片寄 晴弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/14 02:59
 
アバター
研究者氏名
片寄 晴弘
 
カタヨセ ハルヒロ
eメール
katayosekwansei.ac.jp
URL
http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~katayose/
所属
関西学院大学
部署
理工学部 人間システム工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)

プロフィール

21世紀はヒトの「夢や欲求」により焦点のあたる時代。インターネットによるコンテンツ流通やジェスチャデバイスの普及が進み、新しい情報サービスや産業が生まれています。 メディアデバイスを用いた音楽や映像の新しい「表現」や、インタラクティブコンテンツのエンタテインメント性のデザイン、脳活動計測を利用したヒトを理解など、総合的に研究を展開しています。 http://hsi.ksc.kwansei.ac.jp/~katayose/intro.html

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
関西学院大学 理工学部 人間システム工学科 教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1991年3月
大阪大学 基礎工学研究科 
 
 
 - 
1986年3月
大阪大学 基礎工学部 制御工学科
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
情報処理学会  理事
 

論文

 
音楽における感性情報抽出の試み
片寄, 今井, 井口
人工知能学会誌   3(5) 748-754   1988年5月   [査読有り]
Kansei Music System.
H. Katayose and S. Inokuchi
MIT Press, Computer Music Journal   13(4) 72-77   1990年4月   [査読有り]
Learning Performance Rules in a Music Interpretation System.
H. Katayose and S. Inokuchi
Computers and Humanities   27 31-40   1993年5月   [査読有り]
iFP A Music Interface Using an Expressive Performance Template
Haruhiro Katayose and Keita Okudaira
Entertainment Computing 2004, Lecture Notes of Computer Science, Vol. 3166, pp.529-540 Springer (2004.9)      2004年9月   [査読有り]
Utility System for Constructing Database of Performance Deviations
Ken'ichi Toyoda, Kenzi Noike, and Haruhiro Katayose
Proc. ISMIR2004, pp.373-380 (2004.10)      2004年10月   [査読有り]
Simultaneous recording of fNIRS and SCR improves lie detection accuracy.
Hosokawa, T., Kazai, K., Yagi, A., & Katayose, H.
The 14th Annual Meeting of the OHBM, #108 T-PM, Melbourne, Australia. 2008.6.      2008年6月   [査読有り]
A Directable Performance Rendering System: Itopul.
Hashida, M. & Katayose, H.
Proceedings of New Instruments on Music Expression (NIME), pp.277-280, 2008      2008年6月   [査読有り]
Investigation of Brain Activity under Social Pressure using the Asch Paradigm: An fNIRS Study.
Fujisawa, T. X., Hosokawa, T., Nagata, N. & Katayose, H.
The 14th Annual Meeting of the OHBM, #261 M-AM, Melbourne, Australia. 2008.6.      2008年6月   [査読有り]
Rencon: Performance Rendering Contest for Automated Music Systems
Hashida, M., Nakra, M., Katayose, H., Murao, T., Hirata, K., Suzuki, K., Kitahara, T.
Proc. of International Conference on Music Perception and Cognition, PM1-R06(SY08), 2008.      2008年8月   [査読有り]
"Investigation of the musician's brain activation during different music listening modes: A Near-Infrared Spectroscopy study,"
Toshie Matsui, Koji Kazai, Minoru Tsuzaki and Haruhiro Katayose
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC 2008)      2008年8月   [査読有り]
“Computational Model for Automatic Chord Voicing based on Bayesian Network”
Tetsuro Kitahara, Makiko Katsura, Haruhiro Katayose, and Noriko Nagata
Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC 2008),August 2008.      2008年8月   [査読有り]
A New Music Database Describing Deviation Information of Performance Expressions
Hashida, M., Matsui, T. & Katayose, H.
International Conference of Music Information Retrieval (ISMIR), pp.489-494, 2008.      2008年9月   [査読有り]
“Using Bass-line Features for Content-based MIR”
Yusuke Tsuchihashi, Tetsuro Kitahara, and Haruhiro Katayose
Proceedings of the 9thInternational Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2008), pp.620-625,September 2008.      2008年9月   [査読有り]
熟達度を視点としたテレビゲーム実施時の脳活動の分析
八田原慎悟, 藤井叙人, 長江新平, 風井浩志, 片寄晴弘
