舘山 一孝

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/31 17:21
 
アバター
研究者氏名
舘山 一孝
 
タテヤマ カズタカ
URL
http://cee.civil.kitami-it.ac.jp/study/hyoukai/
所属
北見工業大学
部署
工学部 地球環境工学科
職名
准教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2001年
北見工業大学大学院 工学研究科 システム工学専攻
 
 
 - 
1996年
弘前大学 理学部 地球科学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本雪氷学会  学会誌編集委員
 

論文

 
積雪の近赤外拡散反射スペクトルに及ぼす積雪試料容器と密度の影響
原田康浩,山田知生,田中康弘,鳥越悠加,舘山一孝,神田淳
北海道の雪氷   31 107-110   2018年9月
冬季における雪氷滑走路モニタリング技術の開発
星野聖太,神田淳,橋本和樹,佐藤裕司,池田佳起,内方一平,大前宏和,三宅俊子,舘山一孝,原田康浩
寒地技術論文・報告集   34    2018年12月   [査読有り]
星野聖太, 星野聖太, 舘山一孝, 田中康弘
雪氷   80(4) 297‐317   2018年7月
Nihashi Sohey, Kurtz Nathan T., Markus Thorsten, Ohshima Kay I., Tateyama Kazutaka, Toyota Takenobu
ANNALS OF GLACIOLOGY   59(76) 101-111   2018年7月   [査読有り]
石原宙, 舘山一孝, 佐藤トモ子, 小林一人
雪氷   80(3) 213‐226   2018年5月
中島知幸, 高橋尚人, 舘山一孝
寒地土木技術研究   (773) 28‐33   2017年10月
葛西広海, 永田隆一, 村井克詞, 片倉靖次, 舘山一孝, 濱岡莊司
沿岸海洋研究   54(2) 181‐192   2017年2月
Tanaka Yasuhiro, Tateyama Kazutaka, Kameda Takao, Hutchings Jennifer K.
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   121(9) 7056-7072   2016年9月   [査読有り]
Sugimoto Fuko, Tamura Takeshi, Shimoda Haruhito, Uto Shotaro, Simizu Daisuke, Tateyama Kazutaka, Hoshino Seita, Ozeki Toshihiro, Fukamachi Yasushi, Ushio Shuki, Ohshima Kay I.
POLAR SCIENCE   10(1) 43-51   2016年3月   [査読有り]
田中 康弘, 舘山 一孝, 高橋 修平, 亀田 貴雄, 榎本 浩之, TANAKA Yasuhiro, TATEYAMA Kazutaka, TAKAHASHI Shuhei, KAMEDA Takao, ENOMOTO Hiroyuki
雪氷   77(2) 173-190   2015年3月
Tamura Takeshi, Ohshima Kay I., Lieser Jan L., Toyota Takenobu, Tateyama Kazutaka, Nomura Daiki, Nakata Kazuki, Fraser Alexander D., Jansen Peter W., Newbery Kym B., Massom Robert A., Ushio Shuki
ANNALS OF GLACIOLOGY   56(69) 436-444   2015年   [査読有り]
R. A. Krishfield, A. Proshutinsky, K. Tateyama, W. J. Williams, E. C. Carmack, F. A. McLaughlin, M. L. Timmermans
Journal of Geophysical Research: Oceans   119 1271-1305   2014年1月
Time series of ice draft from 2003 to 2012 from moored sonar data are used to investigate variability and describe the reduction of the perennial sea ice cover in the Beaufort Gyre (BG), culminating in the extreme minimum in 2012. Negative trends ...
田中 聖隆, 山本 朗人, 高橋 尚人, 徳永 ロベルト, 切石 亮, 舘山 一孝, 高橋 修平
日本雪工学会誌 : journal of snow engineering   29(2) 122-126   2013年4月
Shibata Hiroki, Izumiyama Koh, Tateyama Kazutaka, Enomoto Hiroyuki, Takahashi Shuhei
ANNALS OF GLACIOLOGY   54(62) 139-148   2013年   [査読有り]
Aynur Abliz, 中山 恵介, 丸谷 靖幸, 井上 徹教, 桑江 朝比呂, 舘山 一孝, 岡田 知也, 加藤 淳子, 石田 哲也
土木学会論文集B1(水工学)   68(4) I_721-I_726   2012年
The Shiretoko Peninsula which is located between Sea of Okhotsk and Nemuro Channel enable us to observe a connection with the ocean and inland easily, the having many kinds variety of the creature was recognized, and it was registered with natural...
