上野 修一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 14:54
 
アバター
研究者氏名
上野 修一
 
ウエノ シュウイチ
所属
愛媛大学
部署
大学院医学系研究科 精神神経科学
職名
教授
学位
医学博士

プロフィール

精神科医です。精神神経疾患の分子生物学的解析に興味があります。よろしくお願いします。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2015年
愛媛大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
2008年
   
 
-   愛媛大学大学院 医学系研究科 教授
 
2006年
   
 
- 徳島大学医学部 教授
 
2002年
   
 
-   徳島大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
愛媛大学 医学研究科 機能系
 
 
 - 
1985年
徳島大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
日本老年精神医学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本臨床精神薬理学会  理事
 
2008年
 - 
現在
日本精神科診断学会  理事
 
 
 - 
現在
日本精神神経学会  代議員
 
2003年
   
 
日本生物学的精神医学会  評議員
 
2000年
   
 
日本神経化学会  評議員
 

論文

 
Yoshino Y, Ochi S, Yamazaki K, Nakata S, Abe M, Mori Y, Ueno S
Neuroscience letters   599 69-74   2015年7月   [査読有り]
Yoshino Y, Mori Y, Ochi S, Numata S, Ishimaru T, Yamazaki K, Ohmori T, Ueno S
Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)   122(5) 731-732   2015年5月   [査読有り]
Yoshida T, Mori T, Yamazaki K, Sonobe N, Shimizu H, Matsumoto T, Kikuchi K, Miyagawa M, Mochizuki T, Ueno SI
International journal of geriatric psychiatry      2015年2月   [査読有り]
Aono M, Iga J, Ueno S, Agawa M, Tsuda T, Ohmori T
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   21(9) 1595-1598   2014年9月   [査読有り]
Yoshino Y, Abe M, Numata S, Ochi S, Mori Y, Ishimaru T, Kinoshita M, Umehara H, Yamazaki K, Mori T, Ohmori T, Ueno S
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   53 137-141   2014年8月   [査読有り]
Yoshino Y, Ozaki Y, Kawasoe K, Ochi S, Niiya T, Sonobe N, Matsumoto T, Ueno S
Clinical psychopharmacology and neuroscience : the official scientific journal of the Korean College of Neuropsychopharmacology   12(2) 160-162   2014年8月   [査読有り]
Horiuchi F, Oka Y, Uno H, Kawabe K, Okada F, Saito I, Tanigawa T, Ueno S
Psychiatry and clinical neurosciences   68(7) 542-550   2014年7月   [査読有り]
Ochi S, Abe M, Li C, Mori Y, Ishimaru T, Yoshino Y, Yamazaki K, Mori T, Fukuhara R, Tanimukai S, Matsuda S, Yoshida K, Ueno S
Neuroscience letters   569 33-37   2014年5月   [査読有り]
Mori T, Shimada H, Shinotoh H, Hirano S, Eguchi Y, Yamada M, Fukuhara R, Tanimukai S, Zhang MR, Kuwabara S, Ueno S, Suhara T
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   85(4) 449-455   2014年4月   [査読有り]
Abe M, Ochi S, Mori Y, Yamazaki K, Ishimaru T, Yoshino Y, Fukuhara R, Tanimukai S, Matsuda S, Ueno S
BMC neuroscience   15 53   2014年4月   [査読有り]
Kawabe K, Ueno S
Clinical psychopharmacology and neuroscience : the official scientific journal of the Korean College of Neuropsychopharmacology   12(1) 67-68   2014年4月   [査読有り]
Kawabe K, Horiuchi F, Oka Y, Ueno S
Case reports in psychiatry   2014 561071   2014年   [査読有り]
Horiuchi F, Oka Y, Komori K, Tokui Y, Matsumoto T, Kawabe K, Ueno S
Case reports in psychiatry   2014 520215   2014年   [査読有り]
Mitsui T, Kuroda Y, Ueno S, Matsui N, Kaji R
Archives of medical science : AMS   9(6) 1090-1096   2013年12月   [査読有り]
Kawabe K, Horiuchi F, Ueno S
Clinical neuropharmacology   36(6) 239-241   2013年11月   [査読有り]
Kondo T, Asai M, Tsukita K, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Imamura K, Egawa N, Yahata N, Okita K, Takahashi K, Asaka I, Aoi T, Watanabe A, Watanabe K, Kadoya C, Nakano R, Watanabe D, Maruyama K, Hori O, Hibino S, Choshi T, Nakahata T, Hioki H, Kaneko T, Naitoh M, Yoshikawa K, Yamawaki S, Suzuki S, Hata R, Ueno S, Seki T, Kobayashi K, Toda T, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asada T, Takahashi R, Iwata N, Yamanaka S, Inoue H
