, Naono Y, Koresawa K, Shimizu K, Hanada N
International dental journal   63(5) 249-253   Oct 2013   [Refereed]
Katagiri S, Nitta H, Nagasawa T, Izumi Y, Kanazawa M, Matsuo A, Chiba H, Fukui M, Nakamura N, Oseko F, Kanamura N, Inagaki K, Noguchi T, Naruse K, Matsubara T, Miyazaki S, Miyauchi T, Ando Y, Hanada N, Inoue S
Journal of diabetes investigation   4(3) 320-325   May 2013   [Refereed]
Miyanohara M, Imai S, Okamoto M, Saito W, Nomura Y, Momoi Y, Tomonaga M, Hanada N
Microbiology and immunology   57(5) 359-365   May 2013   [Refereed]
Yano A, Miwa Y, Kanazawa Y, Ito K, Makino M, Imai S, Hanada N, Nisizawa T
Vaccine   31(11) 1510-1515   Mar 2013   [Refereed]
Miyanohara M, Imai S, Okamoto M, Saito W, Nomura Y, Momoi Y, Tomonaga M, Hanada N
Microbiology and immunology   57(5) 359-365   Mar 2013   [Refereed]
Okamoto M, Imai S, Miyanohara M, Saito W, Momoi Y, Abo T, Nomura Y, Ikawa T, Ogawa T, Miyabe-Nishiwaki T, Kaneko A, Watanabe A, Watanabe S, Hayashi M, Tomonaga M, Hanada N
International journal of systematic and evolutionary microbiology   63(2) 418-422   Feb 2013   [Refereed]
TADA Akio,TAKEUCHI Hiroaki,SHIMIZU Hajime,TADOKORO Kenichi,TANAKA Kazuya,KAWAMURA Katsumi,YAMAGUCHI Toshikazu,EGASHIRA Toru,NOMURA Yoshiaki,HANADA Nobuhiro
Jpn J Infect Dis   65(5) 415-423   Sep 2012   [Refereed]
KAKUTA Erika, Ida Akira, NOMURA Hiromi, TAMAKI Yoh, ABO Tomoko, OTSUKA Ryoko, MURATA Takatoshi, NOMURA Yoshiaki, HANADA Nobuhiro
62(4) 391-396   Jul 2012
Recently, salivary biomarkers such as lactose dehydrogenase (LD) and hemoglobin (Hb) have been used to screen for periodontal disease without oral examination by dental professions. These salivary biomarkers reflect bleeding from the oral cavity. ...
KAKUTA Erika,IDA Akira,IDA Akira,NOMURA Hiromi,TAMAKI Yoh,ABO Tomoko,OTSUKA Ryoko,MURATA Takatoshi,NOMURA Yoshiaki,HANADA Nobuhiro
口腔衛生学会雑誌   62(4) 391-396   Jul 2012
FUKUDA Yu,IMAI Susumu,HAMADA Yoshiki,HANADA Nobuhiro
Asian Pac J Dent   12(2) 37-44   Jul 2012
Nomura Y, Ishikawa M, Yashiro Y, Sanggarnjanavanich S, Yamaguchi T, Arai C, Noda K, Takano Y, Nakamura Y, Hanada N
Histochemistry and cell biology   137(6) 719-732   Jun 2012   [Refereed]
Wakai K, Naito M, Naito T, Kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T
Community dentistry and oral epidemiology   41(1) 48-54   Jun 2012   [Refereed]
塩澤光一, 中道敦子, 花田信弘
日本そしゃく学会雑誌   22(1) 18-25   May 2012
NOMURA Yoshiaki,HANADA Nobuhiro,SHIMADA Yasuko,YOSHIE Hiromasa,NUMABE Yukihiro,KAMOI Kyuichi,SATO Tsutomu,GOMI Kazuhiro,ARAI Takashi,INAGAKI Koji,FUKUDA Mitsuo,NOGUCHI Toshihide
Arch Oral Biol   57(4) 413-420   Apr 2012   [Refereed]
Nishikawa T, Shimizu K, Tanaka T, Kuroda K, Takayama T, Yamamoto T, Hanada N, Hamada Y
PloS one   7(9) e45371   2012   [Refereed]
Abo T, Uno S, Yoshiyama M, Yamada T, Hanada N
International journal of dentistry   2012 278623   2012   [Refereed]
Association Between Glucan Synthesis by Streptococcus mutans and Caries Incidence in Schoolchildren Receiving a Fluoride Mouth Rinse.
Umetsu H, Kaneko N, Yoshihara A, Sakuma S, Hanada N, Miyazaki H
Oral health & preventive dentistry   10(2) 161-166   2012   [Refereed]
Katagiri S, Nitta H, Nagasawa T, Izumi Y, Kanazawa M, Matsuo A, Chiba H, Miyazaki S, Miyauchi T, Nakamura N, Oseko F, Kanamura N, Ando Y, Hanada N, Inoue S
Obesity research & clinical practice   5(4) e267-360   Oct 2011   [Refereed]
Oikawa T, Nomura Y, Arai C, Noda K, Hanada N, Nakamura Y
European journal of orthodontics   33(3) 221-227   Jun 2011   [Refereed]
SHIOZAWA Kouichi,KOHYAMA Kaoru,HANADA Nobuhiro
日本そしゃく学会雑誌   21(1) 40-48   May 2011
ZAMAN Shawket,IMAI Susumu,OKADA Ayako,MIYANOHARA Mayu,HANADA Nobuhiro
日本口腔機能水学会誌   12(1) 36-37   Mar 2011
YAMAZAKI Yoji, YUNOUE Shiho, YAMAGUCHI Toshiko, HOSOKUBO Kazumi, MUGIYAMA Misaki, TAKEI Noriko, TAKADA Koji, NAKAYASU Mieko, ISHIKAWA Akira, NAKAMURA Munetou, TAMAKI Yoh, NOMURA Yoshiaki, HANADA Nobuhiro
Journal of dental health   61(1) 13-21   Jan 2011
The purpose of this study was to evaluate the effectiveness of a community-based periodontal disease prevention program focused on the use of interdental brushes. The subjects consisted of community residents (15 males and 41 females, with a mean ...
Katagiri S, Nitta H, Nagasawa T, Izumi Y, Kanazawa M, Matsuo A, Chiba H, Miyazaki S, Miyauchi T, Nakamura N, Kanamura N, Ando Y, Hanada N, Inoue S
Obesity research & clinical practice   4(4) e247-342   Oct 2010   [Refereed]
ARAI Chihiro,NOMURA Yoshiaki,ISHIKAWA Misao,NODA Koji,CHOI Jae-Won,YASHIRO Yuichi,HANADA Nobuhiro,NAKAMURA Yoshiki
Histochem Cell Biol   134(4) 337-343   Oct 2010   [Refereed]
Tada A, Hanada N
FEMS immunology and medical microbiology   60(1) 1-17   Oct 2010   [Refereed]
Okuda K, Hanada N, Usui Y, Takeuchi H, Koba H, Nakao R, Watanabe H, Senpuku H
Archives of oral biology   55(10) 754-762   Oct 2010   [Refereed]
SHIOZAWA Kouichi, HANADA Nobuhiro
20(1) 27-34   May 2010
Wakai K, Naito M, Naito T, Kojima M, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T
Community dentistry and oral epidemiology   38(1) 43-49   Feb 2010   [Refereed]
Unique functions of hydroxyapatite with mutans streptococci adherence.
