共同研究・競争的資金等の研究課題

2009年4月 - 現在

自然観に関する新語の普及・概念形成・社会変化


資金種別
競争的資金

歴史言語学と社会言語学の接点の研究で、社会言語学的視野からの研究の意義や方法論を考える。具体的な分析対象としては、「野鳥」「探鳥」「愛鳥」等の語をとりあげ、新語形成、用語普及、意味変化などと、日本社会の中での自然観の変化を具体的に分析・考察する。日本社会の中での自然観を明確にするために、アメリカ、イギリス、中国などとの比較もおこなう。