松川 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/20 12:23
 
アバター
研究者氏名
松川 哲也
 
マツカワ テツヤ
所属
近畿大学
部署
生物理工学部 生物工学科
職名
講師
学位
博士(農学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2002年
京都大学 農学研究科 応用生命科学
 
 
 - 
1998年
京都大学 農学部 農芸化学科
 

論文

 
Bioogical potential of Streptomyces sp. AR10 producing albocycline isolated from soil around ant nest
Ohike T, Matsukawa T, Okanami M, Kajiyama S, Ano T
Journal of Agricultural Science   10(3) 54-61   2018年   [査読有り]
In vitro and in vivo assay for assessment of the biological control potential of Streptomyces sp. KT
Ohike T, Maeda M, Matsukawa T, Okanami M, Kajiyama S, Ano T
Journal of Plant Studies   7(1) 10-18   2018年   [査読有り]
Metabolic fingerprinting of Citrus cultivars and related genera using HPLC and multivariate analysis
MATSUKAWA Tetsuya, Nito Nobumasa
Journal of Plant Studies   7(1) 1-9   2018年   [査読有り]
Inhibition of Advanced Glycation End Products Formation by Mangifera indica Leaf Extract
Itoh K, Murata K, Sakaguchi N, Akai K, Yamaji T, Shimizu K, Isaki K, Matsukawa T, Kajiyama S, Fumuro M, Iijima M, Matsuda H
Jounal of Plant Studies   6(2) 102-107   2017年9月   [査読有り]
Asai T, Matsukawa T, Kajiyama S
Journal of bioscience and bioengineering   123(3) 376-381   2017年3月   [査読有り]
Kato Tsuneo, Matsukawa Tetsuya, Horibata Akira
PLANT PRODUCTION SCIENCE   20(4) 459-466   2017年   [査読有り]
大江 孝明, 竹中 正好, 根来 圭一, 北村 祐人, 松川 哲也, 三谷 隆彦, 赤木 知裕, 古屋 挙幸, 岡室 美絵子, 土田 靖久
園芸学研究 = Horticultural research (Japan)   15(4) 439-444   2016年10月
A Pancreatic Lipase Inhibitory Activity by Mango (Mangifera indica) Leaf Methanolic Extract
Journal of Plant Studies   5(2) 72-78   2016年9月   [査読有り]
Asai T, Matsukawa T, Ishihara A, Kajiyama S
Journal of bioscience and bioengineering   122(2) 208-212   2016年8月   [査読有り]
Asai T, Matsukawa T, Kajiyama S
Journal of bioscience and bioengineering      2015年7月   [査読有り]
Horibata A, Matsukawa T, Itoh T, Watanabe T, Matsumoto T
Energy Procedia   57 1502-1507   2014年   [査読有り]
堀端 章, 矢田 清, 松川 哲也
作物研究   (58) 43-50   2013年
紀の川流域で古くから栽培されてきた地域遺伝資源としてシソの1系統を見出した.本研究では,まず,本系統の葉の形態および機能性香気成分の組成比における特徴を4種のシソ品種と比較した.その結果,本系統は,葉の両面が赤紫色で縮緬状の起伏がなく,ペリルアルデヒドとリモネンを多量に含むことから,薬用のアカジソ(P. frutescens var. crispa f. purpurea)の1種と推察された.一方で,本系統の特産品化を目指して,新規用途の開拓と周年生産に向けた栽培技術の検討を進めた.自然光...
Sue M, Yamazaki K, Yajima S, Nomura T, Matsukawa T, Iwamura H, Miyamoto T
Plant physiology   141(4) 1237-1247   2006年8月   [査読有り]
Germplasm Conservation of Indigenous Citrus
松川 哲也, 仁藤 伸昌
Acta Horticulturae 760      2007年7月
Okazaki Y, Isobe T, Iwata Y, Matsukawa T, Matsuda F, Miyagawa H, Ishihara A, Nishioka T, Iwamura H
The Plant journal : for cell and molecular biology   39(4) 560-572   2004年8月   [査読有り]
Induction of anthranilate synthase activity by elicitors in oats.
Matsukawa T, Ishihara A, Iwamura H
Zeitschrift fur Naturforschung. C, Journal of biosciences   57(1-2) 121-128   2002年1月   [査読有り]
Matsukawa T,Ishihara A, Iwamura H
Plant Physiology and Biochemistry   40(9) 795-802   2002年   [査読有り]
Occurrence of avenanthramides and hydroxycinnamoyl-CoA:hydroxyanthranilate N-hydroxycinnamoyltransferase activity in oat seeds
Matsukawa T, Isobe T, Ishihara A, Iwamura H
Zeitshrift für Naturforshung   55c(1-2) 30-36   2000年   [査読有り]