Arakawa T, Fujimaru T, Ishizak T, Takeuchi H, Kageyama M, Ikemi T, Hanada N, Watanabe H, Senpuku H
Quintessence international (Berlin, Germany : 1985)   41(1) e11-9   Jan 2010   [Refereed]
Yoshihara A, Watanabe R, Hanada N, Miyazaki H
Gerodontology   26(2) 130-136   Jun 2009   [Refereed]
Tamaki Y, Nomura Y, Katsumura S, Okada A, Yamada H, Tsuge S, Kadoma Y, Hanada N
Journal of oral science   51(1) 61-68   Mar 2009   [Refereed]
Otani N, Hamasaki T, Soh I, Yoshida A, Awano S, Ansai T, Hanada N, Miyazaki H, Takehara T
Archives of oral biology   54(2) 192-200   Feb 2009   [Refereed]
Wakai K, Naito M, Naito T, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   19(2) 72-80   2009   [Refereed]
Iwasaki M, Yoshihara A, Hirotomi T, Ogawa H, Hanada N, Miyazaki H
Journal of clinical periodontology   35(4) 291-296   Apr 2008   [Refereed]
KATSUMURA Seiko, NISHIKAWARA Fusao, TAMAKI Yoh, YAMADA Hidenori, NAKAMURA Yoshiki, SATO Keita, TSUGE Shinpei, NOMURA Yoshiaki, HANADA Nobuhiro
Pediatric Dent J   18(1) 27-33   Mar 2008
KAERIYAMA Erika, IMAI Susumu, USUI Yoshie, HANADA Nobuhiro, TAKAGI Yuzo
Pediatric Dental Journal   17(2) 118-126   Sep 2007
ONO Masahiro, NIKAIDO Toru, IKEDA Masaomi, IMAI Susumu, HANADA Nobuhiro, TAGAMI Junji, MATIN Khairul
Dental materials journal   26(5) 613-622   Sep 2007   [Refereed]
The surface properties of three different resin composite materials which influence Streptococcus mutans biofilm formation were evaluated using an artificial mouth system (AMS). Specimens were prepared from Clearfil AP-X, Grandio, and Reactmer Pas...
UDO Tomoaki, NIKAIDO Toru, IKEDA Masaomi, WEERASINGHE Dinesh S., HARADA Naoko, FOXTON Richard M., TAGAMI Junji
Dental materials journal   26(4) 519-525   Jul 2007
Resin coating technique is a unique method that improves the dentin bond strength of resin cements in indirect restorations. However, the weak link of a specimen bonded using the resin coating technique was reported to be the bonded interface betw...
Yoshihara A, Deguchi T, Hanada N, Miyazaki H
Journal of periodontology   78(7) 1241-1248   Jul 2007   [Refereed]
KATSUMURA Seiko, NISHIKAWARA Fusao, TAMAKI Yoh, NAKAMURA Yoshiki, SATO Keita, NOMURA Yoshiaki, HANADA Nobuhiro
Pediatric Dental Journal   17(1) 1-7   Mar 2007
Yoneda S, Imai S, Hanada N, Yamazaki T, Senpuku H, Ota Y, Uematsu H
Japanese Journal of Infectious Diseases   60(1) 23-28   Feb 2007   [Refereed]
Evaluation of cariogenic bacteria.
Nishikawara F, Nomura Y, Imai S, Senda A, Hanada N
European journal of dentistry   1(1) 31-39   Jan 2007   [Refereed]
Saotome Y, Tada A, Hanada N, Yoshihara A, Uematsu H, Miyazaki H, Senpuku H
Gerodontology   23((4)) 219-25.-225   Dec 2006   [Refereed]
Nomura Y, Tamaki Y, Tanaka T, Arakawa H, Tsurumoto A, Kirimura K, Sato T, Hanada N, Kamoi K
Journal of oral science   48(4) 177-183   Dec 2006   [Refereed]
Nishikawara F, Katsumura S, Ando A, Tamaki Y, Nakamura Y, Sato K, Nomura Y, Hanada N
Journal of oral science   48(4) 245-251   Dec 2006   [Refereed]
NISHIKAWARA Fusao, NOMURA Yoshiaki, TAMAKI Yoh, KATSUMURA Seiko, ASADA Yoshinobu, HANADA Nobuhiro
Pediatric Dental Journal   16(2) 187-195   Sep 2006
Sato Keita, Katsumura Seiko, Tamaki Yoh, Nishikawara Fusao, Nomura Yoshiaki, Tsurumoto Akihisa, Hanada Nobuhiro
Journal of medical and dental sciences   53(3) 135-140   Sep 2006
Motegi M, Takagi Y, Yonezawa H, Hanada N, Terajima J, Watanabe H, Senpuku H
Applied and environmental microbiology   72(9) 6277-6287   Sep 2006   [Refereed]
Tamaki Y, Nomura Y, Takeuchi H, Ida H, Arakawa H, Tsurumoto A, Kumagai T, Hanada N
Journal of oral science   48(3) 111-116   Sep 2006   [Refereed]
Naito M, Yuasa H, Nomura Y, Nakayama T, Hamajima N, Hanada N
Journal of oral science   48(1) 1-7   Mar 2006   [Refereed]
Yano A, Takekoshi M, Morita E, Imai S, Nisizawa T, Hanada N
Journal of bioscience and bioengineering   101(3) 251-256   Mar 2006   [Refereed]
Kaneko N, Yoshihara A, Ida H, Nomura Y, Imai S, Nisizawa T, Sakuma S, Hanada N, Miyazaki H
Caries research   40(6) 501-507   2006   [Refereed]
The relationship between dietary intake and the number of teeth in elderly Japanese subjects.
Yoshihara A, Watanabe R, Nishimuta M, Hanada N, Miyazaki H
Gerodontology   22((4)) 211-8.-218   Dec 2005   [Refereed]
Tamaki Y, Nomura Y, Nishikawara F, Motegi M, Teraoka K, Arakawa H, Tsurumoto A, Hanada N
Journal of oral science   47(2) 97-103   Jun 2005   [Refereed]
Yano A, Onozuka A, Asahi-Ozaki Y, Imai S, Hanada N, Miwa Y, Nisizawa T
Vaccine   23 2322-2326   Mar 2005   [Refereed]
Tamaki Y, Nomura Y, Inoue K, Inosita E, Tsurumoto A, Hanada N
Journal of oral science   46(4) 241-246   Dec 2004   [Refereed]
E2f1 mutation induces early onset of diabetes and Sjögren's syndrome in nonobese diabetic mice.
Salam MA, Matin K, Matsumoto N, Tsuha Y, Hanada N, Senpuku H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   173(8) 4908-4918   Oct 2004   [Refereed]
Nomura Y, Takeuchi H, Kaneko N, Matin K, Iguchi R, Toyoshima Y, Kono Y, Ikemi T, Imai S, Nishizawa T, Fukushima K, Hanada N
Journal of oral science   46(3) 179-183   Sep 2004   [Refereed]
Yoshihara A, Seida Y, Hanada N, Miyazaki H
Journal of clinical periodontology   31(8) 680-684   Aug 2004   [Refereed]
Tada A, Shiiba M, Yokoe H, Hanada N, Tanzawa H
Oral surgery, oral medicine, oral pathology, oral radiology, and endodontics   98(2) 184-188   Aug 2004   [Refereed]
Relationship between volatile sulphide compounds concentration and oral bacteria species detection in the elderly.
