高橋 愛典

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/09 13:54
 
アバター
研究者氏名
高橋 愛典
 
タカハシ ヨシノリ
所属
近畿大学
部署
経営学部 商学科
職名
教授
学位
博士(商学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
近畿大学 経営学部 教授
 
2007年
 - 
2013年
近畿大学 経営学部 准教授
 
1999年
 - 
2002年
早稲田大学商学部助手
 
2002年
 - 
2003年
近畿大学商経学部講師
 
2003年
 - 
2005年
近畿大学経営学部講師
 
2005年
 - 
2007年
近畿大学経営学部助教授
 

受賞

 
2013年
日本物流学会賞(論文の部)
受賞者: 高橋 愛典・久保 章・藤原 廣三・浜崎 章洋
 
2003年
平成14年度 道路と交通論文賞 経済社会部門
 

論文

 
髙橋 愛典, 平井 裕三
地域デザイン = Journal of zone design : 地域デザイン学会誌   (12) 85-103   2018年9月
髙橋 愛典, 浜崎 章洋, 久保 章, 田中 康仁
商経学叢   64(3) 705-729   2018年3月
髙橋 愛典, 野木 秀康, 酒井 裕規
商経学叢   63(3) 419-441   2017年3月
[概要]京都府北部の日本海側に位置する丹後半島では,高度成長期以降,過疎化と人口減少が一貫して進行し,様々な政策に影を落としている。2004年に6町が合併して京丹後市が発足したことをきっかけに,公共交通政策の転換が求められた。2006年から実施されている上限200円バスの施策は,バス利用者を倍増させ,自治体による補助の費用対効果を高めている。また近年では,タクシー事業者の撤退に伴い,新たな公共交通機関を導入する必要に迫られているが,その中で地元の非営利組織が運行する「ささえ合い交通」は,日...
髙橋 愛典, 浜崎 章洋
海運経済研究 = Journal of logisistics and shipping economics   (48) 23-32   2014年
髙橋 愛典, 久保 章, 藤原 廣三
日本物流学会誌 = Journal of Japan Logistics Society   (21) 247-254   2013年5月
髙橋 愛典, 竹田 育広, 大内 秀二郎
商経学叢   58(3) 985-1009   2012年3月
[概要] 買い物弱者(流通機能や交通網の弱体化とともに, 食料品等の日常の買い物が困難な状況に置かれている人々)は, 日本全国で約600万人にも上るといわれ, その対策が急がれている。本稿では買い物弱者の問題を, まずは交通と流通の代替関係ならびに補完関係から再検討する。ついで, 有力な買い物弱者対策とされながらも, 実態の把握が遅れている移動販売事業について, (株)昭栄鶏卵(奈良県生駒市)の事例を考察する。この事例研究を通じて, 民間小売業者によるビジネスとしての持続可能性を高めていく...
久保 章, 藤原 廣三, 髙橋 愛典
日本物流学会誌 = Journal of Japan Logistics Society   (19) 121-128   2011年5月
髙橋 愛典
商経学叢   57(3) 875-895   2011年3月
[概要] 日本における乗合バス事業の規制緩和(需給調整条項の廃止)は, 2002年に実施され, まもなく10年が経過しようとしている。本稿は, 規制緩和政策の評価の機が熟していることを受けて, 日本のバス市場およびバス交通政策が規制緩和後に見せた展開を総括し, 規制緩和政策を評価するための方向性を整理する。本稿ではまず, 規制緩和前からのバス市場の経緯をたどり, 規制制度の変化を概説した上で, その影響を基礎的なデータを中心に検討する。 [Abstract] ...
髙橋 愛典
生駒経済論叢   7(1) 465-489   2009年7月
「市場の失敗」の典型例とされ, 自然独占を前提として規制・運営されてきた鉄道事業にも, 規制緩和の潮流は押し寄せている。だが, 鉄道事業が独占状態を謳歌してきた時代や地域は, 実はおのずと限定される。特に, 阪神間(大阪-神戸)および京阪間(京都-大阪)を軸とする近畿圏の鉄道市場では, 1920年代から事業者間・路線間の競争が展開され, これが市場全体の特質となっている。これを明らかにすることが本稿の目的であり, まずは市場の地理的条件ならびに歴史的経緯と, 運賃競争を中心とした市場の現状...
高橋 愛典
商経学叢   56(1) 483-507   2009年7月
【概要】日本において, 物流・ロジスティクスに関する研究が数多く存在することは言うまでもないが, その体系化の試みは尽くされているとはいえない。このことは, ロジスティクスに関する書籍(教科書の類)の内容が極めて多様であることに象徴される。 一方で, 大学において物流・ロジスティクス関連の科目は,商学系統の学部・学科に置かれることが多く,このことがロジスティクスの研究・教育に与える影響は大きい。だが,その商学が持つ100年もの歴史と固有の問題意識は, 忘れ去られようとしている。 そこで本稿...
高橋 愛典
日本物流学会誌   (17) 145-152   2009年5月
高橋 愛典
JR gazette   66(2) 42-45   2008年2月
高橋 愛典
公益事業研究   58(4) 33-41   2006年
高橋 愛典
公営企業   37(6) 11-17   2005年9月
高橋 愛典
商経学叢   51(3) 555-569   2005年3月
ロジスティクスの概念の普及に伴い,サードパーティ・ロジスティクス(3PL)に対する関心が日本でも高まっている。また,3PLという用語で表現されているか否かを問わず,3PLの事例は日本でも増加しつつあると考えられる。そこで本稿は,3PLの概念(定義と発展段階)ならびに日本における意義を整理し,様々な企業が持つ3PLプロバイダー志向を分析するための試論とする。特に,荷主の物流拠点の運営を受託することが3PLプロバイダーの主要な条件であることを示し,3PLプロバイダーの行動を出身業種別(物流事業...
高橋 愛典
商経学叢   50(3) 533-551   2004年3月
イギリスでは, 地域交通市場において非営利組織が「コミュニティ輸送」と呼ばれる輸送サービスを供給することが一般的であり, これが日本にも示唆をもたらすことが指摘されている。そこで本稿では, イギリスの地域交通市場における非営利組織の役割について, 最近の動向と支援方策を検討し, 日本に対し一層の示唆を導出することを試みる。特に, イギリスの社会・経済政策のキーワードとなっている「社会的排除」問題を重視し, 社会的排除と交通の関連を前提に議論を進める。
高橋 愛典
高速道路と自動車   45(8) 35-41   2002年8月
高橋 愛典
公益事業研究   53(2) 39-46   2001年