Cell stem cell   12(4) 487-496   2013年4月   [査読有り]
[A case report of early-onset Alzheimer's disease with multiple psychotic symptoms, finally diagnosed as APPV717I mutation by genetic testing].
Ishimaru T, Ochi S, Matsumoto T, Yoshida T, Abe M, Toyota Y, Fukuhara R, Tanimukai S, Ueno S
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   115(10) 1042-1050   2013年   [査読有り]
Sangatsuda Y, Nakamura M, Tomiyasu A, Deguchi A, Toyota Y, Goto Y, Nishino I, Ueno S, Sano A
Mitochondrion   12(6) 617-622   2012年11月   [査読有り]
Kawabe K, Ueno S, Hosoda Y, Horiguchi J
Clinical neuropharmacology   35(6) 290-291   2012年11月   [査読有り]
Tanaka T, Tomotake M, Ueoka Y, Kaneda Y, Taniguchi K, Nakataki M, Numata S, Tayoshi S, Yamauchi K, Sumitani S, Ohmori T, Ueno S, Ohmori T
Psychiatry and clinical neurosciences   66(6) 491-498   2012年10月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Umeda-Yano S, Okada T, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Numata S, Ikeda M, Ohnuma T, Iwata N, Ueno S, Ozaki N, Ohmori T, Arai H, Takeda M
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   159B(4) 405-413   2012年6月   [査読有り]
Abe M, Sonobe N, Fukuhara R, Mori Y, Ochi S, Matsumoto T, Mori T, Tanimukai S, Ueno S
BMC neurology   12 38   2012年6月   [査読有り]
Mori T, Maeda J, Shimada H, Higuchi M, Shinotoh H, Ueno S, Suhara T
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   12(2) 106-114   2012年6月   [査読有り]
Ochi S, Kawasoe K, Abe M, Fukuhara R, Sonobe K, Kawabe K, Ueno S
General hospital psychiatry   33(6) 640.e1-2   2011年11月   [査読有り]
Mori S, Nakamura M, Yasuda T, Ueno S, Kaneko S, Sano A
Journal of human genetics   56(10) 742-747   2011年10月   [査読有り]
The effects of FK506 on refractory inflammatory myopathies.
Mitsui T, Kuroda Y, Ueno S, Kaji R
Acta neurologica Belgica   111(3) 188-194   2011年9月   [査読有り]
Sonobe N, Hata R, Ishikawa T, Sonobe K, Matsumoto T, Toyota Y, Mori T, Fukuhara R, Komori K, Ueno S, Tanimukai S, Ikeda M
International psychogeriatrics / IPA   23(5) 772-779   2011年6月   [査読有り]
Hashimoto R, Ohi K, Yasuda Y, Fukumoto M, Yamamori H, Kamino K, Morihara T, Iwase M, Kazui H, Numata S, Ikeda M, Ueno S, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   129(1) 80-84   2011年6月   [査読有り]
Kato M, Nakamura M, Ichiba M, Tomiyasu A, Shimo H, Higuchi I, Ueno S, Sano A
Neuroscience research   69(4) 331-336   2011年4月   [査読有り]
Shimo H, Nakamura M, Tomiyasu A, Ichiba M, Ueno S, Sano A
Neuroscience research   69(3) 196-202   2011年3月   [査読有り]
Yamamura S, Abe M, Nakagawa M, Ochi S, Ueno S, Okada M
Neuropharmacology   60(4) 550-560   2011年3月   [査読有り]
Shimizu H, Komori K, Fukuhara R, Shinagawa S, Toyota Y, Kashibayashi T, Sonobe N, Matsumoto T, Mori T, Ishikawa T, Hokoishi K, Tanimukai S, Ueno S, Ikeda M
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   11(1) 46-53   2011年3月   [査読有り]
Nakataki M, Iga J, Numata S, Yoshimoto E, Kodera K, Watanabe SY, Song H, Ueno S, Ohmori T
Neuroscience letters   489(2) 126-130   2011年2月   [査読有り]
Ueoka Y, Tomotake M, Tanaka T, Kaneda Y, Taniguchi K, Nakataki M, Numata S, Tayoshi S, Yamauchi K, Sumitani S, Ohmori T, Ueno S, Ohmori T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   35(1) 53-59   2011年1月   [査読有り]
