堀口 純

J-GLOBALへ         更新日: 05/05/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀口 純
 
ホリグチ ジユン
所属
広島大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 大学院医歯薬学総合研究科
職名
助教授
学位
博士(医学)(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 広島大学病院放射線部
 
2003年
 - 
2004年
 広島大学病院放射線部
 
2002年
 - 
2003年
 広島大学院医学系研究科 展開医科学専攻 病態情報医科学講座 放射線医学
 
1999年
 - 
2002年
 広島大学附属病院 放射線部
 
1994年
 - 
1999年
 尾道総合病院 放射線科
 

学歴

 
 
 - 
1988年
広島大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
心臓放射線研究会  世話人
 
2004年
   
 
中国・四国放射線学会  世話人
 
2001年
   
 
放射線医の会  世話人
 

Misc

 
術前診断が困難であった原因不明の炎症性大腸腫瘤の1例
北九州総合病院年報   8(1) 15-18   1996年
Three-dimensional navigator for retroperitoneal laparoscopic nephrectomy using multidetector row computerized tomography
Jounal of Urology   168 1933-1936   2002年
Journal of Computed Tomography   26(6) 880-885   2002年
Multisector Reconstruction Algorithmを用いた心臓Multidetector-row CTの初期経験 ー正常ボランティアにおける検討ー
日本放射線医学学会雑誌   60(12) 705-706   2000年
Thin section/high pitch ヘリカルCTの肺小腫瘤性病変に対する臨床応用に関する検討
日本放射線医学学会雑誌   59(3) 53-59   1999年

書籍等出版物

 
Cardiac MDCT using multisector reconstraction algorithm -ECG-gated reconstruction-
Medical Radiology,Diagnostic Imaging Multislice CT,Springer   2001年   
心臓領域 14-1 GE社製Light Speed QX/iでの経験 (極めるマルチスライスCT)
中外医学社   2001年   
マルチスライスCTの臨床応用(MDCTを上手に使用するための知識):心臓領域での応用 (臨床画像)
臨床画像、メディカルビュー社   2001年   
心血管領域への初期経験 CT angiographyを中心に (臨床放射線)
臨床放射線、金原出版   2000年   
腎のMDCT
Multidetector Helical CTのすべて(金原出版/高橋睦正・荒川昭彦編集)   2002年   

Works

 
心臓領域におけるマルチ検出器列CTの有用性
1999年 - 2000年
MDCTの心臓応用 ミュンヘンで開催された「2th Annual international symposium on multidetector-row CT」にて発表。題名は「Cardiac MDCT using multidetector reconstruction」
2000年 - 2000年
MDCTの心臓応用 サンフラシンスコで開催された「International symposium multidetector-row CT 2000」にて発表。題名は「Cardiac application of multidetector-row CT:Initial clinical results」
2000年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
16列検出器CTによる冠動脈石灰化定量
研究期間: 2004年   
電子ビームCT、多列検出器CTによる冠動脈石灰化定量値及びその再現性について、時間分解能が及ぼす影響を心臓ファントム実験を用いて解明する