Kazuyuki Mito

J-GLOBAL         Last updated: Dec 14, 2019 at 02:44
 
Avatar
Name
Kazuyuki Mito
URL
http://www.human.inf.uec.ac.jp/
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, "Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)"
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(The University of Electro-Communications)
Research funding number
90353325

Profile

2003年4月~現在
電気通信大学電気通信学部・助手(システム工学科,人間知識システム工学講座)
「筋電図および筋音図を用いた,高齢者および障害者の運動機能支援・再建システムの開発に関する研究」に従事.
(学会活動)International Society of Electromyography and Kinesiology, International Society of Biomechanics, 電子情報通信学会,日本人間工学会,バイオメカニズム学会,日本福祉工学会を中心に研究活動を実施.
(学内外活動)
• 2005年~:電気通信大学内の「ヒューマンシステム学研究ステーション」の一員として活動.
• 2004年~2005年:山形県立保健医療大学,米沢市すこやかセンター(山形県)と共同で高齢者の生体機能診断を実施.

2002年4月~2003年3月
阿南工業高等専門学校・助手(電気電子工学科)
「筋線維伝導速度の測定電極位置に着目した数理工学的および実験的研究」に従事.
(学会活動)International Society of Electromyography and Kinesiology, 電子情報通信学会,日本人間工学会を中心に研究活動を実施.
(学内外活動)2002年:「徳島ビジネスチャレンジメッセ2002」にて研究紹介を実施.

2002年3月
電気通信大学 大学院電気通信学研究科 電子情報学専攻 博士後期課程修了. 博士号(工学)取得.
学位論文「Physiological engineering studies on the mechanism of muscular function by muscle fiber conduction velocity and its application to ergonomics」.筋電位信号の伝播速度である筋線維伝導速度(MFCV)による筋機能評価と応用研究に従事.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2001
 - 
Mar 2002
Research Assistant, The University of Electro-Communications
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
Reserarch Associate, Anan National College of Technology
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
Reserarch Associate, The University of Electro-Communications
 
Apr 2007
 - 
Aug 2008
Assistant professor, The University of Electro-Communications
 
Sep 2008
   
 
Associate Professor, The University of Electro-Communications
 

Education

 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
Course in Communications and Systems, Graduate School, Division of Electro Communications, The University of Electro-Communications
 

Awards & Honors

 
Mar 2015
変形浮きだし文字の触認知特性, 日本感性工学会2014年度優秀発表賞, 日本感性工学会
 
Nov 2009
筋線維伝導速度による静的および動的運動時の筋機能評価, 日本福祉工学会論文賞, 日本福祉工学会
 
Sep 2009
PC操作における待ち時間の心理的評価, 日本感性工学会2008年度優秀発表賞, 日本感性工学会
 

Published Papers

 
高齢者の膝関節伸展機能評価の研究 ~筋音図と表面筋電図の離散ウェーブレット解析を用いて~
金子 賢一,真壁 寿,水戸 和幸,坂本 和義
日本福祉工学会誌   21(2)    Nov 2019   [Refereed]
多チャンネル表面筋電図を用いた神経支配帯位置推定アルゴリズムの検討および評価
白井 礼,水野 統太,板倉 直明,水戸 和幸
日本福祉工学会誌   21(2)    Nov 2019   [Refereed]
手首動作によるスマートデバイス向けジェスチャ入力インタフェースの検討
松浦 隼人、水野 統太、明比 宏太、Marzieh Aliabadi Farahani、水戸 和幸、板倉 直明
電気学会論文誌A   139(11) 1-6   Nov 2019   [Refereed]
Analysis of end plate using multi channel surface EMG", Artificial Life and Robotics
Marzieh Aliabadi Farahani , Hiroki Yamada, Kota Akehi, K azuyuki Mito, Tota Mizuno, Naoaki Itakura
Artificial Life and Robotics   24(3) 390-395   Mar 2019   [Refereed]
A method of character input for the user interface with a low degree of freedom
Shogo Matsuno, Susumu Chida, Naoaki Itakura, Tota Mizuno, Kazuyuki Mito
Artificial Life and Robotics   24(2) 250-256   Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
Characteristics of biological vibration of living body and its application to welfare engineering
Kazuyoshi Sakamoto, Tiejun Miao, Masato Takanokura, Hitoshi Makabe, Takehiko Yamaji, Kenichi Kaneko, Byung-Chan Min, Kazuyuki Mito
Journal of The Japanese Society for Welfare Engineering   12(1) 2-14   May 2010   [Refereed]
自発性瞬目の生体メカニズムに関する基礎的研究と福祉工学への応用
金子賢一,水戸和幸,高野倉雅人,真壁寿,坂本和義
日本福祉工学会誌   11(2) 2-10   Nov 2009   [Refereed]
Availability of evaluation of muscular activity by multi-channel measurement of surface electromyography
Mito K, Sakamoto K
Journal of The Japan Society for Welfare Engineering   9(2) 2-5   Nov 2007   [Refereed]