Senpuku H, Tada A, Yamaga T, Hanada N, Miyazaki H
International dental journal   54(3) 149-153   Jun 2004   [Refereed]
Tamaki Y, Nomura Y, Teraoka K, Nishikahara F, Motegi M, Tsurumoto A, Hanada N
Journal of oral science   46(2) 127-133   Jun 2004   [Refereed]
KAMASAKA Hiroshi, INABA Daisuke, MINAMI Kentaro, TO-O Kenji, NISHIMURA Takahisa, KURIKI Takashi, IMAI Susumu, HANADA Nobuhiro, YONEMITSU Masami
Journal of applied glycoscience   51(2) 129-134   Apr 2004
NOMURA Yoshiaki, TSURUMOTO Akihisa, NISHIKAWARA Fusao, MOTEGI Mizuho, HANADA Nobuhiro, KUMAGAI Takashi
Pediatric Dental Journal   14(1) 95-101   Mar 2004
NOMURA Yoshiaki, TSUGE Shinpei, HAYASHI Masaki, SASAKI Masahiro, YAMAUCHI Tetsuya, UEDA Nobuyoshi, HANADA Nobuhiro
Ped Dent J   14(1) 79-85   Mar 2004
Abdus Salam M, Matsumoto N, Matin K, Tsuha Y, Nakao R, Hanada N, Senpuku H
Clinical and diagnostic laboratory immunology   11(2) 379-386   Mar 2004   [Refereed]
Tada A, Hanada N
Public health   118(2) 104-109   Mar 2004   [Refereed]
Nishimura E, Eto A, Kato M, Hashizume S, Imai S, Nisizawa T, Hanada N
Current microbiology   48(2) 85-87   Feb 2004   [Refereed]
Growth-inhibitory effect of antibacterial self-etching primer on mutans streptococci obtained from arrested carious lesions.
Kitasako Y, Senpuku H, Foxton RM, Hanada N, Tagami J
Journal of esthetic and restorative dentistry : official publication of the American Academy of Esthetic Dentistry ... [et al.]   16 176-82; discussion 183   2004   [Refereed]
Yano A, Onozuka A, Matin K, Imai S, Hanada N, Nisizawa T
Vaccine   22(2) 237-243   Dec 2003   [Refereed]
TAKANO Naoko, YOSHIHARA Akihiro, ANDO Yuichi, OGAWA Hiroshi, HIROTOMI Toshinobu, YAMAGA Takayuki, HANADA Nobuhiro, MIYAZAKI Hideo
53(5) 592-599   Oct 2003
The purpose of this study was to investigate the prevalence and intraoral distribution of root caries in the elderly, and to identify the association between root caries and coronal caries. Six hundred noninstitutionalized adults aged 70 years in ...
Tada A, Watanabe T, Yokoe H, Hanada N, Tanzawa H
Archives of gerontology and geriatrics   37(2) 109-117   Sep 2003   [Refereed]
Nakao R, Hanada N, Asano T, Hara T, Abdus Salam M, Matin K, Shimazu Y, Nakasone T, Horibata S, Aoba T, Honda M, Amagasa T, Senpuku H
Immunology   109(2) 271-282   Jun 2003   [Refereed]
Morita E, Narikiyo M, Yano A, Nishimura E, Igaki H, Sasaki H, Terada M, Hanada N, Kawabe R
Cancer science   94(6) 492-496   Jun 2003   [Refereed]
Bone regeneration by recombinant human bone morphogenetic protein-2 around immediate implants: a pilot study in rats.
Matin K, Senpuku H, Hanada N, Ozawa H, Ejiri S
The International journal of oral & maxillofacial implants   18(2) 211-217   Mar 2003   [Refereed]
Yano A, Kaneko N, Ida H, Yamaguchi T, Hanada N
FEMS microbiology letters   217(1) 23-30   Nov 2002   [Refereed]
Yano A, Kaneko N, Ida H, Yamaguchi T, Hanada N
FEMS microbiology letters   217(1) 23-30   Nov 2002   [Refereed]

Misc

 
見えてきた口内細菌と認知症の因果な関係 口腔細菌と健康寿命
花田 信弘
Journal of Oral Biosciences Supplement   2018 61-61   Sep 2018
【すべての人にカリエスマネジメントを】 う蝕の検出について
花田 信弘
The Quintessence   37(8) 1765-1767   Aug 2018
Streptococcus mutansが産生するショ糖依存性バイオフィルムのガラス表面への強固な付着に必須の役割を持つGTF-SI
村田 貴俊, 花田 信弘
Journal of Oral Biosciences Supplement   2018 415-415   Sep 2018
歯科インプラントによる咀嚼機能回復と保健指導の組合せは体組成と代謝マーカーに影響する
武内 博朗, 寺田 美香, 小林 和子, 花田 信弘
日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   48回 65-65   Sep 2018
血管内皮機能に対する歯周組織健康状態改善の有効性評価(第1報) ランダム化並行群間比較試験
青柳 ひとみ, 鈴木 恵, 藏下 友実, 佐藤 絵梨, 相葉 望美, 植松 裕美, 今村 安芸子, 村田 貴俊, 花田 信弘, 佐藤 勉
日本歯科衛生学会雑誌   13(1) 118-118   Aug 2018
ICDASのう蝕検出精度 他の検査方法との比較
角田 衣理加, 千葉 敏江, 五十嵐 千浪, 伊東 宏和, 花田 信弘, 桃井 保子
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   148回 118-118   May 2018
歯周病(第1回) 歯周病と生活習慣病
花田 信弘
アニムス   23(2) 29-32   May 2018
すべての人にカリエスマネジメントを う蝕の検出について
花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 65-65   Apr 2018
唾液を用いた歯周病のスクリーニング検査による地域健康診断システム構築 平成29年度までの実施結果報告
上谷 公之, 大祢 貴俊, 矢吹 義秀, 福澤 洋一, 古藤 真実, 吉野 浩和, 三穂 乙暁, 西辻 直之, 谷村 秀樹, 長井 博昭, 小石 健, 大塚 良子, 岡田 彩子, 岡本 公彰, 野中 衣理加, 村田 貴俊, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 141-141   Apr 2018
血管内皮機能に対する歯周組織健康状態改善の有効性評価 ランダム化並行群間比較試験(第一報)
