TAKESHI ITO

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
TAKESHI ITO
E-mail
itocs.uec.ac.jp
URL
http://minerva.cs.uec.ac.jp/~ito/
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, "Department of Computer and Network Engineering, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)"
Job title
Associate Professor
Research funding number
40262373

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
非常勤講師, 法政大学社会学部
 
Apr 2005
   
 
客員教授, デジタルハリウッド大学
 
Mar 2014
   
 
非常勤講師(面接授業), 放送大学
 

Education

 
 
 - 
Mar 1988
行動科学科, Faculty of Literature, Hokkaido University
 
 
 - 
Mar 1991
情報工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Nagoya University
 
 
 - 
Mar 1994
情報工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Mar 2019
少ない棋譜からの将棋プレイヤ棋力推定手法の提案, 情報処理学会ゲーム情報学研究会若手奨励賞, 情報処理学会ゲーム情報学研究会
Winner: 馬場匠、伊藤毅志
 
授賞式は2019年11月
Mar 2019
囲碁AIを用いたプレイヤの棋力推定, 情報処理学会ゲーム情報学研究会若手奨励賞, 情報処理学会ゲーム情報学研究会
Winner: 小坂悠登、伊藤毅志
 
授賞式は2019年11月
2018
Visualizing and Understanding Policy Networks of Computer Go, Best Student Paper Runner-up Award, PRICAI2018
Winner: Yuanfeng Pang and Takeshi Ito
 
Aug 2018
「ゲーム情報学概論ーゲームを切り拓く人工知能」(コロナ社), CEDEC AWARDS 著述賞, CEDEC
Winner: 伊藤毅志、保木邦人、三宅陽一郎
 