情報処理学会論文誌      2009年2月   [査読有り]
BayesianBand: Jam Session System based on Mutual Prediction by User and System, Entertainment Computing
T. Kitahara, N. Totani, R. Tokuami, and H. Katayose
The 10th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009), 179-184, September 2009, France.      2009年9月   [査読有り]
Mixtract: A Directable Musical Expression System
Mitsuyo Hashida and Haruhiro Katayose
Proc. of Affective Computing and Intelligent Interaction (ACII) 2009      2009年9月   [査読有り]
v.morish'09: A Morphing-based Singing Design Interface for Vocal Melodies, Lecture Note in Computer Sciences
M. Morise, M. Onishi, H. Kawahara, and H. Katayose
LNCS5709: The 10th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009), 185-190      2009年9月   [査読有り]
集団圧力の状況下における脳機能イメージング-Aschの実験パラダイムを用いたfNIRS研究-
藤澤隆史・細川豊治・長田典子・片寄晴弘
感情心理学研究      2009年11月   [査読有り]
戦略型トレーディングカードゲームのための戦略獲得手法
藤井叙人,片寄晴弘
情報処理学会論文誌   50 2796-2806   2009年12月   [査読有り]
BayesianBand:ユーザとシステムが相互に予測し合うジャムセッションシステム
北原鉄朗,戸谷直之、徳網亮輔,片寄晴弘
情報処理学会論文誌   50 2949-2953   2009年12月   [査読有り]
メディアパーフォマンスシステム "Phenakistoscope Player"とその作品
平野砂峰旅,赤山仁,井上信太,片寄晴弘
情報処理学会論文誌   50 2954-2963   2009年12月   [査読有り]
テレビゲーム熟達者の脳活動に関するケーススタディ
八田原慎悟,藤井叙人,古屋晋一,風井浩志,片寄晴弘
情報処理学会論文誌   50 2782-2795   2009年12月   [査読有り]
Extended-Knee Walk for Humanoid Robot with Parallel Link Legs.
H. Sakamoto, H. Katayose, K.Miyazaki and R. Nakatsu
International Journal of Humanoid Robotics   3(4) 565-584   2009年12月   [査読有り]
エンタテインメントコンピューティングの学術発展にむけて
片寄 晴弘
日本デジタルゲーム学会,デジタルゲーム研究   4(1)    2010年3月   [査読有り]
A Conducting System with heuristics of the conductor "VirtualPhilharmony"
Takashi Baba, Mitsuyo Hashida and Haruhiro Katayose
Proc. NIME2010, pp.263-270 (2010.6)      2010年6月   [査読有り]
Control of multi-joint arm movements for the manipulation of touch in keystroke by expert pianists.
Shinichi Furuya, Eckart Altenmuller, Haruhiro Katayose and Hiroshi Kinoshita
BMC Neuroscience 2010   11(82)    2010年7月   [査読有り]
Mixtract: An Environment for Designing Musical Phrase Expression
Mitsuyo Hashida, Shunji Tanaka, Takashi Baba and Haruhiro Katayose
Proc. SMC2010, pp.249-356 (2010.7)      2010年7月   [査読有り]
腹部への振動刺激呈示による和太鼓音の主観的評価の向上 - 近赤外線分光法による脳イメージングと心理評定による検討 -
風井浩志,山岡晶,松井淑恵,片寄晴弘
日本感性工学会論文誌   9 591-600   2010年9月   [査読有り]
VirtualPhilharmony: a conducting system focused on a sensation of conducting a real orchestra
Takashi Baba, Mitsuyo Hashida, Haruhiro Katayose
ACE 2010 (2010.11) Silver Award 受賞      2010年11月   [査読有り]
MoPH: a media performance system with a multi-touch interface
Saburo Hirano, Takashi Ikebuchi, Haruhiro Katayose
ACE 2010 (2010.11)      2010年11月   [査読有り]
Digital Board Game: GA-BIN-IN-SUI
Ryohei Takahashi, Mitsuyo Hashida, Haruhiro Katayose
ACE 2010 (2010.11)      2010年11月   [査読有り]
Furuya S, Goda T, Katayose H, Miwa H, Nagata N
Frontiers in Human Neuroscience   5(50)    2011年5月   [査読有り]
'An Interactive Music Composition System Based on Autonomous Maintenance of Musical Consistency,''
Tetsuro Kitahara, Satoru Fukayama, Shigeki Sagayama, Haruhiro Katayose, Noriko Nagata
Proceedings of SMC, Jul., 2011.      2011年7月   [査読有り]
RENCON WORKSHOP 2011 (SMC-RENCON): PERFORMANCE RENDERING CONTEST FOR COMPUTER SYSTEMS
Mitsuyo Hashida, Keiji Hirata, and Haruhiro Katayose
Proc. SMC2011 (2011.7)      2011年7月   [査読有り]
Takumi: A Real-time Video Converter that Generates Cartoon-style Animated Images using Depth Map
Hironori Wakama, Haruhiro Katayose
Proc. ACE2011 (2011.11)      2011年11月   [査読有り]
複数のモバイルデバイスを九十九神と見立てるインタラクティブメディアアート:九i九i九,