有吉 芽生, 村田 貴俊, 岡田 彩子, 大塚 良子, 山下 万美子, 鈴木 恵, 青柳 ひとみ, 植松 裕美, 今村 安芸子, 佐藤 勉, マティン・カイルール, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 144-144   Apr 2018
長期間(35年)にわたり定期的な口腔衛生管理を行い良好に経過している1症例
野邑 浩美, 井田 亮, 山田 秀則, 村田 貴俊, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 150-150   Apr 2018
喫煙者の口腔ケアと歯周組織の健康状態との関連性について
岡田 彩子, 村田 貴俊, 有吉 芽生, 大塚 良子, 山下 万美子, 鈴木 恵, 青柳 ひとみ, 植松 裕美, 今村 安芸子, 佐藤 勉, マティン・カイルール, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 159-159   Apr 2018
がん治療周術期における口腔内環境の変化 1症例報告(第2報)
大塚 良子, 今井 奬, 岡田 彩子, 有吉 芽生, 菊地 朋宏, 宮之原 真由, 曽我部 薫, 村田 貴俊, マティン・カイルール, 野村 義明, 花田 信弘, 桃井 保子, 熊谷 崇
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 167-167   Apr 2018
全身的な健康を歯科から考える"予防医学"としての概念を歯科へ『3DS除菌外来』の試み(第五報)
山田 秀則, 岡田 彩子, 宮之原 真由, 曽我部 薫, 村田 貴俊, 武内 博朗, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 168-168   Apr 2018
食道がん患者の周術期口腔管理が術後経過に及ぼす要因についての分析
稲井 裕子, 寶田 貫, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 169-169   Apr 2018
チンパンジー口腔におけるコアマイクロバイオームの解析
岡本 公彰, 宮之原 真由, 野村 義明, 今井 奬, 齋藤 渉, 桃井 保子, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 176-176   Apr 2018
ブラッククミンおよび殺菌剤のFusobacterium nucleatumのメチルメルカプタン産生に及ぼす影響
石川 正夫, 村田 貴俊, 泉福 英信, 花田 信弘, 渋谷 耕司
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 177-177   Apr 2018
ミュータンスレンサ球菌のバイオフィルム形成・エナメル質脱灰に及ぼすサイクロデキストランの効果
今井 奬, 岡田 彩子, 中島 聡美, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   68(増刊) 180-180   Apr 2018
糖尿病患者の唾液ヘモグロビン測定は歯科診療所との診療連携に有用である
加藤 光敏, 野村 義明, 岡田 彩子, 花田 信弘, 横田 邦信, 筒井 健介, 山下 滋雄, 酒井 久美子, 森川 よし子, 金村 幸枝, 大石 和子, 斎藤 杏子, 加藤 則子
糖尿病   61(Suppl.1) S-148   Apr 2018
バイオセーフティ 口腔におけるバイオセーフティ
花田 信弘
バムサジャーナル   30(2) 56-59   Apr 2018
【エナメル質初期う蝕管理と学校歯科保健の連携】 学識者の立場から ルシャトリエの原理から見たむし歯
花田 信弘
日本学校歯科医会会誌   (123) 22-27   Mar 2018
NCDsと歯科疾患の地域医療連携ガイドラインの確立に関する研究 糖尿病、がんにおける医科歯科連携のモデル事例分析を中心として
宮崎 秀夫, 深井 穫博, 神原 正樹, 花田 信弘, 佐々木 健, 大内 章嗣
日本歯科医学会誌   37 34-39   Mar 2018
NCDs(非感染性疾患)のうち、地域での医科歯科連携に関する取り組みが比較的広く展開されている糖尿病とがんについて、都道府県歯科医師会を対象とした取り組み状況に関する質問紙調査を行い、その事業内容の分析・類型化を行った。糖尿病医科歯科連携として58事業、がん医科歯科連携として47事業の情報を収集・分析した。また、この中から、医科歯科間の紹介患者に関する客観的データを収集している等の条件でモデル事業(各4事例)を抽出し、詳細な活動内容の調査を行った。糖尿病医科歯科連携については、特定の補助事...
欠損回復から代謝・体組成を改善する歯科補綴への取り組み
武内 博朗, 花田 信弘
ヘルスサイエンス・ヘルスケア   17(2) 58-69   Dec 2017
咀嚼機能を維持回復する歯科補綴学には、一般的に数値化された咀嚼機能評価基準の確立と普及への努力が必要である。健診の項目に咀嚼機能評価が加われば、生活習慣病の上流部分でのリスク発見と予防対策が可能となる。大臼歯喪失により咀嚼機能が低下すると、咀嚼力を要求される多くの低GI食品や肉類、野菜類などは摂取困難となり、糖質偏重食(高カロリー低栄養食)およびタンパク質・エネルギー低栄養を招く。こうした食習慣は、グリセミックロードを上昇させ、糖質代謝を悪化させる。タンパク質低栄養は、骨格筋減少を招きサル...
歯科医師・歯科衛生士養成機関における禁煙介入教育の課題と展望
埴岡 隆, 青山 旬, 川口 陽子, 小島 美樹, 日野出 大輔, 尾崎 哲則, 山中 玲子, 瀬川 洋, 細見 環, 田野 ルミ, 千葉 逸朗, 小川 祐司, 平田 幸夫, 三宅 達郎, 谷口 奈央, 井下 英二, 花田 信弘, 眞木 吉信, 於保 孝彦, 日本口腔衛生学会禁煙推進委員会
口腔衛生学会雑誌   67(4) 298-305   Oct 2017
歯学の行方 全身の健康に寄与する歯学研究の行方
花田 信弘
日本歯科評論   77(9) 11-13   Sep 2017
現在歯数に着目した高齢者施設での食と栄養指導システムの構築
岡田 彩子, 曽我部 薫, 村田 貴俊, 野村 義明, 花田 信弘
鶴見歯学   43(2) 112-112   Sep 2017
遺伝子クローニングを要しないミュータンス連鎖球菌の遺伝子破壊株作製法
村田 貴俊, 花田 信弘
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 494-494   Sep 2017
アクティブライフを実現する医科歯科連携 新しい歯科医療のかたち
花田 信弘
DENTAL DIAMOND   42(11) 24-27   Aug 2017
アクティブライフを実現する医科歯科連携 アクティブライフ達成に必要な歯科からの発信
武内 博朗, 花田 信弘, 栗林 伸一, 小林 友依
DENTAL DIAMOND   42(11) 40-47   Aug 2017
【齲蝕・歯周病予防のための唾液検査システム】 唾液に存在するさまざまなバイオマーカー
花田 信弘
日本歯科理工学会誌   36(4) 221-224   Jul 2017
福島原発事故等により放出された放射性核種(90Sr、238Pu、239+240Pu)のヒト乳歯への蓄積の推移に関する研究(第2報) 日本と欧州のデータとの比較
井上 一彦, 山口 一郎, 村田 貴俊, 今井 奨, 野村 義明, 花田 信弘, 櫻井 四郎, 佐藤 勉
日本臨床環境医学会総会プログラム・抄録集   26回 65-65   Jun 2017
歯肉縁下細菌と血清抗体価による慢性歯周炎進行の予知判定 24ヵ月多施設前向きコホート研究
両角 俊哉, 中川 種昭, 野口 和行, 原 宜興, 西村 英紀, 梅田 誠, 野口 俊英, 吉成 伸夫, 沼部 幸博, 伊藤 公一, 和泉 雄一, 小方 頼昌, 三邉 正人, 齋藤 淳, 佐藤 聡, 高橋 慶壮, 川浪 雅光, 花田 信弘, 高柴 正悟, 吉江 弘正, 角田 衣理加, 中村 利明, 吉村 篤利, 前田 勝正, 藤瀬 修, 上田 雅俊, 河野 智生, 福田 光男, 横井 隆, 高橋 美穂, 深谷 千絵, 関野 愉, 菅野 直之, 小林 宏明, 高井 英樹, 中山 洋平, 高野 聡美, 山田 了, 大井 麻子, 奥田 倫子, 横山 智子, 阿部 祐三, 鈴木 史彦, 菅谷 勉, 野村 義明
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回 174-174   May 2017
健康を創り出す歯科医療 発症予防と重症化予防をめざして
花田 信弘
日本歯科医師会雑誌   70(2) 137-143   May 2017
ヒトおよびチンパンジー由来ミュータンスレンサ球菌のバイオフィルム形成能とエナメル質脱灰能の比較
今井 奬, 岡田 彩子, 岡本 公彰, 宮之原 真由, 太田 一正, 桃井 保子, 友永 雅己, 花田 信弘
BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM   30 87-90   May 2017
人類進化モデルであるチンパンジーの口腔から単離された2種のミュータンスレンサ球菌Streptococcus troglodytae(新種)とStreptococcus dentirousettiのグルカン合成能、バイオフィルム形成能およびエナメル質脱灰能をヒトのミュータンスレンサ球菌S.mutansおよびS.sobrinusと比較検討した。S.troglodytaeとS.dentirousettiはスクロース含有MSB寒天培地上で、それぞれS.mutansとS.sobrinusに類似のコロ...