2013
ICGA Best Paper Award, ICGA Journal
Winner: Kunihito Hoki, Tomoyuki Kaneko, Akihiro Kishimoto and Takeshi Ito
 

Published Papers

 
Game Learning Support System Based on Future Position
Takeshi Ito
ICGA Journal   40(7) 450-459   2018   [Refereed]
一人称研究対談「孤高の人の思考を科学する」上編
下條信輔、松原仁、伊藤毅志、諏訪正樹
人工知能学会誌   33(2) 653-661   2018   [Invited]
カーリングとAI
山本雅人、伊藤毅志、桝井文人、松原仁
情報処理学会誌   59(6) 500-504   2018   [Invited]
工学的アプローチによるカーリング戦術支援
桝井文人、柳等、伊藤毅志
化学工学   82(2) 84-87   2018   [Invited]
ゲーム研究から見たコンピュータ将棋の現状と展望
伊藤毅志
情報処理学会誌   59(2) 161-163   2018   [Invited]
Visualizing and Understanding Policy Networks of Computer Go
Yuanfeng Pang and Takeshi Ito
PRICAI2018: Trends in Artificial Intelligence   1 256-267   2018   [Refereed]
Game Learning Support System Based on Future Position
Takeshi Ito
Computer and Games 2018   ??(??) ??-??   2018   [Refereed]
Adjusting the Evaluation Function for Weakening the Competency Level of a Computer Shogi Program
Takafumi Nakamichi, Takeshi Ito
ICGA Journal   40(1) 15-31   2018   [Refereed]
工学的アプローチによるカーリング戦術支援
桝井文人、柳等、伊藤毅志
化学工学   82(2) 84-87   2018   [Invited]
囲碁学習支援のための用語判定システムの提案
龐遠豊,伊藤毅志
情報処理学会論文誌、   59(4) 1286-1294   2018   [Refereed]
Examination of Indicators for Estimating Players’ Strength by using Computer Go,
Yuuto Kosaka and Takeshi Ito
The Proceedings in the 2018 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence   ??(??) 137-142   Dec 2018   [Refereed]
ゲーム研究から見たコンピュータ将棋の現状と展望
伊藤毅志
情報処理学会誌   59(2) 161-163   Feb 2018   [Invited]
“Master”の衝撃
大橋拓文、伊藤毅志
人工知能学会誌   32(2) 160-163   2017   [Invited]
“Master”の衝撃
大橋拓文、伊藤毅志
32(2) 160-163   2017   [Invited]
A Proposal of Visualization Method for Critical Area in Computer Go
Yuanfeng Pang and Takeshi Ito
The TAAI2017 Proceedings   62-65   2017   [Refereed]
Improvement and Evaluation of Search Algorithm in Computer Dice-Shogi
Takumi Baba, Takeshi Ito
The TAAI2017 Proceedings   84-87   2017   [Refereed]
流れを考慮した将棋における人間の指し手との一致率向上手法
杵渕哲彦,伊藤毅志
情報処理学会論文誌   58((9),) 1549-1554   2017   [Refereed]
コンピュータチェス・将棋・囲碁
伊藤毅志
数学セミナー   11 8-13   Nov 2017   [Invited]
コンピュータ将棋と不正疑惑
伊藤毅志
情報処理学会誌   57(12) 1184-1185   2016   [Invited]
プレイヤの技能に動的に合わせるシステムの提案と評価
仲道隆史,伊藤毅志,
情報処理学会論文誌   57((11)) 2426-2435   2016   [Refereed][Invited]
精神看護学における映像教材の有効性の検討―ビデオ教材作成過程と評価―
江藤和子,椎野雅代,宮原舞子,伊藤毅志
日本精神科介護学術集会専門Ⅰ,日本精神科看護学術集会誌   58(2) 244-248   2015   [Refereed]
Changes in cognitive processes and brain activity while becoming proficient at Minishogi
Takeshi Ito and Daisuke Takano
ICGA Journal   Vol.38(No.4) 209-223   2015   [Refereed]
Analysis of Performance of Consultation Methods in Computer Chess
Kunihito Hoki, Seiya Ohmori and Takeshi Ito
Journal of Information Science and Engineering   30(3) 701-712   2014   [Refereed]
Changes of cognitive process in learning on Mini-Shogi
Takeshi Ito, Daisuke Takano, Xiaohang Wan and Keiji Tanaka
34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society   1(1)    2012   [Refereed]
Performance Analysis of Consultation Methods in Computer Chess
Seiya Omori, Kunihito Hoki and Takeshi Ito
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence   1(1)    2012   [Refereed]
Developing Intuition: Neural Correlates of Cognitive-Skill Learning in Caudate Nucleus
Keiji Tanaka, Xiaohong Wan, Daisuke Takano, Takeshi Asamizuya, Chisato Suzuki, Kenichi Ueno, Kang Cheng and Takeshi Ito
The Journal of Neuroscience   32(48) 17492-17501   2012   [Refereed]
次の一手問題を用いた囲碁プレイヤーの局面認識についての分析
高橋克吉、伊藤毅志、村松正和、松原仁
情報処理学会論文誌   Vol.52 3796-3805   Dec 2011   [Refereed]
Ms.Pac-Manにおけるモンテカルロ木探索
池畑望、伊藤毅志
情報処理学会論文誌   Vol.52 3817-3827   Dec 2011   [Refereed]
将棋における合議アルゴリズム-多数決による手の選択-
伊藤毅志、小幡拓弥、杉山卓弥、保木邦仁
情報処理学会論文誌   Vol.52 3030-3037   Nov 2011   [Refereed]
レクチャーシリーズ「コンピュータ将棋の技術」(第3回)コンピュータ将棋における合議アルゴリズム
伊藤毅志
人工知能学会誌   Vol.26    Jun 2011
将棋における合議アルゴリズム-局面評価値に基づいた指し手の選択-
杉山卓弥、小幡拓弥、斉藤博昭、保木邦仁、伊藤毅志
情報処理学会論文誌   Vol.51 2048-2054   Nov 2010   [Refereed]
Selfish Search on Playing Shogi
Takeshi Ito
Entertainment Computing ICEC 2007, Lecture Notes in Computer Science   4740 140-154   2007   [Refereed]
コンピュータの思考とプロ棋士の思考-コンピュータ将棋の現状と展望-
Takeshi Ito
情報処理学会論文誌   49(12) 4033-4040   Dec 2007   [Refereed]
Chunking in Shogi:New Findings
Takeshi Ito, Hitoshi Matsubara, and Reijer Grimbergen
Advances in Computer Games, Lecture Notes in Computer Science   4250 140-154.   2006   [Refereed]
熟達者の直観的思考を組み込んだ将棋プログラム -HIT将棋(Human Intuitive Thought)プロジェクト
伊藤毅志
情報処理学会論文誌   46(6) 1527-1532   2005   [Refereed]
将棋の認知科学的研究(2)-次の一手実験からの考察
伊藤毅志、松原仁、ライエル・グリンベルゲン
情報処理学会論文誌   45(5) 1481-1492   2004   [Refereed]
要素韓の依存関係に基づく複合語の構造分析
韓東力、伊藤毅志、古郡廷治
電子情報通信学会論文誌   J86-D-2(5) 706-614   2003   [Refereed]
Information Extraction and Summarization for Newspaper Articles on Sassho-Jiken
Teiji Furugori, Lin Rihua, Takeshi Ito and Dongli Han
IEICE Trans   1   2003   [Refereed]
Structural Analysis of Compound Words in Japanese Using Semantic Dependency Releations
Dongli Han, Takeshi Ito, and Teiji Furugori
Journal of Quantitative Linguistics   9(1) 1-17   2002   [Refereed]
将棋の認知科学的研究(1)-記憶実験からの考察
伊藤毅志、松原仁、ライエル・グリンベルゲン
情報処理学会論文誌   43(10) 2998-3011   2002   [Refereed]
Word sense disambiguation with a corpus-based semantic network
Qujiang Peng, Takeshi Ito, Teiji Furugori
Proc. of the 6th NLPRS, Tokyo(to appear)      2001
The Use of Memory and Causal Chunking in the Game of Shogi
Takeshi Ito, Hitoshi Matsubara, and Reijer Grimbergen
Proc. of The Third International Conference on Cognitive Science   134-140   2001   [Refereed]
From Spatial Chunking to Causal Chunking
Takeshi Ito, Hitoshi Matsubara, Reijer Grimbergen
Proceedings of the 6th Game Programming Workshop(GPW2001)   132-139   2001
Cognitive counseling on Shogi using self-explanation feedback
Takeshi Ito
665-668   1999   [Refereed]
How players learn at 'KANSO-SEN'
Takeshi Ito, Teiji Furugori
28-32   1998   [Refereed]
人間の作図過程を説明する問題解決スクリプトと作図の分類
伊藤毅志, 大西昇, 杉江昇
情報処理学会論文誌   35(7) 1501-1505   1994   [Refereed]
人間の作図過程を説明する問題解決スクリプトと作図の分類
伊藤毅志, 大西昇, 杉江昇
電子情報通信学会論文誌   D2-4 811-822   1994   [Refereed]
作図過程を伴う幾何の問題解決認知モデルの提案
伊藤毅志, 大西昇, 杉江昇
電子情報通信学会論文誌   J75-D-2(10) 1702-1712   1992   [Refereed]