Numata S, Nakataki M, Iga J, Tanahashi T, Nakadoi Y, Ohi K, Hashimoto R, Takeda M, Itakura M, Ueno S, Ohmori T
Neuromolecular medicine   12(3) 243-247   2010年9月   [査読有り]
Tayoshi S, Nakataki M, Sumitani S, Taniguchi K, Shibuya-Tayoshi S, Numata S, Iga J, Ueno S, Harada M, Ohmori T
Schizophrenia research   117(1) 83-91   2010年3月   [査読有り]
Ohi K, Hashimoto R, Yasuda Y, Yoshida T, Takahashi H, Iike N, Iwase M, Kamino K, Ishii R, Kazui H, Fukumoto M, Takamura H, Yamamori H, Azechi M, Ikezawa K, Tanimukai H, Tagami S, Morihara T, Okochi M, Yamada K, Numata S, Ikeda M, Tanaka T, Kudo T, Ueno S, Yoshikawa T, Ohmori T, Iwata N, Ozaki N, Takeda M
Schizophrenia research   116(2-3) 126-132   2010年2月   [査読有り]
Kashibayashi T, Ikeda M, Komori K, Shinagawa S, Shimizu H, Toyota Y, Mori T, Ishikawa T, Fukuhara R, Ueno S, Tanimukai S
Dementia and geriatric cognitive disorders   29(3) 224-232   2010年   [査読有り]
Numata S, Iga J, Nakataki M, Tayoshi S, Taniguchi K, Sumitani S, Tomotake M, Tanahashi T, Itakura M, Kamegaya Y, Tatsumi M, Sano A, Asada T, Kunugi H, Ueno S, Ohmori T
American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics   150B(4) 527-534   2009年6月   [査読有り]
Nakataki M, Numata S, Iga J, Tayoshi S, Tayoshi-Shibuya S, Song H, Tanahashi T, Itakura M, Ueno S, Ohmori T
Psychiatric genetics   19(3) 162   2009年6月   [査読有り]
Positive association of the pericentrin (PCNT) gene with major depressive disorder in the Japanese population.
Numata S, Iga J, Nakataki M, Tayoshi S, Tanahashi T, Itakura M, Ueno S, Ohmori T
Journal of psychiatry & neuroscience : JPN   34(3) 195-198   2009年5月   [査読有り]
Numata S, Ueno S, Iga J, Song H, Nakataki M, Tayoshi S, Sumitani S, Tomotake M, Itakura M, Sano A, Ohmori T
Journal of psychiatric research   43(1) 7-12   2008年11月   [査読有り]
Numata S, Ueno S, Iga J, Yamauchi K, Hongwei S, Hashimoto R, Takeda M, Kunugi H, Itakura M, Ohmori T
Journal of psychiatric research   42(6) 425-432   2008年5月   [査読有り]
Aki H, Tomotake M, Kaneda Y, Iga J, Kinouchi S, Shibuya-Tayoshi S, Tayoshi SY, Motoki I, Moriguchi K, Sumitani S, Yamauchi K, Taniguchi T, Ishimoto Y, Ueno S, Ohmori T
Psychiatry research   158(1) 19-25   2008年2月   [査読有り]
Kageyama Y, Matsumoto K, Ichikawa K, Ueno S, Ichiba M, Nakamura M, Sano A
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   22(11) 1669-1670   2007年8月   [査読有り]
Iga J, Ueno S, Yamauchi K, Numata S, Motoki I, Tayoshi S, Kinouchi S, Ohta K, Song H, Morita K, Rokutan K, Tanabe H, Sano A, Ohmori T
Neuroscience letters   400(3) 203-207   2006年6月   [査読有り]
Shibuya-Tayoshi S, Taniguchi T, Moriya C, Matsushita T, Akaike M, Ueno S, Ohmori T
General hospital psychiatry   28(2) 180-182   2006年3月   [査読有り]
[Clinical features of patients with obsessive-compulsive disorder showing different pharmacological responses].
Sumitani S, Ueno S, Ishimoto Y, Taniguchi T, Tomotake M, Motoki I, Yamauchi K, Ohmori T
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   108(12) 1282-1292   2006年   [査読有り]
Ohmori T, Morita K, Saito T, Ohta M, Ueno S, Rokutan K
The journal of medical investigation : JMI   52 Suppl 266-271   2005年11月   [査読有り]
Sumitani S, Tanaka T, Tayoshi S, Ota K, Kameoka N, Morimune M, Shibuya-Tayoshi S, Kinouchi S, Ueno S, Ohmori T
The journal of medical investigation : JMI   52 Suppl 302-303   2005年11月   [査読有り]

