井上 徹教

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 16:47
 
アバター
研究者氏名
井上 徹教
 
イノウエ テツノリ
URL
http://www.pari.go.jp/unit/kaikj/member/inoue/
所属
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所
部署
海洋情報・津波研究領域 海洋環境情報研究グループ
職名
グループ長
学位
博士(工学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2002年
 九州大学大学院工学研究院 助手
 
2002年
 - 
2003年
(独)港湾空港技術研究所 研究官
 
2003年4月
 - 
2011年3月
- (独)港湾空港技術研究所 主任研究官
 

学歴

 
 
 - 
1996年
九州大学 工学研究科 水工土木学専攻
 
 
 - 
1994年
九州大学 工学部 水工土木学科
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2017年6月
土木学会  環境水理部会
 

受賞

 
2000年
水工学論文奨励賞
 
2001年
環境工学研究フォーラム奨励賞
 

論文

 
中村恭志, 安嶋大稀, 相澤敦武 井上徹教
土木学会論文集B1(水工学)   73(4) I_601-I_606   2017年   [査読有り]
神谷宏, 大城等, 嵯峨友樹, 佐藤紗知子, 野尻由香里, 岸真司, 藤原敦夫, 神門利之, 管原庄吾, 井上徹教, 山室真澄
応用生態工学   17(2) 79-88   2015年   [査読有り]
丸谷靖幸, 中山恵介, 仲江川敏之, 井上徹教, 小俣雅嗣, 石田哲也, 駒井克昭
土木学会論文集B1(水工学)   70(4) I_1219-I_1224   2014年   [査読有り]
伊勢湾での陸域負荷削減が一次生産量と貧酸素水塊の規模に与える影響
田中陽二、中村由行、井上徹教、鈴木高二朗、内田吉文、澤田玲、内藤了二
海岸工学論文集   59 1131-1135   2012年   [査読有り]
底面酸素輸送に対するsheddingの影響- 理論解と循環水路実験結果との比較 -
井上徹教、中村由行
水工学論文集   56 1693-1698   2012年   [査読有り]
知床を対象とした海陸の栄養塩循環機構の解明
Aynur Abliz、中山恵介、丸谷靖幸、井上徹教、桑江朝比呂、舘山一孝、岡田知也、加藤淳子、石田哲也
水工学論文集   56 721-726   2012年   [査読有り]
田中陽二、中村由行、鈴木高二朗、井上徹教、西村洋子、内田吉文、白崎正浩
海岸工学論文集   58 1041-1045   2011年   [査読有り]
井上徹教、Ronnie N. Glud
海岸工学論文集   58 81-85   2011年   [査読有り]
底面酸素輸送に対する粗度の影響- 非定常過程および生化学的過程の重要性 -
井上徹教、中村由行
水工学論文集   55 1531-1536   2011年   [査読有り]
ADVを用いた底面境界層における流動観測
井上徹教、中村由行、左山幹雄
水工学論文集   53 907-912   2009年   [査読有り]
細川真也、井上徹教、内藤了二、中村由行、西村大司、長谷川雅弘
海岸工学論文集   55 1141-1145   2008年   [査読有り]
内藤了二,井上徹教,中村由行,浦瀬太郎,久野賢二
海岸工学論文集   55 1251-1255   2008年   [査読有り]
中村由行、鵜?賢一、三好英一、井上徹教、細川真也
海岸工学論文集   53 1041-1045   2006年   [査読有り]
桑江朝比呂、神尾光一郎、井上徹教、三好英一、内山雄介
海岸工学論文集   53 1411-1415   2006年   [査読有り]
平島英恵、矢野真一郎、中茂義晶、井上徹教、小松利光、井芹寧、東野誠、高見徹、西川勝義、荒巻重則
水工学論文集   49 1405-1410   2005年   [査読有り]
東野誠、高見徹、中茂義晶、平島英恵、井上徹教、清野聡子、高木章次、荒巻重則、小松利光
水工学論文集   48 1303-1308   2004年   [査読有り]
井芹寧、井上徹教、中茂義晶、馬場大哉、平島英恵、別府五男、郡山貞次、小松利光
海岸工学論文集   50 1031-1035   2003年   [査読有り]
高見徹、東野誠、井上徹教、中茂義晶、安達貴浩、清野聡子、別府五男、郡山貞次、小松利光
水工学論文集   47 1081-1086   2003年   [査読有り]
井上徹教、中村由行
海岸工学論文集   49 1001-1005   2002年   [査読有り]
底層への表層水供給による水質改善効果 -北上川水系田瀬ダムにおける現地実験-
井上徹教、小松利光、松永崇、藤田和夫、島田昭一、西元誠、堺貴臣、高木太志、稲垣晃
河川技術論文集   8 505-510   2002年   [査読有り]

Misc

 
Non-steady variations of SOD and phosphate release rate due to changes in water quality of the overlying water
Tetsunori Inoue, Yoshiyuki Nakamura, Yoshihiko Adachi
Water Science and Technology   42(3-4) 265-272   2000年
Tetsunori Inoue, Masumi Yamamuro
Journal of Marine Systems   26(2) 183-192   2000年
Yoshiyuki Nakamura, Tetsunori Inoue
Water Science and Technology   34(7/8) 211-218   1996年
Tomohiro Kuwae, Koichiro Kamio, Tetsunori Inoue, Eiichi Miyoshi, Yusuke Uchiyama
Marine Ecology Progress Series   307 59-68   2006年
Masayuki Uchimura, Etienne Jean Faye, Satoshi Shimada, Shogo Arai, Tetsunori Inoue and Yoshiyuki Nakamura
Botanica Marina   49(2) 111-121   2006年

書籍等出版物

 
Advances in Fluid Modeling and Turbulence Measurements
2002年   

Works

 
九州沿岸の環境破壊脆性の総合評価に関する研究
2001年 - 2003年
ダム湖・貯水池の水質改善手法に関する研究開発
2000年 - 2002年
汽水域の環境特性に関する研究
2001年 - 2003年
汽水域における海面上昇の影響評価と適応策の検討
2000年 - 2002年
サンゴ礁-海草藻場-マングローブ林から構成される複合生態系における環境動態の解析
2004年

競争的資金等の研究課題

 
湖沼、沿岸域における物質循環
環境研究
研究期間: 1994年   
窒素、リンを中心とした水域の富栄養化に関連する物質の循環過程を明らかにする。
光合成細菌群を用いた水質浄化法の開発
環境研究
研究期間: 1999年   
自然水域に存在する光合成細菌を含む微生物群を利用し、水質浄化を図る。

特許

 
汚水浄化用管状体及びそれを用いた汚水浄化方法
特開2003-311294