神田 竜 , 岩野 成利, 片寄 晴弘
情報処理学会論文誌   53(3) 1061-1068   2012年3月   [査読有り]
A Multi-timelines Scheduler and a Rehearsal Function for Improving Users' Sensation of Orchestral Conducting With a Conducting System
Takashi Baba, Mitsuyo Hashida and Haruhiro Katayose
Proc. Sound and Music Computing (SMC) 2012 (2012.7)      2012年7月   [査読有り]
"Autonomously Acquiring a Video Game Agent's Behavior: Letting Players Feel Like Playing with a Human Player"
Nobuto Fujii, Yuichi Sato, Hironori Wakama, Haruhiro Katayose
International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2012 (ACE2012), LNCS 7624, pp. 490-493(2012.11)      2012年11月   [査読有り]
On Evaluating Systems for Generating Expressive Music Performance: the Rencon Experience.
Haruhiro Katayose , Mitsuyo Hashida , Giovanni De Poli & Keiji Hirata
Journal of New Music Research   41(4) 299-310   2012年12月   [査読有り]
マルチタッチインタフェースを使用したメディアパフォーマンスシステム“MoPH”
平野砂峰旅, 池淵隆, 片寄晴弘
芸術科学会論文誌   11(4) 186-194   2012年12月   [査読有り]
Activation of the left superior temporal gyrus of musicians by music-derived sounds
Toshie Matsui, Satomi Tanaka, Koji Kazai, Minoru Tsuzaki, and Haruhiro Katayose
NeuroReport   24(1) 41-45   2013年1月
奄美大島民謡風の歌唱デザインを支援するシステム:グインレゾネータ
村主 大輔 , 馬場 隆, 片寄 晴弘
情報処理学会論文誌   54(4) 1244-1253   2013年4月   [査読有り]
"PEVI: Interface for retrieving and analyzing expressive musical performances with scape plots"
Shota Miki, Takashi Baba and Haruhiro Katayose
Proc. SMC2013 (2013.8)      2013年8月   [査読有り]
"Evaluating Human-like Behaviors of Video-Game Agents Autonomously Acquired with Biological Constraints"
Nobuto Fujii, Yuichi Sato, Hironori Wakama, Koji Kazai, Haruhiro Katayose
International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2013 (ACE2013), LNCS 8253, pp. 61-76 (2013.11)      2013年11月   [査読有り]
生物学的制約の導入によるビデオゲームエージェントの「人間らしい」振る舞いの自動獲得
藤井 叙人, 佐藤 祐一, 若間 弘典, 風井 浩志, 片寄 晴弘
情報処理学会論文誌   55(7) 1655-1664   2014年7月   [査読有り][招待有り]
Revealing Secret of "Groove" Singing: Analysis of J-pop Music
片寄 晴弘
Sound and Music Computing (SMC) 2016      2016年8月   [査読有り]
An Augmented Papercutting Play Activity Realized with Tablet Terminals
Wataru Ogasa, Yuji Sasaki, Masanori Fukui and Haruhiro Katayose
ACE2016      2016年11月   [査読有り]
Constructing PEDB 2nd Edition: A Music Performance Database with Phrase Information
片寄 晴弘
Sound and Music Computing (SMC) 2017      2017年7月   [査読有り]
CONSTRUCTING A MUSIC PERFORMANCE DATABASE WITH PHRASE INFORMATION
片寄 晴弘
Proc. International Symposium on Performance Science 2017      2017年8月   [査読有り]
Performance Error Detection and Post-Processing for Fast and Accurate Symbolic Music Alignment
Eita Nakamura, Kazuyoshi Yoshii, Haruhiro Katayose
The 18th International Society for Music Information Retrieval Conference 2017      2017年10月   [査読有り]
2Dアクションゲームにおける島モデルGAを用いた多様な振舞いの獲得
福嶋 良平, 片寄 晴弘
情報処理学会論文誌   58(11) 1-9   2017年11月   [査読有り]
UPP (Unreal Prank Painter): Graffiti System Focusing on Entertainment of Mischievous Play
Shunnosuke Ando, Haruhiro Katayose
Proc. Advances in Computer Entertainment Technology 2017   626--636   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
音楽情報処理技術の最前線 8. 音楽とヒューマンインタフェース
平井重行,北原鉄朗,竹川佳成,片寄晴弘
情報処理, 50, 756-763      2009年8月
音楽情報処理技術の最前線 9. 音楽を鑑賞する脳
藤澤隆史,松井淑恵,風井浩志,古屋晋一,片寄晴弘
情報処理, 50, 764-770      2009年8月
初学者のための音楽情報処理ブックマーク
片寄晴弘,後藤真孝
情報処理, 50, 771-772      2009年8月
音楽情報処理技術の最前線 0. 編集にあたって
片寄晴弘,白木善尚
情報処理, 50, 709-710, 2009      2009年8月
音楽における自動処理とDirectability
片寄晴弘
オペレーションズ・リサーチ,音楽とOR特集, 54, 540~545      2009年9月