Misc

 
S. Tayoshi, S. Sumitani, K. Taniguchi, S. Shibuya-Tayoshi, S. Numata, J. Iga, M. Nakataki, S. Ueno, M. Harada, T. Ohmori.
Schizophr Res   108 69-77   2009年
T. Yasui, M. Yamada, H. Uemura, S. Ueno, S. Numata, T. Ohmori, N. Tsuchiya, M. Noguchi, M. Yuzurihara, Y. Kase, M. Irahara.
Maturitas      2009年
K. Ohi, R. Hashimoto, Y. Yasuda, T. Yoshida, H. Takahashi, N. Iike, M. Fukumoto, H. Takamura, M. Iwase, K. Kamino, R. Ishii, H. Kazui, R. Sekiyama, Y. Kitamura, M. Azechi, K. Ikezawa, R. Kurimoto, E. Kamagata, H. Tanimukai, S. Tagami, T. Morihara, M. Ogasawara, M. Okochi, H. Tokunaga, S. Numata, M. Ikeda, T. Ohnuma, S. Ueno, T. Fukunaga, T. Tanaka, T. Kudo, H. Arai, T. Ohmori, N. Iwata, N. Ozaki, M. Takeda.
Schizophr Res      2009年
K. Kunika, T. Tanahashi, S. Numata, S. Ueno, T. Ohmori, N. Nakamura, K. Tsugawa, K. Miyawaki, M. Moritani H. Inoue, M. Itakura.
J Hum Genet      2008年
Positive Association of the PCNT2 gene with Major Depressive Disorder in the Japanese Population.
S. Numata, J. Iga, M. Nakataki, S. Tayoshi, T. Tanahashi, M. Itakura, S. Ueno, T. Ohmori.
J Psychiatry Neurosci   43 7-12   2008年

書籍等出版物

 
上野 修一(医学), 大蔵 雅夫, 谷岡 哲也
中外医学社   2014年   ISBN:9784498076686
Locsin Rozzano C., 谷岡 哲也, 上野 修一(医学), 眞野 元四郎, 高橋 みどり, 安原 由子
ふくろう出版   2013年   ISBN:9784861865718
Locsin Rozzano C, 谷岡 哲也, 上野 修一(医学), 眞野 元四郎, 高橋 みどり
ふくろう出版   2009年   ISBN:9784861863905
NeuroNeuroacanthocytosis Syndromes II (R.H. Walker eds.), pp. 153-159, A Mouse Model of Chorea-Acanthocytosis
Springer, Berlin, Germany   2008年   
上野 修一(医学), 大蔵 雅夫, 谷岡 哲也
中外医学社   2007年   ISBN:9784498076112