Misc

 
髙橋 愛典
運輸と経済 = Transportation & economy   79(2) 126-128   2019年2月
井川 聡江, 竹山 栞, 山田 重昭, 髙橋 愛典, 茶谷 幸治
大阪春秋   45(3) 90-93   2017年
髙橋 愛典
商経学叢   62(1) 171-182   2015年7月
髙橋 愛典
商経学叢   61(3) 855-860   2015年3月
髙橋 愛典
大阪春秋   42(4) 102-104   2015年
髙橋 愛典
大阪春秋   42(2) 98-100   2014年
髙橋 愛典
大阪春秋   42(1) 96-98   2014年
髙橋 愛典
大阪春秋   42(3) 88-90   2014年
髙橋 愛典
大阪春秋   40(4) 86-88   2013年
髙橋 愛典
大阪春秋   39(3) 84-86   2011年
髙橋 愛典
大阪春秋   39(2) 86-88   2011年
髙橋 愛典
大阪春秋   39(1) 82-84   2011年
現代の交通システム
Tim Powell, 髙橋 愛典, 岡野行秀, 藤井弥太郎
   2007年12月

書籍等出版物

 
塩見 英治, 鳥居 昭夫, 岡田 啓(環境学), 小熊 仁
八千代出版   2017年   ISBN:9784842917009
地域デザイン学会, 原田 保, 浅野 清彦, 庄司 真人
芙蓉書房出版   2014年   ISBN:9784829506202
山本 哲三, 野村 宗訓, 片岡 孝夫, 春日 教測, 笠井 文雄, 吉本 尚史, 辻本 政雄, 小向 太郎, 宍倉 学, 草薙 真一, 佐藤 裕弥, 林 承煥, 加藤 一誠, 西藤 真一, 高橋 愛典, 村岡 浩次
中央経済社   2013年   ISBN:9784502478000
三谷 真, 滋野 英憲, 浜田 恵三, TMネット, 高橋 愛典
税務経理協会   2009年   ISBN:9784419052256
寺田 一薫
勁草書房   2005年   ISBN:4326548118

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ロジスティクスを中心とした企業間関係
規制緩和下の地域交通政策
交・流・通とまちづくり
商学における交通・ロジスティクス研究の方法論