書籍等出版物

 
コンピュータと音楽の世界「自動採譜(概論)」「大阪大学/LISTの研究事例」, bit別冊
片寄 晴弘
共立出版   1998年8月   
マルチメディア情報学4巻,文字と音の情報処理,「音楽情報処理」,pp. 163-236
片寄 晴弘
岩波書店   2000年1月   
マルチメディア情報学10巻,自己の表現,「パフォーマンスのためのマルチメディア情報利用」,pp.67-113
片寄 晴弘
岩波書店   2000年9月   
Advances in Computer Entertainment,
Dennis Reidsma, Haruhiro Katayose, Anton Nijholt (担当:共著)
LNCS 8253, Springer   2013年11月   

講演・口頭発表等

 
基調講演「事例を利用した音楽デザイン」 [招待有り]
片寄 晴弘
AESジャパンコンファレンス・大阪2008   2008年7月   
音楽情報処理技術とエンタテインメント [招待有り]
片寄晴弘,森勢将雅
CEDEC2008   2008年9月   
講習会講師「 fNIRS計測のヒューマンインタフェースへの応用」 [招待有り]
片寄 晴弘
ヒューマンインタフェースシンポジウム   2008年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
音楽分野におけるデザイン再利用とその展開(さきがけ研究21)
科学技術振興事業団: 受託研究(一般受託研究)
研究期間: 2002年6月 - 2005年3月    代表者: 片寄 晴弘
音楽分野におけるデザイン再利用とその展開(さきがけ研究21)
科学研究費助成事業
研究期間: 2002年6月 - 2005年3月    代表者: 片寄 晴弘
認知的音楽理論に基づくデザイン転写と全体総括(戦略的創造研究推進事業 CREST)
独立行政法人科学技術振興機構: 受託研究(一般受託研究)
研究期間: 2005年10月 - 2011年3月    代表者: 片寄 晴弘
認知的音楽理論に基づくデザイン転写と全体総括(戦略的創造研究推進事業 CREST)
科学研究費助成事業
研究期間: 2005年10月 - 2011年3月    代表者: 片寄 晴弘
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 片寄 晴弘
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 片寄 晴弘

特許

 
特願2010-023795 : 演奏表情付け支援装置
片寄晴弘,橋田光代
特許第6074835号 : 楽曲練習支援装置
片寄晴弘,有田光希,他
特願2014-010223 : 歌唱評価装置
片寄晴弘,的場達矢,他