基本情報

所属
武庫川女子大学 国際健康開発研究所 所長 / 教授
学位
Medical Doctor(Kyoto University)

J-GLOBAL ID
200901074525976922

外部リンク

京都大学大学院医学研究科修了。医学博士。京都大学名誉教授。現在、武庫川女子大学教授、兵庫県健康財団会長、NPO 法人世界健康フロンティア研究会理事長。世界で初めて脳卒中ラットの開発に成功し、脳卒中が栄養で予防出来ることを実証。さらにWHO の協力で世界の60地域以上を30年かけて調査し、和食に多い大豆や魚介類を摂取する地域では、生活習慣病のリスクが少なく健康寿命の延伸が食事で可能である事を証明している。
ベルツ賞(1993)、紫綬褒章(1998)、杉田玄白賞(2004)、瑞宝中綬章(2012)など受章。 『世界一長寿な都市はどこにある?』(岩波書店)他、著書多数。

研究キーワード

  1

研究分野

  26

学歴

  1

論文

  151

書籍等出版物

  44

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

その他

  2
  • 米国国立医学研究所客員研究員、京都大学医学部助教授、島根医科大学教授、ハーバード大学客員教授、上海第二医学院顧問教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授、循環器疾患予防WHO国際共同センター長、島根医科大学名誉教授、財団法人生産開発科学研究所学術顧問、京都大学名誉教授、リヨン大学名誉教授、バルナ大学名誉教授
  • Associate Professor of Pathology, Faculty of Medicine, Kyoto University, Professor of Pathology, Shimane Medical University, Director of WHO Collaborating Center for Research on Primary Prevention of Cardiovascular Disease, Professor, Graduate Shool of Human and Environmental Studies, Kyoto University, Professor, Kinjo Gakuin University, Visiting Professor. Kobe Gakuin University, President, Hyogo Prefecture Health Promotion Association, Professor Emeritus at Kyoto University, Visiting Professor, St.Agnes Women's University, Director, Mukogawa Women's University Institute for World Health Development