Misc

 
瀧川 義浩, 松川 哲也, 宮下 実, 梶山 慎一郎
近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kindai University   (22) 35-40   2017年3月
本論では里山におけるササユリの自生環境、個体数の減少の要因および近畿大学 先端技術総合研究所(研究所)と生物理工学部で実施している活動や研究について記載した。Sasa yuri(Lilium japnicum)is a wild lily in japan and also known as an index plant for evaluating a natural environment of satoyama. In the present paper, we described ...
堀端 章, 松川 哲也
作物研究   62(0) 11-17   2017年
和歌山県の紀の川流域で古くから栽培されてきた薬用のアカジソ遺伝資源を地域の特産品として活用しようとしているが,そのためには類似の特徴をもつ他のシソ品種との間の優位性を明らかにしておく必要がある.そこで本研究では,強いシソ特有の香りを特徴とする和歌山県の在来シソ2系統と,「芳香性」をうたう市販の3品種,および,一般的なチリメンジソ1品種を供試して,形態的特徴および機能性成分含有量の調査を行って,和歌山県の在来シソ系統の遺伝的および商業的優位性の評価を行った.その結果,和歌山県の在来シソ系統は...
植月 義博, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司
日本生物工学会大会講演要旨集   67    2015年9月
高橋 康樹, 松川 哲也, 瀧川 義浩, 荒井 滋, 秋野 順治, 梶山 慎一郎
日本生物工学会大会講演要旨集   67    2015年9月
大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 山本 茂樹, 広瀬 陽一郎, 阿野 貴司
日本生物工学会大会講演要旨集   66    2014年8月
植月 義博, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司
日本生物工学会大会講演要旨集   66    2014年8月
松川 哲也, 正田 将大, 玉置 恵子, 村上 ひかる, 梶山 慎一
近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   33 9-16   2014年3月
[要旨]トウダイグサ科の落葉低木であるJatropha curcasは, 種子に豊富な中性脂質を含み, 荒廃地でも生育可能であるため次世代バイオディーゼル原料植物として有望視されている。しかし一方で, 本植物の種子には発がんプロモーターであるphorbol ester類を含んでおり, 生産者や消費者の健康に与える負の影響が懸念されている。本研究ではJ. curcas 種子抽出物の発がんプロモーション活性を, マウスを用いた二段階発がん試験およびEBV早期抗原誘導活性を指標としたアッセイ系に...
松川 哲也, 梶山 慎一郎
スマートプロセス学会誌   3(5) 258-261   2014年
浅井 智紀, 松川 哲也, 梶山 慎一郎
日本生物工学会大会講演要旨集   66    2014年8月

書籍等出版物

 
Citrus Pathology
Matsukawa T, Asai T, Kajiyama S (担当:共著, 範囲:Metabolic Changes during Defense Responses against Wound Stresses in Citrus Plants)
InTech   2017年   
Amino Acids in Higher Plants
Ishihara A, Matsukawa T, Nomura T, Sue M, Oikawa A, Okazaki Y, Tebayashi S (担当:共著, 範囲:Involvement of tryptophan-pathway-derived secondary metabolism in the defence responses of grasses)
CABI   2015年   
プラントミメティクス~植物に学ぶ~
松川 哲也, 岩村 俶, 石原 亨 (担当:共著, 範囲:ファイトアレキシンとファイトアンティシピン)
NTS   2007年   

