鳥飼 慎一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/05 02:53
 
アバター
研究者氏名
鳥飼 慎一郎
eメール
toririkkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
教授
学位
理学士(オザークス大学(アメリカ合衆国)), 法学士(早稲田大学), 文学修士(オレゴン大学), 博士(ランカスター大学)
その他の所属
立教大学立教大学

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
昭和女子大学文学部英米文学科 専任講師
 
1988年4月
 - 
1991年3月
昭和女子大学文学部英米文学科 助教授
 
1991年4月
 - 
1996年3月
姫路獨協大学外国語学部英語学科 助教授
 
1994年4月
 - 
1996年3月
姫路獨協大学大学院言語教育研究科 助教授
 
1996年4月
 - 
1998年3月
立教大学 大学教育研究部 英語科 助教授
 

学歴

 
1980年1月
 - 
1982年9月
オレゴン大学 その他 言語学
 
 
 - 
1977年5月
College of the Ozarks  
 
 
 - 
1979年3月
早稲田大学 法学部 
 
 
 - 
2007年3月
ランカスター大学 言語学研究科 言語学
 

委員歴

 
1997年4月
 - 
現在
大学英語教育学会  研究企画委員
 
1997年4月
 - 
2001年3月
英米文化学会  分科会(コーパス言語学と英語教育)代表
 
1997年7月
 - 
2000年6月
日本コミュニーケーション学会  理事
 
2007年6月
   
 
大学英語教育学会  大学英語教育学会第2回関東支部大会実行委員長
 
2007年6月
   
 
英語コーパス学会  英語コーパス学会全国大会大会委員長
 

論文

 
A Theory and Practice of Teaching How to Communicate in English
鳥飼慎一郎
都留文科大学 英語英文学論集   (12) 19-32   1984年3月
都留文科大生99名における口頭でのコミュニケーション能力の現状分析
鳥飼慎一郎
都留文科大学研究紀要   (21) 41-49   1984年11月
A Study of Input and Output in Learning English in Japan
鳥飼慎一郎
都留文科大学 英語英文学論集   (13) 59-85   1985年3月
A Further Study of American Politicians' Arguments in TV Interviews
鳥飼慎一郎
昭和女子大学 学苑   (548) 96-74   1985年8月
英会話指導の理論と実践
鳥飼慎一郎
中部地区英語教育学会 紀要   (15) 70-74   1986年3月

Misc

 
ヒアリング指導のポイントとテクニック
鳥飼慎一郎
三省堂中学校英語教育・別冊   1-4   1990年9月
<聞く><話す>コミュニケーション指導の工夫
鳥飼慎一郎
三省堂英語教育   (9) 5-7   1991年9月
語彙と題材の奇妙な関係
鳥飼慎一郎
三省堂英語教育   (29) 8-10   1995年3月
数字(基数)の導入
鳥飼慎一郎
三省堂英語教育   (35) 5-5   1997年7月
基本語彙を使いこなすために
鳥飼慎一郎
現代英語教育   (9月) 6-8   1997年9月

書籍等出版物

 
教養英語の総合演習―構文理解のために―
村田年(編集委員長、以下20名)、鳥飼慎一郎 (担当:共著, 範囲:第15章「会話の機能と表現」p.144-150)
三修社   1887年2月   
20日完成英検準1級2次試験対策
鳥飼慎一郎
日本英語教育協会   1988年4月   ISBN:4-8177-3192-3 C2082
20日完成英検準1級2次試験対策 [改訂版]
鳥飼慎一郎
日本英語教育学会   1989年3月   ISBN:4-8177-3199-0 C2082
NEW CROWN ENGLISH SERIES 1,2,3
森住衛(筆頭著者、他26名)、鳥飼 慎一郎 (担当:共著, 範囲:共同執筆につき本人担当部分抽出不可能)
三省堂   1992年2月   
BUSSINESS ENGLISH WRITING
鳥飼 慎一郎 
東京外国語センター   1992年3月   

講演・口頭発表等

 
アメリカの広告と文化―英語学習へのヒント―
鳥飼慎一郎
大学英語教育学会第22回全国大会   1983年10月   大学英語教育学会
テレビ討論におけるアメリカ政治家のスピーチ
鳥飼慎一郎
大学英語教育学会第23回全国大会   1984年10月   大学英語教育学会
教室における英語会話指導法
鳥飼慎一郎
千葉英語教育学会研究会   1985年3月   千葉英語教育学会
英語会話指導の理論と実践
鳥飼慎一郎
中部地区英語教育学会第15回三重大会   1985年6月   中部地区英語教育学会
コミュニケーション論から見た大統領の記者会見
鳥飼慎一郎
現代英米文化学会例会   1985年6月   現代英米文化学会

Works

 
連合王国 ランカスター大学大学院 在外研究
その他   2001年3月 - 2002年3月
コーパス言語学の研究とイギリスの司法英語の歴史的変遷の研究
アメリカ合衆国北アリゾナ大学大学院在外研究
その他   2008年4月 - 2009年3月
コーパス言語学の研究、言語の数量的分析、言語の統計的処理、ナバホ語の研究
ドイツのフライブルク大学での在外研究
その他   2015年4月 - 2015年9月
ドイツの英語教育を現地調査し、その教授法、使用されている教科書教材等について研究を行うとともに、現場のドイツ人英語教員あるいはその教員を養成する機関、教員養成を行っている大学教員と意見交換を行った。同時に、EU諸国で多言語を使用している国と地域を集中的に訪れて、EUにおける多言語使用の実態やそこに至るまでの歴史などについて実地調査を行った。

競争的資金等の研究課題

 
コンピュータ分析によるESP教材、教授法の開発
科学研究費助成事業
研究期間: 1997年4月 - 2000年3月
代表的なアメリカ連邦最高裁判所の憲法判例をコンピュータに入力し、その語彙、文法形式の特徴を数量的に明らかにし、その成果を立教大学法学部の法政外国語演習の授業等で応用し、より効果的なESPをベースとした専門科目としての英語教育を展開した。特に、一般的な語彙が法律の専門的な意味で使用されている点に着目し、専門的な意味で使用される語義及びその場合の文法形式を数量的に分析し、法学部の学生のためのESP語彙とその語義を明らかにした。
コーパス言語学に基づく司法英語の通時的、共時的分析とESP教育への応用
科学研究費補助金
研究期間: 1997年4月 - 現在
イギリス上院判例とアメリカの連邦最高裁判所判例を通時的、共時的に組み合わせた複数のコーパスを構築し、語彙・文法形式の歴史的変遷、地域的差異を分析し、ESPの観点から日本人研究者のための専門英語教育の新たな教授法の確立を目指す。
眼球運動に基づく日本人学習者のリーディング時における英文読解のプロセスの研究
立教大学: 立教大学研究奨励助成金
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月
共同研究
コーパス言語学と英語教育学に基づくアメリカ憲法判例研究のためのESP辞書の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2000年4月 - 2004年3月
コーパス言語学に基づくイギリスの上院判例における話法の歴史的研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月
イギリスの上院判例を1677年、1885年、2000年以降から各100万語ずつ収集し、イギリス判例の歴史的コーパスを構築し、判例英語の歴史的変遷を話法を中心に詳細に分析した。本研究では、1)話法を取り巻く隣接関連分野の研究、2)話法の構造の研究、3)伝達動詞の言語行為論からの考察、4)判例における話法の具体的な使用形態の数量的分析、5)伝達動詞allegeを例にとり、その使用形態の具体的な分析、6)上級審判例における下級審の判例がどのように話法を使って引用されるのかの分析、などを行った。