加藤 博己

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/19 18:57
 
アバター
研究者氏名
加藤 博己
 
カトウ ヒロキ
所属
駒澤大学
部署
文学部 心理学科
職名
その他
学位
修士(心理学)(駒澤大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
現在
駒澤大学文学部非常勤講師
 
2002年
 - 
2005年
駒澤大学文学部助手
 
1996年
 - 
1999年
駒澤大学文学部助手
 

学歴

 
1999年
 - 
2000年
駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻博士後期課程
 
1994年
 - 
1996年
駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻博士後期課程
 
1992年
 - 
1994年
駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻修士課程
 
1988年
 - 
1992年
駒澤大学 文学部 社会学科心理学コース
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
日本仏教心理学会  評議員
 
2009年
 - 
2012年
日本応用心理学会  理事
 
2005年
 - 
現在
日本心理学会  地域別議員
 
1998年
 - 
1999年
日本心理医療諸学会連合事務局
 
1996年8月
 - 
1997年8月
日本応用心理学会  第64回大会準備委員会幹事
 

論文

 
The Relationship between the Psychology of Religion and Buddhist Psychology
加藤 博己
Japanese Psychological Research   58(1) 70-84   2016年5月   [査読有り]
禅心理学研究の成果を踏まえた仏教心理学研究の対象とアプローチと展望
加藤博己
日本仏教心理学会誌   1 9-23   2010年   [査読有り]
Hiroki KATO
Japanese Psychological Research   47(2) 125-136   2005年   [査読有り]

Misc

 
小学校においてスクールカウンセラー(学校臨床心理士)が果たす役割
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (16) 23-28   2014年3月
スクールカウンセラー(学校臨床心理士)として着任時にできること
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (13) 29-34   2011年3月
臨床心理士としてのスクールカウンセラー(学校臨床心理士)の専門性
加藤博己
駒澤大学心理学論集   (12) 13-24   2010年3月
心理等の専門家/スクールカウンセラーのための国・都の特別支援教育とスクールソーシャルワーカー活用事業の経緯
加藤博己
駒澤大学心理学論集   (11) 27-36   2009年3月
ポジティブ心理学としての“ありがとう療法”の禅仏教における起源
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (10) 73-77   2008年3月
論文タイトルから見たスクールカウンセリング研究の文献数の推移と研究内容による分類
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (9) 85-94   2007年3月
スクールカウンセリングにおける行動観察によるアセスメント
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (7) 11-15   2005年3月
禅心理学の課題と問題点
加藤博己
駒澤大学禅研究所年報   (16) 67-84   2004年12月
加藤博己
駒澤大学心理学論集   (4) 41-44   2003年3月
加藤博己
駒澤大学心理学論集   (4) 23-43   2002年3月
〔没頭する〕時間と部位
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (3) 51-54   2001年3月
入息,出息
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (2) 173-180   2000年3月
Student apathyに関する心理学的研究
谷口泰富・加藤博己・軽部幸浩・堀内正彦
駒澤大学心理学論集   (1) 63-70   1999年3月
禅心理学の成立
加藤 博己
駒澤大学心理学論集   (1) 99-105   1999年3月
精神的健康としてのゴータマ・ブッダの涅槃と涅槃に至る段階的境地について
加藤 博己
駒澤社会学研究   (29) 7-29   1997年3月
加藤 博己
駒澤大学文学部研究紀要   (55) 1-22   1997年3月