歯肉縁下細菌と血清抗体価を用いた慢性歯周炎進行の評価 24ヵ月多施設前向きコホート研究
両角 俊哉, 角田 衣理加, 野村 義明, 中川 種昭, 野口 和行, 原 宜興, 西村 英紀, 梅田 誠, 野口 俊英, 吉成 伸夫, 沼部 幸博, 伊藤 公一, 和泉 雄一, 小方 頼昌, 三邉 正人, 齋藤 淳, 佐藤 聡, 高橋 慶壮, 川浪 雅光, 花田 信弘, 高柴 正悟, 吉江 弘正
日本歯周病学会会誌   59(春季特別) 145-145   Apr 2017
福島原発事故等により放出された放射性核種のヒト乳歯への蓄積の推移に関する研究 第1報
井上 一彦, 山口 一郎, 佐藤 勉, 村田 貴俊, 今井 奨, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 110-110   Apr 2017
高齢者の口腔常在菌に対するヨーグルト摂取習慣の効果
泉福 英信, 平野 浩彦, 枝広 あや子, 白部 麻樹, 角田 衣理加, 花田 信弘, 富永 燦, 武内 博朗, 西山 佳秀
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 122-122   Apr 2017
フッ化物歯面塗布の臨床効果に関する研究
野邑 浩美, 井田 亮, 岡田 彩子, 山田 秀則, 村田 貴俊, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 127-127   Apr 2017
唾液を用いた歯周病のスクリーニング検査による地域健康診断システム構築 平成28年度実施結果報告
古藤 真実, 上谷 公之, 吉野 浩和, 久保 宏史, 矢吹 義秀, 福澤 洋一, 西辻 直之, 長井 博昭, 矢島 正隆, 有吉 芽生, 曽我部 薫, 岡田 彩子, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 127-127   Apr 2017
高齢者の認知機能と口腔微生物の相関
角田 衣理加, 大島 朋子, 野村 義明, 花田 信弘, 前田 伸子
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 131-131   Apr 2017
現在歯数に着目した高齢者施設での食と栄養指導システムの構築
曽我部 薫, 野村 義明, 村田 貴俊, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 144-144   Apr 2017
西辻 直之, 古藤 真実, 福澤 洋一, 矢吹 義秀, 上谷 公之, 久保 宏史, 吉野 浩和, 長井 博昭, 中曽根 隆一, 矢島 正隆, 岡田 彩子, 有吉 芽生, 曽我部 薫, 菊地 朋宏, 宮之原 真由, 山田 秀則, 村田 貴俊, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(2) 89-93   Apr 2017
(公社)東京都港区芝歯科医師会は、JR新橋駅西口SL広場において、事前の告知や当日の呼びかけに応じた成人男女250名を対象に、「歯周病予防のための新唾液検査事業」を5年間にわたり4回実施した。事業目的は、歯周病のスクリーニング可能な唾液検査の受診を契機に、受診者の歯周病への理解を促し、検診の重要性を啓発することである。各受診者から採取した唾液を用いて生化学検査を行い、結果を受診者に郵送した。また、事後アンケートを実施し、「受診したきっかけは何か」、「唾液検査は簡単か」、「唾液を採取すること...
全身的な健康を歯科から考える"予防医学"としての概念を歯科へ 『3DS除菌外来』の試み(第四報)
山田 秀則, 岡田 彩子, 宮之原 真由, 曽我部 薫, 村田 貴俊, 武内 博朗, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 159-159   Apr 2017
高齢者のオーラルセルフケアに関する学会提言 2017年2月28日
宮崎 秀夫, 森田 学, 深井 穫博, 安藤 雄一, 眞木 吉信, 村上 伸也, 桃井 保子, 平野 浩彦, 相田 潤, 葭原 明弘, 山賀 孝之, 町田 達哉, 多田 紗弥夏, 内藤 徹, 伊藤 加代子, 花田 信弘, 野村 義明, 一般社団法人日本口腔衛生学会,高齢者のオーラルセルフケア検討委員
口腔衛生学会雑誌   67(2) 94-117   Apr 2017
がん治療周術期における口腔内環境の変化 1症例報告
大塚 良子, 今井 奬, 阿部 繭, 岡田 彩子, 有吉 芽生, 菊地 朋宏, 村田 貴俊, マティン・カイルール, 野村 義明, 花田 信弘, 桃井 保子, 熊谷 崇
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 159-159   Apr 2017
【学校歯科保健とライフコース疫学】 学識者の立場から 学校歯科保健とライフコースヘルスケア
花田 信弘
日本学校歯科医会会誌   (121) 54-59   Mar 2017
ブラッククミン種子精油の口臭産生菌のメチルメルカプタン産生に及ぼす影響
石川 正夫, 村川 拓士, 村田 貴俊, 花田 信弘, 渋谷 耕司
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 165-165   Apr 2017
Liquid Carrier Type 3DSトレーを用いた殺菌洗口液の細菌学的・臨床的効果
岡田 彩子, 有吉 芽生, 曽我部 薫, 大塚 良子, 宮之原 真由, 村田 貴俊, マティン・カイルール, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   67(増刊) 175-175   Apr 2017
タバコ使用歯科介入の卒前教育への提言 世界の文献レビューと最新の背景から
埴岡 隆, 青山 旬, 川口 陽子, 小島 美樹, 日野出 大輔, 尾崎 哲則, 山中 玲子, 瀬川 洋, 細見 環, 田野 ルミ, 小川 祐司, 平田 幸夫, 花田 信弘, 井下 英二, 谷口 奈央, 眞木 吉信, 於保 孝彦, 日本口腔衛生学会禁煙推進委員会
口腔衛生学会雑誌   67(1) 35-39   Jan 2017
わが国の歯科医師・歯科衛生士の国家試験出題基準および教育モデルには、タバコ使用に関する医療面接および使用介入の内容が掲載されている。喫煙率の低下目標の達成に資するために、世界のタバコ使用介入の歯科教育の文献レビューを行った。また、タバコ使用介入の歯科卒前教育への提言を行った。日本のタバコ使用中止介入の教育実態および教育者の意識の把握により、行動目標の基盤となる介入レベルの判断や教育モデルの策定が行われる必要があると思われた。
口腔常在菌研究の現在
花田 信弘
8020: はち・まる・にい・まる   (16) 22-22   Jan 2017