渡邊 直樹, 榎本 浩之, 舘山 一孝, 山本 朗人, 田中 聖隆, 高橋 修平, 岩本 明子, 佐々木 亮介, ヌアスムグリ アリマス
雪氷 : 日本雪氷協會雜誌   73(4) 213-224   2011年7月
Takenobu Toyota, Robert Massom, Kazutaka Tateyama, Takeshi Tamura, Alexander Fraser
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   58 1137-1148   2011年5月
The properties of snow on East Antarctic sea ice off Wilkes Land were examined during the Sea Ice Physics and Ecosystem Experiment (SIPEX) in late winter of 2007, focusing on the interaction with sea ice. This observation includes 11 transect line...
Shibata Hiroki, Tateyama Kazutaka, Enomoto Hiroyuki, Takahashi Shuuhei
ANNALS OF GLACIOLOGY   52(58) 237-247   2011年   [査読有り]
舘山 一孝, 榎本 浩之
土木学会論文集B3(海洋開発)   67(2) I_727-I_731   2011年
NOAA衛星の可視近赤外放射計AVHRRを用いて推定した雪氷表面温度(IST)から,サロマ湖の結氷面積の経年変動と気温との関係を調査した.AVHRRから推定したISTはサロマ湖氷上に設置した放射計温度計データから大気中の水蒸気等の補正を加られた.補正ISTから判断したサロマ湖結氷面積の正解率は,MODISの高分解可視画像から求めた.その結果,結氷検知性能は良好で,融解期に誤差があるものの結氷初期の薄氷の検出は可視画像よりも優れていることがわかった.1997-2007年のサロマ湖の結氷率と気...
舘山 一孝, 榎本 浩之
土木学会論文集B3(海洋開発)   67(2) I_721-I_726   2011年
東南極海とオホーツク海における電磁誘導式氷厚計と可搬型マイクロ波放射計を用いた現場観測をもとに,衛星マイクロ波放射計SSM/Iデータから海氷厚分布を推定する手法を開発した.現場観測の結果から,マイクロ波放射計の36GHzの垂直・水平偏波比が海氷厚と良い相関を示したことから,この偏波比を海氷厚識別パラメータとしてSSM/Iデータに応用し,1988年から2010年までのオホーツク海の海氷厚分布の経年変動を調べた.
亀田 貴雄, 舘山 一孝, 百武 欣二, 高橋 修平, 遠藤 浩司, 関 光雄
雪氷 : 日本雪氷協會雜誌   71(4) 263-272   2009年7月
Toyota Takenobu, Takatsuji Shinya, Tateyama Kazutaka, Naoki Kazuhiro, Ohshima Kay I.
JOURNAL OF OCEANOGRAPHY   63(3) 393-411   2007年6月   [査読有り]
Uto Shotaro, Toyota Takenobu, Shimoda Haruhito, Tateyama Kazutaka, Shirasawa Kunio
ANNALS OF GLACIOLOGY, VOL 44, 2006   44 253-+   2006年   [査読有り]
Massom Robert A., Worby Anthony, Lytle Victoria, Markus Thorsten, Allison Ian, Scambos Theodore, Enomoto Hiroyuki, Tateyama Kazutaka, Haran Terence, Comiso Josefino C., Pfaffling Andreas, Tamura Takeshi, Muto Atsuhiro, Kanagaratnam Pannir, Giles Barry, Young Neal, Hyland Glenn, Key Erica
ANNALS OF GLACIOLOGY, VOL 44, 2006   44 288-+   2006年   [査読有り]
Tamura Takeshi, Ohshima Kay I., Enomoto Hiroyuki, Tateyama Kazutaka, Muto Atsuhiro, Ushio Shuki, Massom Robert A.
ANNALS OF GLACIOLOGY, VOL 44, 2006   44 269-+   2006年   [査読有り]
Tateyama Kazutaka, Uto Shotaro, Shirakawa Kunio, Enomoto Hiroyuki, 舘山 一孝, 榎本 浩之
Proceedings of The Fourteenth (2004) International Offshore and Polar Engineering Conference   2004 806-812   2004年5月
舘山 一孝, 榎本 浩之, 西尾 文彦
雪氷   63(1) 21-34   2001年1月
オホーツク海全域の毎日の海氷観測が唯一可能な衛星搭載マイクロ波放射計のデータを用いて,気候変化に対する海氷の変動を海氷の広がりだけでなく,厚さに着目して解析した.マイクロ波放射計SSM/I用に開発したS/KITアルゴリズム(Tateyama et al.,2000)を使用し,海氷分類性能を検討した結果,NOAA AVHRRの可視画像よりも薄氷検出性能が高いことが証明された.また,新たに開発したOceanフィルタ等の適用により,従来使用されていたNASAチーム薄氷アルゴリズムによる海氷面積推...

