TORIKAI Shinichiro

J-GLOBAL         Last updated: Apr 3, 2019 at 14:19
 
Avatar
Name
TORIKAI Shinichiro
E-mail
toririkkyo.ac.jp
Degree
Bachelor of Science(College of the Ozarks), Bachelor of Law(Waseda University), Master of Arts(University of Oregon), Doctor of Philosophy(University of Lancaster)
Research funding number
90180207

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Rikkyo University 
 
Apr 1996
 - 
Mar 1998
Associate Professor (as old post name), education research section department of English, RIKKYO UNIVERSITY
 
Apr 1998
 - 
Mar 1999
Associate Professor (as old post name), College of Law and Politics, RIKKYO UNIVERSITY
 
Apr 1999
 - 
Mar 2001
Professor, College of Law and Politics, RIKKYO UNIVERSITY
 
Apr 2001
 - 
Mar 2007
Professor, College of Law and Politics, RIKKYO UNIVERSITY
 

Education

 
Jan 1980
 - 
Sep 1982
Linguistics, other, University of Oregon
 
 
 - 
May 1977
College of the Ozarks
 
 
 - 
Mar 1979
Faculty of Law, Waseda University
 
 
 - 
Mar 2007
Linguistics, Department of Linguistics, University of Lancaster
 

Published Papers

 
Synonyms in Legal Discourse: A Corpus-based Approach to a New Legal English Dictionary
TORIKAI Shinichiro
『ことば・文化・コミュニケーション』   (7) 37-63   Mar 2015
司法英語では、多くの類義語が専門的な意味の違いを表すために使用されている。decision、decree、finding、judgment、ruling、sentence、verdictを例に取り、これらの専門用語が一般の学習辞書、コロケーション辞典、法律の専門辞典でどのように取り上げられているのかを比較分析した。更に、現在開発中の日本人のための『活用発信型の司法英語辞書』でこれらの専門用語をどう取り上げるべきかを、使用頻度、コロケーションの観点から、地域別あるいはジャンル別に分けてその差...
General English Words in English Legal Discourse
鳥飼慎一郎
『ことば・文化・コミュニケーション』   (6) 87-103   Mar 2014
司法英語では、意外と一般的な語が多く用いられている。しかし、それらの語義は、往々にして司法英語の専門語義であることが多い。そのような語の典型であるholdを例に挙げ、この語の一般的な使われ方と、司法英語における使われ方を比較しながら分析し、司法英語における一般語の使われ方の特徴を論じた。さらに、今現在開発中の日本人のための『活用発信型司法英語辞書』において、この語の英米での使われ方の差異、最高裁判例とロー・ジャーナルというジャンル別の差異をどのように上記の辞書で紹介し、解説すべきかについて...
Participle based "-edly" Adverbs in Legal Discourse
鳥飼慎一郎
『ことば・文化・コミュニケーション』   (5) 77-98   Mar 2013
司法英語では、undoubtedlyのように過去分詞形に-lyを付けた副詞が特徴的に使用されている。司法英語で使用頻度の高いundoubtedly、repeatedly、allegedly、admittedly、impliedlyの5語を取り上げ、それぞれについて詳細な分析を行い、A Comprehensive Grammar of the English Language (1985)が副詞の特性として挙げているadjunct、subjunct、disjunct、conjunctの内、s...
The U.S. Supreme Court's Criteria of Quoting Definitions from English Dictionaries in the 21st Century
TORIKAI Shinichiro
American Law   (1) 134-139   Dec 2012   [Refereed][Invited]
The Impacts of the English Language and Japanese Responses in the End of the Edo Period from the Viewpoint of the English Language Education
TORIKAI Shinichiro
Language, Culture, and Communication   (4) 32-65   Mar 2012

