古井 辰郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
古井 辰郎
 
フルイ タツロウ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 腫瘍制御学講座 産科婦人科学分野
職名
准教授
学位
博士(医学)(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科医学部附属病院

プロフィール

Lysophosphatidic acid (LPA) の生殖細胞殖に対する役割/LPAの配偶子の成熟、胚成熟、着床に及ぼす影響をヒトおよび家畜の生殖細胞を用いて研究。/Lysophosphatidic acid (LPA) の婦人科腫瘍の分化、増殖に対する役割/LPAの卵巣癌における治療および診断標的としての研究

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
 
 
   
 
岐阜大学 医学部附属病院 産科婦人科 文部教官、助手
 
1995年
 - 
1999年
MDアンダーソン癌センター(米国)ポストドクトラルフェロー
 
1999年
   
 
- 岐阜大学医学部 助手
 
1991年1月
 - 
1991年6月
岐阜県立岐阜病院
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
岐阜大学 医学研究科 外科系、産科婦人科学
 
1984年4月
 - 
1990年3月
岐阜大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1990年
   
 
- 婦人科疾患についての基礎的、臨床的研究に従事
 
2005年
   
 
日本生殖医学会  中部支部評議員、生殖医療指導医
 
2005年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  暫定指導医
 
2006年
   
 
日本産婦人科乳癌学会  評議員
 
2006年
   
 
日本生殖内分泌学会  評議員
 

受賞

 
2004年
第31回かなえ医薬振興財団助成金
 
2003年4月
かなえ医薬振興財団助成金
 

論文

 
Rapid induction of endometrial carcinoma in ICR mice treated with N- methyl-N-nitrosourea and beta-estradiol
Niwa K.(岐阜大学),Mori H.(岐阜大学),Yokoyama Y.(岐阜大学),古井 辰郎(岐阜大学),Mori H.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
Jpn J Cancer Res   82 1391-1396   1990年1月
Changes of silver-stained nucleolar organizer regions in mouse endometrial carcinogenesis induced by N-methyl-N-nitrosourea and 17 beta-oestradiol
Niwa K.(岐阜大学),Yokoyama Y.(岐阜大学),Furui T.(岐阜大学),Tanaka T.(岐阜大学),Mori H.(岐阜大学),Mori H.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
Virchows Arch A Pathol Anat Histopathol   421 387-391   1992年1月
Evidence of a role for phosphatidylinositol synthesis in human amnion cell proliferation
Ohno T.(岐阜大学),Imai A.(岐阜大学),Furui T.(岐阜大学),Matsunami K.(岐阜大学),Matsuda T.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
Biol Reprod   47 730-735   1992年1月
Is extrapituitary action of gonadotrophin-releasing hormone biologically significant?
Imai A.(岐阜大学),furui T.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
Ann Clin Biochem   29 477-480   1992年1月
Juvenile granulosa cell tumor in a2-year-old infant: report of a case complicated with ascites and acute respiratory distress.
Imai A.(岐阜大学),Furui T.(岐阜大学),Shimokawa K.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
Gynecol Oncol   46 397-400   1992年1月

Misc

 
Atsushi Imai, Atsushi Imai, Tatsuro Furui, Teruhiko Tamaya, Gordon B. Mills
Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism   85 3370-3375
Lysophosphatidic acid (LPA) mediates pleomorphic effects on multiple cell lineages, including an increased proliferative response of ovarian cancer cells both in vitro and in vivo, at least in part through the novel expression of LPA receptors. Th...
A gonadotropin-releasing hormone-resposive phosphatase hydrolyses lysophosphatidic acid within the plasma membrane of ovarian cancer cells. (原著・共著): Imai A., Tamaya T., Mills G.B.
J.Clin Endocrinol Metab   85, 3370-5    2000年
T. Furui, A. Imai, N. Ochi, T. Tamaya
Cancer   73 1239-1244   1994年1月
Background. Uterine endometrial carcinoma has been reported to synthesize and secrete some putative mitogens that elicit either a positive or negative proliferation response in endometrial fibroblasts. The purposes of this study were to isolate an...
A putative new proteinous factor uegative for stromal growth. Purification and identification from endometrial carcinoma extract. (原著・共著): Imai A., Ochi N., Tamaya T.
Cancer   73, 1239-44    1994年
Michiyo Sugiyama, Atsushi Imai, Seiji Takahashi, Satoko Hirano, Tatsuro Furui, Teruhiko Tamaya
Int J Oncol   23: 445-452 445-452
Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) analogue has beneficial effects on the size and symptoms of endometriosis and uterine leiomyomas as a result of suppressing ovarian steroidogenesis. GnRH analogues are also the preferred treatment for advanced...

