KAKEI Hidekazu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 08:25
 
Avatar
Name
KAKEI Hidekazu
Affiliation
The University of Tokushima
Section
Faculty of Integrated Arts and Sciences
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Kobe University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2007
   
 
徳島大学総合科学部准教授
 
Apr 2005
   
 
四国大学経営情報学部非常勤講師
 
Apr 2004
   
 
徳島大学大学院人間・自然環境研究科研究指導担当教員
 
Apr 2003
   
 
徳島大学総合科学部助教授
 
Nov 2001
   
 
徳島大学総合科学部講師
 

Education

 
Mar 1990
   
 
名古屋大学大学院工学研究科博士前期課程修了
 

Published Papers

 
Hidekazu Kakei, 花田 愛
文理シナジー   22(1) 19-26   Apr 2018   [Refereed]
Ubul ABDUNABI, Hidekazu Kakei
Synergy of Arts and Sciences   20(2) 113-118   Oct 2016   [Refereed]
Research the Regional Differences in Person Sensibility Expression in Blog Document
Ubul ABDUNABI, Hidekazu Kakei
International Journal of Computing and Technology   Vol.3(No.6) 342-346   Jun 2016   [Refereed]
吾不力 阿布都乃比, Hidekazu Kakei
文理シナジー   20(1) 27-32   Apr 2016   [Refereed]
花田 愛, 吉田 健介, Hidekazu Kakei
Journal of Architecture and Planning   Vol.80(No.710) 823-830   Apr 2015   [Refereed]
This paper addresses the significance of the table top shape for the communication. The investigation into the effects of the table top shape on students in PBL demonstrates that the difference in the shape has influenced the easiness of their con...

Misc

 
徳島県吉野川流域言語地図
Shinsuke Kishie, Shinnosuke Tama, Hidekazu Kakei, Yukiti Shimizu, Yukako Sakoguchi
1-302   Mar 2014
20分後の建築空間
Hidekazu Kakei
広報   Vol.15 26-28   Dec 2008
建築空間を真にインテリジェントにするためには,ユビキタス環境を十分に活用し,建築や利用者の状況にアダプティブなシステムを構築しなくてはならない.今後の建築デザインでは,サイバー空間と物理空間が重層した空間を対象として捉える必要がある.
ゆく言葉ユニバーサル/くる言葉アダプティブ
Hidekazu Kakei
建築雑誌   Vol.122(No.1558) 39-39   Mar 2007   [Invited]
建築空間と人間のインタラクションを可能とするユビキタス環境では,「その人にとって」,「より適切に」機能するデザインが低コストで提供可能となる.今後は,建築・都市に携わる人間も「その人にとって」,「より適切に」機能するデザインを実現するアダプティブな仕組みを視野に入れる必要があることを指摘した.
市民インターネットTVの開発,普及に関する研究
KENJI Ishii, Hidekazu Kakei, Taro Mori, 島 博司.有限会社集環境計画, 田中 祐一.有限会社集環境計画
徳島大学地域共同研究センター研究成果報告書   (No.11) 25-25   Aug 2002
本研究は,NPO法人(特定非営利活動法人),学識経験者,専門家が参画する「市民インターネットTV・通信カレッジ推進協議会」が行う講座やフォーラムの内容をインターネットで放映し,そのシステムの開発とともに,実験事業での効果測定や今後の普及等の課題等を分析し,今後の応用に役立てる.
設計プロセスに於けるCG,VRの役割
Hidekazu Kakei
新建築創刊75周年記念臨時増刊   pp.84-85 84-85   Nov 2000   [Invited]
VR技術を活用して体性感覚を空間デザインに取り込むことにより拓かれる新たな建築の可能性,及び空間シミュレーションにより実現する設計行為のオープン化のもたらす影響について述べた.

Books etc

 
情報科学入門
Yoshiyasu Ishimaru, Shin-ichi Ito, Takeshi Uno, Yasuhiro Okamura, Kenji Ohira, Kosuke Ono, Hidekazu Kakei, Kazuhide Kanenishi, Maiko Sawada, Toru Hasunuma, Ray S. Furuya, Kenji Matsuura, Kazuyuki Matsumoto, 土岐 順子, 阿部 香織, 山? 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博
日経BP社   Apr 2017   
創発的環境 = 物理 × サイバー × ・・・
Hidekazu Kakei
Sep 2009   
An R and S-PLUS Companion to Mutivariate Analysis
Brian Everitt, Motohiro Ishida, Kazue Ishida, Hidekazu Kakei
Springer Japan   Jun 2007   
マスターしよう情報リテラシー
Mamoru Ohashi, Toshiaki Itoh, Shin-ichi Nakayama, Taro Mori, Hidekazu Kakei
GAKUJUTU TOSHO SHUPPAN-SHA   Apr 2003   
大学における初心者向き授業用教科書.
CITY OF BIT
Mitchell J. William, Hidekazu Kakei, 田島 則行, 仲 隆介, 本江 正茂
株式会社 彰国社   Sep 1996   
情報革命は,ヒトと建物,ヒトと都市,そしてヒトとヒトの関係をかえようとしている.何がどのように変わり,都市環境,生活環境は何を規準につくらなければならないのか.インフォバーンでつなげられたサイバー空間と物理空間とが織り成す新しいタイプの都市の誕生とその未来を,建築の立場から分析.

Conference Activities & Talks

 
The Effects of Seating Arrangement on the Communication during Pair Task
花田 愛, Hidekazu Kakei
Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan   31 Aug 2017   Architectural Institute of Japan
Application of VR and AR in Architecture - Case of Evasuation Guidance Experiment and Spatial Simulation - [Invited]
Hidekazu Kakei
Japanese Journal of Environmental Psychology   8 May 2017   
The Effects of Seating Arrangement on the Communication during Pair Task
花田 愛, Hidekazu Kakei
Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan   26 Aug 2016   Architectural Institute of Japan
The Effects of Seating Arrangement on the Communication during Groupwork
花田 愛, 吉田 健介, Hidekazu Kakei
Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan   5 Sep 2015   Architectural Institute of Japan
The Effect of Information Sharing Tools on the Communication during Group Work
花田 愛, 吉田 健介, Hidekazu Kakei
第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム 2014   Dec 2014   Architectural Institute of Japan

Research Grants & Projects

 
Space Design

Patents

 
特許第US 6701281 B2号 : METHOD AND APPARATUS FOR ANALYZING BUILDING PERFORMANCE
Hiroomi SATO, Naoki ISHIDO, Hitoshi KURIOKA, Hidekazu Kakei
特許第3159370号 : ドーム型環境模擬方法及び装置
Hidekazu Kakei, Naoharu MORI, Sumio YAGI, Tadashi ITO
空気圧を利用して形成されたドーム型スクリーンに環境映像を提示し,全視野を映像で覆うことにより利用者に臨場感の高い体験を提供する方法,及び装置を開発した.