田中 多佳子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
田中 多佳子
 
タナカ タカコ
URL
http://kyokyo-ongakuka.net/profile-tanaka/
所属
京都教育大学
部署
音楽科
職名
教授
学位
音楽学博士(東京芸術大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
2002年3月
東京芸術大学 非常勤講師
 
2002年2月
 - 
2007年3月
京都教育大学 音楽科 助教授
 
2003年4月
 - 
2004年3月
京都市立芸術大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
京都市立芸術大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
京都教育大学 音楽科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
東京学芸大学 教育学部 特別教科教員養成課程音楽学専修
 
 
 - 
1986年3月
東京芸術大学 音楽研究科 音楽学
 
 
 - 
1997年3月
東京芸術大学 音楽研究科 音楽学
 

委員歴

 
2012年6月
   
 
日本音楽学会・東洋音楽学会  大会・集会等企画
 
2014年10月
 - 
2016年9月
東洋音楽学会  理事および機関誌編集委員
 
2016年10月
 - 
2018年9月
東洋音楽学会  西日本支部委員
 
2017年4月
 - 
2019年3月
関西楽理研究会  編集委員長
 

受賞

 
2009年10月
社団法人 東洋音楽学会 第26回田邉尚雄賞 著書『ヒンドゥー教徒の集団歌謡 神と人との連鎖構造』(2008年、世界思想社)に対して
 

論文

 
書評論文:田森雅一『近代インドにおける古典音楽の社会的世界の変容―"音楽すること"の人類学的研究』
田中 多佳子
『南アジア研究』   (27) 78-86   2015年12月   [査読有り][招待有り]
書評:新堀歓乃『近代仏教教団とご詠歌』
田中多佳子
音楽学   59(2) 106-108   2014年3月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
共同企画Ⅴラウンドテーブル 小泉文夫の音楽教育論から学ぶもの―音楽教育の理念と実践の再検討
権藤敦子、田中多佳子 他
『音楽教育学』(第47回大会号)   46(2) 81-82   2017年3月
熱い聴衆の求めるものは何か―「民族音楽」との邂逅:小泉文夫のメッセージ」を聴いて
田中多佳子
日本音楽教育学会ニュースレター   (62) 8-8   2015年12月   [依頼有り]
連載 音楽教育ワールドマップ第7回「インド―義務教育にはなじまないインドの音楽事情」
田中多佳子
教育音楽 小学版 2015年10月号   70(10) 32-32   2015年10月   [依頼有り]
楽器の魅力―研究と教育の発想を広げる
田中 多佳子
関西楽理研究      2013年12月
「アリランを用いた3分割リズムの学習」
田中 多佳子
『最新初等科音楽教育法[改訂版]:小学校教員養成課程用』      2011年2月

書籍等出版物

 
“Śŗňkhlā: A System of Musico-Religious Performance of the Samāj-gāyan in Braj”, Bhakti Beyond the Forest: Current Research on Early Modern Literature in Noth India, 2003-2009 Edit. By Imre Bangha, pp.367-382.
田中 多佳子
New Delhi: Manohar Publishers & Distributors   2013年9月   ISBN:978-81-7304-982-8
Metre and Rhythm in Hindu Devotional Songs: A Musicological analysis of Kabir's Bhajan", Indian and Persian Prosody and Recitaion, pp.173-189.
田中 多佳子
Saujanya Publications, Delhi   2012年1月   ISBN:10:81-86561-04-8
「インド音楽の世界―楽器にみる人々の「こだわり」『南アジアの文化と社会を読み解く』(pp.147-192)
田中 多佳子
慶應義塾大学東アジア研究所   2011年11月   ISBN:978-4-7664-1902-3
『最新 初等科音楽教育法』(「アリラン」を用いた3分割リズムの学習」ほか2項目)
田中 多佳子
音楽之友社   2009年4月   ISBN:978-4-276-82008-1
『ヒンドゥー教徒の集団歌謡―神と人との連鎖構造』
田中 多佳子
世界思想社   2008年2月   

講演・口頭発表等

 
公開講演会・特別展示「学会80年の歩みを振り返る」
遠藤徹、田中多佳子
東洋音楽学会第67回大会   2016年11月5日   東洋音楽学会
ラウンドテーブル「小泉文夫の音楽教育論から学ぶもの―音楽教育の理念と実際の再検討」
大田美郁、加藤富美子、田中多佳子、本田佐保美、赤羽由規子、権藤敦子
日本音楽教育学会第47回大会   2016年10月9日   日本音楽教育学会
パネルディスカッション 伝統音楽研究における定量的アプローチの可能性と課題―インド音楽世界の動向を事例として
田森雅一(代表)、寺田吉孝、田中多佳子、小日向英俊、竹村嘉晃
東洋音楽学会第66回大会   2015年11月1日   東洋音楽学会
北インド古典声楽におけるさまざまな技法をめぐって
田中 多佳子, プリヤル・サテー
関西楽理研究会第160回例会   2014年9月   関西楽理研究会
パンソリの魅力をさぐる
田中 多佳子(企画・司会), 垣内 幸夫(講演), 安聖民(パンソリ実演と講話)
東洋音楽学会西日本支部第251回定例研究会   2011年3月   東洋音楽学会

競争的資金等の研究課題

 
インド音楽とペルシア音楽の交流―ヒンドゥスターニー音楽の形成過程に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 田中 多佳子
ダンス必修化に対応する教員支援プロジェクトⅣ ダンスの可能性を拡げる「ダンスパレット・フォア・スクールズ」の開催と情報発信
京都教育大学教育研究改革・改善プロジェクト: 共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 井谷恵子
小学校音楽科教育における伝統音楽の具体的指導法を探る日韓共同研究
韓国 春川教育大学校: 共同研究(国際共同研究)
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 田中多佳子
インド音楽とペルシア音楽の交流―ヒンドゥスターニー音楽の形成過程に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
インド音楽世界の定量的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
平成15年度第2回京都教育大学公開講演会
【その他】  2003年9月
【演題】インド音楽への誘い【開催地】京都教育大学【対象】一般市民
平成15年度第3回京都教育大学公開講演会
【その他】  2003年11月
【演題】インド古典音楽演奏会【開催地】京都教育大学【対象】一般市民
京都教育大学サテライト教室公開講座「インド音楽の秘密」
【その他】  2004年11月
【開催地】京都教育大学サテライト教室【対象】学生
《教育について考えるワークショップ》歌舞伎囃子入門講座
【その他】  2007年12月
【開催地】京都教育大学音楽演奏室【対象】一般市民
平成21年度教育後援会新入会員歓迎記念講演
【その他】  2009年4月
【演題】音に文化を聴く―「耳」学問のススメ【開催地】京都教育大学講堂【対象】