書籍等出版物

 
Regulation of growth of ovarian cancer cells by phospholipid growth factors
Xu Y.(Cleaveland fountain),Furui T.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center),Bast RC(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center),Mills G.B.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)
UK: ISISMedical Media / In: Frank Sharp eds.   1998年1月   
Phosphatidylinositol 3 kinase as a Target in SelectedOvarian Cancers : From Genomics to Therapeutics
Lu Y.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center),Furui T.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center),Mills G.B.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)
UK: ISIS Medical Media / In: Frank Sharp eds.   1999年1月   
Critical role of Lysophospholipids in the Pathophysiology, Diagnosis, and Management of Ovarian Cancer
Mills G.B.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center),Furui T.(The University of Texas M.D. Anderson Cancer Center)
Massachsetts: Kluwer Press Norwell   2001年1月   
Prevalence In Vivo Maturation of Human Oocytes for Conventional IVF-ET
Matsunami K.(松波総合病院),Furui T.(岐阜大学),Imai A.(岐阜大学),Takagi H.(松波総合病院),Noda K.(松波総合病院),Tamaya T.(岐阜大学)
Melbourne, Australia: Monduzzi Editore International Proceedings Division, Via Ferrarese   2001年1月   
Utrasonographic Profiles of Endometria in PCOS Patients Becoming Pregnant
Furui T.(岐阜大学),Imai A.(岐阜大学),Tagami K.(岐阜大学),Aoki I.(岐阜大学),Matsunami K.(松波総合病院),Itoh M.(岐阜大学),Tamaya T.(岐阜大学)
IFFS 2001. Melbourne, Australia: Monduzzi Editore International Proceedings Division, Via Ferrarese   2001年1月   

講演・口頭発表等

 
ART妊娠に伴う周産期出血:2005-2010年の分析
古井 辰郎(岐阜大学医学部)
2010年11月   
スタチンによる術後癒着阻害(線溶系亢進)の分子メカニズム
古井 辰郎(岐阜大学医学部)
2010年11月   
プライマリケアと産科・婦人科 内科疾患と生殖医学の関係を中心に
古井 辰郎(岐阜大学医学部)
2009年11月   
1.古井辰郎:プライマリケアと産科・婦人科 内科疾患と生殖医学の関係を中心に.第14回岐阜プライマリ・ケアカンファレンス(岐阜)H21.11.20
下垂体腫瘍放射線治療後の低ゴナドトロビン性排卵障害に対する治療
佐藤 英理子(産科婦人科),二宮 望祥(産科婦人科),古井 辰郎(産科婦人科),今井 篤志(産科婦人科),玉舎 輝彦(産科婦人科)
平成16年度日本不妊学会中部支部学術集会   2004年5月   
一般講演
完全型精巣性女性化症候群患者のアンドロゲン受容体分析:2塩基挿入遺伝子変異
古井 辰郎(岐阜大学医学部)
2009年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 古井 辰郎
リゾホスファチジン酸(LPA)の多彩な生理作用(卵巣癌細胞の増殖更新など)が明らかになりつつある。また、LPAの反応にはG蛋白共有受容体Edg2,4,7等が関与していることが分かりつつある。我々は、卵巣癌の増殖を中心とした作用に対するLPAの正負のコントロール機構について研究してきた。特に、ゴナドトロピン放出因子GnRH作動薬(GnRHa)の卵巣癌細胞に対して、抗腫瘍効果を示すことがLPAの分解機構を活性化するためである可能性も示唆してきた。本年度の研究で、婦人科腫瘍組織、細胞を用いてLP...
LPAの卵巣癌細胞内における代謝経路およびその臨床的意義に関する研究
文部科学省科学研究費 若手(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 古井辰郎(岐阜大学医学部附属病院産科婦人科)
LPAの卵巣癌細胞内における代謝経路およびその臨床的意義に関する研究
若手研究B
研究期間: 2003年1月       代表者: 古井 辰郎(女性生殖器学)
子宮内膜癌における膜結合型セリン/スレオニン脱リン酸化酵素に関する研究
かなえ医薬振興財団: 第31回かなえ医薬振興財団助成金
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 古井 辰郎(岐阜大学医学部産科婦人科)
生殖生理学におけるリゾフォスファチジン酸の生理的役割
その他の研究制度
研究期間: 2000年   

社会貢献活動

 
岐阜県衛生専門学校 講義(年間9時間担当)
【】  2000年4月1日
岐阜県スポーツ科学トレーニングセンター
【】  2002年4月1日
スポーツ相談員 スポーツドクター
岐阜県鍼灸師マッサージ師生涯教育研修会①~④ 全4回
【】  岐阜県鍼灸師マッサージ師会  岐阜県鍼灸師マッサージ師会  2002年11月1日 - 2003年4月1日
不妊症講義
不妊患者へのサポート;大学の立場から
【】  2002年11月16日 - 2002年11月16日
第 14 年度女性のための公開講座(岐阜)
東海ART研究会
【】  2005年4月1日
世話人