Misc

 
榎本 浩之, 舘山 一孝
気象研究ノ-ト   (222) 85-93   2011年6月
Hiroki Shibata, Kazutaka Tateyama, Hiroyuki Enomoto
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   544-548   2009年12月
The area of Arctic sea ice has decreased in recent years. Therefore, the Northern Sea Route and the Northwest Passage were opened to navigation frequently in recent years. This study evaluated the ice concentrations of both routes using 2002-2008 ...
Kunio Shirasawa, Hajo Eicken, Kazutaka Tateyama, Toru Takatsuka, Toshiyuki Kawamura
Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography   56 1182-1200   2009年8月
Measurements of sea-ice thickness were obtained from drill holes, an ice-based electromagnetic induction instrument (IEM), and a ship-borne electromagnetic induction instrument (SEM) during the early-melt season in the southern Chukchi Sea in 2002...
舘山 一孝, 榎本 浩之, 柴田 啓貴
日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)   23(0) 2-5   2009年
亀田 貴雄, 舘山 一孝, 百武 欣二, 高橋 修平, 遠藤 浩司, 関 光雄
物理教育   26(0)    2009年
内田 圭一, 榎本 浩之, 舘山 一孝, 豊田 威信
海上技術安全研究所報告   8(4)    2009年
宇都 正太郎, 下田 春人, 青木 茂, 牛尾 収輝, 西尾 文彦, 若林 裕之, 東 久美子, 古崎 睦, 舘山 一孝
海上技術安全研究所報告   9(1)    2009年
K. Tateyama, K. Shirasawa, S. Uto, T. Kawamura, T. Toyota, H. Enomoto
Annals of Glaciology   44 240-246   2006年12月
Electromagnetic-induction (EM) instruments can be used to estimate sea-ice thickness because of the large contrast in the conductivities of sea ice and sea water, and are currently used in investigations of sea-ice thickness. In this study we anal...
Kunio Shirasawa, Kazutaka Tateyama, Toru Takatsuka, Toshiyuki Kawamura, Shotaro Uto
Polar Meteorology and Glaciology   53-61   2006年11月
Measurements of ice thickness were carried out by a ship-borne electromagnetic induction instrument mounted on the R/V Xuelong during the Second Chinese National Arctic Research Expedition (CHINARE-2003) in summer 2003 in the Chukchi Sea. A 1-D mu...
宇都 正太郎, 下田 春人, 舘山 一孝, 豊田 威信, 白澤 邦男
海上技術安全研究所報告   5(2)    2005年
Kazutaka Tateyama, Shotaro Uto, Kunio Shirasawa, Hiroyuki Enomoto
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   806-812   2004年12月
Indirect ice and snow thickness measurements were carried out for the winter and spring Antarctic sea ice by using the electromagnetic-inductive (EMI) device on the East Antarctic pack ice area. This study investigated the effect of saline slush s...
宇都 正太郎, 下田 春人, 泉山 耕, 舘山 一孝, 牛尾 収輝
可視化情報学会誌   24(1) 423-426   2004年
Sea ice thickness is one of the most important geophysical parameters for understanding formation and variability of the global climate system. It is also important from the engineering point of view, because it is one of the most dominant paramet...
宇都 正太郎, 下田 春人, 泉山 耕, 舘山 一孝, 牛尾 収輝
海上技術安全研究所報告   4(5)    2004年
H. Enomoto, H. Enomoto, T. Kumano, N. Kimura, K. Tateyama, K. Shirasawa, S. Uratsuka
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   518-522   2003年12月
Sea ice motion in the Okhotsk Sea was analyzed by using satellite microwave sensors and coastal radar. A passive microwave radiometer indicates large-scale ice drift patterns. A dominant ice flow pattern was apparent along the eastern coast of Sak...
Enomoto H, Kumano T, Kimura N, Tateyama K, Shirasawa K, Uratsuka S, 榎本 浩之, 舘山 一孝
Proc. The 13th International Offshore and Polar Engineering Conference Honolulu, May 25-30 2003   518-522   2003年5月
榎本 浩之, 舘山 一孝, 中山 雅茂
海洋   34(12) 826-830   2002年12月
K. Tateyama, H. Enomoto
Annals of Glaciology   33 449-456   2001年12月
Sea-ice fluctuations in the Sea of Okhotsk and the Bering Sea during the winters of 1992-99 were investigated by using the Special Sensor Microwave/Imager dataset and a new ice-property retrieval algorithm. This algorithm can distinguish between i...
舘山 一孝, 榎本 浩之, 高橋 修平, 百武 欣二, 西尾 文彦, Tateyama K., Enomoto H., Takahashi S., Hyakutake K., Nishio F.
international symposium on Okhotsk Sea & sea ice   13 18-23   1998年2月