歯科医療・口腔保健のキーワード、考えるヒント [エビデンスに基づく歯科医療・口腔保健・健康政策]ビッグデータ
野村 義明, 曽我部 薫, 岡田 彩子, 花田 信弘
歯界展望   128(6) 1224-1225   Dec 2016
歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関する研究 歯磨き回数、喪失歯数と口腔・咽頭・食道がんリスクとの関連
若井 建志, 内藤 真理子, 川村 孝, 内藤 徹, 小島 正彰, 梅村 長生, 横田 誠, 花田 信弘
8020: はち・まる・にい・まる   (16) 118-119   Jan 2017
健康増進計画の目標とセルフケアの行動目標
野村 義明, 岡田 綾子, 花田 信弘, 深井 穫博
ヘルスサイエンス・ヘルスケア   16(1) 40-43   Sep 2016
健康日本21(第二次)においては目標設定が有病率を中心とした目標設定がされたため、個人のセルフケアの目標が見えにくいものとなった。本報告では口腔保健の向上のための個人の行動目標として、う蝕予防、歯周病予防、オーラルフレール予防に関する行動目標の試案を提示した。(著者抄録)
検査NEW WAVE なぜ、唾液検査が必要か 現在の方法に対する優位性・歯周病唾液検査の概要
花田 信弘
アニムス   21(4) 43-44   Nov 2016
ヒトおよびチンパンジー由来ミュータンスレンサ球菌のバイオフィルム形成能とエナメル質脱灰能の比較
今井 奬, 岡田 彩子, 岡本 公彰, 宮之原 真由, 太田 一正, 桃井 保子, 友永 雅己, 花田 信弘
日本バイオフィルム学会学術集会プログラム・抄録集   30回 52-52   Jul 2016
3DSによる歯周病原細菌の制御とエンドトキシン血症の予防
武内 博朗, 泉福 英信, 野村 義明, 花田 信弘
日本口腔感染症学会雑誌   23(1) 20-21   Jul 2016
放射性核種(90Sr、238Pu、239+240Pu)のヒト乳歯への蓄積の推移に関する研究
井上 一彦, 山口 一郎, 佐藤 勉, 村田 貴俊, 今井 奨, 野村 義明, 花田 信弘
日本臨床環境医学会総会プログラム・抄録集   25回 54-54   Jun 2016
唾液を用いた歯周病のスクリーニング検査による地域健康診断システム構築 平成27年度実施結果報告
吉野 浩和, 上谷 公之, 矢吹 義秀, 福澤 洋一, 古藤 真実, 久保 宏史, 西辻 直之, 長井 博昭, 矢島 正隆, 岡田 彩子, 野村 義明, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   66(2) 267-267   Apr 2016
チンパンジー口腔微生物叢の解析
岡本 公彰, 宮之原 真由, 今井 奨, 野村 義明, 齋藤 渉, 桃井 保子, 花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   66(2) 282-282   Apr 2016
Streptococcus sobrinus臨床分離株のgtfI遺伝子における多様性の検討
金子 昇, 濃野 要, 山賀 孝之, 葭原 明弘, 花田 信弘, 宮崎 秀夫
口腔衛生学会雑誌   66(2) 284-284   Apr 2016
ブラッククミン精油の口腔細菌に対する抗菌活性と口臭抑制効果
村川 拓士, 石川 正夫, 中杉 徹, 村田 貴俊, 花田 信弘, 渋谷 耕司
口腔衛生学会雑誌   66(2) 288-288   Apr 2016
3DSトレーを用いた次亜塩素酸電解水の臨床的評価(第2報)
岡田 彩子, 村田 貴俊, マティン・カイルール, 宮之原 真由, 曽我部 薫, 大塚 良子, 須藤 智省, 松澤 匡純, 桐原 大, 花田 信弘
日本口腔機能水学会誌   17(1) 50-51   Mar 2016
【歯科が発信するコモンリスクファクター対策】 歯科領域が原因の菌血症のメカニズム
花田 信弘
The Quintessence   35(1) 116-120   Jan 2016
歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関する研究 歯間部清掃器具使用と全死亡リスクとの関連
若井 建志, 内藤 真理子, 川村 孝, 内藤 徹, 小島 正彰, 梅村 長生, 横田 誠, 花田 信弘
8020: はち・まる・にい・まる   (15) 114-115   Jan 2016
歯と全身の健康の関連について検討するため、都道府県歯科医師会員自らが参加する追跡調査を実施した。今回は歯磨き回数および歯間部清掃器具(デンタルフロス、歯間ブラシ)の使用回数と、全死亡リスクとの関係について検討した。主要な死因となる疾患(がん、心筋梗塞・狭心症、脳卒中)がなく、歯磨き回数、歯間部清掃用具の使用回数など必要な情報が得られた参加者は19733例(51.4±11.6歳、女性1609名)で、2014年6月迄の平均9.6年間の追跡期間中に1086例の死亡を確認した。歯磨き回数と死亡リス...
山口 貴央, 野村 義明, 花田 信弘, 森戸 亮行, 山崎 泰志, 吉田 拓正, 細矢 哲康
日本歯科保存学雑誌   58(5) 391-397   Oct 2015
目的:歯根膜の恒常性維持には,TGF-β1とBMP-2の存在とその比が関与するといわれている.BMP-2を制御するタンパクとしてPLAP-1が知られているが,TGF-β1を制御するタンパクは明らかにされていない.そこで,われわれは培養正常ヒト歯根膜線維芽細胞(hPdLF)と培養正常ヒト歯肉線維芽細胞(Gin-1)についてマイクロアレイを用いて遺伝子発現量の比を算出し,特にhPdLFで発現量の比が高く歯根膜での意義が明らかとされていないleucine rich repeat containi...
臍帯組織由来幹細胞を用いた骨再生療法の検討
梶山 創太郎, 氏家 優子, 白川 哲, 西川 純雄, 井上 孝二, 花田 信弘, 五味 一博
鶴見歯学   41(2) 86-87   Sep 2015
歯科が発信するコモン・リスクファクター対策 タバコ対策から コモン・リスクファクター対策 歯科領域が原因の菌血症のメカニズム
花田 信弘
口腔衛生学会雑誌   65(2) 161-162   Apr 2015
筒井 廉, 今井 奬, 花田 信弘, 朝田 芳信
小児歯科学雑誌   53(1) 35-46   Feb 2015
エナメル質初期齲蝕のより有効な再石灰化方法の開発を目的として、再石灰化促進効果のあることが知られているリン酸化オリゴ糖カルシウム(POs-Ca)と、各種フッ化物の組み合わせによる効果を、定量的光誘導蛍光装置(QLF)とミネラル分析の常法である定量的マイクロラジオグラフィー(TMR)で評価した。牛歯エナメル質試料を2週間脱灰させ、8種類の再石灰化溶液に試料を各々37℃で1週間再石灰化後、QLFにて再石灰化後の平均脱灰深度(ΔΔF)、再石灰化後の平均脱灰量(ΔΔQ)および再石灰化後の脱灰歯面の...