Books etc

 
次世代ヒューマンインタフェース開発最前線
高德堃,板倉直明,水戸和幸,水野統太 (Part:Joint Work, 第2章 視線認識)
理工系出版社エヌ・ティー・エス   Jun 2013   ISBN:978-4-86469-063-8
働態研究の方法
人類働態学会編
山栄社   2011   
Tremor and vibratory perception in a living body - Functional evaluation of mechanical vibration -
Kazuyoshi Sakamoto, Yutaka Shimizu, Kazuyuki Mito, Masato Takanokura (Part:Joint Work, 第1部 第2章 筋音)
Tokyo Denki University Press   May 2009   
人間の許容限界辞典
水戸和幸,他/山崎昌廣,坂本和義,関邦博 (編集)
朝倉書店   2005   

Conference Activities & Talks

 
マトリクス表面筋電図による運動単位活動の空間分布に関する研究
細井駿平、白井礼、水野統太、板倉直明、水戸和幸
人類働態学会第48回東日本地方会抄録集   10 Nov 2019   人類働態学会
ワイヤレス式足底圧センサーを用いた歩行分析システムの開発
河内仁志、渡部祥輝、水野統太、板倉直明、水戸和幸
人類働態学会第48回東日本地方会抄録集   10 Nov 2019   人類働態学会
触知向けピクトグラムの提案とその有効性の検証
吹田裕介,水野統太,板倉直明,水戸和幸
2019年 電気学会 電子・情報・システム部門大会   4 Sep 2019   電気学会 電子・情報・システム部門
脈波振幅値によるストレス評価方法の検討
松本悠佑,Marzieh Aliabadi Farahani,水戸和幸,水野統太,板倉直明
2019年 電気学会 電子・情報・システム部門大会   4 Sep 2019   電気学会 電子・情報・システム部門
フィギャーノート演奏アプリの学習支援機能による知的障害者音楽教育への有効性
渡邊千華,松田真奈美,水野統太,板倉直明,水戸和幸
2019年 電気学会 電子・情報・システム部門大会   4 Sep 2019   電気学会 電子・情報・システム部門

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
触知文字列および触知ピクトグラムを融合した触知案内図の研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 水戸和幸
点字の習得が不十分な視覚障害者でも利用可能な触知案内図として,施設名等を凸化したカタカナで表記した触知文字列(言語情報)と視覚的図記号であるピクトグラムを凸化した触知ピクトグラム(非言語情報)を融合した触知案内図の提案と有効性の検証を行う. 視覚障害者の触察における手指の使い方と認知の観点から触知文字列および触知ピクトグラムの大きさや形状を触知向けにデザインする.そして,触知案内図に適用した際の有効性について情報認知および生体負担の両面から検討するとともに,言語情報である触知文字列と非言語...
調布市域における近隣教育機関と地域の相互連携における学生 災害ボランティアの育成
科学技術振興機構: 科学技術コミュニケーション推進事業・問題解決型科学技術コミュニケーション支援「機関活動支援型」
Project Year: Jul 2015 - Mar 2016    Investigator(s): 宮嵜武
本企画は、東京都調布市内の電気通信大学の学生を中心とした若い災害ボランティアの育成と防災におけるICTの利活用の推進を目的としている。

Patents

 
特願2015-084926 : 外部刺激を用いた皮下脂肪厚コントロール装置および方法
特願2008-117333 : 痛み評価方法及び痛み評価装置