Works

 
有棘赤血球症病因遺伝子の発現に関する研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 上野 修一
まず、alanine:glyoxylate aminotransferase 2(AGXT2)の脳内分布を調べるために、ラットを用い、AGXT2遺伝子mRNAの脳内分布を調べた。ラットの脳組織(大脳皮質、大脳白質、線条体、視床、中脳、橋、小脳)よりRNA分画を精製しcDNAを作成する。そのあと、AGXT2遺伝子mRNAに特異的Taqman probeを用い定量的real-time PCR法を行い、各組織でのAGXT2mRNA定量を行った。内部標準としてGAPDH遺伝子を用いた。その結果、ラ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 上野 修一
急性一酸化炭素中毒から一旦回復した後の間歇型一酸化炭素中毒の原因は不明である。今回、ラットを用い間歇型一酸化炭素中毒モデルを作成し、その行動変化および脳内の遺伝子発現変化を網羅的に DNA チップを用い調べた。受動的回避行動試験では、2 週後から有意な障害が認められモデル動物となることを確認した。このラットを 3 週後断頭し、海馬での遺伝子発現をDNA チップを用いてコントロールラットと比較して調べたが、遺伝子発現に有意な変化は確認できなかった。今後、例数を増やし検討する予定である。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 上野 修一
機能性精神障害(統合失調症、気分障害など)を対象に、末梢血白血球遺伝子発現を指標にして病因候補遺伝子を抽出し、候補遺伝子との相関研究を行った。その結果、末梢血白血球のmRNA量は、統合失調症では、PDLIM5およびTGFBR2遺伝子発現量が、うつ病では、HDAC5およびCREB、VEGF遺伝子発現量が変化しており、状態像を示す候補遺伝子マーカーとして挙げられた。一方、疾患対照相関解析から、統合失調症ではPDE4B遺伝子、うつ病ではPCNT2遺伝子が、その発症の脆弱性に関与する疾患特異的マー...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 上野 修一
有棘赤血球舞踏病(chorea-acanthocytosis、CHAC)は、日本人に多い遺伝性神経変性疾患で、成人期になり、ハンチントン病類似の不随意運動やてんかん、痴呆、統合失調症様の精神症状などの中枢神経症状に加え、末梢神経症状、末梢血液像での有棘赤血球症を示す。私のグループでは、3家系、4症例の日本人家系解析から9番染色体長腕9q21領域に遺伝子座位を絞り込み、CHAC遺伝子を発見した。CHAC遺伝子は、初めて高等動物で示されたタイプの細胞構成たんぱく質であり、240kbpの大きさを...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 上野 修一
ドーパミントランスポーター(dopamine transporter, DAT)は、ドーパミン神経細胞で特異的に発現し、ドーパミン再取り込み機能を持つ蛋白質である。シナプス間隙のドーパミンは、シナプスに放出された後にDATによってシナプス前細胞に再取り込みされ、伝達を終える。DATはドーパミン神経終末でのドーパミン量を調節していると考えられており、ドーパミン系の神経伝達に大きな影響を持つ。これまで、機能画像研究からアルコール常用によって線条体のDATが有意に減少すること、また、DATを欠損...
精神障害の病因に関する研究
科学技術振興調整費による省際基礎研究
研究期間: 2000年 - 2002年
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 上野 修一
精神障害のなかで、感情障害(気分障害)は精神分裂病と並んで頻度の高い疾患群であるが、遺伝的要因が大きいとされる。感情障害に関連する遺伝子変異の解明により、病因に基づいた新たな治療法の開発が可能となる。最近、感情障害と21番染色体長腕(21q22.3)に存在するPFKLやD21S171などのマーカーとの連鎖が報告され、この領域に疾患関連遺伝子があると予想される。今回私は、感情障害と21q22.3座位の関連を明らかにすべく、PFKL座位からわずか数100kb以内に存在する4つの遺伝子、hDW(...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 上野 修一
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)は、日本人に多い常染色体優性遺伝性神経変性疾患であり、12番染色体短腕にあるDRPLA遺伝子のCAG繰り返し配列が異常伸張することによって生じる。この遺伝子変異と臨床症状との関連性については確認されたが、選択的神経細胞死が起こる分子的機構については未だ不明である。今回の私の研究では、本疾患の選択的細胞死に遺伝子転写系が関与していないかどうかを調べる目的で、DRPLA患者7名及び対照患者10名の剖検組織を用いてDRPLA遺伝子mRNAの発現を解析した...
精神障害の病因に関する研究