Misc

 
コラム“I”見聞録「第21回世界コンピュータ将棋選手権報告」
伊藤毅志
情報処理学会誌   Vol.52    Oct 2011
あから2010勝利への道:1.対戦までの準備と当日の模様
伊藤毅志
情報処理学会誌   Vol.52    Feb 2011
コンピュータ将棋は止まらない:第18回世界コンピュータ将棋選手権報告
伊藤毅志
情報処理学会誌   49(8) 93-99   Aug 2008
第1回UEC杯コンピュータ囲碁大会報告
伊藤毅志
情報処理学会誌   49(6) 43-48   Jun 2008
第17回世界コンピュータ将棋選手権報告
伊藤毅志
情報処理学会誌   48(7) 775-779   2007

Books etc

 
「次の一手」はどう決まるか: 棋士の直観と脳科学
中谷 裕教, 伊藤 毅志, 勝又 清和,他 (Part:Joint Work)
勁草社   Apr 2018   
ゲーム情報学概論- ゲームを切り拓く人工知能
伊藤 毅志, 保木 邦仁, 三宅 陽一郎 (Part:Joint Work)
コロナ社   Apr 2018   
落語の入り口
雲田はるこ、他 (Part:Joint Work, “AIとアイデンティティー”)
フィルムアート社   Jun 2017   
一人称研究のすすめ
諏訪正樹、堀浩一、伊藤毅志、松原仁、阿部明典、大武美保子、松尾豊、藤井晴行、中島秀之 (Part:Joint Work, 第2章 突き抜ける人の思考-羽生善治氏の将棋観)
近代科学社   Apr 2015   
人間に勝つコンピュータの作り方
滝澤 武信, 松原 仁, 古作 登, 橋本 剛, 小谷 善行 , 鶴岡 慶雅, 山下 宏, 金子 知適, 保木 邦仁, 伊藤 毅志, 竹内 章, 篠田 正人 (Part:Joint Work, 第7章 文殊の誕生、あから2010の人間への挑戦)
技術評論社   Sep 2012   

Conference Activities & Talks

 
第1回UEC杯コンピュータ囲碁大会報告(2007年12月)
伊藤毅志、村松正和
情報処理学会,ゲーム情報学研究会   2008   
視線を用いた新しいエンターテインメント
水上明、伊藤毅志
情報処理学会,エンターテインメントコンピューティング研究会   2008   
コンピュータに思考ゲームをさせる試み ~コンピュータ将棋・囲碁の最前線~
伊藤毅志
第7回日本情報オリンピック表彰式(記念講演)   Mar 2008   情報オリンピック日本委員会
第1回UEC杯5五将棋大会報告(2007年11月)
伊藤毅志
情報処理学会,ゲーム情報学研究会   2007   
知識を直観的に記述できる5五将棋システム
滝沢洋平、伊藤毅志
情報処理学会,ゲームプログラミングワークショップ2007   2007   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
人智を超えるゲームAIを利用した知の拡張
Project Year: Apr 2018 - Mar 2023    Investigator(s): 伊藤毅志
人狼ゲームのプレイヤの思考過程の分析
Project Year: Apr 2016 - Mar 2020    Investigator(s): 松原仁
現実世界の競争に近い複雑なゲームに対するヒューリスティック手法の適用
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 保木邦仁
カーリングを科学する~情報機械技術を統合した新たな戦術支援の試み
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 桝井文人
ミスを犯す人間らしいゲームAIの研究
Project Year: 2013 - 2015

Patents

 
特願2016-255642 : 思考支援システムおよび思考支援方法、並びにプログラム
特開2015-089484 : ゲームシステム、ゲームサーバ及びゲーム遂行方法