【口腔の健康に関するエンドポイントの再考】 まとめ
花田 信弘
The Quintessence   34(1) 0128-0133   Jan 2015
ヘルシーライフ 食べることは生きがいを支える 健康寿命延伸へ向けての高齢者の栄養・食事・咀嚼
花田 信弘
8020: はち・まる・にい・まる   (14) 88-92   Jan 2015
歯科医師を対象とした歯と全身の健康、栄養との関連に関する研究 歯磨き回数と狭心症・心筋梗塞、脳卒中のリスクとの関連
若井 建志, 内藤 真理子, 川村 孝, 内藤 徹, 小島 正彰, 中垣 晴男, 梅村 長生, 横田 誠, 花田 信弘
8020: はち・まる・にい・まる   (14) 106-108   Jan 2015
歯根膜線維芽細胞に高発現するCXCL12の間葉系幹細胞に対する遊走能について
八城 祐一, 野村 義明, 野田 晃司, 花田 信弘, 中村 芳樹
東京矯正歯科学会雑誌   24(2) 114-114   Dec 2014
新井 貴子, 今井 奬, 花田 信弘, 鴨井 久一, 沼部 幸博
日本歯周病学会会誌   56(4) 379-389   Dec 2014
口腔内空気の分析により歯周組織の状態と歯周ポケット内歯周病原性細菌レベルの予測が可能か検討した。被験者30名の口腔内空気または揮発性硫黄化合物(VSC)濃度を電子嗅覚装置(electronic nose)、ガスクロマトグラフィー(GC)および官能試験で分析した。また、歯周病の臨床パラメーターを測定し、刺激唾液中、舌苔および、歯肉縁下プラーク中の歯周病原性細菌数(P.gingivalis、A.actinomycetemcomitans、T.forsythia、P.intermedia、T.d...
スケーリング時の歯原性菌血症制御に関する細菌学的解析
武内 博朗, 花田 信弘
日本アンチエイジング歯科学会誌   7 22-27   Nov 2014
スケーリング時の歯原性菌血症制御について細菌学的に検討した。歯周病患者6例およびDental Drug Delivery System(3DS)により歯頸部のデンタルプラークを日常的に除去している3例を対象とした。歯周病患者群のBOP%は29%以上で、唾液細菌検査ができなかった2例を除く4例の唾液からP.gingivalis、T.forsythia、P.intermediaのいずれかを検出した。4例からスケーリング後に上腕の末梢血から口腔に常在する細菌を検出した。3DS実施群は、3DS実施...
口腔で使用される無煙タバコの健康被害とタバコ対策への影響
埴岡 隆, 青山 旬, 稲葉 大輔, 小川 祐司, 小島 美樹, 川口 陽子, 小林 清吾, 千葉 逸朗, 平田 幸夫, 岡崎 好秀, 日野出 大輔, 三宅 達郎, 花田 信弘, 尾崎 哲則, 日本口腔衛生学会禁煙推進委員会
口腔衛生学会雑誌   64(5) 420-424   Oct 2014
石灰化培地におけるヒト歯根膜線維芽細胞の遺伝子発現ついて探索
石川 美佐緒, 野村 義明, 粕谷 佳菜子, 花田 信弘, 中村 芳樹
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回 216-216   Oct 2014
新ミュータンスレンサ球菌Streptococcus troglodytae TKU31の全遺伝子解析
岡本 公彰, 内藤 真理子, 今井 奨, 花田 信弘
Journal of Oral Biosciences Supplement   2014 181-181   Sep 2014
【歯原性菌血症を正しく理解する】
花田 信弘
The Quintessence   33(3) 0590-0599   Mar 2014
未来の歯科の道しるべ 歯から始まる健康長寿 (Presentation 1)歯科業界の産業革命 目指すものは信頼される街の総合保健室への進化
花田 信弘
DENTAL DIAMOND   39(1) 22-27   Jan 2014
菌血症への歯科衛生士のかかわりを考える 血管の老化を防ぐために
花田 信弘
デンタルハイジーン   33(11) 1198-1203   Nov 2013
武内博朗, 村田貴俊, 角田衣理加, 野村義明, 泉福英信, 花田信弘
日本口腔感染症学会雑誌   20(1) 39-39   Jun 2013
内の目・外の目 歯科の産業革命が向かう道<その1> ものづくりのデジタル化
花田 信弘
日本歯科医師会雑誌   66(7) 672-673   Oct 2013
吉田英史, 今井奨, 花田信弘, 早川徹
鶴見歯学   39(2) 30-31   May 2013
政策声明 う蝕のない社会の実現に向けて
安藤 雄一, 川崎 浩二, 内藤 徹, 坂本 友紀, 葭原 明弘, 牧 茂, 花田 信弘, 杉山 精一, 豊島 義博, 日本口腔衛生学会政策声明委員会
口腔衛生学会雑誌   63(5) 399-411   Oct 2013
う蝕の予防は生涯にわたる重要な歯科保健の課題であり、わが国では近年減少傾向にあるとはいえ、さらに改善を図る必要性は高い。そのため、健康日本21(第二次)および歯科口腔保健法の基本的事項において従来よりも高いレベルの目標が設定されたが、具体策の提示が弱いため、有効な方策が地方自治体等に十分浸透しないことが懸念される。そこで、日本口腔衛生学会では、各う蝕予防対策について、最新のエビデンスと普及度から国レベルのう蝕減少に対する寄与度を検討した。この結果などを踏まえ、また世界的に有効性が認められて...
歯科口腔保健領域におけるたばこ対策の更なる推進のために 歯科医師および歯科衛生士による禁煙指導・禁煙支援の文献レビューによる今後の禁煙推進活動への提言
埴岡 隆, 青山 旬, 稲葉 大輔, 小川 祐司, 尾崎 哲則, 小島 美樹, 川口 陽子, 小林 清吾, 千葉 逸朗, 平田 幸夫, 岡崎 好秀, 日野出 大輔, 三宅 達郎, 花田 信弘, 日本口腔衛生学会禁煙推進委員会
口腔衛生学会雑誌   63(5) 453-457   Oct 2013
埴岡隆, 花田信弘, 青山旬, 稲葉大輔, 小川祐司, 尾崎哲則, 小島美樹, 川口陽子, 平田幸夫
口腔衛生学会雑誌   63(2) 145-145   Apr 2013
ムタナーゼとデキストラナーゼからなるキメラ酵素によるバイオフィルムの分解
大塚 良子, 角田 衣理加, 野村 義明, 今井 奬, 津守 秀明, 桃井 保子, 花田 信弘
鶴見歯学   39(3) 68-68   Sep 2013
井上一彦, 村田貴俊, 今井獎, 佐藤勉, 武内博朗, 野村義明, 角田衣理加, 山口一郎, 花田信弘
口腔衛生学会雑誌   63(2) 159-159   Apr 2013
一般歯科・歯科病院における院内感染予防対策のコストを考える プラズマ滅菌器導入によるコスト削減の可能性を考える
前田 伸子, 花田 信弘, 花田 真也
日本口腔感染症学会雑誌   20(1) 20-21   Jun 2013
岡田彩子, 今井奬, 菊地朋宏, 花田信弘
口腔衛生学会雑誌   63(2) 184-184   Apr 2013
野村義明, 福田雄, 角田衣理加, 村田貴俊, 大塚良子, 今井奬, 花田信弘
Bact Adherence Biofilm   26 89-92   May 2013
Streptococcus anginosus(S.anginosus)は口腔の常在菌であり弱毒性であるが、急性期の歯周病の膿瘍形成や口腔を含めた上部消化器系の癌など口腔疾患への関わりが示唆されている。しかし、に簡便に臨床応用できる検出方法がない。そこで我々は、S.anginosusの選択培地の開発を試みている。TS培地に3種の抗菌剤、Sulphamethazine、Aztreonam、Bacitracinを添加することにより、18種の口腔細菌のうち、相対検出率が0.1%以上を示した菌株は...
