細井 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
細井 尚子
eメール
hosoinrikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
教授
学位
文学修士(早稲田大学), 博士(文学)(早稲田大学)
その他の所属
早稲田大学演劇博物館立教大学立教大学
科研費研究者番号
40219184

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1992年3月
早稲田大学演劇博物館 助手
 
1992年4月
 - 
1994年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1992年4月
 - 
現在
早稲田大学演劇博物館 客員研究員
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京国立文化財研究所芸能部演劇研究室 調査員
 
1998年4月
 - 
2000年3月
青山学院大学総合研究所 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
早稲田大学 第二文学部 演劇科学科
 
 
 - 
1984年3月
早稲田大学 文学研究科 芸術学演劇専攻
 
 
 - 
1992年3月
早稲田大学 文学研究科 芸術学演劇専攻
 

論文

 
關於全球化現象下文化「在地化」方法之考察――以近代日本「少女歌劇」類藝能表演型態為例
「海震」「林于竝」「徐亜湘」「簡秀珍」「鐘欣志」「劉南芳」「吉田弥生」「中野正昭」「板谷徹」「濱口久仁子」他
2016東亜大衆戯劇国際学術研討会      2016年10月
近代日本で形成された「少女歌劇」系芸態を例にグローバル化の中で、ローカライズド文化の形成方法と伝統との関係について論じた。
日本における少女歌劇の特性―松竹歌劇を例に―
「劉南芳」「黄雅蓉」「傅謹」「洪栄林」「中野正昭」他
跨越時空的歌聲舞影―2014女性戯劇国際研討会専書   7-28   2016年7月
日本の近代娯楽心情において形成された「少女歌劇」系芸態が、演芸に属するものという位置付けを起点とし、娯楽市場における位置の変遷を松竹歌劇を例に考察した。
江寶釵,曾念生、蔡振家,胡紫雲他
戯劇学刊   (22) 51-80   2015年7月   [査読有り]
沖縄芝居の形成・発展を例に「他」文化と「自」文化の関係、「他」文化をどのように受容して「自」文化を形成・更新するのかについて考察した。
日本少女歌劇的特性―以松竹歌劇為例―
劉南芳,洪栄林,中野正昭他
2014女性戲劇國際研討会論文集      2014年11月
興行会社である松竹の興行ソフトの側面から、松竹歌劇の位置づけについて考察し、少女歌劇が演芸のジャンルに置かれていることを明らかにした。
日本近代の大衆娯楽市場の特性―デパートと少女歌劇から―
細井尚子
台閩民間戯劇国際学術研討会論文集   327-374   2013年5月
*日本語論文の後に中国語版掲載。中国語版タイトル「日本近代大众娱乐市场之特性-从百货公司与少女歌剧谈起-」

書籍等出版物

 
跨越时空的歌聲舞影-2014女性戯劇国際研討會専書
薛常慧、細井尚子、劉南芳、林淑慧、傅謹、洪栄林、中野正昭ほか (担当:共著)
台湾・國立成功大學藝術中心   2016年7月   
「日本における少女歌劇の特性―松竹歌劇を例に―」(pp.9-29)と題して、台湾ではあまり知られていない松竹歌劇を例に、日本の娯楽市場における位置づけが演芸範疇であることを論じた。
越劇の世界 中国の女性演劇
中山文、森平崇文、細井尚子、陳鈞、胡亜莉、江棘、伊藤茂、楊小青 (担当:共著)
水山産業株式会社   2016年3月   ISBN:978-4-906860-81-4
「越劇と『少女歌劇』」(pp.57-85)と題して、中国の女性のみで演じるスタイルを確立した越劇を、東アジアの同類芸態の中で位置づけた。
ステージ・ショウの時代
細井尚子 (担当:共著, 範囲:「胡撇仔(オペィア)」力の台湾 大衆演劇の歴史と魅力(Ⅴ海外の展望 第14章))
森話社   2015年11月   
「『胡撇仔』力の台湾―大衆演劇の歴史と魅力」と題し(pp.359-394)台湾芸能の特徴について「胡撇仔」をキーワードに、歴史、近代の文化政策を踏まえて論じた。
楊家将演義 読本 
岡崎由,松浦智子他 (担当:共著, 範囲:舞台の上の『楊家将演義』)
勉誠出版   2015年6月   ISBN:978-4-585-29103-9
中国の「戯曲」ジャンルにおいて、『楊家将演義』から脚色された「楊家将物」と言える演目群は非常に人気がある。その1つである「四郎探母」を窓口に、脚色の変化、中国の文化政策による影響なども言及した。
歌舞伎と宝塚歌劇―相反する、密なる百年
細井尚子 (担当:共著, 範囲:東アジア演劇世界と宝塚歌劇)
開成出版株式会社   2014年3月   
「東アジア演劇と宝塚歌劇」と題し、「少女」と「近代」に注目し、東アジア-松竹歌劇、中国越劇、台湾歌舞団。韓国女性国劇、沖縄琉球歌劇―の少女歌劇系芸態を補助線として、宝塚歌劇の特殊性を抽出し、東アジアの少女歌劇系芸態における位置づけを明確にした。

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
東アジアの芸能としてみた川劇の技法と構造
早稲田大学: 共同研究(国際共同研究)
研究期間: 1991年4月 - 1994年3月
中国伝統演劇「行当」(役柄)の世界構成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1992年4月 - 1995年3月
中国福建省泉州の人形操り「目蓮戯」と日本の人形浄瑠璃「目蓮記」
日本学術振興会: 共同研究(国際共同研究)
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月
中国西南儺戯における儀礼と芸術研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月
中国西南の仮面劇と基層文化の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月