川合 康央

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 04:20
 
アバター
研究者氏名
川合 康央
 
カワイ ヤスオ
eメール
kawaishonan.bunkyo.ac.jp
URL
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~kawai/
所属
文教大学
部署
情報学部情報システム学科
職名
教授
学位
博士(学術)(京都工芸繊維大学), 修士(芸術工学)(神戸芸術工科大学), 工学士(愛知工業大学)
その他の所属
文教大学
科研費研究者番号
80348200

研究分野

 

経歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
文教大学 情報学部 情報システム学科 専任講師
 
2007年4月
 - 
2018年3月
文教大学 情報学部 情報システム学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2013年3月
相模女子大学 女子短期大学部 生活デザイン学科 兼任講師
 
2009年4月
 - 
2018年3月
文教大学大学院 情報学研究科 准教授
 
2011年4月
   
 
青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科 兼任講師
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 機能科学専攻
 

委員歴

 
2011年7月
 - 
2012年2月
情報システム学会  第7回全国大会・研究発表大会実行委員
 
2009年7月
 - 
2010年2月
情報システム学会  第5回全国大会・研究発表大会実行委員
 

受賞

 
2018年3月
日本建築学会関東支部 日本建築学会関東支部優秀研究報告集選出(第88回 日本建築学会関東支部研究発表会) ゲームエンジンを用いた津波避難行動シミュレーションシステムの開発
 
2017年9月
International Federation for Information Processing (IFIP) Best Demo Award (16th International Conference on Entertainment Computing 2017) Creating a Regional and Historical Streetscape Simulation System
受賞者: Yasuo Kawai
 
2017年3月
日本建築学会関東支部 日本建築学会関東支部優秀研究報告集選出(第87回 日本建築学会関東支部研究発表会) ゲームエンジンによる都市景観シミュレーションシステム開発と景観分析―湘 南台景観形成地区を対象として―
 
2013年6月
日本デザイン学会 グッドプレゼンテーション賞(日本デザイン学会,第60回春季研究発表大会) ゲームエンジンによる都市空間シミュレーションシステムの開発と評価 ~湘南台景観形成地区におけるコンピュータグラフィックスと写真の比較
受賞者: 川合 康央, 池辺 正典, 池田 岳史, 益岡 了
 

論文

 
Masumi Kiyokawa, Sae Itoh, Kie Tsuchiya, Yasuo Kawai
Proceedings of the 2018 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces   437-440   2018年11月   [査読有り]
In recent years, digital contents have again attracted
attention; in the past, however, many passive types of
exhibits were presented, and it is therefore thought
that providing an interactive capability is important. In
this research, we propose ...
Tsunami Evacuation Behavior Simulation using Agents of Game Engine
3. Yasuo Kawai, Yurie Kaizu, Kenta Kawahara, Youhei Obuchi, Satoshi Otsuka, Shiori Tomimatsu
2018 IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis)   2   2018年4月   [査読有り]
This study provides an evacuation behavior simulation system at
the time of tsunami using the evacuation agent of a game engine.
The tsunami evacuation behavior simulation system is a system that
enables local governments and residents to work tog...
Landscape Simulation System to Inherit the History of the Local Area
Yasuo Kawai, Yurika Tsuchiya, Youhei Obuchi, Shoko Nihei
2018 IEEE Pacific Visualization Symposium (PacificVis)   2   2018年4月   [査読有り]
We present a landscape simulation system that reproduces the post
town in the late Edo period of Japan. This simulation system
elucidates the historical culture inheritance of the local area. The
study area for this system was Fujisawa-jyuku in th...
ゲームエンジンを用いた津波避難行動シミュレーションシステムの開発
川合康央, 海津ゆりえ
2017年度日本建築学会関東支部優秀研究報告集   2017(1) 211-214   2018年3月   [査読有り]
本研究は,ゲームエンジンを用いた津波避難行動シミュレーションシステムの開発と,これを用いたシミュレーションの評価である.津波に対する防災計画策定時に,地方自治体と地域住民によって用いられることを想定したツールとして,津波避難行動シミュレーションシステムの開発を行うものである.
ユーザの脈拍数に応じてルートが分岐するホラーゲーム開発
荒木勇人, 池田太一, 小澤拓海, 河原健太, 川合康央
情報処理学会インタラクション2018論文集   2018(1) 433-436   2018年2月   [査読有り]
本研究は,HMD と脈拍計を用いたユーザの脈拍数に応じてルートが分岐するホラーゲーム開発である.ユー ザは,脈拍計である Mio LINK を装着し,HMD として Oculus Rift を用いてプレイする.ユーザの脈拍数をリアルタ イムで測定し,ゲームプレイ前に測定した平均値との比較によって、ゲーム内のルートが分岐する.テストプレイを 行った結果,我々は前開発よりも恐怖を感じない人に対しての恐怖を感じさせることが可能であった.

