角田 将士

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:57
 
アバター
研究者氏名
角田 将士
 
カクダ マサシ
所属
立命館大学
部署
産業社会学部現代社会学科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(広島大学), 修士(教育学)(広島大学)
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
   
 
立命館大学産業社会学部 准教授
 
2006年4月
 - 
2007年3月
広島大学大学院教育学研究科 助手
 
2005年4月
 - 
2006年3月
広島工業大学高等学校 講師
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
大分県立別府鶴見丘高等学校  
 
 
 - 
2000年3月
広島大学 教育学部 
 
 
 - 
2002年3月
広島大学大学院 教育学研究科 
 
 
 - 
2005年3月
広島大学大学院 教育学研究科 
 

論文

 
「国家政策の転換と歴史教育内容修正-戦前国定国史教科書における対外観-」
角田将士
中国四国教育学会編『教育学研究紀要』   47(2) 147-152   2002年3月
「戦前期中学校国史教科書における歴史認識形成の論理-国家政策に応じた歴史教育内容修正-」
角田将士
全国社会科教育学会編『社会科研究』   (59) 61-70   2003年11月
「明治中期歴史教科書における教育的役割の分担構造-自国史による規範的歴史認識の形成と外国史による事実的歴史認識の形成-」
角田将士
日本教科教育学会編『日本教科教育学会誌』   27(4) 81-90   2005年3月
「我が国戦前期における歴史教育内容編成に関する史的研究-自国史と外国史の関連を視点として-」
角田将士
学位論文(広島大学)   1-224   2005年3月
「歴史教科書問題の脱構築-社会科教育学的視点からのアプローチ-」
角田将士
立命館大学国際平和ミュージアム編『立命館平和研究』   (9) 1-10   2008年3月

Misc

 
「小学校教員養成における社会科授業構成能力の育成-教師のゲートキーピング論を手がかりに-」
角田将士
立命館大学産業社会学会編『立命館産業社会論集』   48(4) 147-158   2013年3月

書籍等出版物

 
『“情報化社会”をめぐる論点・争点と授業づくり』
棚橋健治ほか
明治図書   2005年5月   ISBN:4184563198
『社会科 間違いやすい・紛らわしい用語 指導辞典』
岩田一彦,片上宗二,池野範男ほか
明治図書   2007年11月   ISBN:4184890121
『情報読解力を育てるNIEハンドブック』
日本NIE学会編
明治図書   2008年12月   ISBN:978-4-18-007412-9
『教室が白熱する“身近な問題の法学習”15選』
橋本康弘編著
明治図書   2009年10月   ISBN:978-4-18-418713-9
『戦前日本における歴史教育内容編成に関する史的研究-自国史と外国史の関連を視点として-』
風間書房   2010年3月   ISBN:978-4-7599-1786-4

講演・口頭発表等

 
「戦前期中等歴史教科書における異民族観の転換-国家政策に応じた歴史教育内容修正-」
全国社会科教育学会第50回全国研究大会(自由研究発表)   2001年10月   
「国家政策の転換と歴史教育内容修正-戦前国定国史教科書における対外観-」
中国四国教育学会第53回大会(自由研究発表)   2001年11月   
「歴史教育内容修正による国民意識創出の論理-明治期検定日本史教科書における天皇像・国民像の統合-」
日本社会科教育学会第52回全国研究大会(自由研究発表)   2002年10月   
「戦前期自国史教育内容修正の史的展開-普遍的天皇・国民認識形成と時局対応的国家認識の形成-」
全国社会科教育学会第52回全国研究大会(自由研究発表)   2003年10月   
「高等学校地理歴史科『日本史』単元開発-導入単元『日本史を学ぶ前に』-」
広島県地理歴史科・公民科教育研究会   2003年12月   

競争的資金等の研究課題

 
質の高い教員を養成するカリキュラム開発のための基礎的研究-社会科を事例にした授業構成能力の育成方略の探求-(研究代表者)
立命館大学2007年度学内提案公募型研究推進プログラム(基盤的研究)
研究期間: 2007年 - 2008年
世界文化遺産から身近な生活文化遺産までを活用した社会系教材開発研究(研究分担者)
財団法人文教協会 研究助成
研究期間: 2008年 - 2008年