講演・口頭発表等

 
ササユリ(Lilium japonicum)の二次代謝産物分析
藤澤 瑞希,松川 哲也,瀧川 義浩,荒井 滋,柳川 綾,秋野 順治,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月   
在来カンキツのストレス応答反応における二次代謝物質のプロファイリング
伊佐木 芳,松川 哲也,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月   
CRISPR/Cas9を用いたJatropha curcas L.のゲノム編集の試み
藤波 友樹,児玉 岳,十川 太輔,松川 哲也,大和 勝幸,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月   
Jatorpha curcasの産生するホルボールエステル類の生理活性評価
柳内 知哉,小田垣 瑞穂,高田 果步,松川 哲也,西海 史子,名倉 由起子,柳原 格,梶山 慎一郎
第69回生物工学会大会   2017年9月   
種々のストレス状況下におけるカンキツ類の二次代謝物質プロファイリング
伊佐木 芳,松川 哲也,梶山 慎一郎
第69回生物工学会大会   2017年9月   
放線菌由来生理活性物質が植物および植物病原菌に与える影響
前田 みのり,大池 達矢,岡南 政宏,松川 哲也,梶山 慎一郎,阿野 貴司
第69回生物工学会大会   2017年9月   
Metabolic profiling of secondary metabolites in citrus leaves under various stress conditions
Isaki K, Matsukawa T, Kajiyama S
Plant Biology 2017   2017年6月   
Streptomyces sp. KT株の微生物農薬としての可能性
前田 みのり,大池 達矢,松川 哲也,岡南 政宏,梶山 慎一郎,阿野 貴司
第68回生物工学会大会   2016年9月   
アルボサイクリン生産放線菌を用いた微生物農薬の開発
大池 達矢,前田 みのり,松川 哲也,岡南 政宏,梶山 慎一郎,阿野 貴司
第68回生物工学会大会   2016年9月   
灌漑用水条件の異なるエジプト産ホホバ種子中の代謝物の変動解析
藤波 友樹,松川 哲也,Hegazy Adel,梶山 慎一郎
第68回生物工学会大会   2016年9月   
ハッサク葉のストレス応答反応における二次代謝物質の変動解析
伊佐木 芳,松川 哲也,梶山 慎一郎
第68回生物工学会大会   2016年9月   
ウメの品種間代謝物プロファイリング
松川 哲也,平山 幸千,北村 祐人,竹中 正好,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月   
カンキツ類の傷害応答反応における二次代謝物質の変動解析
伊佐木 芳,松川 哲也,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月   
カンキツ葉中の一次代謝物質の環境ストレス応答における代謝変動解析
浅井 智紀,松川 哲也,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月   
Wound inducible antimicrobial compounds I Citrus hassaku leaves.
Matsukawa T, Asai T, Kajiyama S
Pacifichem2015   2015年12月   
Efficacy of Citrus plants on lifestyle diseases: Anti-pbesity effect of Citurs unshiu leaf.
Ito K, Shimizu K, Horikawa Y, Tomohiro N, Tsumoto T, Hashizme J, Fujita T, Fumuro M, Utsunomiya N, Takada Y, Matsukawa T, Kajiyama S, Nakagaki Y, Shimizu A, Murata K, Matsuda H
Pacifichem2015   2015年12月   
ササユリ(Lilium japonicum)香気成分の分析とその抗菌活性
高橋 康樹, 松川 哲也, 瀧川 義浩, 荒井 滋, 秋野 順治, 梶山 慎一郎
第67回生物工学会大会   2015年9月   
放線菌由来抗菌活性物質の探索
植月 義博, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司
第67回生物工学会大会   2015年9月   
ウンシュウミカン(Citrus unshiu)葉のリパーゼ阻害活性物質
高田 雄輔,松川 哲也,伊藤 仁久,志水 恒介,堀川 勇次,友廣 教道,津本 光貴,橋爪 淳二,藤田 卓也,文室 政彦,宇都宮 直樹,中垣 友太,村田 和也,松田 秀秋,梶山 慎一郎
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月   
カンキツ葉中の香気成分の環境応答反応における代謝変動解析
浅井 智紀, 松川 哲也, 梶山 慎一郎
第66回日本生物工学会大会   2014年9月   

競争的資金等の研究課題

 
カンキツ類の化学分類
果樹作物の生体防御物質の同定

特許

 
仲 幸彦, 松川 哲也, 伊豫 昌己, 高田 浩平, 山田 浩平, 森 一, 宮崎 崇, 森 岳志, 大▲崎▼ 秀介, 山下 宗哲
仲 幸彦, 松川 哲也, 三宅 英伸, 赤木 知裕, 我藤 伸樹