共同研究・競争的資金等の研究課題

2000年 - 2001年

テレビ広告表現への文化的影響の経験的比較研究(ホフステーデによる分化論・モデルの応用可能性を中心に)

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • Praet Carolus L.C

課題番号
12630112
配分額
(総額)
3,300,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

本研究では、テレビ広告表現への文化の影響を測定するために、広告表現変数として有名人起用を検討した。文化は、Hofstede(ホフステーデ)による50カ国にわたって行われた実証研究から、5つの次元より構成されることが発見された。本研究は、その研究における対象国の各次元の指標スコアとテレビ広告における有名人起用との関連性を探索的に分析した。Hofstedeの実証研究における対象国から総計10カ国のサンプルを選択した。対象国はブラジル・中国・ドイツ・イタリア・日本・マレーシア・ニュージーランド・韓国・スエーデン及びスイスである。データは、2001年2月から2002年3月まで、各国の主なテレビチャンネルより18:00〜24:00のテレビ番組を6日間録画することによって収集された。国によってテレビ広告の総サンプル数は異なるが、123本〜347本であった。広告の各変数を諸国のネイティヴの記録者に記録させ、その結果を統計的に解析した。回帰モデルに各国のHofstedeによる各文化次元指標スコア(個人主義(IDV)、不確実回避指標(UAI)、権力格差指標(PDI)、男性主義(MAS)、長期的指向性(LTO))、及び一人あたり国民総生産を独立変数として扱い、国ごとの広告中の有名人起用比率を従属変数にし、重回帰分析を行った。回帰モデルの説明力は78.8%であり、予測変数IDV(-)及びUAI(+...

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/12630112.ja.html