Books etc

 
A Corpus-based Study of Legal English: Investigating the House of Lords Judgments 1677-2000, with Particular Reference to Reported Discourse
TORIKAI Shinichiro
University of Lancaster   Mar 2007   
ランカスター大学で6年間にわたる研究成果を博士論文として提出し、博士号を授与され、同大学から出版した学位論文である。イギリスの貴族院判例を、1677年から2000年までの間を3期に分け、それぞれの時期の判例を1,000,000語ずつ収集し、その歴史的変遷を、特に話法の面で考察を加え、分析した。司法英語は、科学英語など他の専門分野の英語と同様に、節中心の文構造から句中心の文構造へと変化していること、とりわけ名詞節が複雑化し、より多くの情報が詰め込まれてきていることを実証した。
NEW CROWN ENGLISH SERIES 1,2,3
齋藤栄二、森住衛、高橋貞夫、鳥飼慎一郎(他30名) (Part:Joint Editor, 共同編集につき本人担当部分抽出不可能)
三省堂   Feb 2006   
新しい時代の要請にこたえるべく、コミュニケーション能力の更なる育成を目指し、人権、環境、平和、多文化共生、学び合い、母語および外国語に対する鋭い洞察力、などをテーマにして改訂をくわえた。筆者は特に語彙部門を担当し、コミュニケーション能力育成のために中学生が学ぶべき基本語彙の選定とその教科書本体での活用を図った。執筆者は、高橋貞夫、齋藤栄二、高梨庸雄、森住衛、渡辺時夫、鳥飼慎一郎他27名。共同執筆につき、本人担当部分の抽出は不可能。
NEW CROWN ENGLISH SERISE 1,2,3
森住衛(筆頭著者、他)、鳥飼慎一郎 (Part:Joint Work, 共同執筆につき本人担当部分抽出不可能)
三省堂   Feb 2002   
中学校向けの検定教科書である。言葉の教育、異文化理解教育、人間教育、を3大理念に掲げ、実践的コミュニケーション能力で生きる力を育む、言語能力で自ら学び自ら考える力を育てる、内容の厳選によって基礎基本の徹底を図る、を基本方針として編集した。執筆者は、森住衛、齋藤栄二、高梨庸雄、渡辺時夫、鳥飼慎一郎他複数名。共同執筆につき、本人担当部分の抽出は不可能。
More Information, Please
鳥飼慎一郎、他6名 (Part:Joint Work, ビデオ速読部分全般、教授用資料、その他)
松柏社   Oct 2000   ISBN:978-4-88198-490-1
Information, Please
鳥飼慎一郎、他6名 (Part:Joint Work, ビデオ部分全般、教授用資料、その他)
松柏社   Apr 2000   

Conference Activities & Talks

 
Teaching Advanced Oral Communication Skills to College Students
鳥飼慎一郎
日本コミュニケーション学会第29回年次大会   Jun 1999   日本コミュニケーション学会
ELT Curriculum Innovation at a Japanese University: A Case Study of Rikkyo University
鳥飼慎一郎、他3名
1999年世界応用言語学会   1 Aug 1999   大学英語教育学会
異文化コミュニケーションを教育に取り入れる創造的試み
鳥飼慎一郎
異文化コミュニケーション学会(シータジャパン)研究会   Nov 1999   異文化コミュニケーション学会(シータジャパン)
シンポジウム―M. A.K. ハリデイの機能文法の理論と応用
鳥飼、川口、清時、西村、平山、横山、谷
英米文化学会第104回例会   Nov 2000   英米文化学会
The development of an ESP reference for US constitutional cases: an approach based on applied linguistics and corpus linguistics
鳥飼慎一郎、寺内一
第13回特別の目的のための言語に関するヨーロッパシンポジューム   20 Aug 2001   

Research Grants & Projects

 
Diachronic and synchronic analysis of English legal discourse for ESP education in Japan
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1997 - Today
This project is 1) to build synchronic and diachronic British and American corpopra, 2) analyze them from the corpus linguistic perspective, and 3) design a new lexico-grammatical approach for Japanese Anglo-American law researchers.