書籍等出版物

 
元良勇次郎著作集 別巻2 元良勇次郎著作集解題
加藤 博己 (担当:共著, 範囲:第6章 元良勇次郎と宗教問題)
クレス出版   2017年12月   ISBN:978-4-87733-747-6
元良勇次郎著作集 第13巻 論文集
大山正監修 元良勇次郎著作集刊行委員会編(大泉溥編集主幹)加藤 博己 (担当:共訳, 範囲:「快楽の種類とその性質」45-57頁,「悪の性質」58-65頁,「宗教上の信念と倫理上の信念」246-253頁)
クレス出版   2016年12月   ISBN:978-4-87733-744-5
元良勇次郎著作集 第12巻 論稿(1906-1912)社会・哲学・倫理・宗教
大山正監修 元良勇次郎著作集刊行委員会編(大泉溥編集主幹)加藤 博己 (担当:共訳, 範囲:0-242頁,「禅の特質」307-311頁,「宗教と理性」312-317頁,「精神修養上の宗教と科学の関係」318-331頁,「余の観たる禅学」332-335頁,「国民生活と宗教」336-341頁,「余の観たる仏教の長所短所」342-349頁,「禅と精神修養」350-354頁)
クレス出版   2015年12月   ISBN:978-4-87733-743-8
元良勇次郎著作集 第9巻 論稿(1900-1905)心理学・教育・社会・哲学
大山正監修 元良勇次郎著作集刊行委員会編(大泉溥編集主幹) (担当:監修, 範囲:「日本の現在の学生の宗教心に関する調査の報告」,「現今の倫理および宗教問題について」,「談話 将来の宗教」,「コントのいわゆる人類教の立脚地から見た釈迦牟尼」)
クレス出版   2015年1月   ISBN:978-4-87733-740-7
ありがとう療法 総合編 ~幸せになる自己カウンセリング~
橋本泰子(編著) (担当:分担執筆, 範囲:第1章1 幼児期から児童期における「ありがとう」の自発的表出の発生と量的・質的発達の縦断研究)
愛育社   2014年10月   ISBN:978-4-7500-0448-8
心理学
鈴木常元・谷口泰富・有光興記・茨木博子・小野浩一・茅原正・永田陽子・間島英俊・八巻秀(編著) (担当:分担執筆, 範囲:コラム 2 仏教心理学)
新曜社   2014年4月   ISBN:978-4-7885-1381-5
元良勇次郎著作集 第6巻 論稿(1890~1900)社会(2)・哲学・倫理・宗教
大山正(監修)大泉溥(編集主幹) (担当:共訳, 範囲:参禅日誌,主義と宗教との関係を論じて日本主義に及ぶ,禅と心理学との関係)
クレス出版   2014年1月   ISBN:978-4-87733-737-7
ありがとう療法 カウンセリング編 ~幸せになる自己カウンセリング~
橋本泰子(編著) (担当:分担執筆, 範囲:第3章3 「ありがとう」と言えるようになるには、するには)
おうふう   2012年9月   ISBN:978-4-273-03709-3
仏教心理学キーワード事典
井上ウィマラ・葛西賢太・加藤博己(編) (担当:共編者, 範囲:第2部 心理学)
春秋社   2012年5月   ISBN:978-4-393-36059-0
ありがとう療法 体験談編 ~幸せになる自己カウンセリング~
橋本泰子(編著) (担当:分担執筆, 範囲:第2章1 乳幼児期の自発語としての「ありがとう」の量的・質的発達の観察研究を通して)
おうふう   2011年3月   ISBN:978-4-273-03661-4

講演・口頭発表等

 
仏教と心理学の視点から見た日本的意識 [招待有り]
加藤 博己
日本仏教心理学会第9回学術大会   2017年12月10日   
禅心理学研究・臨床実践から見た日本的意識
カウンセリング、心理療法へのアジアからの発信 カウンセリング、心理療法への東洋思想の影響 
加藤 博己
日本応用心理学会第84回大会   2017年8月26日   
心理療法、カウンセリングへの東洋思想の影響
The Relationship between the Psychology of Religion, Buddhist Psychology and Zen Psychology
Kato Hiroki
XXXI(31th)nternational Congress of Psychology   2016年7月28日   
子育てひろばの利用者における子育て肯定感の検証-利用者視点に基づく保育者養成のあり方-
加藤 博己
日本心理学会第79回大会   2015年9月22日   
教養教育における心理学:教職課程からの視点
加藤 博己
日本心理学会第78回大会公募シンポジウム   2014年9月12日   
幼児期における自発語としての「ありがとう」の発達-量的・質的変化-
加藤 博己
日本応用心理学会第80回大会   2013年9月14日   
教養教育における心理学を考える
加藤 博己
日本心理学会第76回大会ワークショップ   2012年9月   
心理学における仏教の影響 ―過去と展望―
加藤 博己
日本心理学会第76回大会ワークショップ   2012年9月12日   
宗教心理学と仏教心理学と禅心理学との関係
加藤 博己
日本心理学会第76回大会   2012年   
乳幼児期の自発語としての「ありがとう」の量的・質的発達
加藤 博己
日本発達心理学会第22回大会   2011年   
乳幼児における自発語としての「ありがとう」の発生・発達 ― 量的・質的分析の試み ―
加藤 博己
日本応用心理学会第77回大会   2010年   
1940年代における禅心理学研究の対象とアプローチ
加藤 博己
日本心理学会第74回大会   2010年   
乳幼児における自発語としての「ありがとう」の発生・発達 ― 量的・質的分析の試み ―.
日本応用心理学会第77回大会   2010年   
禅心理学研究の成果を踏まえた仏教心理学研究の対象とアプローチ
加藤 博己
日本仏教心理学会第1回学術大会   2009年   
昭和期戦前の禅心理学研究の対象とアプローチ
加藤 博己
日本応用心理学会第76回大会   2009年   
大正期における禅心理学研究の対象とアプローチ
加藤 博己
日本心理学会第73回大会   2009年   
明治期における禅心理学研究の対象とアプローチ
加藤 博己
日本心理学会第71回大会   2007年   
明治・大正期の禅心理学
加藤 博己
日本心理学会第69回大会   2005年   
元良勇次郎の禅心理学
加藤 博己
日本心理学会第68回大会   2004年   
スピリチュアリティと健康 [招待有り]
加藤 博己
日本健康心理学会第24回大会 シンポジウム   2003年9月12日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
気功と比較した日本における健康増進法
国際交流基金: 国際会議出席者派遣助成事業
研究期間: 1998年 - 1998年
禅心理学・仏教心理学の体系化
駒澤大学禅研究所: 心理班
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月