花田信弘
日本歯科人間ドック学会誌   8(1) 80-80   Aug 2013
未来の歯科の道しるべ 歯から始まる健康長寿 これからの歯科医院は何をなすべきか
花田 信弘, 景山 正登, 蒲谷 茂
DENTAL DIAMOND   39(1) 38-45   Jan 2014
西辻直之, 木庭健次, 古藤真実, 矢吹義秀, 福澤洋一, 中曽根隆一, 佐藤勉, 角田衣理加, 野村義明, 花田信弘
口腔衛生学会雑誌   63(2) 190-190   Apr 2013
内の目・外の目 歯科の産業革命が向かう道<その2> 健康づくりは歯科医院で
花田 信弘
日本歯科医師会雑誌   66(8) 776-777   Nov 2013
安藤雄一, 牧茂, 川崎浩二, 内藤徹, 葭原明弘, 坂本友紀, 青山旬, 花田信弘, 豊島義博, 杉山精一
口腔衛生学会雑誌   63(2) 213-213   Apr 2013
神野一郎, 大久保敦子, 林秀生, 根本淳子, 大浦吉一, 野村義明, 花田信弘
臨床病理   61(補冊) 291-291   Sep 2013
評価者による矯正治療の必要性の判断の比較 DAIを用いての判断時の着目点の抽出
古本 幸子, 野村 義明, 井出 奈美, 新井 千博, 梅木 大輔, 石川 美佐緒, 宮本 豊, 深谷 芽吏, 山本 正子, 常盤 珠美, 林 応き, 鈴木 咲子, 二木 葉香, 松本 博郎, 花田 信弘, 桃井 保子, 中村 芳樹
鶴見歯学   40(2) 59-60   Sep 2014
フッ化物と代用糖に次ぐ新しい齲蝕予防 ワクチン開発からスリーディーエス(3DS)まで
花田 信弘
日本歯科医師会雑誌   67(5) 413-423   Aug 2014

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Nobuhiro HANADA
The periodontal ligament(PDL) fibroblasts have been suggested as multipotent cells. Periodontal ligament fibroblasts differentiate into osteoblasts and cementoblasts. We established HPDL-iPS cells from the human periodontal ligament(HPDL) fibrobla...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(挑戦的萌芽研究)
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Nobuhiro HANADA
Traditional iPS cells establish methods used retrovirus transduction of the reprogramming 4 factors(Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) which results in viral integration into the genome. The use of retroviruses is potentially problematic for clinical appl...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Susumu IMAI
Cariogenic mutans streptococci produce water-insoluble glucan involving in biofilm formation from sucrose as a substrate. The purpose of this study was to construct chimeric enzyme composed of dextranase and mutanase that degrade α-1, 6- and α-1, ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Yoshiaki NOMURA
We tried to purify the proteins that react to the monoclonal antibody for the Nano bacteria from the bovine serum. These proteins strongly bind to the hydroxyapatite. Among these proteins, one of them binds to hydroxyapatite by cationic reactions ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Yoshiaki NOMURA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): Nobuhiro TAKAHASHI
Metabolome analysis for the representative plaque bacteria and human oral biofilm using a capillary electrophoresis equipped with a time-of-flight mass spectrometer was established. By this method, a new finding was obtained about the pentose-phos...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2004 - 2006    Investigator(s): Khairul MATIN
Newly modified computer software (EPC-2000) operated artificial mouth system (AMS) was developed and renamed as oral biofilm reactor (OBR). Automatic delivery of bacterial suspensions and mediums on to specimens became possible by controlling the ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2003 - 2005    Investigator(s): Hidenobu SENPUKU
A biofilm forming is associated with bacterial pathogenicity and escape from immunological effects in bacterial infectious diseases such as dental caries. Many investigators studied indirectly mechanism of oral biofilm in vitro assay, which is not...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2003 - 2005    Investigator(s): Hideo MIYAZAKI
Streptococcus mutans is considered as strongly associated with dental caries. It was reported that children carrying this bacteria had significantly higher caries prevalence and development. S.mutans can colonize and accumulate on the tooth surfac...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2002 - 2003    Investigator(s): Nobuhiro HANADA
Oral streptococci, which play an important role in human tooth caries, are called the mutans streptococci and include S.mutans and S.sobrinus. When searching for a pathogenesis control method, effective measures are needed for the three phases of ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): Hidenobu SENPUKU
The oral cavity is a reservoir for pre-colonization and infection by pathogenic microorganisms. Elderly people often have difficultly caring for not themselves, and as a result show in poor oral health conditions and severe formation of dental bio...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2000 - 2002    Investigator(s): Hidenobu SENPUKU
Alanine-rich repeating region (A-region) in surface protein antigen (Pac) of Streptococcus mutans has been given much attention as an antigenic component for dental caries vaccines. The Pac (residue 361-386) peptide in A-region possesses a multipl...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 1999 - 2002    Investigator(s): Nobohiro HANADA
This study has a long-term goal of getting the elucidation of the host defense mechanisms against infection in the oral cavity. We studied it about the antibacterial factor of saliva, expression of the mainly antibacterial peptide (the peptide hav...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2000 - 2001    Investigator(s): Hidemi KURIHARA
In this project, we analyzed the development of the periodontal examination by using saliva from the diversified aspects. There were products of IgA antibody against Porphyromonas gingivalis (P.g) in saliva from patients with progressive periodont...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 1998 - 2001    Investigator(s): Nobuhiro HARADA
We investigated correlation between health status and health-promoting factors in the oral region. We assumed that health-promoting factors in the oral region would play an important role to prevent a man from infecting serious diseases through re...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(一般研究(C), 基盤研究(C))
Project Year: 1995 - 1997    Investigator(s): Nobuhiro HANADA
The mouths of most people become infected by mutans streptococci (Streptococuus mutans and Streptococcus sobrinus) eary in Life. Infants acquire this pathogen from infected individuals, such as their parents, with whom they have frequent contact. ...
Preventive Dentistry

Patents

 
花田 信弘, 泉福 英信, 荒川 正嘉, 石崎 勉, 佐久間 周治
川上 浩, 花田 信弘, 今井 奨
今井 奨, 田頭 素行, 神田 智正, 西沢 俊樹, 花田 信弘
花田 信弘, 泉福 英信, 荒川 正嘉, 石崎 勉, 佐久間 周治
西村 栄作, 加藤 正俊, 江藤 亜紀子, 今井 奨, 西澤 俊樹, 花田 信弘