書籍等出版物

 
FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ 第2巻 『フィールドの見方』
舘山一孝 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 海洋観測船の生活と調査研究の日々)
古今書院   2015年5月   
新版 雪氷辞典
公益社団法人日本雪氷学会 (担当:分担執筆, 範囲:衛星・海氷)
古今書院   2014年3月   
流氷の世界
青田昌秋 (担当:編者)
成山堂書店   2013年11月   
気象研究ノート222号「北極の気象と海氷」
榎本浩之, 舘山一孝 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 衛星による北極海海氷観測)
(社)日本気象学会   2011年7月   

講演・口頭発表等

 
舘山一孝, 中晴彦, 星野聖太, 石原宙, 徳留泰行, 佐々木奨太, 田中康弘
雪氷研究大会講演要旨集(Web)   2017年   
星野聖太, 舘山一孝, 奥田駿, 田中康弘
雪氷研究大会講演要旨集(Web)   2017年   
奥田駿, 舘山一孝, 大塚夏彦, 森下祐士
雪氷研究大会講演要旨集(Web)   2017年   
中島知幸, 高橋尚人, 舘山一孝
日本道路会議論文集(CD-ROM)   2017年   
三宅俊子, 大前宏和, 神田淳, 舘山一孝, 原田康浩
雪氷研究大会講演要旨集(Web)   2017年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
氷海域における油ガス開発支援を目的とした高精度観測ツールの開発(再委託)
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構: 技術ソリューション事業
研究期間: 2014年8月 - 2016年3月    代表者: 舘山一孝
マイクロ波センサを用いた海氷厚推定手法の検討およびリモートセンシングへの応用
日本学術振興会: 科研・基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 舘山 一孝
「氷海域における石油・天然ガス開発技術」に関する研究:氷況観測・予測、及び油拡散予測技術の研究
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構: 
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 舘山 一孝

特許

 
山本朗人,田中聖隆,榎本浩之,高橋修平,舘山一孝
神田 淳, 舘山 一孝, 原田 康浩, 大前 宏和, 三宅 俊子
山本 朗人, 田中 聖隆, 榎本 浩之, 高橋 修平, 舘山 一孝