書籍等出版物

 
サクッとわかる建築模型のつくり方
川合康央,他20名 (担当:共著)
エクスナレッジ   2015年5月   ISBN:978-4767819877
最新版 ラクラク建築模型マニュアル (建築設計シリーズ8)
川合康央,他20名 (担当:共著)
エクスナレッジ   2014年5月   ISBN:978-4767817330

講演・口頭発表等

 
防災計画のためのゲームエンジンを活用した津波避難行動シミュレーションシステム:鎌倉市中心市街地を対象地区として
川合康央,海津ゆりえ,池田岳史,益岡了
日本建築学会大会学術講演梗概集2018(都市計画),pp.617-618   2018年9月4日   日本建築学会
サインによる避難情報提供に関する基礎研究:その5 海抜表示と津波避難表示の事例
池田岳史,川合康央,益岡了
日本建築学会大会学術講演梗概集2018(都市計画),pp.875-876   2018年9月4日   日本建築学会
新しいUAV 操作システムの提案と実装:加速度センサ,音声認識,筆跡によるコントロール
吉田周生,松塲匠,川合康央
デザイン学研究. 研究発表大会概要集, No.65, pp.522-523   2018年6月20日   日本デザイン学会
In recent years, compact UAVs have become
popular with high performance and low price, but
accidents are also increasing. Although the cause of
the accident is said to be the technical shortage of
the operator, we thought that there is also a prob...
エージェント群を用いた津波避難行動シミュレーションシステム:逗子市中心市街地を対象地区として
川合康央,吉田周生,海津ゆりえ,池田岳史,益岡了
デザイン学研究. 研究発表大会概要集, No.65, pp.512-513   2018年6月20日   日本デザイン学会
本研究では,ゲームエンジンを用いて,
津波避難行動シミュレーションの開発を行うこととした.今回提案するシステムは,津波表現に関する処理を、傾斜し
た平面を挿入する手法を採用することによって軽量化し,一方でゲームエンジンによって自律的に避難行動を行う大規模エージェントを用意し,実在する都市における避難行動について検討を行う.
浮世絵風レンダリングによる歴史的文化景観の再現
清川真純,小林夏美,遠坂彩香,伊藤沙恵,土屋輝恵,鴇巣凌哉,川合康央
デザイン学研究. 研究発表大会概要集, No.65, pp.456-457   2018年6月20日   日本デザイン学会
本研究は,歴史的文化景観を現代のニーズに沿った形で保存,活用していけるよう3 次元コンピュータグラフィックス
(Three-Dimensional Computer Graphics , 3DCG)モデルとゲームエンジンを用いた景観シミュレーションの開発を行うものである.加えて,日本の伝統的絵画技法である浮世絵の特徴をレンダリングにより表現した.

競争的資金等の研究課題

 
地域の歴史的文化を伝えるための景観シミュレーションシステム基盤構築
日本学術振興会: 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 川合康央
地域の歴史的文化を伝えることを目的とした景観シミュレーションシステムの基盤構築を行う.地域の歴史文化資料と古民家デジタルアーカイブをもとに,歴史的文化景観を空間構成要素単位でのCADによる3次元形状モデルで再現し,ゲームエンジンに取り込むことで,高品質なリアルタイムレンダリングによるインタラクションを持たせたシステムを開発する.これは,汎用性のあるシステムとして,モデルライブラリやチュートリアルとともに公開することによって,様々な地域で郷土資料に基づく歴史的文化景観をわかりやすく伝えるシミ...
海岸観光地の地震津波発生時における対観光者リスクマネジメントに関する研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 海津ゆりえ
Web上の違法有害情報対応のための人材育成と対策支援システムの構築
神奈川県「大学発・政策提案制度」
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 池辺正典
ゲームエンジンを用いた都市空間シミュレーションシステムによる環境デザインの評価
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 川合康央
学校非公式サイト対策のための知識共有と対策支援の提案
神奈川県「大学発・政策提案制度」
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 池辺正典